2017年野沢トオル情報
5月17日(水)ー21日(日)【minako-太陽になった歌姫】
終演いたしました。
ご来場、誠に有難う御座いました。


オフィシャルサイト:【minako-太陽になった歌姫-】


 


8月18日発売:舞台「minako-太陽になった歌姫-」DVD


【特典映像】メイキング映像他(予定)
【特典CD】本編に登場する楽曲収録(予定)
【封入特典】ブックレット24P(予定)


●豪華版 (DVD2枚組)¥8,000+税
●通常版 (DVD2枚組)¥6,000+税

[スタッフキャスト]
作・演出:野沢トオル
総合監修:高杉敬二
出演:
田村芽実
城戸裕次
髙﨑俊吾
小西優司
千葉誠太郎
野沢トオル
正木慎也(友情出演)

■イベント情報
舞台「minako-太陽になった歌姫-」DVD完成披露特別上映会





  【新着情報/詳細】 


野沢トオル オフィシャルサイト《そうこうしてたら半世紀》随時公開。 



++++++++++++++++++++++++++++++++

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, September 21, 2017 23:14:46

親父に会いたいのに、出んなー。

テーマ:ブログ
9月10日、企画プロデュースしたアイレトロシアター「野良犬譚」が無事に終演しました。
劇場までお越し下さった皆さま有難うございました。


何より私より声をかけ、集まってくれた敬愛なる俳優(女優)の皆さんには心から感謝します。
本当に有難うございました。
スタッフとして協力してくれた仲間の皆んなにも心から感謝します。



親父が亡くなってちょうど一ヶ月。
今夜は初めての月命日。
親父が好きだった日本酒を注いでみる。
仏壇はない。
線香立ても即席で作ってみた。
写真には写ってないけど、、、。





野良犬譚の稽古四日目の朝に姉からの電話。
「朝早くごめん。姉ちゃんばってん」
こんな職業してれば親の死に目には会えないだろう、
ましてや熊本の天草と東京じゃ尚更。
二年前から癌だったので、一応それなりに心の準備はしてたけど。
姉の声色ですぐに親父が死んだんだなと分かった。
不思議なもん。


「火葬場の予約が取れんやったけど、
ちょうど明日のお昼に空きがあるから明日火葬するばい」と言う姉。
早い。幾ら何でも早い。ちょうど明日ってなんに対してのちょうど?
それでも空きがなきゃ仕方がないよね。
うちのような田舎じゃ火葬場も一つしかない。


野良犬譚の稽古も一回り目と言う事もありとても心苦しかったが、
キャストの皆さんやスタッフ様のお心遣いで、
翌朝東京を出発し、出棺1時間前に葬儀場へ辿り着き「ギリセーフ」。
急いで東京から持って来た野球のグローブを棺に入れた。
以前草野球チームを作っていた時のグローブで、ここ数年使用してなかったグローブ。
久しぶりに引っ張り出しグローブ袋から取り出すも激しく汚い。
泥も付いたまま。こんなに汚れていたとは思わなんだ・・・。
がしかし、洗う時間もないのでそのまま親父の顔の隣に置いてみたが、
なんか位置的にしっくり来なくて、足元に置いてみるも美しくない。
最終的にお腹が一番しっくりする位置だったのでそこに置いてはみたけど、
ひと際汚いグローブの存在感は最後までしっくり来なかった。
ちなみ親父には過去に私を本気でプロ野球選手にしようと言う壮大な夢があり、
それはそれは幼少期より丁寧にスパルタ教育されたのにもかかわらず、
最終的に私は俳優を目指すと言う反乱劇を起こしてしまった。
残念そうにしていたが、東京に出て来てNHKのドラマに出た時、
テレビ画面を写真に撮り尋常じゃない大きさに引き伸ばし、
自身が経営していた食堂に貼って「当店の息子です。いつも応援ありがとうございます」
と自慢していたのも親父だった。


棺の中の親父は笑っていた。と思っていたけど、
東京に帰って来てよくよく思い返すと笑ってはいなかったと思う。
よく笑っているように眠っていたと聞くが、あれって本当は笑っているんじゃなくて、
故人の生前を思い返し、すると生前の笑顔が脳裏に浮かび、
それが笑っている訳ではない故人のお顔に投影されて笑ってるように見える。
いわばプロジェクションマッピング的な、脳裏スマイルマッピング的な。
それだな、きっと。


兎にも角にも火葬される直前に親父と二人っきりになれたので、
最後に棺の中の親父に向かって「お父さん、またね」と話しかけた。
やっぱり最後にどうしても「お父さん」と言いたくてね。
私が親父と言い出したのは東京に出て来てから。
どんどん大人になって、お父さんと言うのがなんだか子供みたいで、
気恥ずかしくて、それでいつからか生意気に親父と呼ぶようになった。
ガキが偉そうにと内心自分自身思っていた。
でも気恥ずかしくてもう後戻りが出来ずにここまで親父で通したけど、
最後の最後、今生の別れの時くらいお父さんの子供として、
親父じゃなくお父さんと話しかけたくて。
心がスッと落ち着いた・・・。
そしたらお父さんの頬に最後にキスでもしたろうか!と言う奇抜なアイデアが浮かび、
棺の中に上半身を入れようとしたのだが、案外棺の枠が高くてなかなか上半身が中に入らない。
必死に親父の頬に近づこうとしても枠が邪魔して届かない。
いっその事、上半身ではなく体ごと棺に入れば実現出来たのだが、
そこに葬儀屋さんが来たらどエライ事になるので、奇妙な光景を見られる前に諦めた。
しっかり監視カメラには見られていたが・・・。


いつも笑っていて。
いつも俺の事、応援してくれて。
俺よりも話術が長けてて。
勇気があって。
料理が上手くて。
社交ダンスが好きで。
野球が好きで。
ゴルフが上手くて。
憧れのハワイ航路が十八番で。
酒が好きで。
寂しがり屋で。
優しくて。
人を笑かすネタを沢山持ってて。


そんな親父の声を、この一ヶ月、毎日思い出している。
50のおっさんが「お父さんロス」。
もう一度幽霊でも良いから会いたいと思うのに、出んなー。
挨拶回りで忙しいのだろうか?一向に出んなー。
生前、もっと話しておけば良かったと思う。
この先、残された85になる母親の声を出来る限り沢山聞こうと思う。
そして改めて思うのです。
仕事する時間大事。
そばにいる家族、遠くにいる家族の事を思う時間大事。
仲間と語らう時間大事。
自分の時間とても大事。24時間無駄なく。


てな事で今年もあと三ヶ月。
年内は来年に向けて新作の準備に入ったり、
コンサート演出をやらせて頂いたり、
演劇学校の先生やったり、
飲みに行ったり、演劇見に行ったり、
息子、娘、運動会あったり、
ゴルフあったり、
自分ハッピーバースデーあったり、
あとなんか、、、色々あったり。



大事に楽しくがんばろ。
ほんなら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース