本当になってみたい自分になる
  • 22Dec
    • 夏が嫌いでした。

      おはようございます下村のり子です。さて、昨日の続きです。飲んだばかりのミルクを噴水のように吐き出し、ミルクを飲めなくなっていくのです。明らかにおかしいと、さらに大きな病院に検査したところ「即入院」と言われてしまった…病名は「肥厚性幽門狭窄症」この病気はどんなものかと言うと・・・生後2-3週から3ヶ月位までの赤ちゃんがミルクを吐く病気です.筋肥厚性幽門狭窄症とも呼ばれています. 胃の入口にある幽門筋が肥厚するために胃の出口が狭くなり,飲んだミルクが十二指腸に運ばれず胃内に停滞します.ミルクで胃が一杯になると飲んだミルクを噴水状に 大量に吐きますが,吐いた後でも赤ちゃんは空腹感のためにさらにミルクを欲しがります.幽門筋がなぜ肥厚するのかは正確にはわかっておりません.この病気 は初めてのお子さんで,しかも男の子に多くみられますが,女の子や第2子以降のお子さんにも無いわけではありません.これまで親子にみられたケースや双胎 (双子ちゃん)の双方にみられたケースも報告されています. 治療開始が遅れますと体液がアルカリ性に傾き,体重増加が得られずやがては出生時体重をも下廻ってくることもあります.診断は比較的容易ですが,最近では超音波検査で幽門筋の肥厚の程度まで測定することができます.治療方法はまず体液がアルカリ性に傾いているのを点滴で補正する必要があります.現在では手術によって 幽門筋を切開し拡げる方法(ラムステット手術という)が世界中で行われており,手術後早い時期にミルクが飲めるようになります.・・・(日本小児外科学会HP参照)という病気でして今でも病院の初診や人間ドッグなど検診の度に、「既往歴」の項目があるじゃないですか、あれ?どんな漢字だったかな?(笑)なんて思いながら書いてますが…このご説明の通り、男の子に多い病気で。やっぱり男に生まれてきたかったんだろうか?なんて時々思ったりもしましたけど(笑)最初は、薬での治療をしたようですが、良くならなくて手術することになります。思わぬことに初めての子が病気になり、ミルクを飲めずにどんどん痩せていく。それに、今度は大きな手術をしなくてはいけない。極度のストレスで、母の母乳はピタッと止まってしまったそうです。記憶がないとは言え、私の人生は大きな試練から始まったようですね。おへそから胃にかけて縦にスッとある傷跡。赤ちゃんにとっては小さな手術跡が、成長と共に大きく成長、長くなっていく。今では内視鏡の手術も可能になってきているようですが、当時では、女の子だからとかなり気を遣って下さったことかと思われますが、やはり目立つものです。普段は気にならなくても、いつの間にか自分にとって大きなコンプレックスになっていました。特に、セパレートタイプの水着を一生着れないかと思うと、子ども心にかなり傷ついていました。特に小さい子がビキニを着ているの、可愛いですよね。羨ましかった…だから30代にダイビングを始めるまで、ほとんど海には行っていない。嫌だったんですよね。可愛い水着を着れない。つまんなくて…海やプールだけでなく、たくさんの事を、諦めたり制限してきた様に思います。でも今は、いい歳になったしね。温泉好きだし、もう気になってないみたい。自分の体の一部だから愛しています。いつも、私のブログに立ち寄ってくださってありがとうございます。次回からは少し不定期なりますが、ゆっくりブログを書いていきたいと思います。応援くださり、皆様には感謝しています。最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      235
      テーマ:
  • 21Dec
    • ミルクを飲めなくなって…

      おはようございます下村のり子です。古い記憶を手繰り寄せて少しづつ書いてます。私の記憶しているのは、生まれてから2軒目に住んだお家。片田舎の古いお家の中で過ごした記憶。何だか暗いイメージがあったのは、既に過疎化が進んだ地域で、周りはお年寄りが多くて子育て世代のお宅はウチを含め3軒しか無かったんだって確かに。。。誰かと遊んだ記憶があまりにもなさ過ぎる…おとなしい子だったとは聞いていたけど、お友達が少なかったのねこの事実は、この前、母から聞くことができました。それから、水たまりの記憶があったんだけどね。舗装されていない、ぬかるんだ坂道を歩いているイメージは、そのお友達のお家に遊びに行くまでの坂だった!覚えているもんですね。子ども目線の記憶だから、この水たまりもすっごく大きくて怖かった感じだったんだよね。ほんと面白い!母との答えあわせのような会話ができたこと。これまでの私の住んだ場所や引越し日など、色々と書き留めていてくれた事。そんな事を知れて、本当に良かった。昨日のブログを見てくれた方からも、メッセージをいただいたんです。そうした母が色々と書き残してくれている事が、どれだけ貴重で有り難い事か…。ホントそうだよね。それで、この後の3件目のお家が、3歳になってからのお引越しだったので、そうした場所で、最初の子育てをしてきた母はきっと寂しい思いをしてたんだろうな〜そして、これ以前にもっと辛い思いをしたのかと思うと不憫で堪りません。そう思うのは、私が生後1ヶ月に異変が起きたことからです。可哀想な母…大きな試練が待ってました。大きくな〜れたくさん飲むんだよ〜微笑ましいシーンですが、赤ちゃんがミルクを飲んだ後にゲップをしたり、少し吐いたりって事は普通のことだそうですね。でも、いま飲んだばかりのミルクを噴水のように吐き出したら・・・そして、それが何度も続いたら・・・母は近所の病院に私を連れて行きました。処方された薬をもらって飲ませてみても、母乳の飲ませ方に工夫をした方がいいと指導されてやってみても、変わらず吐いてしまう。母乳を飲んでは吐き、お腹が空いたとまた泣かれ母乳を与えるが吐き出す。その繰り返し。飲めない子は、体重が増えていきません。一向に良くならず、大きな病院に受診しなおし、ようやく診断が出ます。お医者さんにこう言われたそうです。「このまま直ぐに入院させてください。」病院に付き添ってくれない夫(←つまり私の父)ひどい!親、兄弟も近くにいなくて誰も頼れる人がいない。入院手続きしようにも、この子を見ておいてくれる人もいない、、、まだ20代の母は、不安で仕方なかったでしょうね続きはまた明日。ブログは毎朝8時半ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      28
      テーマ:
  • 20Dec
    • 穏やかな日々に感謝できたのは…

      おはようございます下村のり子です。私の古い記憶を手繰り寄せて少しづつ書いてます。最初に浮かんだシーン。それは、ちょっとジメッとした感じ。今で言う古民家、土間のある、私にとっては2軒目のお家の話でした。いまは手元にはないのですが、アルバム登場する写真、私の記憶では、片田舎で暮らす幸せそうな親子3人の日常が感じられるものばかりで…車のボンネットにちょこんと乗せられ撮った写真。夕暮れ時の河川敷を散歩する母との写真。卓袱台(ちゃぶだい)ってわかるかな?食卓にいっぱい食べこぼしながら、ほっぺにもご飯粒つけた私の写真とか。たくさんの写真を撮ってくれていて、私の成長を楽しみにしてくれ、両親にとっても愛おしい日々が伝わってくるようなものばかりでした。ああ、こんな感じ。私の写真はもっとおデブで凄いけど少し遡ると、張ちきれそうなぐらいのプクッとしたほっぺの、丸々とした赤ちゃんの写真もあります。でもそれは、全部写真で知る当時の私。実は私には記憶のない、それ以前の記憶。それは両親にとって大変な時期でした。生後4ヶ月でお引越ししたのが2軒目の私にも微かに記憶の残る家。では私の最初のお家は?つまり、両親が新婚当初に住んでいたお家の写真は、私が住んだ期間が短いとは言え、ほとんどありません。何があったのか…続きはまた明日。ブログは毎朝8時半ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      25
      テーマ:
  • 19Dec
    • 最後のギフト

      おはようございます下村のり子です。私の親友のお話です。数日前に大切なお母様を亡くされました。生きていると、色んな事に腹が立ったり、母娘関係で色々あったけど、大人になってこんなに辛い事があるとは思ってもみなかった…と、私にお母様との濃く、とても充実した最後の1ヶ月を話してくれました。最初に彼女が私に言ってくれたこと。いつか親にも死が訪れる事はわかってはいても、もっと話をしておけば良かった。それに、飛行機嫌いだから旅行に行きたがらない母だったけど、もっと近場でいいから色んなところに連れて行ってあげれば良かった…後悔の無いように、お母様ともっと関わってあげてね。そうだよね。母の声が急に聞きたくなりました。彼女のお母様の病気が見つかったのは、1ヶ月前。回復の見込みのある病かどうか難しい判断に迫られた時、自分ならどうしたいか?お母様は死の覚悟、全てを受け入れ、残りの時間を精一杯生き抜かれたそうです。痛みや、死への恐怖、一度も弱音も吐かずに静かに旅立たれたと。食べれなくなり、最後の数週間は、「氷のかけらを今日は2つ食べれたよ」毎日、母ができる事がどれほど感謝でき、自分たち家族のために懸命に生きる姿にどんなに心が震えたことか…彼女の語る、生きるという意味を体現して下さったお母様への感謝や愛が切々と伝わってきて涙が止まりませんでした。ちょうど、幼い頃の記憶を辿り昨日から書き始めたところで、これから母との事も書いていくんだろうなと思っていた矢先の事だったので、余計に胸に迫るものがありました。私は義父、つまり夫の父の在宅介護で看取った経験はありますが、実の親を亡くした経験はありません。今は彼女も辛いでしょうが、在宅で看取る経験者の多くが、後悔が少ないとお聞きしますし、私達家族も、そう感じています。「生きる」私たちに、教えてくれる生きる意味、自分だけでなく家族への愛、そしてその尊さを、昨日は、友人から教えてもらう事ができました。ありがとう。明日はまた、幼少期の話に戻って書いていきたいと思います。ブログは毎朝8時半ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      29
      テーマ:
  • 18Dec
    • いちばん古い記憶

      おはようございます下村のり子です。今日からは、私の古い記憶を手繰り寄せて少しづつ書いて行こうかと思います。最初に浮かんだシーン。そうそう、土間(どま)って言葉、分かりますか?私と同世代でも、知らない方も多いかも知れません。田舎のおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃるとか、農家であったり、ものすごく田舎に行かないと見ることがなくなった日本独自の家のつくりです。古い民家など、玄関に入ると居間との間に土足で歩ける空間があったんです。この空間を土間と言います。今だと、玄関を広くした感じ。そして、そこに家事をする機能が集約した場所だったりするわけです。食事を作る台所であったり、洗濯機があったり、私の記憶の中にある最初に登場する家は、その当時でも珍しい古民家のようなところでした。私にとっては、生まれてから2軒目のお家です。どうやら、年齢は2歳になるかならないかの記憶。なぜなら、2つ違いの妹がまだ、この世に生まれていないから…古いアルバムの写真を見ると、この土間で三輪車が横倒しになり、土間で仰向けに駄々をこね、グシャグシャの崩れた顔。決定的な幼い私の写真があったはず、、、と記憶してます(笑)写真を探そうと思ったんだけど、どうやら実家にあるみたいです。この家でのことは流石に幼すぎて、あまり覚えないのですが、流し台の前の薄汚れたモルタルの壁を這う、ナメクジをじーっと見ていた記憶。トイレがいわゆるボットン(便所)で、夜、母に連れて行ってもらい、しゃがむと、目の前にある掃き出し窓が空いていて、絡むツタが、暗闇でへびのようにぐねぐねしてて気持ち悪かったこと。そんなちょっと、おどろおどろしい感じを思い出します。その時期、母は体調を崩していたので、幼子の私に手伝いをさせるために、流しの前や洗濯機の前に踏み台がおかれていました。きっと父がそうさせたんだと思うのです。流しで食器を洗う真似事をしたり、洗濯機を前に踏み台に乗ってぐるぐる回る洗濯機の泡を眺めるそんな子どもだったようです。しっかりしなきゃ、その頃からそう思っていたかどうかは分かりませんが、後から考えると、そう期待されていた感じがします。ブログは毎朝8時半ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      27
      テーマ:
  • 17Dec
    • ちょっと書いてみたい話が…

      おはようございます下村のり子です。ゆるゆるっとブログをこれまでとは違う感じで、新たなテーマで書いてみようかと思ってます。何を書こうかな・・・実はこれと言って、まだきっちりとした考えがあってのことではないのですが、ただ、ここ数日ね。断片的にですが、子供の頃のことをよく思い出すことがあるので、そのあたりのことから書いてみたいな、と思っていて。どうなんでしょう?以前のように人生ストーリーを(↓このブログの一番最後にリンクがありますので宜しければそちらをご覧くださいね。)今度は最初から時系列に書いてみるのもいいのかもしれないし。あるいは、拘らずに思い出した事から書いていくのもありかとも思うし…これを書こうと思い立ったのは、離婚をテーマに書き進めてきて、何度となく、母親とのことがやはり引っ掛かることに気付きながらも(多少は書きましたが…)そのままであることが気になっていること。そして、以前に書いてきた私の人生ストーリーには、幼少期の頃のことはほとんど書いていないということ。実は、親とのことは私の中ではかなり解決済みの問題で(つまり以前はかなり問題だったということ…)、今更いいのかな、と思っていたこともあって。こんな髪型してたな〜写真探してみようかな(笑)そんなわけで、明日から子供の頃、かなり古い記憶に遡って書いていこうかと思っています。気が変わったらまた、内容が途中から変わるかもしれませんが、、、しばらくお付き合いくださいませ。ブログは毎朝8時半ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      40
      2
      テーマ:
  • 16Dec
    • ゆるくはじめてみようかな。

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。このところ考えはじめていたことなんですけどね…離婚のテーマを少しお休みさせてもらって。。。しばらく違う内容で書かせてもらおうかな、って思ってます。結局、根っこは同じテーマになっちゃうってこともあるかも知れないけど…ちょっと、実験(笑)自分でもまだ気づけてないことがあるような気がして。いつも読んで下さってる皆さま♡感謝していますちょっと、迷走しますが…お付き合いいただけると嬉しいです【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼント思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。ブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      33
      テーマ:
  • 15Dec
    • 頑張りすぎないでもいいんです。

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。子供の頃に不安だったこと…昨日の記事で、私のことをLINE@でお話ししたら、メッセージをたくさんいただいてね、ありがとうその中には、耐え続ける母を見て育った方が、同じように自分も結婚生活に我慢を重ねてしまっていたり、両親の喧嘩の原因を、自分のせいだと敏感に感じ取り、罪悪感を持ち続け、夫に対しても強く意見が言えないでいるといったことなど、気付かれた事があったようで。やはり、両親との関係性が大きく影響している事が多いんだなって。子どもの頃と今の不安や悩みは結局のところ、根っこの部分ではおんなじであって、子どもの頃の不安要素をずっと引きずってしまっているってことがあります。必要なことだから何度でも現れるテーマであって、また来たな・・・って感じなんですよね。でも、乗り越える力を身に付けていけば、自分には絶対越えられないと思っていたはずの壁、それをスルリと乗り越えれるようになったり、あるいは、越えられないと感じたら、それはまた大きく自分が成長できるチャンスと考えてみる。なんでこんなに辛いんだろう…自分に本当に出来るんだろうか? 怖い…その時は辛いけど、後でわかることもあります。今は、そうなんだな、って感じるだけなんですよね。時には、やり過ごしてもいいんですよ。【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼント思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。ブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      25
      テーマ:
  • 14Dec
    • 子どもの頃に不安だったこと

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。すいません。投稿時間が遅れてがちです…突然ですが...子供の頃に楽しかったことって何でしたか?逆に、子供の頃に不安だと感じたことは…これ、昨日受けたセミナーでのワークです。セミナーのテーマは、ビジネスをしていく上で、自分がどんな商品を作り上げていけばいいのか、そのヒントになるようなことを教えてくれる内容でした。普段、クライアント様に、最初の質問。「どんなことに楽しさを感じるか?」同種の質問をさせていただくことが多いのですが、後の質問。これをあたらめて書き出すって作業を久しぶりにしました。書き出すってこと大事ですね。皆さんも良かったらやってみて。メモでも、スマホのメモ機能でも、何でもいいの。時間は3分です。出来るだけ書いてください。なぜ時間を区切るのか?それは、脳が奥底に眠っているような記憶、潜在意識からいっぱい引っ張り出そうとアクセスしてくれるからです。出来るだけ書いてみてね。私もいっぱい書きました。どんな結果になるんだろう…って、色々考えちゃうとダメですね。これは本当に素直にやったもん勝ちですね(笑)子供の頃に感じた不安。書いてみて、最後にタネ明かしというか、その答えを聞いて、あたらめて感じました。あ、やっぱりね…私が一番に書いたこと。続きはこちらにて(笑)【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼント思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。ブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      14
      テーマ:
  • 13Dec
    • 客観的な視点、必要なキーワードを貰いました♡

      こんにちは幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。いつもより投稿がずいぶん遅くなってしまいました…昨日はソウルカラーセラピーの仲間との忘年会。「ソウルカラーセラピー」このブログでも何度か書いてますが、久しぶりかも…ソウルカラーセラピーとは龍仁ひとみさんが開発した数秘とカラーを融合したセラピーのこと。人は自分で選んで、その日に生まれてくると言うことから、誕生日から紐解く魂の色。生まれ持った才能、資質、そして今世でのテーマやミッションがわかり、今の状況との整合性から導かれる必要な思考であったり、行動を自ずと知ることができます。ソウルカラーセラピーの講座に5月から参加し、昨日は講座終了後、1ヶ月半ぶりに一緒に学んだ同期や先輩と再会し、楽しく過ごして来ました。一次会、二次会、三次会?なかには海外からの参加者もいて、もうとにかく離れ難くて…3軒目でお茶をしていた時に、結局、最後もソウルカラー談義で盛り上がりました。みんな真面目だからソウルカラーセラピーカードをテーブルに広げ、私の質問や悩みにも応えてくれましたよ〜この数ヶ月の間に、それぞれがソウルカラーの読み解きをより深めていて、自分では思いもよらないこと、気づかなかったこともあって。。。やっぱり客観的視点で必要なワードをもらうってこと大事だなって!本当に勉強になる~セラピストは経験値もさることながら、カラーへの深い理解や知識、その人の感性が濃く反映されるので、昨日のように、仲間の繋がりはこれからも大切にしていきたいし、お互いにいい影響を与えられる関係でいたいと思いました。みんなありがとう思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      39
      テーマ:
  • 12Dec
    • 善悪で決めてしまっていました。

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。週末に見かけた光景。一体どこまで続くのかわからない人集り。歩けど歩けど、絶えることのない行列。この先に何が…それは、年末ジャンボを購入するために並ぶ長蛇の列でした。その日は「一粒万倍日」にあたる吉日ということで、そこは、よく当たる幸運の宝くじ売り場であると言うことは後から知りました。宝くじなんて買っても…(必ず購入する方にはごめんなさい。)私は全く興味のないタイプの人間です。きっと、環境もあるんでしょうね。子供の頃から縁がなく、両親が買っているのを見たことも、話題になったこともない家庭で育ったせいか、全く、と言っていいほど興味が無くて。夫が購入した宝くじを初めて見た時、え~なんで?って思いました。買うようなタイプでないから(笑)私が思う、買うようなタイプでは無かったと言うことです。当たるかどうか分からない不確実なものにお金を費やす。それは悪いことだと思っていました。宝くじなんて買っても…その時は聞けませんでした。その後、数年が経っても基本的は私の考えは変わりませんが、、、宝くじなんて買っても…そうです。「宝くじは買わないと当たらない」ごもっともなことです。買ったことがない自分には当たらない…その通りなんです。一事が万事。確実でないものには、手を出さない。そんなところは性格にも表れます。堅実なものだけを選んで、冒険をしない。ものすごく心は欲しているのに、リスクを恐れるあまりに行動できないでいる。そんな自分が嫌でたまりませんでした。当たらないより、当たったらどうしよう?の発想やってみて、うまくいったらどうしよう?の発想やらないより、やったほうがいい。宝くじを買えと言っているわけではありません。凝り固まった考えを少し横に置いておいて、見方を変えると広がる世界。想像して楽しんでみる。遊びの部分が、必要なのですね。人に対してもそれは、当てはまって、へ~そう考えるんだ~なるほど。違う考えを受けとめる。良い悪いでは決めない。全て気持ちの余裕。遊びの部分が必要って感じます。その日、そんな自分の変化をクスッと笑える自分がいて、何となく、宝くじを購入してみました。行列のない宝くじ売り場で(笑)思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      49
      テーマ:
  • 11Dec
    • 等身大の自分で・・・

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。大きなクリスマスツリーの前でご満悦昨日、都内のあるセミナーで人前で急遽話す機会がありました。急にふられ、頭が真っ白になる…何か話さなきゃ、なぜ自分が?何を話せば正しいの?席を立ったものの、頭の中が混乱して、恥ずかしさと焦りでヨロヨロと前に歩き出す…人前で話すことの苦手意識はこんなことから起きます。期待に応えたい、気に入られたい、褒められたい、ブログを書くのもそういった感情がいつも湧き上がってきます。でも最近気づいたんです。自分が少しづつ変わってきたことに。「等身大の自分でいいんだ」人の目を気にし過ぎない自分の心の状態に素直になる人と比較しないできない自分も受けとめるそして、できないことは誰かに聞いて教えてもらう勇気そこからがスタートであり、自分に今必要なことは何かを考えることができる。人と比べて動けなかった頃よりも自分にはまだ時期じゃないと理由にしていたことも全て始めてみないと何も知れなかったこと。大きく自分を見せる必要はないってこと。憧れや理想は大事だけど、一方で、そこを目指している今の自分も充分に大切だということを、あなたにも知って欲しいのです。思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      25
      テーマ:
  • 10Dec
    • 感謝の気持ち

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。「おおきに」関西では、「おはよう」や「こんにちは」の挨拶と同じように飛び交う言葉。商売人や年配の方でなくても、「おおきに」の意味の「ありがとぉ」って言葉が普段から耳に馴染む。「ありがとぉ」って書いてみた。私の中では、何となく「ありがとう」って書くより、耳から入る音は「ありがとぉ」「ありがとー」が近い。日頃お世話になっている方への感謝を表す機会が多いこの時期。以前にした、夫との会話を思い出した。ここからは、夫の見解。いや~関東でも言うよ!と反論もあるかも知れないけど、関東育ちの夫が感じた感覚なので、個人的な見解ということでご了承願いたい。関西に住んでみてあらためていい言葉だな~って感じた言葉。「ありがとう」感謝の気持ちを言葉にするのって、関西の人は、「おおきに」とか、「ありがとう」って言うでしょ?あれ、好きなんだよね。私)ん?当たり前なんじゃない?・・・・・・関東では、「すいません」って言う人の方が多いんだよ。・・・そうだっけ?関西生活が長い私には気づかなかったこと。なんだか関西出身の私としては、褒められたような気がして嬉しかったのを覚えている。「ありがとう」と「すいません」同じ意味で使っていても、伝わり方が違う。どう違うんだろう?悪いね、気を遣わせたねお手を煩わせたね貴重なあなたの時間を使って申し訳ない。そんなニュアンスから「すいません」と言うより、ストレートに「ありがとう」と伝える。普段、何気なく使っている言葉そんなに感じ方が違うならば相手が嬉しくなる言葉そして、自分にも聞かせている言葉あらためて「ありがとう」のことばの威力を感じた。「ありがとう」って言われて気分を悪くする人なんていない。感謝を言葉にして伝えること伝えたられた側にとっては嬉しいことでも、伝える側にとっては、迷っている内にお礼を言いそびれてしまった。タイミングを逸してしまった…そんな経験はないだろうか?いちいち言わなくてもわかってるはずだそう勝手に思い込む近しい相手ほど、”照れ”があったりして…今日は「ありがとう」を意識してみよう。きっとあなたの周りにも、たくさん言いたくなるコトがあるはずです。思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      43
      テーマ:
  • 09Dec
    • 忘年会が苦手な人には…

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。この寒い時期はやっぱり鍋だよね!どうしても参加しなきゃいけない職場での忘年会など、鍋料理をいただく機会がこれから増えますね。でもね。中には、一緒に同じ鍋を自分の箸でつつく、あのスタイルが苦手という方もいます。それに忘年会や、パーティなど人が集まる場に参加するのが億劫だという方も多いかも知れませんね。そんな方におすすめのフラワーレメディがあります。じか箸で、ひとつの鍋や料理をいただくのが気になってしまう、ちょっと潔癖症気味なあなたには、【クラブアップル】他にも、雑踏のなかを歩くとザワザワした気持ちになったり、不快な気分に陥ってしまう…そんな時にも使えます。行きたくない忘年会や、人とのおつきあいに面倒臭さを感じたり、ひとりいるのが好きなあなたは、きっと大勢の中で共に時間を過ごすのがを苦痛に感じてしまうんじゃないでしょうか?そんな時は、【ウォーターバイオレット】気疲れすることなく、人との会話を楽しめるようになれますよ。この時期に、より快適に過ごしてもらいたい、年末第二弾のフラワーレメディを今日もお伝えしました。今日も素敵な一日を!思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      31
      テーマ:
  • 08Dec
    • 慌ただしさに追われていませんか?

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。親戚からの着信履歴。この時期、普段頻繁にやりとりをしていない人からの連絡には不安な気持ちにさせられます。伯母が亡くなったという知らせでした。寒さに向かうこの季節、この年齢になると年々、お世話になった方とのお別れをすることが増えてきました。師走。何かと忙しくなるこの時期。やらなければいけないことに手をつけれていません。特に今年は、いつもと違う事情…年内の宿題が山積です。年賀状を書かなくてはいけない、年末年始の準備をしなくてはいけない、イベントも続く…あ、、どうしよう。普段ならできそうなことでも、いろんなことが重なり、大変な時期には自分ではやりこなせない様な不安に襲われます。ボリューム的に自分では負えないかも知れないとプレッシャーに感じたりもします。そんなときのフラワーレメディは【エルム】それから、やらなくてはならない目の前のことを考えただけでやる気が起きないそんな時の気分には【ホーンビーム】気持ちが楽になり、ひとりで抱え込むことなく、誰かに頼ってみようと柔軟な気持ちに切り換えることができたり、いつの間にかスイスイと作業が捗ったり、できないと思っていたことが思いのほか簡単にできている自分に、自信を持てるようなるなど気持ちに変化が出てきます。やらなくてはいけないこと。どうせやるなら、どうやったら楽しめるかそう考えれると毎日は楽しく過ごせますよね。今日は今の季節にぴったりなフラワーレメディをご紹介しました。思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが「幸せ脳開花プログラム」です。パートナとの関係に悩んでいる…「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時ごろに更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      39
      テーマ:
  • 07Dec
    • キーワードは冒険♡

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。今日は射手座の新月。今回の射手座には、冒険、憧れや理想と言う意味があるんですね。「冒険」この言葉好きです。新しいことにチャレンジするにはいいタイミング。チャレンジすること。必然的にやってきてしまうこともあります。人生の転換期っていうものです。進学や、就職、転勤、そして離婚や結婚…これまでの住み慣れた場所を離れ、新たな場所に住む。そして人との別れ。環境が変わるごとに新たに行動する必要がありました。またいちから何かを創り直す。人間関係であったり、自分のベースづくり。とてもエネルギーがいることですが、これを好奇心を持ってやれるか、どうかって大事ですよね。新しい世界に飛び込むワクワク感や冒険心があって良かった…それは、自分の可能性を信じてあげれてるってこと。やってみたことがないこと、苦手なこと、この際だからやってみよう、という前向きな気持ちになれて良かった。新たな環境を手に入れれば、そこでまた人との出会いが人生を豊かにしてくれます。今年最後の新月。それで平成では最後なんですね。自分の本当の心としっかり向き合い、来年をどう過ごしたいか、今日はそんなことを考えてみるのもいいかもしれませんね。ぜひ未来に向かってあなたが描くビジョンを明確にしていきましょう離婚したいけど、なかなか一歩が踏み出せない…これからチャレンジする、あなたを応援したい。「幸せ脳開花プログラム」はこんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時に更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      34
      テーマ:
  • 06Dec
    • 育てなくてもいいの…その大きな子ども。

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。少年のような心。私にだけ見せてくれる顔。年上であっても、それが自分への信頼の証だと、勘違いして結婚したあの頃…私もそれを甲斐甲斐しくも尽くしすぎたのかも知れません。それが、いい女である事だと大きな勘違いをしていました。時には、そうして甘えてくれるのはいいかも知れませんが、私は元パートナーの「お母さん」になってしまっていたんだろうな。今は、お母さんをしていません(笑)私たちには子どもいないので、なりにくい環境なのかも知れません。「うちのダンナ、お子ちゃまなんだよね…」友人の言葉にハッとしました。長男が夫で、次男が息子。いや、ダメダメ!!あなたのダンナは、息子ではない。あなたはダンナのお母さんではない。まずは、あなたがお母さんをやめてみようよ、ね?構ってくれないと、駄々をこねる子どもにしてしまっていませんか?「だって、大人になってくれないんだもの…」あなたがお母さんをやめられない理由、それは昔の私とおんなじ。その本当の理由は、・・・・・・・・・ありのままの自分を愛せてないからなんです。自分はしっかりしてしていなきゃ、自分は甘えてはいけない、誰かを頼ってはいけない、あなた自身が本当はどうありたいのか、パートナーとどんな関係を望んでいるのか、まずは自分なんです。その思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが、今回の「幸せ脳開花プログラム」です。こんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時に更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      30
      テーマ:
  • 05Dec
    • 勘違いから生まれる恐怖心

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。離婚したいけど踏み出せない…それはなぜなんでしょうか?・人にどう思われるか心配である・あるいは、迷惑をかけてしまうかもしれない不安。・親、兄弟や親戚に心配をかけてしまう不安。・あるいは、信頼を失ってしまうかもしれない不安。・経済的な問題も含めて、これからの生活への不安・ひとりになることへの不安や寂しさ・またお子さんがいる場合は、子供の将来への不安他にも、それぞれ、置かれた環境や状況に応じて理由は様々でしょうが、離婚することによる心配や不安、恐怖心が、あなたの決断を鈍らせてしまっているということです。そして、このようなネガティブな感情に陥ってしまうのは、過去の出来事や経験から作られたあなた自身の思い込みが、原因となっています。嫌われたくない、変だと思われたくない、恥ずかしい、・・・・・・・・・統計上、日本では3組に1組が離婚がする時代に、それでもやっぱり、世間体や常識と言われるものが気になるのは、実は相手にではなく、あなた自身の中に問題があると言うことです。あなたの思考や感情がそうさせている。その思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが、今回の「幸せ脳開花プログラム」です。こんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方自分と向き合い、勘違いや心の癖を取り除き、あなたらしさ、本当の自分を見つけましょう。公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時に更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      43
      テーマ:
  • 04Dec
    • 懐疑的になってしまうワケ

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。おかげさまで、昨夜までに無料オンラインプログラムへたくさんのご登録をいただき、本当にありがとうございました。そして、ご質問もいただくようになってなっています。ありがとうございます。特に、バッチのフラワーレメディへの質問が多くて。関心をお持ちの方がいて下さってとても嬉しいです。そもそもどんなものなのか…そういった疑問をいただきます。あなたは、フラワーレメディを知っていますか?少し前の調査ですが、日本では、100人の内、2人ぐらいしか知らないという結果もあるように、まだまだ知らない人が多いんです。98パーセントの人が知らないと言えます。しかし、またある別の調査では、これを使った人たちは、98パーセント程度の人たちが、「本当に良かった」あるいは「良かった」と答えています。フラワーレメディを飲む事で、随分ラクになったと答える人がこれほど多いのです。つまり、98パーセントのまだ知らない人たちにも、これから98パーセントの成果が出るものをお伝えすることが出来るってことなんです。さて、ここまでお話すると、2通りの答えが出てきます。ひとつは、98パーセントの人が知らないものに懐疑的であるる方。そして、私がお伝えしたように、その可能性にワクワクしてくれるのと、反応が分かれるんですね。感情自体に良いも悪いもありません。けれども、考え方としてはどちらがラクに生きられるか?・・・・・・・・・答えは簡単ですよね。うまく行かないことが続いたり、気落ちしていると、目の前に起こること全てが、とてもじゃないけど、乗り越えられそうな気がしなくって…自分の可能性までも否定したり、自分自身を信じられなくなってしまう。これまでのあなたの過去の経験、記憶など、潜在意識にある情報から、まさに無意識レベルで選んでしまっているだけなんです。実はうまく行く人は、確信なんて最初からはないんです。どっちを選んだ方がワクワクするか?こっちの方が面白そう!自分の気持ちがラクになる方を選んでいるだけなんです。その思考や気持ち、つまり感情をコントロールする方法をお伝えしていくのが、今回の「幸せ脳開花プログラム」です。こんな方におすすめです。・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方公式LINE@では、さらに詳しい内容や具体的な方法をお伝えしています♪【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時に更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      41
      テーマ:
  • 03Dec
    • あと16時間!!大逆転の人生を手に入れる♡

      おはようございます幸せ思考離婚カウンセラーの下村のり子です。おかげさまで11月29日の20時に「幸せ脳開花プログラム×幸せ思考離婚カウンセラー養成講座」を公開しました!!ただいま…無料オンラインセミナー動画『幸せな離婚の教科書』を公開中‼️ ↓ ↓ ↓http://s-bible.com/opt/divorce-bookただし、このオンラインが見られるのは今日の23:59までにご登録くださった方のみです!!!上のリンク先からメールアドレスを登録したあと、無料オンラインセミナー動画が視聴できる専用LINE@へのご登録をお忘れなくお願いします!無料オンラインセミナー動画以外にも… 〜直接私にLINEで相談できる〜 2週間限定の個別コンサル(12/12まで回数無制限・無料) が受けられますこの講座に参加することであなたは・パートナーの言動に振り回されない自分になれる・自己受容を深め、揺るぎない自信が手に入れる・自分軸を確立し、決断・行動できるようになる・人生のあらゆる問題や困難に立ち向かう勇気を持てる・自分の強みを引き出し、セルフイメージをどんどんあげていける・自分の使命に気づくことができる・自分を愛し、人を癒し感謝されながら幸せを引き寄せることができる・自分自身を癒す方法を知り本来のあなたらしさを保つことができるようになるそして、離婚という問題を難なく乗り越え、自分の人生をひとりで切り開く選択をするのか、あるいは離婚という結論でなく、パートナーとの関係を修復する道を選ぶのか、それとも…現実的にどんな選択をしても、あなたの決断を尊重し、全力で応援していきますね!!!望んだ出来事で無いにしろ、人生の転換期にあなたが自分のこれまでの生き方を見つめ直すチャンスを得たことには間違いないんです。この講座を終了する頃には、人生で大きな決断をできた自分を誇らしく感じると思うんです。こんな大きな決断が出来たんだもの。自分を信頼し、恐れることなく、これから何度でも人生にチャレンジできる勇気と行動力を身につけることができます。人生に本気で向き合ってみたいと感じたら… ↓ ↓ ↓http://s-bible.com/opt/divorce-book今日、12月3日23:59までにご登録されると、もれなくもらえる3大特典。①動く私がしゃべってます♪特典動画②幸せ脳開花プログラムの生みの親である 私、下村のり子にLIINE@で相談できる 2週間限定の個別コンサル 無料!回数無制限!12/12で終了!③3本の本編動画  この本編動画は  登録したLINE@に スタンプをぽん!とひとつ押してくれたら、 動画が定時に配信される設定になります! お忘れなく!!!さらに、本編動画が始まるまでは音声配信があります♪こんな方にお勧めしたい講座です。パートナー(夫)に対して・イライラしてしまう方・信頼関係が築けない方・価値観の違いに悩む方・無力感を感じてしまってる方・コミュニケーションがうまく取れない方・自分の言い方がいけないのかと落ち込んでいる方・いつも調子を合わせてしまってばかりの方・頑張っても認められない気がしている方・私さえ我慢すれば…と思ってしまう方・過去の出来事がしこりになっている方迷って迷って行動できない そこのあなた!!!チャンスの女神は前髪しかないって知ってる?あなたの直感を信じていいからね〜ご登録は今日、12月3日23:59まで ↓ ↓ ↓http://s-bible.com/opt/divorce-book【下村のり子公式LINE@】  ↓ご登録はこちらから!(バナーをクリックしてね)今なら期間限定で5大プレゼントブログは毎朝8時に更新していきます続きはこちらへどうぞ最後まで読んでくださってありがとうございます。下村のり子ってどんな人? 気になったら読んでね。私の世界観 第1章 就活時代から結婚・別居私の世界観 第2章 離婚して社長秘書の職を得るまで私の世界観 第3章 結婚したら今度は退職することに私の世界観 第4章 流産・鬱状態から再生まで私の世界観 第5章 介護・人生を受け入れる私の世界観 第6章 二重生活・家族の死を乗り越えて

      34
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス