先日やってきた







エイズ妖精っ子の
マシュ姫




口の中にできた潰瘍の痛みと闘ってます
毎日 点滴と強制給餌も頑張ってます


















このシリンジで1回に10ml


強制給餌は 
口の右側から入れたり 
左側から入れたりしますが

色々試した結果

マシュちゃんの場合
口のちょうど真ん中に
ほんのちょっとずつ つける感じにすると
上手に舐めてくれます

1回にほんのひとメモリ0.2mlずつ

気が遠くなるような感じですが
ゆっくり時間をかけてあげます

強制給餌が終わったら
ホットカーペットの上で温めておいた
ウェットティッシュで 顔を拭いて
おしまいです

点滴とご飯が終わって
ケージの入り口で放すと
お尻をフリながら 
急ぎ足でケージに入っていきます








でも
注射が効いてるのか
マヌカハニーが効いたのか
口内炎や潰瘍ができた時にする
お口の匂いがしなくなりました

ニャンちゅう  
五感をフルに使ってマシュちゃんを
観察しております(笑)











さて
そんなマシュちゃんの 生い立ち…


とどなさんが  マシュちゃんを昔から知ってる
餌やりさんにきいてくれました





マシュちゃん
ペットショップで
他界した飼い主さんの
息子さんが購入
…が 全く 可愛がることもなく
引っ越しとともに 置き去り…
事実上 捨てる

その後 餌やりさんがマシュちゃんを避妊手術し
玄関先に三角ベッドを置き
餌をあげ続けてると
「あんたらがそうやって餌をあげてるから
いつまでも生きとるんや」
…と文句を言いにきたらしい

その餌やりさん
自分ちのワンちゃん 糖尿病でインシュリン
餌やりさんご自身も抗がん剤で闘病中



マシュちゃん
3年近く野良生活をし その間2回出産したそうです


そこで とどなさんが保護してくれました




飼い主さんに言いたい事は沢山ありますが…


マシュちゃん
3年近くも 外で頑張って生き延びてくれて
ほんとうによかった
今 マシュちゃんが生きている…
それだけで充分です








マシュちゃんが来て
1週間
…あっという間でした

↑お外で とどなさんが発見したマシュちゃん

とどなさん  戸惑い気味に
え?  このこ? スコの女の子ってきいてたけど…


どうみても オヤジにしかみえない マシュ(笑)



とりあえず 保護

↑保護当日  ニャンちゅう宅にて














↑11日 今日のマシュ










ここからは
あくまで私の個人的な考えです




今後  マシュが元気になって
新しいおうちへ行く時には
その おうちの方に 猫エイズキャリア
という子をきちんと正しく理解してもらって
迎えていただくつもりです


猫エイズ
発症しなければ 天寿を全うし
幸せに暮らす事ができます
他の猫ちゃんやワンちゃんと暮らすことも可能です
決して 怖いものではありませんし
特別ハードルが高い事でもありません


だけど
この先マシュが辛い思いをしないためにも

軽視はして欲しくないです


身体は他の子よりも繊細で敏感です

発症しなくても
ほんのちょっとの目ヤニ
ほんの少しの鼻水
小さな小さな口内炎

他の子よりも 治りにくいです
もしかしたら
他の子よりも
病院へ行く回数が増えてしまうかもしれません

時には食事に気をつけたり サプリが必要になる事もあるかもしれません
(ある程度のサプリは嫁入り道具としてもたせます)


何回も言いますが
何事もなく最期まで元気に過ごす事もありますし
怖いものではないです

それも含めて
こういった全ての事をきちんと
理解していただいて
迎えて欲しいんです


マシュが辛い思いをして
飼い主さんが悲しい思いをしないためにも…







マシュの部屋に
珀とtutuが乱入
(珀の隣の黒い塊がtutuです(笑))



















とどなさんがプレゼントしてくれた
イチゴの三角ベッド…

使い方が間違ってるよ(笑)




でも
こうやって みてる前でも
くつろいで寝てくれるようになりました