こんにちわ。LightRing.スタッフの山田です。

9月10日に開催された

第2回若者自殺対策全国ネットワークフォーラムに
初めて参加してきました。
東京、かつ、日曜の午後開催にも関わらず、秋田から沖縄まで全国から
参加されており、職業も学生、企業人、NPO団体職員、社会福祉士など
多様なバックグラウンドの方々で、

テーマへの興味関心の高さに驚きました。


また、”若者の自殺”に寄せられる異なる立場の人たちの

考えや思いに触れられ、
改めて自分自身が今、ここで何をしていきたいかを

振り返る機会になりました。


フォーラムは2部構成で、

第1部は若者自殺対策レポートとして、

全国ネットワークの活動紹介や自殺総合対策大綱への提言と概要、

トヨタ財団からの支援で行った「若者自殺対策の担い手に
なりうる地域の社会資源調査」の報告と提言などの

お話がありました。
 

調査結果から、生きづらさを抱える若者をとりまく様相は

例えば・・貧困・虐待・いじめ・発達障害など
その要因は複雑で絡み合っており、

包括的、ないしは各団体が連携して有機的に支援していかなければ解決が難しいことを実感しました。
そして、必要な人に必要な支援を届けるためには、若者支援に関わる団体がたくさんある中で、
自戒もこめて、自分たちが何者か、誰に対してどんなことをしたいのか/できるのかをもっと社会に対して
わかりやすく伝えていかないといけない、と感じました。


私は、LightRing.では効果指標チームメンバーとして関わっています。
自分たちの活動が若者にとって、社会にとって本当に意味があるのか?を検証する
ことを目的にしていますが、
地道な取り組みなのですが、必要な支援を提供していることを証明し、世の中に対して発信していきたいと思います。

第2部の「若者自殺対策のために私たちが何ができるか」のワークショップはグル
ープ形式で一人ひとりの
お話を聞けるよい場でした。
自己紹介や第1部の感想共有をした後、

参加者の人たちがそれぞれ何ができるのかを紙に書いて話して
いったのですが、この場にいる参加者の一人ひとりの方の思いや決意を聞けるいい場になりました。
時間が足りなくて、もっと掘り下げて聞きたい、話したいと思うぐらい、それぞれの人が選んだ言葉が
心に染みわたり、話を聞きながら心の中で「そうそう!そんな社会いいよね!」と
か「自分も周りにいる人にもっと優しくならないと」など

うなづいてしまいました。
ちょっとでも動き出したら、社会が変わっていける、と実感し、刺激をもらった場でした。

私は自分が取り組んでいる効果指標の活動を通じて、

活動の価値を証明して、伝える”

と宣言しましたので、半歩でもいいので少しづつ踏み出していこうと思います。

AD

こんにちは!Light Ring.スタッフの屋代です。

 

夏の日差しが照りつける毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)

 

先日はドキュメンタリー映画を制作されている株式会社ドキュメンタリージャパン様より、若者のいのちを考える映像作品を公開に先がけ拝見させていただきました。

 

 

タイトルは「A Step Forward」。

和歌山県白浜町に、海に面した三段壁という観光名所があります。

幅2kmにわたって海面から高さ50mあるその絶壁は自殺の名所ともいわれていて、そこから程近くにある教会の牧師さんが自殺志願者を救う為に共同生活をしたり、共に働いたりといった自立支援活動の様子を追った作品です。

 

 

三段壁に設置されたいのちの電話から牧師さんに助けを求めた若者が、牧師さんや仲間との共同生活を通して葛藤しながらも周りとの関係性を築いていく様子が描かれていました。

 

 

私は映像を通して、いのちをつないでいくときに大切だなと感じたことが2つありました。

 

ひとつは、職場、家族、趣味、友達のグループや社会活動など、何らかのコミュニティーに属していることで自分自身が確かな存在であることを見出せること。

 

ふたつめは、信頼感をもって人とのつながりを感じることが、生きる活力になること。

 

 

 

人とのつながりは大事だ、とはどこかで一度は聞いた言葉だけど、いのちについて考え、いのちをつなぎとめるときも、一周まわって改めて”人とのつながり”の尊さに、改めて気付かされました。

 

 

人間関係を築く途中には様々な感情の波があります。その中で嫌な思いを抱く事はそのままダメな事ではなく、その都度お互いの感情の理由を解釈しながら、そしてまたいつも通りに次の日の約束事を予定していく。

 

 

この教会での活動のように、信頼があり孤独のないコミュニティーでの生活があるということが、いのちをつなぎ、人とつながっていくことを可能にし、

この映画のタイトルにあるように、そこからまた「A Step Forward=一歩前に進める」ということなのだと思いました。

AD

こんにちは!

Light Ring.スタッフの屋代です。

 

先月某日、Light Ring.に自殺問題を独自に研究している男子高校生の方がいらしてくださいました!

行動力豊かに情報収集をしていて、この社会課題に真摯に向き合っている頼もしい方でした(^^)v

 

お忙しい受験期に恐縮ながらLight Ring.にブログ記事を寄せて頂きましたので掲載します!

現役高校生が考える、自殺対策へのリアルな声をお届けします。

 

---

 先日、Light Ring.様に取材をさせていただきました。その際にブログを書かせていただくことになりましたので、今回は私が自殺問題に関して研究した成果を書かせていただきます。長文ではありますが、読んでいただけたら幸いです。

 

 

 まず初めに、自殺問題についての話をしたいと思います。平成10年に年間自殺者数が3万人を超え、これを機に自殺は社会の責任として扱われ始めました。

 

そこで政府は自殺対策基本法を施行し、初めて国全体としての基本方針が査定されました。それから自殺者は徐々に減るようになりましたが、一方で現在も依然として2万人を超えています。

 

これは、様々な要因が複合的に起きることで精神的に追い込まれた末に起きてしまう自殺を、根本的に解決できないからだと思います。

私はこの深刻な現状を解決するためには地方公共団体の力が必要であると思います。

 

 

 政府は昨年改正された自殺対策基本法や今年の7月に変更された自殺対策総合大綱により、地方公共団体の力がより重要視されました。これにより有効的な対策ができるようになったと思います。

一方で具体的な政策は地方公共団体に任せる形となり、今後の自殺対策は地方公共団体次第であると言えます。

 

 

 そこで私が考える地方公共団体が取り組むべき具体的な政策として3つ挙げたいと思います。

 

 

 1つ目は自殺の要因を対策することです。

先ほども言ったように自殺はうつ病や多重債務、会社内差別など様々な要因で起こるものなので、これらを一つずつ減らさなければならないのです。そのためにも地方公共団体の力が必要であり、彼らが取り組まなければならないのです。

 

 2つ目は地方公共団体や民間団体、医療機関など自殺対策関連団体が連携することです。

民間団体や医療機関は個々での活動が多く、横のつながりを図る活動まで手が回らないのが現状です。

例えば、うつ病患者は精神科医が治療するのですが、発病した要因が多重債務によるものであると、これを解決しなければうつ病の解決につながりません。だからこそ地方全体が連携することが大切なのです。

 

 3つ目は、自殺問題とその対策を住民の身近な存在にさせる事です。

最終的には住民の意識が変われば、たとえこころに病を抱えている人がいても救うことができるからです。そのために、普及啓発を行うことが大切です。ポピュレーションアプローチを施すことで住民に自殺対策が根付き、より有効的な自殺対策が取り組めるようになります。

 

 

 私はこの3つの政策が全国的に広まることが重要だと思います。しかし、これはあくまで一個人の意見であって、他にも取り組まなければいけない自殺対策がたくさんあるはずです

 

まだまだ、私は知識も少なく、微力な存在ではありますが、将来、世界中から「心も体も豊かな国、日本」と呼ばれるような国を創造していきたいです。

---

 

この度は貴重なご意見ありがとうございました!

自殺原因の根本解決、対策関連団体の連携や、課題・対策の周知などの大切さを改めて感じました。

 

 

このような一人ひとりの声が、Light Ring.の「こころの病を未然に防ぐソーシャルサポートの力」を広める推進力となります。

 

これからもご自身の興味関心の気持ちを大切に、素敵な人生を歩んでいってくださいね。心から応援しています(^ ^)/

 

AD

こんにちは!Light Ring.スタッフの屋代です。

 

最近屋代は睡眠の質を良くする為に、運動する時はいつもより長い時間体を動かすようにしています!

暑い日が続いているので、朝の涼しい時間帯に河川敷を1時間ほど走ったりしています。

すると実際よく眠れるので、ほどよく続けていけたらなと思っています(*'▽')ノ

 

 

 

今、日本では自殺対策が推し進められ、国内全体の自殺者数の減少がみられる一方で、現在も若い世代で自ら命を落としてしまうケースは少なくありません。

 

 

最近のニュースに取り上げられたものでは、

4月に仙台市の中学の男子生徒がいじめや教諭による体罰を苦に、

また6月には新潟県の同じく中学の男子生徒がいじめの相談がかなわなかったという事がありました。

 

 

こういった悔やまれる現状を繰り返さない為には、想定される原因の、そこからさらに深い原因を突き詰めること、根幹の要因を掴み改善することが大切だと思います。

 

 

考えられる原因として、目に見える情報のほか公にならない繊細な実態があると思います。

周囲の人間関係の構築過程、ご家族関係、ご本人の元々の健康状態、教諭のタスク量、また生徒との信頼関係や十分に向き合っていく時間の確保の状況等、様々な要因があると思います。

 

 

 

そこでLight Ring.は、生きづらさを解放する為に気持ちを打ち明け、悩み手と支え手の適切な関係の確立を目指しています。

 

 

 

たとえば、「自分の気持ちを打ち明けることって難しいなぁ」と思うことがあるかと思います。

 

そこでの解決策として、気持ちを打ち明けやすくする為に、事実と感情を切り離すということができます。

 

そのやり方は、「気持ちを打ち明けるという事実」と、「それは難しいと思う感情」をセットに考えるようになった過去や、難しいなと考えるに至った周囲からの影響を思い出してみる。

 

 

気持ちを打ち明ける事が難しいのは、今までの人生のどこかの時点にそう思い始めた原因があると思います。事実と感情を切り離すことができると知るだけでも、コミュニケーションの円滑さを増すことができます。

 

 

 

若者の自殺対策において、今ある情報から考え始めるのと同時に、その前提である情報がなぜ生まれてきたのかという事もさかのぼっていくと、そこで見えてくる新たな兆しもあると思っています。

 

したがって、ひとつの原因があれば、さらにその原因は何かをまたさらに深めていくと、若者の自殺を未然に防ぐことがより可能になっていくと思っています。

はじめまして!

 

Light Ring.スタッフの白井 龍太(しらい りゅうた)です。

以前TVでLight Ring.が紹介されていたのをたまたま見たのが参加のきっかけでした。

私自身支えての経験があり、その時に共感する事がたくさんありました。

この体験を活かしてLight Ring.を通じて支えての支援をしていきたいと思っています!

 

◎趣味◎

・旅行(国内外問わず)

・読書

・登山

・映画鑑賞

・ボルダリング

・音楽(ピアノ・ギター)

など

 

◎職業◎

現在不動産業界で働いています。Light Ring.の活動とは分野が違いますが、今の会社でのスキルを活かして自分なりに貢献していきたいです。

 

◎Light Ringにおいて…◎

支え手としての体験から「支え手」の悩みを少しでも解消し、多くの人が悩みなど打ち明けやすい社会にしていきたと想っています。

「支え手」の存在意義を多くの人に知ってもらう為に自身の体験を話していきたいです。

また、支え手同士が協力しあえる環境を増やしていきたいとも考えています。

Light Ring.がより活躍する為に精いっぱい頑張ります!

 

 

簡単な自己紹介でしたが、よろしくお願いします。