KINBAックス COFFEE

KINBAックス COFFEE

ムーブマン所属
http://mouvement.jp
web site
http://takayukikinba.jimdo.com

次回キンバ出演情報

◆◆劇団ノーティーボーイズ19th.ACT
「いつかヘッドをロックして」


2018年7月24日~7月29日
築地本願寺・ブディストホール



7/24(火) 19:00
7/25(水) 19:00
7/26(木) 14:00/19:00
7/27(金) 14:00/19:00
7/28(土) 14:00/19:00
7/29(日) 13:00/17:00

●チケット
前売・当日¥4,500(日時指定自由席)金曜昼割¥4,200
●チケット予約URL
http://ticket.corich.jp/apply/92822/004/

ブログへのコメント・メッセージ、またはTwitterへのリプ・DMでも受け付けております。
Twitter:@kinbacks
お名前・ご希望の公演日時・枚数をお知らせ下さい。追ってご連絡させていただきます。


NEW !
テーマ:
こんにちは。

お陰様で?昨日また一つ歳を重ねて48歳になりました。
歳を重ねることに抵抗はないんですけど、40を過ぎてからというもの、時間の流れが異常に早く感じます。

まぁそれが年をとるということなんですかね。

今まで以上に時間を大事にしなきゃと思う次第です、はい。

そんな昨日の誕生日ですが、昼間はお世話になってる劇団BLUESTAXIの稽古場にお邪魔してきました。
来週から本番ということもあって稽古も熱を帯びてました。
そんな中、本来ならこちらが見学のお礼に差し入れでもしなきゃいけないのに…

誕生日プレゼントをいただきました😅

ありがたいやら申し訳ないやら…

しかも稽古場に同じく見学にいらしてた俳優の冨家規政さんにも、見学後ご飯ご馳走になるという…

いいのか48歳?




今日だけはよしとしましょう。皆さんの厚意に甘える決断をしました。

でもその分宣伝しなくちゃ!

劇団BLUESTAXI「終のすみか」
11/27〜12/2
@中野テアトルBONBON

台風で被災した家族を中心にした地元の人達とボランティアの人達のお話。

とても考えさせられるとても素敵な作品になってます。

お時間ある方はぜひ足をお運びください!


そして、冨家さんとのご飯の後は、これまたお世話になってる向島のとあるお店へ。

そこでも結局ご厚意に甘えることに(^_^;)


俳優の佐々木蔵之介さんのご実家の日本酒を飲ませていただきました😍🍶

米本来の甘みを活かした、心地良く喉を通り過ぎていくとても飲みやすいお酒でした。

ママが異常な蔵之介さんのファンで、好き過ぎて直接実家の蔵元まで買いに行ったそうです。

そんなに愛される蔵之介さんが羨ましい。

ママのお店で軽く飲んだ後は挨拶がてら新しくできた近くのバーへ🍸

そこでもひとしきりただ面白い話をしてきました。


こんな至福な一日は本当に久しぶり。


最高の誕生日になりました。


今日からは48歳の新たな一日。


また頑張って楽しく生きていこう!



テーマ:

こんばんは。また一週間ほど空いてしまった・・・

 

初稿があがって約2週間。一旦本のことを忘れて観劇したり観劇したり外の刺激をもらいつつ、何とか今日二稿が上がったかな?と言う感じです。

 

細かいところはまだ色々と気になってるんですが、それを言ったらキリがないので、一旦これをベースに周りの信頼できる方々に読んでみてもらおうかなと思います。

 

おーこわっ!!

 

皆さんの目に触れる日は来るのだろうか・・・

 

書き始めて3ヶ月ちょっと

 

今回は登場人物も少なく80分位のコンパクトな話だったので、次は群像劇でも書いてみようかな

 

でもとりあえずは気持ちを切り替えて、これから吹き替えの勉強しますニコニコ

 


テーマ:
おはようございます。

珍しく朝からブログです。
今日はちょっと久しぶりにナレーションのお仕事に行ってきます。

なので早めに起きてお風呂入ったり色々とリラックスしてます。

こうやっていただける一つ一つの仕事に感謝です。

もうすぐまた一つ歳を重ねるし💦

頑張らんと!

テーマ:

こんばんは。相変わらず絶賛地下活動中の金馬です。

どうにも地味な毎日だとブログがおろそかになってしまいます汗

 

こんな僕のブログでも読んでくださっている方には申し訳ありません。

 

もうちょっと頑張っていきたいと思います!

 

さて、地下活動のメインの一つ、戯曲の執筆ですが、いよいよ最終局面を迎えました!

 

今月中に初稿をあげるという自らに課した目標を何とか達成できそうです。

 

もちろん

 

修正はオニのように出てくると思いますが。

 

とにもかくにもまずは最後まで書き上げる。そこまでの道筋は作れたかなと思います。

 

今回書いていて実感したのは

 

本は育つと言うことです。

 

役者としてお芝居に関わっているときもちろん実感しているんですが、それこそ話を一から作る執筆においてはそれが本当に如実です。

 

今回ある程度プロットを作ってから始めたので流れが大きくブレることはありませんでしたが、その過程や中身が自分の思ってもいない方向に進んでいったり、新たに生まれたり、そして消えたりして、本当に生き物のようでした。

 

そしてセリフの一語一句への思いの深さや大きさをあらためて感じることができました。

 

もともと、僕は役者としてお芝居をするとき与えられたセリフをアレンジするのは好きではないんですが、今回の経験でそれをますます強く思いました。それを安易にしてしまうと

 

作家の思い、意図を変えてしまうことになる。

 

本来役者は作家そして演出家の思いやイメージを自らの体で表現することなはずです。だから基本セリフを変えたりアレンジすることはとてもリスキーというか、作り手の意に反する可能性があると言うか。

 

役作りというのは作家や演出家の意図をいかに的確に読み取り、その上で演じる役を理解・想像して体現していくということかなと思います。

 

あらためてそんなことを感じた有意義な時間でした。

 

堅苦しくなりました、要は書いていて楽しかったということです。

 

途中何度も挫折しかけましたが(笑)

 

そして、この本は日の目をみることがあるのだろうか

 

乞うご期待ください(笑)

 

ちなみにタイトルは、今日のブログのタイトルにある通り

 

トルストイの死

 

の予定です。

 

ではこれからラストの執筆に向かいます。


テーマ:

こんばんは。

ここ最近すっかりブログがご無沙汰しておりました。

 

生きてます。

 

まずはそのご報告です(笑)

 

最近は舞台脚本の執筆や声優のワークショップと新しいことに取り組んでいて頭がパンクしているというか余裕がないというか。

 

何より

 

芝居してないストレスが(^_^;)

 

今やっていることももちろん芝居をやっていると言えばやっているんですが、勝手がまるで違うのです。

 

今日はアニメのアフレコのトレーニングだったんですけど、とにかく自分がイメージしていたものと実際とのギャップに愕然。

 

そりゃ芝居でもまだまだギャップは感じます。でも芝居は自分の体全体を使って表現していくのでそこまでは感じないんですが、アフレコは決められた画と決められたタイミングで声だけを使って表現しないといけない。

 

感情の起伏やキャラクターをしっかり声に乗せないといけない。

 

これが思った以上に声に乗らない(>_<)

 

課題は山積みですが何よりやっていてとにかく楽しい。

 

一つ一つあせらず身につけていきたいなと思います(^ ^)

 

舞台の脚本も8割程度まできました。こちらも試行錯誤楽しみながらとにかく書き上げたいと思います。

 

ストレスで禿げないように注意です(笑)

 

 

 

あーーーーー芝居したい!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス