やさしいポーズだから「楽しい!」「簡単!」「続けやすい!」健康づくりとリラクゼーションのヨガ教室/札幌

やさしいポーズだから「楽しい!」「簡単!」「続けやすい!」健康づくりとリラクゼーションのヨガ教室/札幌

初心者さんや体を動かすのが久しぶりの方も安心できるよう「力まかせに頑張らないヨガ」で、体・心の健康づくりをしています。完璧なポーズを目指すよりも一人一人が「気持ちよく」なれるようレッスンしている少人数制ヨガ教室です。



テーマ:
チカラまかせにがんばらないヨガで
心・体・思考の健康づくり あべのぞみです。


最近は、気温が上がったり下がったり、
雨が降ったりやんだりの札幌です。

天気が悪い時には、
気圧の関係であかちゃんが不安定になって、
よく泣くと聞いたことがあります。

レッスンに子連れ参加している、
2歳のお誕生日を迎えたばかりのMちゃんも
なんだかいつもより落ち着かない様子でした。



そういえば、
我が家の5歳の娘も、
普段よりも、ベタベタ甘えています。

先日なんて、幼稚園を休もうとしていたんですよ。


娘が幼稚園を休みたいと言うのは、実は2回目。

3年目で2回だけ・・少ない方ですよね。


いつも難なくできていることが、その日に限ってできないのは、

もしかしたら、
この不安定な気候が原因の1つかもしれないと思いました。


なぜかというと、
子供は9つまで、周りの気を感じ取りながら生活しているからです。


【気】って、目には見えないけれど誰もが感じたことがあるものです。

たとえば、
空気、元気、気配り、気合い、気心、気をつける・・・


昔の人は、【気】を感じ取りやすいように、
言葉で残してくれています。


=========


以前、東洋医学で学んだことですが、

この【気】は、私達の体にあるもので、
飲食や息をして体に入ってくるモノからでき、
呼吸のペースで全体に巡ります。


子供は、普段より元気じゃないことを本能的に感じると、

いつもよりハグを多く求めてきます。

『自分よりも元気な人から気を分けてもらえる』ことを、
本能的にわかっているからです。


人間は触れ合うことで、
自分の持っている気(エネルギー)を伝え合うことができます。


たとえば、こんな経験ありませんか?

・あかちゃんを抱っこして癒やされる

・どんなに疲れていても我が子をハグしたり、顔を見たら元気が出る


私の経験上、元気を分けてあげても
自分の元気は減らないのでご安心を!


もし、減っちゃったら
ヨガをして、自分で気を整えちゃいましょ ^ ^