ロンドンシティエアポートは、主に
ヨーロッパ間フライトで賑わう空港。
観光客はあまりいかない空港ですが、セレブビジネスマンの出張に人気の空港らしいです。
普段はホテルから空港までタクシーを使いますが、手持ちのキャッシュの残金が£50ポンド。空港までのタクシー代で使いきる額。うーん、これじゃ空港でのおこづかいがない。
綺麗にキャッシュを使い切りたい。
と考え末、地下鉄移動にトライすることにした。ロンドンシテイ空港はZONE3に位置し、オイスターカードで移動可能。
オイスターの残高£4,5ポンド。(^∇^)空港まで確か£3,30ポンドくらいでいける。
これなら、空港でのんびり素敵な物を食べてフライトを待つおこずかいも確保できる。
当日ホテルから駅までタクシーで移動.
パディンドン駅着8:00  am
地下鉄のホームまでは階段数ヶ所あり。
エレベーターもエスカレーターもない。
サークルラインでタワーヒルまで移動。
タワーヒル到着8:54分(事前にオフピークで計っていた時間よりかかる。余裕もってよかった) 
タワーヒルでDLRに乗り換え。
乗り換えるには一度駅を出ないといけない。もう一度チャージされないか、改札できく。「安心してタッチして出て、2度チャージされないから、」と駅員さんがニコニコ返答。
改札機、駅をでて左へ。 ひたすらまっすぐ歩く。通路右手に庭?


次の道にでると目の前に円柱型の建物。
Tower gatewayと書かれている。


☝️コレだ。ほっ。
信号を渡るとすぐに入り口。
エスカレーターを上るとDLRラインです。


もう一度オイスターカードをタッチ。
サークルラインのタワーヒル駅からDLRのタワーヒル駅(タワーゲートウェイ)まで5分あればいいかな。
DLRには1つのホームしかない。
左側は入ってくる専用。

まずこの駅からbackton行きでcaning townへ。caning townで降り同じホームで待つこと2分wollwich行きに乗り換え空港まで。電車にwollwichと表示されいるので簡単だよ。
空港で下車 9:29am、スロープを下ると自動チェックインマシーンがズラリとお出迎え。
いっちょ挑戦してみるか、と機械でチェックインをすませる。
カウンターでスーツケースを預けようとしたが、「2時間前でないとカウンターあきませーん。」とのこと。 時間つぶしに
人気のオーガニック店でカフェタイム。
時間になり荷物を預け、2階にあがりセキュリティチェック。
2階にもカフェとキヨスクちっくな店と免税店が小さいながらもあり、ちゃんとした紅茶がお土産に必要な人はここでかえます。その後usbつきの待ち合いチェアで待機。フラップ搭乗でミラノへ。 滑走路が短めなので目一杯ふかしてから走りだす。



ロンドンシティ空港までの情報が拾いにくかったので、細かくアップしてみました。誰かの不安を少し和らげる参考になれば幸いです。

ローマから🇬🇧ヒースロー空港に到着したのは12:00ごろ。気温7度。

ひんやり気持ちいい。
 
ローマでは搭乗ゲートが2回代わり搭乗時間になってから気がついた。
あぶない、あぶない、気がぬけない。
 
 
市内まで🚃移動するのはさけ、空港近くの評判のホテルへ。
 
プレミアインヒースローホテルへのアクセス
コスパがとても良い快適なホテルでしたのでご紹介しちゃうよ。参考になれば幸いです。
バジェットトラベルの見方です。
 
ターミナル4でスーツケースを受け取ったらレベル1(日本で言う2階のこと)へ移動。
空港の外にはでません。
 空港の人たちに聞くとみんなとても親切に外の何番のバスが便利だよと言うけど、詳しくないから、鵜呑みにしないように、、悪気は全くないよ。とにかくいい人たちなんだ。
 
空港内LEVEL1のHOTELって書かれている方に進む。
HOTELの横には○にHのヒルトンマークがあるのであ、違うかな?と思うけどあってます。
連絡通路の途中から分かれます。
 
ヒルトンの宣伝力が空港内では強いので、そのへんは、、ね。
自動ドアを抜けるとホテルへの連絡通路の始まりです、400m~500m以上はあるのでスーツケースの
コロコロが丈夫でない人は、大きな空港カートのままいくといいよ。押して動くタイプだからちょっと力いるけど
歩道は滑らかです。
 
で、この歩道、到着まで楽しくなる工夫があります。
ほら、すてき!
あ~シャワー恋しいね~!!
 
さらに進むと、また素敵
あと20mでベットが待ってる!
 
通路内明るいです。
ちなみに空港からホテルまで2人の車椅子のお客様をお迎えにいったホテルスタッフが一緒でした。
 
チェックインは12時過ぎていたけどカフェも、売店も2時頃まで空いてたかな?
自動チェックインもできるけど、ちゃんとフロントにスタッフ数名います。
ちなみニャーゴのお部屋はこんなかんじ。 広いほうがいいのでダブルベットやツインを選びます
窓のカウチにスーツケース広げた。
このお部屋とっても綺麗、部屋の別のところに姿見兼鏡台。照明付きコンセントあり。
パンツプレスもあったような、、、、???
WIFIもバリバリいけます。
 
嬉しいニャー。
ニャーゴはフレッシュフルーツをたくさん買い込んでチェックインしたので、売店やカフェには行かず
アールグレイのお茶を飲んだ。
 
ラグジュアリーなホテルではないので、アメニティはないけどバスもトイレも綺麗だったよ。
居心地いいです。
明日はロンドン市内へ移動。
着いた初日はアラームをかけないで、ぐっすり自然に目が覚めるまで寝るよ。
これ、ニャーゴ流疲れを取るコツです。
その後、ずっとスイスイ動けるから。
防音OKだったよ。
 
常識の範囲外で音や声を出す国の人がいなければね。
 
#nyahgo#猫#cat#ねこ#ネコ#chat#ステンドグラス#stainedglass#黒猫店長#ニャーゴ#てくてく小道の三兄#glassart#omdem10#藤枝市#静岡県#mirrorpuppet#古典絵付け #住宅パネル#nyahgo_ashima#ヒースロー空港#london🇬🇧#heathrowairporttarminal4hotel
 
 

 
🍖
ロンドンから片道1時間。
オックスフォードのクライストチャーチ。  ここにリーポッターのでおなじみの食堂Great hallがある。今日は 🍴ディナーの予定があり、ちょうどテーブルのセッティングをしているところでした。の食堂のもうひとつのみどころは"不思議の国のアリス"のステンドグラスがあることです。
ルイスキャロルはオックスフォードで数学を学んだ卒業生。教会のdeanでもあった。ひろーい食堂。
ステンドはどこ? どこ?
目を凝らしても沢山のステンドからアリスを見つけることができず、きっと隣の大聖堂だ!と食堂を後にした。大聖堂で 解説ボランティアの女性に声をかけた。アリスウインドウはどこ?「アリスのステンドは食堂だけど、戻る前にこの大聖堂のルイスキャロルに関わるものも見て行かない?」とプライベートツアーをしてくれたよ。ここにはルイスキャロルがお姉さんをモデルにしたステンドもありました。じつは、ニャーゴ仕事でステンドグラス作っててね。解説ボランティアしてたの。と話したら会話に花が咲き、「じゃあこれは外せないわね」とトイレが描かれた作品を案内してくれた。、、、
これマークじゃないよね? 笑
(ステンド制作者は自分の名前を聖書の作品に残せません。なぜならばステンドは字が読めない人への聖書の紙芝居だから。だからこっそり秘密のマークを作品にひそめるのです。)
トイレは、若い作者が当時水洗トイレが生まれたばかりで入れたかったんだとおもうわ。と解説してくれました。
この後食堂にもとり中央左にアリスのステンドグラスをみつけました。
参考までに、アリスの作品は小さいです。綺麗に写真に撮りたければ、本気の望遠レンズが必要だとおもいます。

不思議の国のアリスをご存知ですか?

 イギリスのチャールズ・ラトウィッジ・ドーソン(ドジソン)がルイスキャロルの名前で描いた本です。

知人の少女アリスに即興で作ったのが この物語のもとになっています。

ざっくり言うと、

アリスが白うさぎを追いかけて不思議の国に迷い込み、喋る動物たちにあい冒険するお話です。

ハートの女王とか白い女王、ライオン、トランプの人間、帽子をかぶったオジさん、卵みたいな双子、カメ、ブタ、ユニコーン  など見たことがあるんじゃないのかな?

 

英語の書物でアリスのステンドがどこにあるか知り、(たいして読めないけど一応専門分野だし、写真があったから)なんとなくここ数年気になっていたんだよね。

アリスのステンドの本物が見たい。

ステンドグラスは写真と実物ではかなり違うんだよね。

写真を撮れる状態は光がたくさんはいっていないから。

アリスのお話にもでてくる絶滅危惧種、ドードー(DODO)も好きだし。

そして アリスを探しに出かけました。

 

"百聞は一見に如かず"だから。

 

 

 

海外旅行で大聖堂や教会を訪れた時、

キリスト教の影響力の強さにびっくりする人も多いとおもいます。

仏教の私たちは、キリスト教の神聖なる場所にお邪魔させてもらえることに感謝して見学させてもらいましょう。

石の文化の西洋では、窓以外は光がもれず、薄暗いところがおおいです。気持ちを落ち着け、現地の方のお祈りの時間をしないよう

気を配って歩きましょう。

いくつもの豪華なステンドグラスが光を浴び、聖書に出てくる人達が描かれています。

そうです。ステンドグラスは聖書の絵本です。

ステンドグラスの発祥は イエスさまを描くためでした。

ではここで、ステンドの基本的な読み解く順番を

ご紹介いたします。 

聖書の内容を知らないと意味がない、、かもしれませんが

有名なお話なら探し出せるかもしれませんね。

下から上に、左から右へが基本です。

参考までに画像をご覧下さい。

ニコ魚を見つけた猫が獲って食べる、、お話です。爆笑

 

 

では、丸窓はどうでしょう?

丸窓は時計回りに読み解きます

ちょっと教会に行きたくなってきましたか?

次回はすこし難しい別の読み解きをご紹介いたします。