こんにちは。横浜市立大学3年のTです。
今日は9月27日の東戸塚学童クラブでの活動について紹介します!

私は将来、児童福祉に関わる行政機関に勤めたいと考えているので、学童の運営について学びたいと常勤職員の方に相談させていただいたところ、ご厚意でデスクでの事務作業を体験させていただきました。

1日事務作業を体験して感じたのは扱う情報量の多さです。とにかく多いです。
児童と保護者の名前、住所、通っている小学校、学童の利用区分の名簿や、子どもたちが学童クラブに着いた時間、1人で帰る予定の時間または保護者のお迎えの時間などの基本的な情報だけでも多かったのですが、それに加えて子どもたちのアレルギーの有無、クラブ内での交友関係、最近の学校での様子など学童で生活する上で共有するべき情報がびっしりと管理されていました。この膨大な情報量を目の当たりにし、子どもたちを預かるということの責任感の重さを改めて感じました。

また、スタッフの方の待遇について非常勤の方のお話を伺ったところ、時給は上がっても扶養関係の問題でその分シフトを減らさなければいけないため、そこまでの改善には至っていないという事実も知りました。

事務作業やスタッフの方々とのお話を通して、学童クラブの運営のリアルを身をもって感じました。これは横浜市をはじめ、国全体の早急に扱うべき行政課題であると危機感を感じたため、より一層この分野に将来的に関わりたいという思いが強くなりました。

 

 

こんにちはニコニコ

現在NPO法人教育支援協会南関東さんでインターンシップさせていただいている横浜市立大学3年のMです!


参加しているインターン生が担当しているところとして、主に4つの活動場所があるのですが、私は南区のM-baceさん(青少年の地域活動拠点)でお世話になっていますひまわり


少し遅くなってしまいましたが、今回は9月10日に参加した「コドイチ」について紹介します!




コドイチでは、地域の子どもたちにお弁当を配ったり、待ち時間も子どもたちに楽しんでもらえるクイズを行ったりしました。前回投稿した縁日の際にお話した子どもたちも何人か来てくれて嬉しかったですスター

『8月27日活動報告☀️』こんにちは現在NPO法人教育支援協会南関東さんでインターンシップさせていただいている横浜市立大学3年のMです!参加しているインターン生が担当しているところとし…リンクameblo.jp

(前回の投稿はこちら↑

  よかったらこちらの投稿もご覧くださいラブラブ


今月のお弁当は親子丼、唐揚げ、白インゲンのマカロニグラタンなど盛りだくさんでした。毎回のアンケートにある子どもたちのリクエストも考慮してメニューを考えているそうなので、とても喜んでくれたのが印象的でした。私も来月のお弁当の内容を考える会議に参加しましたが、栄養バランスや子どもたちが喜んでくれるようなメニューなど様々なことが考えられて作られていることを知り感激しましたおねがい


また、クイズも季節にまつわる問題からみんな大好きなキャラクターの問題まで色々あり、兄弟で対決している子や正解不正解で一喜一憂している子など、子どもたちの様々な反応をみることができました。



楽しそうな子どもたちの様子が見られて私たちも嬉しくなりました!

コロナ禍で配膳ではなく配布という形になっていますが、直接目を見て渡せることが地域の方や子どもたちとコミュニケーションをとれる大切な機会になっていると感じました。


来月の10月8日(土)も開催されるそうなので、ぜひみなさん行ってみてください!


最後まで読んでくださりありがとうございました!!


 ピッピ親子サポートネットで活動させていただきました。明治学院大学2年のAです。

 

 9月6日は学童で活動させていただきました。ピッピ親子サポートネットの学童は、ルールがなく自由に放課後を過ごすことができることが特徴です。


 私が印象に残っていることは、職員の方との距離が近く、年齢関係なく仲良く遊んでいたことです。私の中での学童のイメージは、学校の延長線上にあるものでした。しかし、先生と生徒という関係ではなく、1人の大人と子どもというラフな関係が構築されていて、良い環境だなと感じました。また、学年も関係なく遊んでいて、学校では同じ学年の子といる時間がほとんどだと思うので、色々な人と関われる場所だなと思いました。私もこんな環境を経験してみたかったなと思うくらい素敵な場所でした。


 今回2回目の活動であったため、私の顔を覚えていてくれた子もいて嬉しかったです。おやつを作っていると話しかけてくれたり、私が作った飛行機を褒めてくれたり、小学生の優しさにたくさん触れることができました。今回が学童の活動最終日であったこともあり「また来てほしい」という言葉をもらえて、嬉しいと感じると同時に少し寂しくなりました。


 職員の方にも快く質問に答えてくださったり、活動に参加させていただいたり、とても勉強になりました。ありがとうございました!

 

「障害者自立生活センターIL・NEXT」さんにてインターンシップの活動をさせて頂いていました、明治学院大学2年のkです。

 

9月5日はIL・NEXTさんで作業のお手伝いをさせていただきました。

 

作業の内容は切手を大きさや値段別に分け、大きな台紙に貼る作業の中の分別をさせていただきました。

切手は古いものや珍しいものが多く、新鮮でした。また、汚れがあるものは使えないとのことで、使えないものも大きさや値段とは別にして分けます。

 

 

その他にも、カレンダーの分解作業を利用者の方と職員の方と役割分担して効率的に進める事ができました。

また、作業といっても皆さんが協力して何かをする事を大事にされているそうなので、楽しそうにされている姿を見る事が印象に残りました。

 

10日間は長いようで短かったですが、沢山のテーマでの議論など考えることが多く勉強することができました。

コロナ禍で活動に限りがありましたが、実りのある活動ができたと思います。

IL・NEXTの皆様ありがとうございます。

 

 

 

 

ピッピ親子サポートネットで活動させていただいております、明治学院大学2年のSです。

 

9月28日に最後の活動としてピッピおやこの広場はっぴぃに行きました。ここは主に、0歳、1歳、2歳児の未就園児とその親が通う場所です。ピッピおやこの広場はっぴぃに来る目的は人によって様々です。子ども同士の交流であったり、親同士の交流であったりなど子どもの新しい遊びや体験のみでなく親同士の関わりも多くできる場所です。

 

今回の体験で最も印象的であったのは、親同士の会話でした。0歳児の子どもの成長について気になることを1歳児の親に聞いていたり、同じくらいの子どもを持つ親と相談をしたりする姿が多く見られました。普段生活していて、未就園児が他の子どもと接する機会やその親が親同士で落ち着いて会話ができる機会はあまり多くないのではないかと考えます。そのためピッピおやこの広場はっぴぃは子どもを自由に遊ばせながらも情報交換ができる、新しい空間であると感じました。

 

今回はイベントがある日であったため、子どもを遊ばせながら数人の親同士で最近のことについて共有する時間がありました。育児をしながらの大人同士での交流もとても重要なものであると感じました。

 

また今回は0歳児の子どもが多かったのですが、同じ0歳児でも数ヶ月の差で体の大きさや動きが違うということを見ることができました。とても個性があふれていて、個人個人の様々な姿が見られる場所でした。広場に来ている利用者の方を見ていると、「みんなで子育て」という場面をたくさん感じることができ、素敵な場所だと思いました。

 

 

こんにちは!

さくらザウルスでインターンに参加している、横浜市立大学3年のMです。

 

少し遅くなってしまいましたが、

9月21日の六ツ川ひろばでの活動についてご紹介します!

 

今回の活動では、毎月行われる“おはなし会”というプログラムのお手伝いをしました。

“おはなし会”では、絵本や紙芝居、パネルシアター、あそびうたなどを楽しみます。

今回は、定員いっぱいの7組の親子が参加してくださりました。

 

子どもたちからの視線に緊張する中、私は『くろわん しろわん よーいどん』という紙芝居の読み聞かせをしました。

人前で読み聞かせをすることは初めてでしたが、大きな声、ゆっくり、変化をつける、この3つを意識してなんとか読み切ることができました。

子どもたちが集中して紙芝居を見てくれたこと、最後に拍手をしてくれたことが嬉しかったです!

 

 

 

後半は、スタッフの方の絵本の読み聞かせや、リズムの良いあそびうた、パネルシアターなどを、子どもたちと一緒に楽しみました。

スタッフの方の読み聞かせがとても上手で、子どもたちと一緒にのめり込んで聞いてしまいました!

また、私が子どものころからある『おべんとうばこの歌』が演目に入っていて、とても懐かしい気持ちになりました。

 

“おはなし会”は子どもたちだけでなく、私自身もとても楽しい会となりました。

ありがとうございました!

こんにちは!

横浜市立大学3年のNです。

 

  先日9月21日にインターンシップ全日程が無事に終了しました。

 最終日は、インターンシップ生が共同で作り上げてきたグランピング会場の看板  

 がついに完成しました!

 

      

 

  文字づくりから装飾までインターン生が手作りで創作したため、工作が苦手な私

 にとっては非常に難しい作業がいくつかあったのですが、無事に作業が終わって一 

 安心です(笑)個人的には看板のベースの色がきれいな青に仕上がって大変満足の

 いく看板に仕上がりになっています!グランピング施設はとても素敵な場所で、夜

 の照明もきれいなので是非気になった方は訪れてみてくださいにっこり

 

  本インターンシップでは客室の清掃、チェックイン業務の手伝い、古民家のリノ

 ベーション、長期入居者向けマンションの見学など様々な経験をすることができま

 した。ご迷惑をおかけすることもあったと思いますが、貴重な機会を頂けて光栄で

 した。コトラボ合同会社さん、ありがとうございました。

 

 

こんにちは!

横浜市立大学3年のNです。

 

私は9月からコトラボ合同会社にてインターンシップをさせていただいています。

インターンシップ初日の9月2日、Yokohama hostel villageにて客室清掃を行いました。

ホステルの客室清掃は初めての経験だったので仕事を覚えるのが大変で、こなしていけるのか不安でした。ですが、今は作業効率が上がって少しは貢献できるようになったと思っています(笑)。

 

別日には古民家リノベーションの手伝いをしてきました。

壁紙を張り替える作業も初めてで、一つ張り紙を張り替えるだけでもすごく大変な作業であることを実感しました。古民家のリノベーションを業者に託さず、社員さんの手でほとんどの作業を行っていることはすごく印象的でした。私は過去にリノベーション物件に住んでいたことがあるのですが、空き家が有効活用されていて年季を感じず快適に暮らすことができていました。そのような環境づくりの一端に携われて非常にうれしく、有益な機会でした。ここで今から住む人がこの物件を気に入ってくださることを願いますにっこり

 

こんにちは。
 
ピッピ・親子サポートネットでインターンをさせて頂いてます神奈川大学3年のNです。
 
今回は9月14日のピッピとなりの家での活動をご報告させていただいたます。
 
この日は体験最終日ということもあり、みんなで外遊びをしました。
 
となりの家でのインターンでは、主に外遊びに行く子たちのお世話を任せていただくことが多く、
だいたいは近くの谷本公園に行くことが多かったですが、この日は千草台公園に行きました。
 
この日は珍しく女の子も参加し、自分を含めて7〜8人でリレーやサッカーをして楽しみました。
 
そしてこの日は自分がインターン最終日だったこともあり、最後に記念写真を撮ってプログラムは終了しました。

 

今回遊びに行った千草台公園は遊具や外周、広いクレーのグラウンドがある公園で、様々な遊びをすることができます。また付近には25mプールもあり、夏場は100円で利用できます。

 

となりの家さんは、他にもこのような町の地域資源を様々に活用して、子供たちがのびのびと自由に遊べる居場所を提供しています。

 

今回のプログラムでは、今少なくなりつつある地域資源を改めて探す楽しさを教えて頂きました。

 

昔遊んだ場所に改めて足を運ぶとまた違った発見があるかも知れません。

 

今後も自分で少しでもいいから継続していきたいなと思いました。

 

 

 

 

 こんにちは。片倉うさぎ山公園プレイパークでインターンシップを行っている、明治学院大学3年のKDです。今回9月18日日曜日は、片倉うさぎ山プレイパークにて、インターンシップを行いました。

 

 今回は、一応短期で組まれているインターンシップの最終日ということでした。しかし、皆さんご存じの通り、18日は、午前中から台風の影響で強風と大雨でした。家を出発する際には、「本当に今日活動はあるのだろうか。」「行って中止になったら嫌だな。」とネガティブなことをたくさん考えていましたが。とりあえず、10時半ごろには活動をスタートすることができました。

 しかし、驚くことでもないですが、普段の日曜日なら小学生やらがたくさん来て盛り上がる現場も、この日ばかりは空っぽでした。何分待てど、子どもは一向に来ません。なのでそれまでの間は、リーダーや常連の大人の方々と、焚火をしながらお話をする時間になりました。これまでの活動では、主に子どもたちと一緒にいるため大人の方々とじっくり話す機会があまりありませんでした。なので、活動のことからプライベートなことまで様々な内容を大人の人たちと話せたこの時間は、とても貴重なものになりました。

 そしてこの日の活動は、神奈川区に出た大雨洪水警報を機に終わり、プレイパーク自体も閉園が決まったため、午前中で終了してしまいました。自分がこの活動期間で作り上げたかった弓矢が完成しなかったことと、「これが最後か」という寂しい気持ちが混じって、やりきれない気持ちでした。

 さて先述の通り、18日の活動をもって、一応インターンシップの活動としては区切りになりました。自分が日常でできない経験や交流など、多くのことをこのインターンシップですることができました。コロナ渦の中で制限はありましたが、充実した活動になったと思います。ありがとうございました。

 

雨の日の焚火の様子です。蚊よけになります。服に煙の臭いが付くのが弱点です。よろしかったらぜひやってみてください。