まったく意識してなかったのですが、

会社の同僚のトレラン仲間からお誘いを受けて、

走り系は苦手なので、ロードを走るのはすべて断ってたのですが、

完全な山岳レースということなので

 

「よーし、恥かいてくるかー!!

 

とエントリーを決めてしまいました。

 

 

2020/10/10~11に開催される、第6回尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター

そのメインであるエキスパートコース(5km 標高差1000m)で出場します。


トレランレースが起伏のあるコースを走るのに対し、バーティカルレースは完全に山を登ります。いや〝走る〟そうです。

山麓~山頂までを駆け上がるレースというわけです。

公式大会は、距離5km以内で標高差1000mという規定があるようです。

まあ、普段登ってる山はもっと傾斜がきついですが・・・

 

トップアスリートはそこを走って登るらしいのでバケモノですが、

山岳レースというなら、走れない私でも出場する価値はあるだろうと思いました。

 

会場は尾瀬岩鞍スキー場で、下図のようなスキーゲレンデを登ったり下ったりしながら

山のピークのゴールを目指します。

もちろん公式の大会なので日本のトップや実力者ばかりがエントリーします。登りでどのような走りをするのか見ものですね。

 

 

リザルト調べると優勝タイムは40分ほどでした。

累積標高は1000mですが、途中には標高差300mのダウンヒルも含まれているので、

単純に1000m登るより過酷なんでしょう。

そこを40分ですが・・・

いや恐ろしいタイムだと思います。

ちなみにワールド公式戦での世界記録が29分なんぼみたいです。

どういうコースが分かりませんが、公式規定に則った大会での記録でしょうからびっくりポンです。

 

私が走って下るより速そうですね!

 

一応私の想定タイムは70分です。

いや想定というより目標ですね。

今現時点での垂直速度がMax1000m/hなので、

全力を出し切れば登りで60分。

そして、下り分の標高差300mを10分で行ければ合計で70分となります。

このタイムとて心臓が飛び出すほど頑張らないと達成できないですね。

 

まさに自分の限界を見極めるための大会となりそうです。