ボランティア養成講座 第一回

テーマ:
  昨日は、ふらっと・ホームにて、第一回目の『ボランティア養成講座』でした😆🎵

  ふらっと・ホームのボランティア養成講座は、もちろん、ふらっと・ホームでボランティアしたい方も参加できますが、自分で居場所を開きたい人や、人との関わりについて学びたいすべての人が参加することができます。(参加費一回300円)

  講師として、チャイルドラインいしかわ・子供夢フォーラム代表、高木眞理子さんをお呼びして、人と関わる上で大切にしていることについてお話ししてもらいました。

  チャイルドラインは、子供専用電話で、話したいことがある子供達誰もが利用できます。

  たくさんの子供達と話してきた高木さんが、子供達と話すときに気を付けていることってなんでしょう?

  チャイルドラインでは、子供の話を聞くときに決してしないようにしていることがあるそうです。

🌑自分の提案を口にしない。
🌑決めつけない。
🌑世間一般の話にすり替えない。

  子供達は自分の中に全ての答えを持っています。それを導きだすのが聞き手の役目。大人の意見を押し付けず、ひたすら子供の話を聞くことが大切だと高木さんは言っていました。

  子供の話を聞くのに、一番邪魔なのは経験から来る自信だとも。大人が子供に教わる姿勢が発見を生むのだそうです。

  でも、家庭では共働きも多く、両親は忙しく、なかなか子供の話を集中してひたすら聞くって難しいですよね💦

  親が子供にできることは、そんなに多くないと高木さんは言います。親が受け止めきれない部分を地域が、友達が、チャイルドラインが、色んな人が少しずつ分担して、子供はみんなで受け止めるもの。親にはそのための人脈作りを大事にしてほしいと高木さんは言っていました。

  また、自分の気持ちを表現できることで、大人も子供もずいぶん生きやすくなるので、大人がまず積極的に自分の気持ちを表す言葉を発することが大事です。

  あとは、子供を良いことをした時だけ誉めるのではなく、存在を認めることを大事にして生きてほしい。「ありがとう」の言葉で積極的に子供をねぎらう、思いやることを心掛けるといいと思いますとお話しされていました。

  みなさんはどう思われましたか?


  ふらっと・ホームの『ボランティア養成講座』は全4回の予定。
  第二回目は、12月23日(土)10:00~12:00。講師は元ワンネススクールスタッフ キャリアコンサルタント 川上泉さんです。

  参加ご希望の方は、下記までご連絡ください😊💕

 info@oneness-school.org