アジアクラフトリンク

アジアクラフトリンク

物作りを通してミャンマーの人々の自立を支援し、世界のオンリーワン作りに参加できる喜びがあります。

7月10日に開催された「潟マルシェ」に出店しました。

 

当日は晴天!

日なたは暑いのですが、マルシェの会場であるユスリカの森は木陰のため、さわやかな風が吹いてきます。

鳥屋野潟の湖面を渡ってくる風が気持ちいい!

 

 

今回もたくさんのお客様にお出でいただきました。

リピーターのお客さまもご来店されました。

 

今回のメインは「フライ返し」。 炒め物には必須アイテム!

ツゲやチーク、かりんなどの素材で作った色とりどりのフライ返しを用意しました。

 

でも、一番人気はカトラリーだったかな?

リピーターの方からも、「木製のスプーンは口当たりもいいし、使いやすい!」と評価していただきました。

 

 

 

かわいいお客様もご来店。お小遣いでスプーンを買ってくれました。

ありがとう!

 

 

8月はお休みなので、次回の潟マルシェは9月です。

またお目にかかれるのを楽しみにしています!

 

6月12日(日曜日)に開催される

  「潟マルシェ」にアジアクラフトリンクも出店します!

 

5月は参加できなかったので、久しぶりの潟マルシェとなります。

前回、ご好評いただいたカトラリーや箸など、今回もお買い得品

を含め準備しました!

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

どうぞお越しください。

 

ACLの生産品の完成度が高いのは、いくつかの要因が有りますが

要因の1つは、仕上げの丁寧さが上げられます。

最終工程でサンドペーパーで4回磨きます。

上の写真は、最初に150番、次に280番で磨いています。

小さな商品で形も異なりますので、機械では届かない個所もあり

結果、手作業になっています。

次の部屋に移りポリウレタン塗装します

これも相手が小さいですので、ブラシでなく布で拭きます(塗ります)

下地塗装1回後、1日硬化させ、次に400番ペーパーで磨きます

更に、仕上げの上塗りを2回、これも手で拭いて硬化後

1000番のペーパーで磨き上げます。

これで、木製なれど驚きの滑らかな感触をお届けできます。

これらは、女性の手によって、行われています。