希望ヶ丘盆栽通信

希望ヶ丘盆栽通信

30代の頃より自己流でミニ盆栽を楽しむ。その後、小品盆栽を学ぶため京都に通う。約10年、盆栽教室にて技術・知識・鉢造りなどの指導を受ける。日々の手入れを通じて季節の便りをお届けできればと思います。

今日は石化ヒノキです

 

と、ある園にコロがっていた挿し木素材です

まだ枝決めもされていない、差して伸ばしただけです、、、

 

まだ、細いですが、、、、

 

いずれ、丸印あたりで取り木を掛けます

 

取り木を考えると、丸印にたくさん枝を残した方が八方根の

発根率はアップします

ただ、残し過ぎると太くなって取り木後、根張りより上が太くなって

しまい、再度 枝分れのすぐ下から取り木をかけ、結局 株立ちに

するしかなくなります

 

よく見ないで持ち帰りましたが、一度飛ばして周囲から吹いて

いるようです

 

早いうちに不要枝を抜いて確認します

 

とりあえず直幹を目指しますが、整理した後の形を見て、

株立ち風に切り替えます

いずれにしても一番下の枝は太く作っておきます

 

下の画像、、、、、

剪定枝を挿している挿し床です

 

挿し木から間もない素材でも、枝棚が決まると(将来性を感じさせる

出し方が前提ですが~)急に値段も上がります

けれど、上のポット苗なら鉛筆より太い素材でも安価です

 

 

上の素材ですが、まずは来春に植え替えてから始まります

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

今日は真柏です

 

小さめで揺すりながら立ち上がる素材です

 

完成までは、もう少しですが展示用として形を整えました

 

今日の作業、、、、

・芽摘み

・葉透かし

・針金かけ(樹冠部の一部の枝に掛けました)

・ジン・シャリの手入れ

 

作業前です

 

右流れですが樹芯が逆向きに見えたので針金を掛けました

 

上から見ています

 

スッキリ見せるための作業です

主要な枝の下に垂れている枝・葉を摘みます

 

チョット手が入った感じがします

スッキリ見えます

枝棚の葉を透かしました

枝棚が分かるようになりました

 

作業後を上から見ています

 

最後にジン・シャリに石灰硫黄合剤を塗布して作業を終えました

輪郭の微妙な手入れは残りました

今年の春先からコロナ禍の影響を受け、全国の展示会が

軒並み中止となりました

私が所属する「神奈川小品盆栽連合会」の展示会が開催される

ようです

秋の手入れを中断し飾りの準備に取り掛かっています

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

今日は真柏です

 

細部の仕上げは、もっと先になりますが今日は枝を動かし

ました

 

芽摘みは重ねてきましたが、フトコロに芽を持たせることが

出来ない枝もあります

針金で枝を動かし、枝先を整えました

 

作業前です

丸印の枝が張っています

 

僅かでしたが下げて手前へ持ってきました

 

先に書きましたが「フトコロに芽が無い」、、、、

その箇所です

この樹形を活かすには、ここを何とかしたいところです

 

作業後を斜め上から見ています

 

今日の作業の もう一つ、、、

ジン・シャリに化粧を~石灰硫黄合剤を塗布しました

 

立気味の枝先を細い銅線で伏せました

真上から見ています

枝抜きで抜けていた空間も埋まって来ました

 

今日の作業後です

見えにくいかもしれませんが、画像3.の葉先、、、、

ミドリから黄緑に変わり始めました

9月に入って動き出した証です

シンパクの本格的な秋の作業に適期に入ります

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村