三角山のブログ

三角山のブログ

ブログの説明を入力します。

皆さんこんにちは!


フリーライター西村さんによる、

いっしょにね!文化祭開催レポート⑤です。

それではどうぞギター


-------------------------------------------

【第4部】

いよいよ第7回「いっしょにね!文化祭」も、
無事に最後の第4部を迎えました!

まずは障がいのある人、手足に痛みを抱えている人、
誰でも仲間に入れるフラダンスユニット「ナー・ホア・フラ・アーネラ」の
パフォーマンスからです。

 

このユニットの武部未来さんは、もともとダンスが大好き。
でも複数の障がいがあるため、自分にダンスは無理とあきらめていました。

しかし知人であるフラの先生が何気なく言った「好きなように、
自由に踊るのがフラ」という言葉。
その言葉を糧にフラダンスへの挑戦を始めます。

そんな未来さんのもとに、今では多くのフラ仲間が集まってきました。
障がいのある人ない人が集まって、みんなでレッスンしています。

時にはレッスンよりもおしゃべりの時間のほうが
長くなってしまうこともあるとか。
そんな皆さんの仲のよさ、和気あいあいとした
雰囲気があふれるパフォーマンスが魅力です。

 

(ナー・ホア・フラ・アーネラのパフォーマンス)

 

そして、とりは「医療法人稲生会」の皆さん。

稲生会は、人工呼吸器や経管栄養などの医療的ケアを
必要とする人たちの在宅生活を支援しています。

子どもから大人まで約200名近くの利用者さんがいて、

その中には重い病気や障がいを持っている人も多くいます。

今回はその利用者さんの皆さんや患者さん、
地域の人たちなど総勢100人が、オンラインを使ってフラダンスに挑戦!

中には外出困難な人たちがいるけれど、オンラインなら参加可能。
コロナが収束する日が来た後も、そういう人たちがオンラインで
楽しむことができることを示す試金石のようなパフォーマンスになりました。

 

(医療法人稲生会のパフォーマンス)

 

そして、次が本当にラスト。

全部の出演者が集まって披露する合同パフォーマンスです。

皆さんが一緒にパフォーマンスすることで、参加者の皆さん同士が、
さらにもう一歩踏み込んで知り合えるかもしれない。

友だちの輪が広がるかもしれない。

そんな願いを込めた合同パフォーマンスは
「いっしょにね!文化祭」の恒例になっています。

 

(みんなで参加する合同パフォーマンスの様子)

 

(出展ブースでもオンラインで合同パフォーマンスに出演)

 

 

今回は非常事態の下での開催となりましたが、
会場では可能な限りのコロナへの感染対策を施しました。
おかげ様で感染者の報告はありません。

回を重ねるごとに「いっしょにね!文化祭」は参加希望者、
来場者共に、確実に増えてきている手ごたえがあります。

今後も、さらに安全で楽しい、誰もがいっしょに楽しめるイベントとして
続けていきたいと思っています。

参加いただいた皆さん。本当にありがとうございました!
 

----------------------------------------------------


以上、開催レポート⑤でした!!

これで、文化祭をお手伝いいただいている、

フリーライター西村裕広さんの開催レポートを終わります照れ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今年はコロナ禍で開催する「いっしょにね!文化祭」となりましたが、

オンラインを利用することで、出演者の幅が広がり、

これまで出演することが難しかった方にもご出演いただくことが出来ました。

新しい可能性を感じることが出来た今年の文化祭、

皆さんの応援のお陰で無事に終了することができましたキラキラ

 

ありがとうございました音符

 

皆さんこんにちは!!


フリーライター西村さんによる、

いっしょにね!文化祭開催レポート④です。

それではどうぞニコニコ


-------------------------------------------

【第3部】

今回の「いっしょにね!文化祭」はコロナの影響を
懸念して、これまでに無かった試みにもチャレンジしました。

リモートによる参加やYouTubeでの配信といったITの活用がその1つ。
障がいがあるため移動が困難で、
このイベントに参加できないという皆さんも、
リモートで参加していただけるという新たな方法が見えました。

コロナ禍だからこそ見つけた参加の方法と言えるかもしれません。

 

そして新たな発見もありました。

重度障がいの皆さんが利用する施設関係者によると、

その施設や利用者さん、その親御さんたちには

「コロナの影響ゼロ」という人も多いそうです。

感染症にかかると大変危険な障がいもあります。

コロナ禍をきっかけに行われている様々な感染対策は、

そのような障がいのある皆さんにとって日常的に必要なこと。

コロナ禍のずっと前から日々ルーティーンとして行っています。

そのノウハウを、今世の中で求める人たちはとても多いはず。

何らかの形で発信する機会ができないものか。
そんなことを考えてしまいました。

 

さて、第3部のトップバッターは

「iCareほっかいどう・あらシックスキャンディーズ2020+LOVE」の
皆さんです。難病や重度障がいのため身体機能が低下し、

声を出したり意思を伝達できない人たちのサポートをするため、

iCareほっかいどうが結成されました。

「いっしょにね!文化祭」では、利用者さんたちが利用している

意思伝達装置を使った音楽を毎回披露してくれます。

今回は、毎回出場してくれて、すっかり「いっしょにね!文化祭」の

アイドルになっている安達あいちゃんがステージで、

そして厚別の施設・ノーザリーライフケアを利用されている

利用者さんのユニット・あらシックスキャンディーズのお3方が、

リモートで演奏を聞かせてくれました。

 

(安達あいちゃんの演奏の様子)

 

 

 

(リモートでは、あらシックスキャンディーズがパフォーマンス)

 

続いての登場は「ぽっかぽっか’s」のお2人。

本日最初のステージでタートルズとジョイントした

トランペット奏者の鈴木由紀さんと、ピアノの瀬野朋恵さんのユニットです。

鈴木さんは不慮の事故で全身に重い障がいが残りました。

しかし音楽への情熱が冷めることはなく、

現在はぽっかぽっか’sを結成して様々な場所で演奏活動を行っています。

その活動では募金活動を行い、各地の被災地などに寄付しています。

今回はピアノの瀬野さんと共に3曲披露してくれました。

 

(ぽっかほっか'Sの演奏の様子)

 

そして第3部のシメは

「SMILE・kids」と「布上道代TAP Dance Creation」による

ダンス・パフォーマンスです。様々な障がいのあるメンバーで

構成されているSMILE ・kidsを立ち上げた石川理恵さんと、

ご自身もダンサーで、TAP Dance Creationの創設者である

布上道代さんは学生時代にダンスを学んだお仲間。

普段はそれぞれ別の活動をしていますが

「いっしょにね!文化祭」では障がいのある人たちと、ない人たち、

2つのユニットが合体してインクルーシブ・ダンスの

パフォーマンスを披露してくれます。

今回はコロナのためTAP Dance Creationは
残念ながら出演できませんでしたが、

SMILE ・kidsの皆さんが初めてタップに挑戦!

長年タップダンスユニットと練習していたので、
ずっと挑戦したかったに違いありません。

 

(SMILE・kids & 布上道代 TAP Dance Creationのパフォーマンス)

----------------------------------------------------


以上、開催レポート④でした。
続きをお楽しみにルンルン

 

 

 

皆さんこんにちはニコニコ


フリーライター西村さんによる、

いっしょにね!文化祭開催レポート③です。

それではどうぞ流れ星


-------------------------------------------

【第2部】

今回は11組によるステージパフォーマンスが、
休憩を挟んで4部構成で行われました。


休憩時間に来場者の皆さんが足を運ぶのが
様々な展示や体験コーナーです。
14組の出展ブースが設置されました。


出展ブースは施設の利用者さんの創作作品や工芸品の展示、
福祉機器やバリアフリー関連製品の紹介、
そして盲導犬の紹介やパラスポーツのボッチャの体験コーナーなど
バラエティー豊か。
今回は従来よりもブースの間隔を大きくするなどしてコロナ対策を行いました。


(出展ブースの様子)



(土屋ホームトピアさんによる展示)



(車イス体験コーナー)
 

(ボッチャ体験)
 

第2部のトップバッターは「北翔大学&ファッションマジック」。
障がいのある人でも、おしゃれを楽しめるドレスアップを
発信するユニットです。

障がいがあることで体に合わなかったり、
動きにくくなってしまう市販の服を、北翔大学の学生の皆さんが
見事にリフォーム。
その作品を厳選されたモデルの皆さんが試着し、
ファッションショーさながらのパフォーマンスで披露します。


学生さんと障がい者のモデルの皆さんが一緒に、
元になる衣装の買い出しに行くのも、このユニットの特徴。
日頃障がいのある人たちと接することが少ない学生さんに、
障がいのある人たちが服の選択や、
外を移動する際に不便になっていることなどを、
直に知っていただける機会でもあります。
 

今回はコロナ対策のため従来のパフォーマンスや
買い出しはできなかったため、これまでの取組みを紹介しました。



(北翔大学&ファッションマジックによる発表の様子)
 

続いては「ぴ金&北ジャニ」の登場です。

「社会福祉法人あむ」運営の通所施設「生活介護事業びーと」で結成された
音楽ユニット・ぴ金はタカさん、トオルさん、アニキさんの3人編成。
タカさんはダウン症、トオルさんは軽度の知的障害や
視野狭窄(しやきょうさく)などがありますが、
とにかく歌やギターが大好き。
毎回「いっしょにね!文化祭」でも元気いっぱいの音楽を聴かせてくれます。

今回は「コロナに負けるな!」という思いを込め、
アニキさんが組む別ユニット・北ジャニのメンバー、
レイくんを呼び寄せ、よりパワーアップした歌とギターで3曲を披露してくれました。

 

 

(ぴ金&北ジャニの発表の様子)
 

そして第2部のトリは「カッパと印度」のお2人。

ギターの高橋‘KAPPA’良雄さんは両手と両脚に
障がいがありますが、長年マイペースで音楽を続けています。
60~80年代のナンバーやオリジナルを中心に、
味わい深い歌を聴かせてくれる「いっしょにね!文化祭」常連さんの1人です。

またKAPPAさんは障がいを越えた広い交流がある音楽仲間を誘って、
この「いっしょにね!文化祭」に連れてきてくれるんです。

今回のパートナー・印度さんも音楽仲間の1人。
マンドリン奏者で障がいはありません。
今回はストーンズのナンバー「悪魔を憐れむ歌」のカバーと
オリジナル「さすらいのギターマン」の2曲を披露。
KAPPAさんの渋いギターと歌、印度さんのキレッキレの
パフォーマンスは実にカッコよかったです。

 

ここで第2部が終了。プログラムはおよそ半分まで進みました。

(KAPPAと印度の発表の様子)

----------------------------------------------------


以上、開催レポート③でした。
続きをお楽しみにバイバイ