相模原市のバレエ教室のコラムー野沢きよみバレエスタジオー

相模原市のバレエ教室のコラムー野沢きよみバレエスタジオー

相模原市中央区淵野辺のバレエ教室 野沢きよみバレエスタジオは小さな子供たちのバレエの指導には長年の実績があり、幼稚園や保育園からもバレエのレッスンに高い評価をいただいているので、安心してバレエ始めらます!

ネットの記事で

この言葉を2度も見かけた

 

日本では

 

「バレエを好きな人がバレエを

なさっている」

 

 

つづけて

 

「私の国では

バレエをやらなければ

ならないひとが

バレエをやている」

 

 

 

 

 

この違いについて

 

どう解釈したら

よいだろうか

 

 

やらなければ

ならない人って

どんな人?

 

当然そこには

プロのダンサーとして

という括弧がつくのは

想像できる

 

おそらく

厳しい条件や審査、試験を

パスして

選りすぐりの

エリートだけだが

バレエをやって良い

と言う許可がでる

 

多分

そんなところだろう

 

一方の日本では

なにより

バレエが好きで

好きで仕方がない人が

バレ団で踊る

 

踊ることで

生活の保証が

されるわけではない

 

しかし

 

バレエが好きだから

この言葉に尽きる

 

いったい

どちらが

バレエをやるんだったら

いいとおもいますか?

 

 

 

まったく

個人的な意見んですが

 

ほんの一握りの

バレエエリートだけが

バレエをやる

より

 

バレエが好き

 

という

 

気持ちを

大切に

バレエを

続ける

と言う環境の方が

 

プロのダンサーでなくても

趣味として

永く付き合っていける

この環境が好き

 

 

相模原のバレエ教室なら

 

 

野沢きよみバレエスタジオ