noumisobunta-1210さんのブログ

noumisobunta-1210さんのブログ

ブログの説明を入力します。

歴史が代わる!自分が狩猟民族か、農耕民族か理解でき、他の人間の性格が理解できる!

テーマ:



歴史が代わる、

日本国
『【】最高検検事2人公認【】』

二人とも簡単に、一瞬で理解しました。




現代のI脳科学はI
伝わりにくくI
活用するにはI説明不足で有るI


自分Iが狩猟民族か、農耕民族か、
理解できI

他Iの人間を理解するI

So-ri-Forーparty!!





【】第4世代【】


『脳に、遣われるのではなく、
脳を、有効に使う』


私は、脳を『選んで』生きています!


あなたは、脳I『選んで』


有効に上手く使用して、生きていますか?




【ロジック=理詰め】=『再生』



【開】金でモラルを、口で暴力を【閉】


douikirukadenakudousineruka....
我、山に向かって、目を、拳ぐっ【此処】

                                                                                                                                                                                                                                                                           
【特】から(『徳』)に

表裏一体

【『進むか?【】『糺』【】すか?』】







『桜梅桃林』【自覚】

【】プレイヤーを、プレイする!【】





目が左利きの

狩猟民族Iと
(ウサギ)
(キリギリス)【『掛け算』で、想像した場所(未来行動)に、今、有る場所(時間)から、これでいいのか?引き算的に考え『引き算行動』リスクヘッジ「リスクの対処法」】

今ある食料や、お金を、何時まで『少しでも長い時間』保たせるか考えて、想像して

『今度、何時狩りが成功するか【遣るか??】保証(確信)が無い為想像、イメージして、引き算的に考え行動し時間稼ぎ』。


感受性

早く、広く、遠く。

神経質。






目が右利きの


農耕民族I。
(カメ)
(アリ)【(時間)を『割り算』で捉えて、それに向かい、『足し算』行動】

農耕している為、
『確実に保証(確信)が、有るため』
ポジティブ。

感受性

遅く、近く、狭く。

鈍感





この【『表現、区別』】は


何処から
来たのでしょう?



答えは、【脳、右脳、左脳】です。


【人間が】



【『右脳使用』に成ると、【狩猟民族】】。


【『左脳使用』に成ると、【農耕民族】】。


成ります。


体には
【】五感が有り【】、
その
『』五感を使用『』した時に


脳が、作用します。


【五感】とは『全て二つ』有り、
その
どちらかが使用された時に


その使用した、
五感の逆の脳が、作動(反応)します。


例えば

ケータイ電話を『左手』で
使用した時、鞄など持った時などに


【右脳】が、作用します。




『右手』だと、【左脳】が作用します。



この様に、
【右半身、左半身】を使用した時に




【右脳、左脳】の
スイッチが入り作用します。


【右脳、左脳の事実】を


【】人類は【】『』人間『』に

『童話』として


伝わりやすく、解りやすく
描いています。




【『うさぎと亀』】


【『アリとキリギリス』】などは



人間の性格『性質』
【右脳タイプ、左脳タイプ】を


良く描いた童話です。


この童話は

人類への
【】メッセージ【】です。



私の経験談で、


狩猟民族の性質I



この世界観を、『掛け算の距離、未来』の範囲内(広範囲)で
考え感じ、想像し


『引き算』で、行動します。


次に
獲物がいつ狩れるか

保証が
無いためです『リスクが、高い為』。

【リスクヘッジ】。

時間稼ぎに、当たります。




食事も
喰わず嫌い、『コレも想像』好物は、肉や赤身I
洋食系。

食べれなかった食べ物は、【直感的】

野菜では、
セロリ、ピーマン、ネギ、玉ねぎ、パセリ、ブロッコリー、ニンジン、レタス、キノコ類、いも類、蒟蒻、他多数。


魚介類では、
『口の中に入れられただけ』
『お鮨』等では

マグロ(赤身、中トロ、大トロ)

ホタテ、タコ【焼き】、ウナギ、アナゴ【タレ系】、
玉子など焼き系I


赤身類は、食べてみようかな~、

口に入れて診ようかな~!
って、思えているI
『でも、こわごわしながらで、ビビりながら食べてたので、美味しくは、いただけていなかった』


他は、それもすらも『口に入れよう』とも思え無かったII

これも、想像IIスピードI





農耕民族の性質


この世界観を
『割り算』で、考え感じ『鈍感力』を、武器に

『足し算』で行動します。

何にも想像せず、考えずに、
『想像、イメージしたら面倒くさく、
大変な作業と知って解ったら大変で、辛く思えてやらなくなるから、出来なく成るから』
四季を通じてコツコツと農作業を、こなしていきます。




食は、何でも口の中に入れられて、
とりあえず味わってから、
判断して決めていた。『理性的』
【】『知らぬが仏』【】


人間で例えるとI


右脳タイプの人間は、
【】短気、ケチ、間抜け、神経質【】

【】衝動的【】です。




良いこと無さそうですが……

短気、間抜け、神経質が
人生を計画、
想像して、理想的な
目的が描けます。
『イメージが出来てしまい、プレッシャーを感じながら』

ですが・・・・・・


結果だけを、考えて途中を見ない、想像しないで、

『衝動的』
に行動すると、
腹もくくれずに、覚悟も無い状態なので、
辛い仕事や、スポーツ選手なら、
トレーニングもこなせずに成り

『【】間抜け【】』と、言われるのです。
このタイプのボクサーは、
大体が試合をやること無く、

勝負する事が出来ずに止めて行く
人間がほとんどです・・・・・・・


【】逆【】のタイプでは、
『全て』を想像して腹をくくり
『覚悟』を決めてから始めるので

目的に向かって、
ガムシャラに突き進みます。
めちゃくちゃ練習します。

『【】覚悟【】』を、決めて来ているからです。



左脳タイプは、


目の前に有る出来事を、余計な事を
『思わず、考えず』、
【確信的】に
一つ一つこなしていきます。



結果・・・・・・


出来事を難なくこなせます。



『』何も考えないので『』、
気づきもせずにプレッシャーも感じず


気楽に感じます。





日本人が、マラソンに強いのは
(【】考えると、
脳が酸素を沢山消費してしスタミナを、
ロスしてしまうから【】)

この【カメタイプの為】である。



農作業を難なく
四季を通じこなせるのは、
この為である。


備え有れば、憂いなし!



つまり、【】目が左利き【】が



狩猟民族I



『』目が右利き『』だと、



農耕民族I



右脳タイプの特徴は


ナント言っても
その『スピード』です。


左脳を、『アナログ』とすると



右脳は、『デジタル』にあたります。




右脳タイプ・・・・・・



すなわちこれが、『狩猟民族』




左脳タイプを、『農耕民族』

と言う。


狩猟民族のタイプは


神経過敏なので

不眠症、うつ病、胃潰瘍、
癌など、神経症に敏感です。

他に落ち着きが、無い。

想像し、考える為I狩猟するため(リスク)、常に緊張感や、プレッシャーを、感じながらいる為。


移動タイプ
(バックパッカーなど)



農耕民族タイプは


知らぬが仏
で有る!
(現実、今、目のまえの事実)


食べ過ぎ、飲み過ぎに注意!


好き、嫌いは自分で
味わって決める。


特に、好き嫌い無し!


日本人が、大食いを
得意としてるのは

この為である。
『限界を、考えない、思わない』
現実(現在)だけ。


定住タイプ!!!田んぼ、畑が有るため。


スポーツで例えるなら


ボクシングが一番
解りやすく


理解できるでしょう。



ボクシングには、
戦うスタイル、

ファイティング・スタイルが


大体、

『どうパンチを当てるか』
ファイタータイプ、ボクサーファイター




『どうパンチを避けるか』
ボクサー、アウトボクサーに
【ブルファイター】


別れます。




どちらが、ファイタータイプで



どちらが、ボクサータイプか?



答えは、【】狩猟民族【】が

【】ボクサータイプ【】。




『』農耕民族『』が


『』ファイタータイプ『』に成ります。



何故?狩猟民族が、
アウトボクサーなのか・・・・・・




それが
右脳の想像と言われる由縁である。


狩猟には、『危険【リスク】がある為、【高い】ため』


狩猟民族は


荒々しく狂暴のイメージで
有るが


実は、繊細で臆病で有る。


出なければ、命を懸けた狩りが
出来ないのである。


狩りは、神経戦。


狩りの為に毎回、傷ついていては

体が保てないのだ!


神経過敏な訳で有る。



取材
協力、協賛III
スペシャルサンクス……米倉ジムボクサー達I

追伸・・・・・・

会長の大好物は?77歳、左利きです。元アウトボクサーI


アンサー!


マクドナルドの100円ハンバーガー!



私の、アン・フィニッシュ・ド・ビジネス・・・


性格・・・・・・・

ちょー短気で、Iお茶目な愛するおじいちゃんI

会長は、
チョー短気に怒りますが、あれは相手が嫌いで有ってでは決っして無く、
左目しか(現役時代のけがで)使えておらず(間抜けなウサギ)、それで怒って終うためワザとでは、奢ってでは無く仕方が無いのです。俺も一緒に謝ります。気分を悪く成された方々、会長は、そういう理由が有って、怒鳴って仕舞ったのです。これで、理解して貰い、会長の事は、許してあげて下さい。本当は心優しいおじいちゃんです。すいません。
『物忘れも=です』





ビートたけI【$野武】は、

事故したあとから、

映画界で、賞をいっぱい取ってますよねI

元来、
目が右利きだったのが、


事故で左利きに
変わりました!


その後は、

映画界で、大活躍しています

Iこれが、
右脳の想像力ですI

他、
あの独特な話し方の政治家、
II沢一朗は、【右脳タイプ】『ウサギ』
自分の間抜けな言葉で、
揚げ足をとられぬよう
一歩一歩話す言動を頭の中で想像し
確認を自分で取ってから話す
タイプなので、
アノような独特の話し方に
なっているのです。


文法で、比べて見ても


英語の文法と、日本語の文法の



違いは
やはり『』スピード『』です。



日本語で、
私は、お腹が減ったから欲しい。


英語の
I『』want~
私 欲しいI
正に間抜け!


これこそが
          

右脳のスピードの速い
『【】直感的【】』と言われる
由縁である。


日本語のスピードの遅い

左脳の『【】理性的【】』と言われる
由縁です。



犯罪で、考えて見ても

やはり判決では『衝動的』か『確信的』かが
ポイントに成ります!


『やっちまったI』と

『してやった!』

とは、
大違いに成ります!


裁判員制度の直ちの
見直しを急がねば生らぬ。



例えば、お隣の韓国は

見た目は日本人と似ているが・・・・・


実は
真逆の狩猟民族に当たります。


焼き肉文化

短気、道路は右側通行、


交通事故大国で有る。




我先にと未来を


皆が皆

想像してイメージして走るのでイレギュラーに
弱い傾向に有ります。


これが

間抜けに当たります。


ボクシングでも、
『コリアンファイター』、

と、言う
得意用語が有ります。


何故、
そう呼ばれているのか・・・

とにかく、物凄く、練習をこなして
スタミナをつけて
打ちっぱなしの、ボクシングを展開するのですI

メチャクチャ強い選手を、


日本頼も沢山、産み出しています!


コリアンファイター強しII


想像するからです。



考えると
不安感が増し、その『恐怖』を払拭するため、
練習量をこなすのです!


コリアンムービー楽しいねII



私が脳をI選ぶと

表現しましたが、このI選ぶ
と、言う表現の仕方事態が

この世界には
存在していないのが現実です。


では、選ぶとはI


ズバリ五感【数字で7感】の効きに、当たります!


目、鼻、顎、耳、手足に

効きと、言われる物が存在します。
ほとんどが、目で決まるが

なぜ、
左右対象にあるのか?

それは、
人間が気付かずに脳味噌『右脳、左脳』を

使用出来る為である。


確実に進化、出来る為である。


何故I

それは左脳は、今、現実を
考え


右脳は、未来や過去

メリット、デメリットを計算、
想像して考えるのが
特徴です。


よく
ボケーッとIした

人間を見ますが……

その時こそが、右脳を使用している
時に当たります。


私の経験談の、話を致します。


私が
右脳使用の時とは?


食は、見た目だけで
判断して


好き嫌いをイメージだけで決め
手も付けませでした。



とにかく
神経質、短気、ケチ、臆病、怠け者と

『色々な事が気になって』、

自分ではリアルに感じ、思っていました。

私は、
だらしがない弱い人間だと

心の底から
、感じていました。

そんな私が、

強さに憧れ
本当に強い男に成りたい、

強い男に成れば、
何にも
気に成らないで生きられるんだ!

『鈍感になれる』
と、

横浜高校のボクシング部の扉をノックして

自分探しの旅に、
出発します。


やはり、私は臆病でした。


練習の辛さから、逃げてばかり

練習にさえ向き合うことすら
困難でした。


嫌な事ばかり『つらい練習を想像』
して練習場に、足が向きませんした。




試合前などは


『負けたらどうしよう』


本当に弱い怠け者だったらII

と、緊張を増幅させていました。
『負けた後の自分の今、有る環境など考えて、いつも威張って、みんなの事を弱いなと、バカにしていたので『怖』

でも私は、アマチュアの試合では負ける事なく、インターハイ二連覇、全戦、全勝で負ける事なく、何とかプライドを守りました。

米倉ジムにスカウトされ
プロボクシングに、転向します。



21歳の時、日本タイトルマッチで

左目の
眼下底骨折を経験します。


手術して復活しますが
手術したあと


首が、曲がっていました。
左目のバランス神経が、
壊れたようです。


視力も当時、
0、1まで落ちて良く見えなくなり



『左目が壊れてるI俺、
左目が効き目何だI』

と思い、気づき、


『じゃあ、健全な右目に効きを変えよう』

視力も、0、8有り良く見えるはず』


左目に、眼帯を付けて

右目で、
見るように効きを変える訓練を始めました。時間はかかりましたが


右目に利きを変えると
首も元の角度に戻りI

視力も上がり
その時は、特に何も感じてなく………

俺も、年取って

落ち着いて来たのかな
などと、感じていました。

【短気、ケチ、神経質、ビビりがなくなった】


そして試合で

今度は、左下顎を二カ所骨折して

またも大手術I

顎も
私は左顎で噛んでいました。『左の上の歯に牙があり』

左顎は使えない。

じゃあ
右顎を使えばI


右顎は、今まで全然使って来なかった。


右顎を使って、右顎を鍛えようと

ガムを大量に買い込んで


右顎で、噛み込んで、

右顎で、噛む癖を着けましたI。

今でも、噛むのは右顎です。


この頃から、更に私は

鈍感にI
なった用な気がしました。


それが後に
確信I
に変わります。


あれだけ嫌いだった魚介類や野菜など、美味しく食べれルようになったりしたり

ボクシングの試合前も、ビビらならくなりました。



ボクシングの戦い方も
変わっていきました。

どう、変わったか?



前はボクサー。


怪我して手術後、ファイターに
変身して居ました。



この事に、何となく気付いて来てた
私は、敢えてまた、眼帯を右目に着け
顎もまた、左顎でガムを噛みこみ



目、顎を左効きに戻すと


また昔の短気の自分が『危ない』

そこにいるのですII
(ビックリ)

このままで
日常の生活していると、
【短気で間抜け】


取り返しの効かない『また、やってしまう』迷惑を、掛けてしまう
人生に成るII

と思い、また眼帯を左目に付け
利きを元に戻すので有った。

コレで『確認できた』


目が左効きの時の練習では、勝、負け関係ないので、緊張する事なく、実力を出せたので、

『ボクシングのスパーリングトレーニングでのスパーリングパートーも、逃げ出した』。

コレが当に【ジムファイター】。練習では強く、試合では実力を出せない。



人間が互いを知って、付き合えば全て自己責任I


日本でフェラーリ運転するより


トヨタ自動車の方が会ってるよねII

日本は、国、町が、法律が、

左脳使用
に出来ている。

コンビニもI


人類で考えて
合理的に生きよう!

人類、みな兄弟II

追伸I
ベロも、性器も、真っ二つI


後書き・・・

世界の道路を
今すぐにでも
左側通行にすべきと私は考える。
『運転中、右目を使わす為、安全性が高い』亀の為、想像、イメージした間抜けで危険なウサギの運転に成らないので。


どの国にも


狩猟民族(ウサギ)(キリギリス)と
農耕民族(カメ)(アリ)は

存在して居ます!I【比率】

亀の何にも考えない、プレッシャーの無い
証しとして、

日記、
3年7ヶ月間、【ヤッパリ数字の支配】

毎日、
ウソ、偽り、ヤラセ、
いっさいなしの日記をつけて、

書き上げて有ります!

毎日、
1日もかかさづに描いております!II!!

脳は選べますII

テーマ:





脳科学を
表現するのに伝えるのが、
これほどに大変で、



難しく、困難だとは・・・・・・
と、
言うことで!

『纏める』継!!




これからは、『空間的』


【体感実践編】です。


まずはII、

Iイソップ、ダ・ビンチI、
IIに

現代でもIII、
理解出来ない人類で、



本当に…………

ゴメンナサイ。I



『』直感的『』【右脳】、
『』理性的『』【左脳】とは


脳のスピードを、

(右半身体、左半身体)を、
伝えた表現力です。





イソップも、ダ・ビンチも

嘸、無念だったろう。


俺たち『人類の馬鹿さ』に、
現代でもコレだから・・・・・・




【豚に真珠】
使い方次第で、
お金をいくらでも産み出すテクニックが、
発見出来るかもしれない。

脳科学。






コレが、
彼等の伝えたい脳科学。


右脳スタイル【直感】『想像』と、

言われるのが・・・・・



 【『狩猟民族』】スタイル!





左脳スタイル『理性』と、
  

言われるのが・・・・・



【『農耕民族』】スタイル!




さて…~オホンッ、皆様に、

IブレーンドライバーにIII、


免許を渡せる位、

理解可能に説明します。


そして、
私の言っている

脳科学Iを


実際に体で体験して
理解をしていただきます。


左手に針を、右手に糸を持ち

『』左目『』を、思いっきりつぶって



針の穴に糸を
通してみてください。



簡単にできるはずです
『【】スナイパースタイル【】』





左目をつぶればI



『集中力』が増します。I
(余計なことを考えません。)



これが『知らぬが仏』I
にあたります。



細かい作業は

だいたいが
【】『これ』【】で
出来るはずです。


日本人が『細かい』I
作業が





得意なのは、このためです。
『余計な事を考えない、思わない』
ので、
【】『集中力が強い』【】。






次に、
左目を【おもいっきり】

つぶった状態で



細かい作業を
してみてください。


簡単にできるはずです。


目以外の
部分でも確かめてみます。


ボクシングの【ジャブ】
一つとっても



『【左ジャブ】が圧倒的』に
早いです。



まさに、『うさぎのスピード』ですI。



右ジャブを、打って見てください。



【】絶対に【】左ジャブには
勝てないはずです。


重さ、軽さ。

『ハイ、アンド、ロー』。



次は右手で字を書いてください。そして今度は、左手で字を書いて見てください。右手は遅くて、書きやすいですが、左手は早くて書きにくいはずです。




『コレ』が、


子供の頃、聞かされた童話I


うざきとカメ。I


アリとキリギリスI。(イソップ童話)


まさに

右脳と左脳Iです。


次に、喉の右側を使って声を出してみてください。声のトーンが低くなります。
次に、喉の左側を使って声を出してみてください、声のトーンが高くなります。

これも、脳のスピードによって起こる現象です。




左目を閉じたまま

1ヶ月間、


いつもどうりで、過ごしてください。


右目を閉じたまま

1ヶ月間、


いつもどうりで
過ごしてください!


この時の変化や、違いなどを、
感じ取ってください!



何か、
違いを感じると、思います。




私の言っていることを


あなたのお父さんやお母さんや
兄弟


友達などで確認をとり



答え
合わせをしてみてください。



Iコンビニ
などの



店内をイメージして、
考えて見て下さい!



左回りに設計されておりますI



何故?………

answer

右目を使用させるために、
成りますI



左脳を使用させるために

設計
されておりますI

何で?


じゃあ、

右回りに設計されている
店内だったら……


商品棚は、左側、



つまりは、
左目を使用してしまうため、




右脳にスイッチが入り、
『考えてしまう為』



最初に欲しいと『イメージして来た』、
思った商品に
『直行』してしまうのを、防ぐ為、


店内の他の商品を見ずに、

『想像、イメージした』の物だけを取って、

レジに『直行』して
しまうためですI

それを、『阻止する』ため『考えさせない』右脳を働かせない、

他の商品を買わせる為の

『考えさせる』、
設計に成りますI

こうなると、

店舗自体の場所も、

勿論

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス