アジアクラフトリンク

アジアクラフトリンク

物作りを通してミャンマーの人々の自立を支援し、世界のオンリーワン作りに参加できる喜びがあります。

ACLの生産品の完成度が高いのは、いくつかの要因が有りますが

要因の1つは、仕上げの丁寧さが上げられます。

最終工程でサンドペーパーで4回磨きます。

上の写真は、最初に150番、次に280番で磨いています。

小さな商品で形も異なりますので、機械では届かない個所もあり

結果、手作業になっています。

次の部屋に移りポリウレタン塗装します

これも相手が小さいですので、ブラシでなく布で拭きます(塗ります)

下地塗装1回後、1日硬化させ、次に400番ペーパーで磨きます

更に、仕上げの上塗りを2回、これも手で拭いて硬化後

1000番のペーパーで磨き上げます。

これで、木製なれど驚きの滑らかな感触をお届けできます。

これらは、女性の手によって、行われています。

 

ミャンマーの正月は12月31日―1月2日まで。

但し、その後1月4日が独立記念日で、場合によっては4日まで5連休も有りです。

 

今回は、ミャンマーでの最終検査と塗装作業をご紹介します。

普段はここで、品質の最終確認をして

塗装を仕上げて、完成です。

現在、品質確認、塗装を9名で担当しています。

昼食は各自が弁当持参し、おかずをシェアしあって楽しく食べています。

 

食事後はめいめいでスマホ時間です。

全員がスマホ保持で、SNSのニュースなど私にはついていけない位

使い込んでいます。

事務所の3人娘も昼時は集まって、弁当シェアしています。

そして、30日は大きなスイカをみんなで食べて終業しました。

 

そして、幸いと言うか、まだと言うか。

正月はトラブルは無かったようです。 

バゴーヤンゴン間の検問も昨年末の様な緊迫した状況ではなくて、

解消されていた様子。

2022年、明けましておめでとうございます。

今年は大きな動きが予想されるミャンマーですが、現在は海外との往来が原則禁止されている状況です。私も帰国を見合わせざるを得なくなりました。初めてこちらで迎える正月です。

 

しかし、一昨日に下痢となってしまいました。

2日間、ビスケットと紅茶と正露丸飲みながら過ごしています。

今日は腹痛もなくなったので、夕食に野菜を入れた”2草かゆ”を作りました。

体調は回復してきています。明日には元気になっています。

 

そんな中昨夜は9時頃爆発音。

今日確認したら3㎞程離れた軍が滞在している近くで2回の爆発が

あり、1名死亡、4名重軽症との事

 

爆発近くのダウンタウンでは、正月休暇でなく警戒のために

早々とシャッターを下ろしていたようです。

私の感じているのは、内戦の始まりが近いのでは?