以前にも書きましたが、毎日ほぼ一日中一緒に過ごしていると、だんだん本性が現れるものです。

3日間位なら猫被っていられても、長くなると色々ありますよね。

私は特殊な途中参加だったのもあるし、結構誰とでも仲良くなれるし、こう言う時はグループに属さないのが賢明と思っているので、色んな所から噂話や不満を聞く立場になります。

今回、バスAかBか選ぶ際も、こっちにおいで〜と両方からお声がかかりましたが、バスAで正解でした。
バスAの後部席のメンバーは大体こんな感じ↓

その他にもアジア人、または英語が話せる人がメイン。
こちらの皆さんはバスAのAはAngelのAだから、良い人が多いからこっちへおいで〜、と言っていました😅
私としては、英語が話せる人が多い方が楽だから初めは選択したのですけどね。

バスBは、主にロシア語を話す人とスペイン語を話すラテンアメリカ系でした。

私に言わせればどちらに良い人が多いと言う事はなく、正直どっちにも一癖ある人はいました!

それにしても、世界大会に参加し、もちろん勝負をかけている人も多いのかもしれませんが、文化交流と言う意味で来ていると思っていた私からみると、ここまで来てこうも、同じ言語・文化圏で固まるか〜、と驚きました。

それが、敵対していると感じるのか、そのうち、ロシアグループは英語を話す人たちの悪口を言ったり、またその逆だったりと、グループ闘争も目立って来ました。

幸い私は、ふらふら?!しながら上手く皆んなと仲良くできて、喧嘩に巻き込まれたりがなく済みました。
と言うか、出来るだけ嫌いにならなければ、相手も私を嫌いにならない気がします。
小さいグループで話してみると、それ程悪い人でなかったり、日本の事を色々知りたい人はいるので、私は出来るだけ沢山の人と話すように心がけました!

その中で驚いたのが、東京が日本にあると知らなかった人が数名いたこと!
ちょっと教養ない?と、ふと思ってしまいましたが、自分はタジキスタンの位置や首都をちゃんと理解しているかと言えば、自信がないので…
日本=東京、と言うのが常識だと考えるのは、いけませんね。

先日も食事事情については書きましたが、台湾に着いて以来、本当にひもじい思いをしていました。
ホテル移動により、若干”City”感のある地域になり、ホテルの目の前にSogoがあるのを発見!
その日のランチはフリーだったので、1人でもなんでも、Sogoで日本食を探してみせる!っと、心に決めていました。
嬉しい事に、ルームメイトのミセスモンゴルも一緒に行きたいと言ってくれたので、二人で行って来ました!

色々みたのですが、正直、食べたい!と思うような美味しそうなレストランはなく、迷う中、麻布茶房を発見。まぁ、無難かな…と思ったのですが、ミセスモンゴルの懐事情を全く知らないので、どうなのかな…と悩んだり。
と言うのは、コンテストに参加している代表の方のバックグラウンドはそれぞれ違うだろうし、そもそも、国によって、生活水準もその国の通貨が為替でどうなのかにもよるだろうし。
この日も例のごとく台湾ドル$100.-(約US$3)の支給のみ。
日本人の私は自腹で足しても全く構わない値段のお店でも、違う国の人には高い可能性もありますから、気を使います💦

そんな訳で結局くら寿司に決定。
これなら、お皿の数を調整すれば、自分のバジェット内で収められますからね😉

実は私、くら寿司お初☺️
日本のお寿司屋さん(台湾だけど💦)初のミセスモンゴルをリードしなきゃいけないのだけど、注文も一苦労。


すごいシステムですね!

ミセスモンゴルは美味しいと言って食べてくれてホッとしました。正直、日本人の私には、なんとも言えないお寿司でしたが、今までのひもじさのお陰⁈で美味しく⁈頂くことができました😊

これこそ、文化交流!








さて、マーケットでのショッピングタイムが終わり、また移動。
今度はちょっぴりオシャレ?な雰囲気のエリアに行きました。
またここでも集合写真↓

まだ5時位で、全くお腹も減らないけれど、何だかんだ嫌な予感が…
まさかここで夕食?
そしてこの予感は的中し、この後お店に入るのですが、内装は今までで1番マシでしたが、ご飯が💦
↑ピザなのは分かりますが、どう見てもお味は?な見てくれ。

↑私はずっと一定の人といるのは、せっかく参加した意味が無くなるので避け、出来るだけ満遍なく知り合えるように、この時は手前からベラルーシ、アルメニア、スロバキア、モンゴル、台湾の代表と座りました。
ただ、ひっとりも英語が話せる人がいなくて、コミュニケーションを取るにも一苦労💦
でも、それはそれで楽しかったですけどね。

このテーブルを見てお気付きになるか分かりませんが、人数に対し、ピザ、少な過ぎやしませんか?正直、こんなに不味いピザは初めてでしたが、一体いつ、何を次に口にできるか全く情報がないので、サバイバルモードでなかばピザの取り合いのように、みんなピザを食べました🍕そこに皆さんが描くような、ミスコン代表の優雅さは全く存在していませんでした😅

そしてこの後、隣のバーで、今度はミルクティーを配給されるらしく、一列に並び、一人ひとりミルクティーを片手にバーのオーナーと写真撮影。
…この歳で、ミルクティーの為に列をなして配給を待つのはなんとも不思議な気分でした。

そしてこの後、皆んながバーの前で踊り出し、大盛り上がりしていました。

やっとの事でバスに戻り、やーっとホテルに行ける!っと、ホッとしていたのですが、明日のイベント会場だよ、と停まったモールの前の広場で1時間以上も待たされる、と言う😭💦

まだまだエネルギーの残っている大勢は、大きな声で話したり、セルフィー、メッセージをビデオしたりしていましたが、私はもう呆然無気力、寝たふりをして過ごしました😅

次の日も暑さとの闘いでしたが、それはまた次回。