あきたこまちが出穂しました。

昨年とほぼ同じぐらいです。

今年はまだ梅雨明けしていませんが、気温は30度越えです。

ここのところ毎日暑い日が続いています。

このところ雨続きでしたが太陽が顔をだしました。

7月に入り稲もこれまで自分の体を作る栄養成長でしたが、これからは実を付けるための生殖成長に変わります。

稲の茎の中では稲穂の準備が始まっています。

私たちは、稲の茎の長さ、葉の色の濃さ、茎の中の穂の長さを調べて美味しくなるよう肥料の量を決めます。

お米は籾で保存した方が品質が保たれるのですが、夏場は玄米にして低温倉庫で15度程で保存します。

この時期元年産のお米の最後の籾摺り作業を行います。


普通の農家さんは年内に出荷を終わるのが普通なのですが、私達は年内・春先・田植え後の時期に分けて出荷しています。


秋田でも30度を超える日が出てきました。