ウヌが推しになるまでの流れを書き留める。

 



きっかけは単刀直入に、ドラマ。

 

去年(2018年)の夏頃に放送されていた、「私のIDは江南美人」っていうドラマがきっかけ。

「私のIDは江南美人」は、韓国のウェブ漫画が原作!
日本でもXOY(漫画アプリ)で、日本語版が連載されてました。

すごい好きな漫画で全部読んでいたし、韓国で実写化されるという

噂も聞いてはいたけど、実際に放送されていたのを知ったのは、年越して1月下旬。

日本語字幕の動画を探したけどなかった。

ネットフリックスに字幕版が、あるという書き込みを発見し登録するもなかった。

 

仕方ないので韓国語のまま、字幕なしで1話から最後まで観ました。


韓国留学の経験もなければ、ちゃんと勉強したことすらないので、

6割ぐらいしか会話理解できませんでした。

 

漫画は全部読んでいてストーリーは知っていたのでなんとかなりました。

約2週間、毎日最低2話は観てました。最高に幸せな2週間でした。


見終わるころには、すっかりチャウヌの虜。
正確にはチャウヌというより、ドギョンソク(役名)だけど。


こうしてウヌペンへの一歩を歩みだしたのであった。

 

 


 

つづく