こんにちは😃国際協力NGO、Act for Child でインターンをさせていただいています 横浜市立大学3年のMです!

10月14日にあーすぷらざで、10月18日にオンラインで活動したことを報告します!

上記の2回は主にミャンマー勉強会をしミャンマーについてより深く理解すると共に、Act for child さんの活動について学びました。

ミャンマー勉強会では私は「8888運動」「2021年クーデターとミャンマーの今後」をテーマに探究し、プレゼンを行いました。

「8888運動」とは1988年に起こったミャンマーの民主化運動で、学生や僧侶が立ち上がり、デモやゼネストををおこし軍政反対を唱えました。多くの逮捕者、死者が出ました。私と同じ年代の若者が民主化へ国民を導いていた姿に、私自身きちんと芯を持って生きていかなければならないと振り返りました。しかしこの運動は成功とはいえず、今もなおミャンマーの人々は軍政と戦っています。

2021年クーデターでは、国軍が軍事クーデターをおこし、今もなお多くの国民の命が奪われています。アウンサンスーチー氏率いるNLD党が国軍の利権構造を崩すことへの懸念、軍が制定した軍に有利な2008年憲法の改正に向かい出したことなどが原因とされています。2年経った今も子供たちを含む国民の命が奪われ、国軍に学生らが立ち向かっています。一刻も早く事態が好転することを願うばかりです。

どこか遠い話のように聞こえてしまいます。しかし!私たちの行動でミャンマー国民を支援することができます。
例えば、日本のある飲料メーカーはミャンマー国軍との合弁会社をつくっていました(クーデター後解消、どの会社かは皆さん調べて見てください!)。これは国軍の資金集めに加担していたという見方が出ています。このようなことがあることを「主体的に情報収集をする」ことで知り、商品を買わないなど「行動していく」ことで合弁への反対を消費活動で示すことができます。私たち一人ひとりの行動が国際協力につながる、ということをぜひ頭に入れておいてください!

今、中東、ロシアウクライナ、ミャンマー、、、様々な国で軍事行動が起こっています。なぜ、このようなことになってしまったのか、どのような現状なのか「地球市民」として私たちは知っておく必要があります。私も様々な角度から広い視野を持って情報収集し、自分なりに噛み砕いていきたいと思います。



今回、Act for child のインターンに参加し国際協力のにおいては相手の主体性を大切にし、自走できるようなサポートをしていくこと、そのために現地の人としっかりと信頼関係を築いていくことが大切であることなどを学びました。また国際協力にあたってはどうしてその国の現状が起こってしまったのかを知るために歴史など様々な角度でその国を知ろうとすること、そこから日々の正しい情報収集の重要性を学びました。

最後に私たちに日々できる国際協力の一歩を紹介します。
①周りの人と信頼関係をきちんと気づき、思いやりを持ち「地球市民」として行動すること
②世界がどのような状況なのか曖昧な情報に惑わされるのではなく様々な角度の情報を入手して、正しく現状を捉えること。そして行動すること

私自身も頑張りますのでぜひ皆さんもやっていただけたらと思います!!

素敵なそして大切なことをたくさん学ばせていただいた Act for child の伊吾田さん、本当にありがとうございました。

こんばんは!障害者自立生活センターIL・NEXTにてインターンをさせて頂いている横浜市立大学のIです。

最終日、9月1日の活動では、IL・NEXTの代表、スタッフの方とインターネットラジオ、ポッドキャストを録音しました。

 

今回、学生インターンとしてインターネットでの発信を手伝ってほしいというお話になった際、ポッドキャストなど良いのではと7月の顔合わせの時点で話していました。

結果、最終日に第1回を録音することになりました。

第1回は、8月にnoteに公開したIL・NEXT代表・渋谷さんによる文章について、直接お話を伺いました。

その他にも、ラジオの名前についてなど充実した会話となり、ぜひ継続したいと感じました。

 

現在、第1回がアップされています。また、第2回と、第1回文字起こし版のnote記事を明日公開予定です。

podcastアプリやspotify、youtubeなどで聴くことができます。

「闘うラジオ アイラジ」で検索してみてください。

 

第4回まで録音を終えており、これから月に数回アップしていく予定です。

渋谷さんの第1回での言葉を引用すると、障害者に関する現状について、「針の穴一つでも開けられたら」ということです。

できるだけ継続できたらと思っています。

 

また、内容は必ずしも障害を直接的に扱うものではなく、好きな映画の話、横浜の好きな場所など、色々なテーマでおしゃべりをしています。

磯子区の一角で活動する、IL・NEXTの空気が伝わるラジオになっているのではないかと思います。

 

活動中何度か昼食を買い出しに行った、IL・NEXTのすぐそばのレトロな商店街「浜マーケット」

 

音声メディアは、ラフに触れられることが魅力だと思います。

若者を含めた地域の人々がIL・NEXTを知り、関わっていく入り口になればいいなと思います。

ポッドキャストやnoteなど、IL・NEXTの様々へは linktr.ee/ilnext からアクセスできます。

こんにちは😃国際協力NGO、Act for Child でインターンをさせていただいています 横浜市立大学3年のMです!

9月30日に対面でのインターンを行ってきました!これまではオンラインで活動していたのでとても楽しみにしていました。

【インターン活動】
日時:9月30日 13時〜17時
場所:あーすぷらざ

【国際協力NGO Act for child について】
Act for child さんはvisionとして「世界中のすべての子ども達が、将来の夢や選択肢を自由に描き選べる平和社会の実現を目指します。」を掲げており、主な活動としてはミャンマー東部への教育支援、タイやミャンマーの商品のフェアトレード、また私たちインターン生を受け入れて人材育成などを行なっていらっしゃいます!

【活動内容】
今回のインターンでは以下の2つのことを行いました。
①ミャンマー勉強会📚
②フェアトレード品の管理🎨

①ミャンマー勉強会
国際協力においてその国を知ることは必要不可欠です。国を知るためには歴史を知ることが重要になる、ということで私たちはテーマをいただき、それについて勉強をし、プレゼンテーションで発表するということをしています!これまで2回発表を行い、私のテーマは「軍事政権下のミャンマー」そして「ミャンマーの民主化運動とアウンサンスーチーの生涯」でした。ミャンマーは独立してから約7割の期間を軍が独裁政治を行なっています。なぜ軍がそこまで力を持ち続けることができたのか、これを紐解くには歴史を学ぶことが必要不可欠で、過去の出来事が今に深く結びついていることを感じました。勉強会を通してミャンマーがイギリスから独立する際に軍が大きく貢献したこと、ミャンマーは多民族国家で少数民族の武装蜂起などから国が安定せず、国内和平を保つという使命を国軍が担っていると自負していること、この2点が軍政が長らく続いている大きな要因ではないかと考察しています。民主化運動が何度も起こってきましたが、軍による弾圧で民間人・僧侶にも死者が出るようなことも多くあります。ミャンマーについて今回深く調べてみて、知らないことが多くその実情の厳しさに驚きました。まだまだ知らないことも多いので今後の勉強会でも「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマーについてもっと知り、発信していけたらと思っています!!実際に私が作成したスライドが写真①です!
写真①


②フェアトレード品の管理
フェアトレードとは、途上国の商品や原材料を正当な価格で継続して取引を行い、途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組みのことです。Act for child さんは買い叩くことなく現地の方が決めた販売価格で取引を行い、各地のイベントで、そしてオンラインショップで販売しています。
 気になる商品のラインナップは主にタイのモン族のクロスステッチの商品、リン族のパッチワーク、ストリートチルドレンの子がアートセラピーで作成したパッチワークをフェアトレードの商品として販売しています!!とても手作業とは思えないクオリティの高いポーチやふでばこ、またキーホルダーやトートバッグなどがたくさん!ビーズのピアスもありとってもかわいかったです!!個人的にはビーズのピアスがおすすめです!!
 今回は多くの商品を取り出しやすいよう種類ごとにまとめ、収納を行いました!写真のような感じです!かわいい商品に囲まれてとても楽しい時間でした。皆さんもぜひ、オンラインショップを覗いてみてください!!☟
https://actforchild.thebase.in/
写真②はフェアトレード商品の仕分け作業の様子です!


写真②

【最後に】
長くなりましたが、今後もミャンマーの知識を深め、国際協力とは何か、そしてフェアトレードの推進に関わっていけるよう頑張ります!!

はじめまして

NPO法人教育支援協会南関東で活動をしております、明治学院大学のTです。

 

今回は9月20日に不登校児童生徒の自立支援を行っているところで活動を行ったことについてまとめました!

 

この場所での活動は4回目で今回が最終日でしたえーん

8月から参加させていただきあっという間に最終日に・・・。

 

ここの子たちは明るい子が多く、ゲームをする度に誘ってくれたり、趣味の話などいろんな話をしてくれました!

この日は人生ゲームや囲碁、ウノなどをしてました。久しぶりにするゲームでルールを思い出しながら頑張りました。みんなゲームが強くて、負けず嫌いの私は気づいたら本気で対戦してました。「大人げない」と何度言われたことでしょう・・・。

 

そしてお昼タイム!ここでは好きな時間に食べてよく、食べなくてもいいそうですびっくり

お弁当を持ってくる子もいれば買ってきたおにぎりやサンドイッチなど持ってくる食べ物も様々でした。

一緒に食べに行き、好きな麺類の話で盛り上がりました。うどん派はなんと私だけでしたはてなマークびっくりマーク

 

午後は近くの体育館へ行きました。

女の子3人とバドミントンしていました。気づいたら3対1になってました。(?)

みんな元気で休まずずっと遊んでました。体力がすごいです。

 

体育館から戻り、また子どもとお話したりゲームしたりしてました。中学3年生の女の子が持ってきたカードゲームで時間ぎりぎりまで遊んでました。

 

不登校と聞くと暗いイメージを持ちがちですが、実際に見てみると明るく、元気な子が多かったです。「このゲーム一緒にしよう」と誘ってくれることで、みんなの輪に入りやすくしてくれるようで、とても嬉しかったです。

 

子どもたちが楽しくのびのびと過ごせる場所がある大切さを学びました。

こんにちは。
NPO法人ぐらすかわさきが運営する、『メサ・グランデ』でインターンをしています、横浜市立大学のKです。
9月26日をもって、インターンの最終日を迎えました。

今日もランチの仕込みや、ランチ・弁当・カフェの盛り付けを行いました。

ご来店やお弁当のご注文が多く、私も混乱しそうになりましたが(汗)利用者さんと協力しながら、ランチの時間帯を乗り切りました。

ベビーカーを押したお母さんや、野菜を購入しに来てくださった方もいて、地域の方が気軽に立ち寄れる場所として機能していると感じました。


そして活動日はほぼ毎日、メサグランデのSNS投稿を任せてもらっていました!その一部をお見せします^^


他にもメニュー画像を描かせていただきました~!

今後SNS投稿で使っていただけるかもしれませんので、ぜひInstagramをご覧ください😊



また本日は、店内のハロウィンの飾り付け作成を行いました!
私は英字新聞でガーランドを作り、スタッフさん・利用者さんと一緒にハロウィンのイラストでデコレーションしました。
店内がどのように飾られるのか楽しみです☺️

 

今日はとてもうれしいことがありました!

いつものようにキッチンで利用者さんとランチ準備をしていた時、両手がふさがって困っている利用者さんの様子に気づき声をかけたことで、帰宅の際にもお礼を言ってくださいました。

 

 

 インターンのまとめ

 

最初のブログにも書いたように、私は利用者の皆さんと作業をしたり話すことに対して身構えていました。
しかし、苦手なこと・得意なことがそれぞれにあるのは自分と何ら変わりなく、何よりとても優しく接してくださり、利用者の皆さんと過ごすことが楽しみになっていました。


そしてインターン中気にかけてくださったスタッフの皆さんにはとても感謝しています。
利用者の皆さんが作業しやすいよう工夫したり、コミュニケーションをとったり、帰る時には店の外まで見送ったりする皆さんの姿を見て、自分の行動も変わっていった気がします。

メサ・グランデでは、障害を持った方がそれぞれサポートを受けつつ生き生きと働いていました。

こんな場所が地域にもっと増えてほしいです。

 

利用者さんやスタッフのみなさんのおかげで、自分は人と関わる前に障害というフィルターを通してその方を見ていたと気づきました。そして「障害」は、困っている方が適切な支援を受けるためにあるべき言葉だと感じました。

当たり前かもしれないけれど、重要なことに気づくことができたインターンでした。

 

 

 

 

おはようございます。

横浜自然観察の森の、日本野鳥の会でインターンをさせていただいております、横浜市立大学3年のMです。


少々遅れてしまいましたが、9月18日の活動報告をさせていただきます。

18日は13〜17時の4時間活動しました。

前回ブログで報告させていただいた、「森の宝さがし」の展示が完成しました!✨

入り口入ってすぐの受付の前にこのように展示されています!


そして、また違う展示の仕上げのお手伝いをしました。自然観察センターには、企画展という1年間行われる展示があり、ちょうど9月が張り替えのタイミングでした。今年の展示のテーマは「歩いてみよういたち川の始まりの森 源流の森の生きもの展」です。展示の上に、革をイメージさせるスズランテープの飾りをつけるのですが、今回のインターンシップで私はこれをたくさん作りました(写真3枚目)。

この日は、実際に歩くのにオススメのコースを示すのに、イタチの足跡の形のシールを切って貼りました。







壁3面を使った展示で、見どころたっぷりのものに仕上がっています。全貌は是非、実際に足を運んでご覧ください!


長いようであっという間だったインターンも、残すところあと一回となりました。初めは不安と緊張の気持ちでいっぱいでしたが、センターの方が本当に親切で優しくて、新しい知識と経験を身につけながら毎日楽しく活動することができました。残りの一回も楽しみつつ、たくさん吸収できるよう頑張ります。


ここまで読んでくださりありがとうございました!またどこかでお会いできる日がありますように!

活動日:2023/9/20

ニックネーム:mmm

こんにちは!NPO法人リロードで活動させていただいている3年のmmmです!

9/20はユースプラザの方で施設利用者の方との交流を行いました。前回に引き続き私は、毎日更新されるブラックボードを書く担当を任せていただきました。

9/20は「空の日」だそうで、それにまつわるお話を書かせていただきました。

またこの日施設利用者の方とは、スターバックスの紙袋を活用したブックカバーとしおりを作りました^^

皆さんそれぞれ個性のある作品ができてとても素敵でした。実はこの日でユースプラザでの活動は最後で、帰る時に職員の皆様から色紙を頂きました。短い間でしたがとても貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました♪

学習支援の活動日はまだ残っているので引き続き頑張ります!

こんにちは!

NPO法人こども応援ネットワークでインターンシップをさせていただいています、横浜市立大学3年のKです。

今回は都筑区子育て支援センターPopolaで9月12日に開催しました「風船であそぼう!」イベントの報告をいたします。

 

このイベントは、私ともう1人のインターン生2人が中心となって企画立案から実施までを行った、今回のインターンで一番大きな活動となりました。

風船遊びをする上で気を付けたことは、どの年齢でも楽しめるようにすることです。上から風船をつるす際に高さを二種類用意したり、マットを用意して小さい子供でも安全に遊べるようにしたりと工夫をしました。

 

当日は、10:30から12:00と14:00から15:30の二部制で行い、のべ56組123人の親子が参加してくれました。人数制限を設けたところ待ちが発生するほど皆さんが参加してくださり、とてもうれしかったです!

 

たくさんの風船でたくさんの笑顔が見られました!

 

私たちも子どもたちと触れ合いながら、一緒に楽しむことができました

 

スタッフの方々にもたくさんご協力いただき、自分たちの思い描いたイベントを形にすることができたことはとても貴重な経験となりました。今回企画していく上で得たスキルは今後にも生かしていこうと思います。

 

インターンも残り少しになってまいりましたが、最後まで楽しみながらたくさん学んでいきます!

※写真は掲載許可をいただいています

こんにちは。

NPO法人グリーンママでインターンシップに参加させていただいた、明治学院大学のSです。

 

9月5日に緑区地域子育て拠点いっぽで、「あかちゃんとのふれあい遊び」に参加させていただきました。

 

このプログラムは6か月~1歳未満の赤ちゃんとママ・パパを対象に行っているものです。

前半は赤ちゃんとママたちのふれあい遊びを行い、後半はママたちのおしゃべりタイムとなっていました。

そしてプログラムの最後には、9月に1歳になる子供たちのお誕生日をお祝いしました。

1歳になるお子さんのママたちのお話をたくさん聞けて面白かったです。

 

またこのプログラムの最中に何度か地震が起きました。

ママたちは心配そうでしたが、いっぽのスタッフの方が地震の時に赤ちゃんを守る方法などのお話をしていて、とてもためになりました。

 

いっぽでは1階・2階それぞれに消火・通報・誘導の係がおり、災害時も速やかに対応できます。

 

「あかちゃんとのふれあい遊び」は月に2回開催されています。

事前予約制となっているため、興味のある方は予約してみてください。

こんにちは!NPO法人こども応援ネットワークでインターンシップに参加させていただいている神奈川大学1年のYです。


912()にポポラで「風船であそぼう!」という企画を行いました。


インターン生2人で、ポポラに来てくれている子供たちみんなに楽しんでもらうことを目標に企画を考えました。

未就学児までを対象とし、風船ベットの数やゴールのレパートリー、風船を吊るす高さなど工夫しました。


時間は、1030分〜12時、14時〜1530分の2回に分け、10組くらいで常時入れ替えで行いました。


当日は、開始から沢山の方が遊びに来てくれました。親子で風船で遊んだり、お友達同士で戦いごっこを行ったり、笑い声で溢れていてとても嬉しかったです。


アンケートを行った結果、沢山の方に満足と答えていただけました。また、「家ではなかなか出来ない遊びで楽しかった」「沢山体を動かせて良かった」「風船の吊るす高さが工夫されていて良かった」と感想をいただきました。


風船は、私たちにとって比較的手軽に手に入れることが出来るものだと思います。しかし、子供たちにとっては、身近なものではなく、特別感のあるものだとこの企画を通して気づくことが出来ました。沢山の風船に囲まれた部屋で、全力で楽しんでいる子供たちを見れて、この企画を考えて良かったと思いました。