久しぶりに馬蹄形歩いてきました。
過去に何度も歩いてますが、最近は白毛門敗退ばかり。タイム意識しすぎて前半で力尽きてしまうんです。
だから今回は「9時間ペースで登り始めよう!」とゆっくり目のペースで白毛門目指しました。
ゆっくり目とはいえ、白毛門まで1時間40分で着いたのですからちっともゆっくりじゃないですよね!でも「ゆっくり目」を意識して力をセーブして登ったことが良かったみたいで、白毛門山頂に立っても体力的に余裕があって、その勢い笠ヶ岳までノンストップで進みました。
笠ヶ岳の登りからは雨も降ってきてちょっと嫌な雰囲気に。でもそれはそれで涼しくて快適。要はプラス思考でいれば何の問題もありません。
それに僅かな視界の中に浮き上がる鮮やかに色づいた紅葉に癒されますから。


2時間50分でガスガスの朝日岳山頂に着きました。


のんびりと…

ってわけでしたが、白毛門の登りで体力温存できたので結果的には良いペースで歩けたみたいです。

いつもだと朝日岳で先に進むかの葛藤があるのですが、今回はノンストップで通過という快調ぶりでした。


JP過ぎて下りになると一時的に晴れ間もあったり


秋の景色も広がって

足の調子も良かったので走れるところは走りました。

朝日岳から標高にして500mほど下れば清水峠です。これで終了ならなんてことのない下りですが、あくまで馬蹄形縦走の中での最鞍部です。まだ中間点にも達してません。中間点の七ツ小屋山への登りを控えて気持ち的にはかなり辛いところ。しかも逃げ道は新潟県の清水集落に下山するしかないので、ここで足のトラブルは命とり。超軽装備のトレランならではのプレッシャーを感じる場所なのです。


普通ならここで休憩をとり後半に臨むことになりますが、今回は足の調子もメンタルも絶好調だったのでここもノンストップ。誰もいないしガスガスだったし…

七ツ小屋山までもずーっと霧の中でした。

しかも泥濘みの深いササの登りに嫌気がさしたのも束の間、快適なはずの稜線は霧雨と強風です。この状況は清水峠〜蓬峠まで続きました。

終日Tシャツ、短パンで過ごしてましたが、この区間だけは雨具着けようか迷いました。何とか耐えましたけどね!

そんなわけで写真もありません。

もちろん休憩もとりません。

というか、登りだしから一回も休憩取らないです。

ザックから食べ物取り出すときだけ立ち止まり、歩きながら食べて飲んで、と相変わらずのせっかちマンでした。


ちなみに、すれ違った人は笠ヶ岳への登りで2グループと七ツ小屋山頂とその下でソロの方、武能岳まではそんな感じでした。紅葉期の週末にしては寂しい縦走路でした。


写真は一気に武能岳山頂です。


蓬峠までの強風が嘘のような穏やかな登りの先に待ってたのは…

素晴らしい紅葉でした。

山頂付近だけ霧がひき、雲の切れ目からは青空も見え、思わずシャッターを。
真っ赤に色づいた斜面が燃えるように輝いてました。

この数年、いや今まで見たことない鮮やかさだと思いました。
今年の紅葉は最高だあ!!
そう思いました。

ガスガスの茂倉岳まで、この素晴らしい紅葉を横目に見て、眼下に眺めて堪能しました。

いつもならバテバテで茂倉岳山頂に到着となるのですが、今回は体力に余裕がありました。

半時計周りのラスボス、茂倉岳に立てばもう終わったも同然です。しかも足も生きてる!
となれば、谷川岳まで飛ばします。
あっという間に奥の院へ。

稜線の色づき良くないなあ…
と思ってたら万太郎側の斜面は鮮やかに色づいてましたね。

オキの耳が霧の中に浮かんでます。

谷川岳付近はなぜだか暖かい…
Tシャツ、短パンでも汗かく陽気に正直違和感が。
馬蹄形の環境の変化に身体がついていけないや。

あまりに暖かいので、谷川岳まで1Lしか水分取らなかったのに、トマからの下山だけで500ml飲んでしまいました。
たぶん最後にタイム意識して樹林帯走ったからかな⁉︎
最後の走りでかなりバテました。
やはり走りは苦手です。

最後に
山トレでお世話になってるサロモンのシューズを履いての馬蹄形でしたが、いよいよご臨終のようです。あまりに滑ると思ったらソールの山がなくなりサイドは何ヵ所も裂けて指が露出していて、よくここまで履いたなあ〜という感じになってました。

山行タイムは8時間36分でした。
8時間切りを目指して頑張らないと。

おしまい。