ある脳外科医のぼやき

ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

しばらくぶりですね。

 

パーキンソン病にiPS細胞を使う治療がついに京大で実施されたので、

そのことを書こうかと悩みましたが、とりあえずは予定通りこのテーマを書ききってしまおうと思います。

 

特に脳梗塞の既往や、特段リスクがあるわけでもないのに、

抗血小板薬を飲まなければいけない状況が一つあります。

 

それは脳血管内治療の際です。

 

脳血管内治療では脳の主要血管の奥深くまでカテーテルを進める必要があります。

首のあたりには2-3mm径のカテーテルが留置されますし、1mm弱の細いマイクロカテーテルは脳の主要血管にまで到達します。

 

これらのカテーテルは生体にとっては異物なので、

血小板が凝集する要因となりえます。

 

つまり、カテーテルが血管内にあると、その周辺で血栓という血の塊が出来やすく、

それが出来てしまうと、その場で血管を詰まらせてしまったり、先に流れていくことで、より末梢の細い血管を詰まらせてしまい、

脳梗塞の原因となるからです。

 

脳梗塞は脳血管内治療においてもっとも注意すべき合併症です。

 

そこで、治療前から抗血小板薬を飲むことで、治療当日に血栓ができにくくする必要があるのです。

そこで、どのような飲み方をするかについてはまた次回に続きます。

 

dt>続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M

¥398
Amazon.co.jp

 

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

 

 

サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓

紙の書籍に関しては、絶版となったため、下記Amazonや楽天では中古しか販売しております。

新刊を希望の方は私の方から直販しますので、ここ、Amebaのメールか、

nsdr.rookie@gmail.com までご希望の方はご連絡ください。

 

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


テーマ:

昨日、抗血小板薬の効き具合を判定する簡易キットの、

verify nowの話を書きました。

 

アスピリンとクロピドグレルの効き目が分かるキットで、

結構有用性は高いです。

 

しかも機械自体は特に高価というほどでもありません。

1回ずつの検査にかかるランニングコストはやや高いのでしょうが、得られるメリットを考えれば、

多くの医療施設で使われるべきだとは思います。

 

特にクロピドグレルなんかは、アジア人の抵抗率を考えれば、内服している日本人が全員検査したほうがいいんじゃないかと、

思うくらいですね。

 

でも実際は限られた施設でしかverify nowのような検査は導入されていません。

それは何故かというと、この検査をやっても金にならないからです。

金にならないどころか、病院側はやればやるほど損になります。

 

保険適応でないということは、そういうことなんですよね。

病院側は行った医療の対価を国に請求する形になっていますけど、保険適応でない医療は請求できないのです。

だからverify nowの検査をやっても、病院はどこからも対価を請求できないので、持ち出しになるんですね。

 

だから導入する施設は少ないんです。

しかも、学会などでもいわゆるその道の権威と言われる医師の半分くらいは、

不要、と言ったりします。

 

普段使わないでやっている人は、なくてもやっていけると思うから不要と言うし、

普段使っている人は恩恵を知っているので、必要と言う、というだけのような気もしますけどね。

 

さて、verify nowの話から、次回は抗血小板薬と脳血管内治療の話に進もうと思います。

 

dt>続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M

¥398
Amazon.co.jp

 

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

 

 

サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓

紙の書籍に関しては、絶版となったため、下記Amazonや楽天では中古しか販売しております。

新刊を希望の方は私の方から直販しますので、ここ、Amebaのメールか、

nsdr.rookie@gmail.com までご希望の方はご連絡ください。

 

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


テーマ:

引き続き、抗血小板薬の話の続きです。

 

どうやって、その薬が患者さん本人に聞いているかどうか見分けるのか?

ということですが、検査があります。

 

いわゆる血小板機能検査の類は以前からいくつかあるのですが、

近年、その簡易キットが発売され、臨床で使用されています。

 

私も利用しているのはVerify nowという名前の商品なのですが、

簡易キットでわりと迅速に血液から、アスピリンとクロピドグレルの効き目がわかるというものです。

ただ、シロスタゾールの効き目を判定する簡易キットはありません。

 

このVerify nowを用いることで、数値で効き目を判定することができます。

結構一目瞭然に効いていないと高い値がでるようになっているんですね。

 

私は、この検査を結構多くの患者さんで行っているので、

クロピドグレルは2-3割の人で効いていないとか、アスピリンは1割弱くらい効いていないという体感がもてるのです。

結構有効な検査に思えますよね。

 

ただ、この検査、日本中で普及しているとはまだまだ言えません。

というのも、そもそも保険適応となっていないのです。

つまり、どういうことかというと、次回に続きます。

dt>続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M

¥398
Amazon.co.jp

 

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

 

 

サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓

紙の書籍に関しては、絶版となったため、下記Amazonや楽天では中古しか販売しております。

新刊を希望の方は私の方から直販しますので、ここ、Amebaのメールか、

nsdr.rookie@gmail.com までご希望の方はご連絡ください。

 

誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス