見ぬ友と心結ぶのろしリレー

見ぬ友と心結ぶのろしリレー

あなたのまちからも狼煙をあげませんか。

Arigato! Gambaro! Tsunagaro!




次は2022年7月(予定)




あなたのまちからも狼煙をあげませんか。そして、つながりましょう。


目的も方法も、それぞれでいいんです。同じ時間に、見知らぬ友と一つの空に煙を上げるんです。


難しく考えないで、「面白そう」と感じたら、ご検討ください。



◆関連リンク


 Home Page HP 見ぬ友と心結ぶのろしリレー

 Facebook  facebook 見ぬ友と心結ぶのろしリレー(Smoke signal)





 平成30年(2018年)は西日本豪雨直後で、絵下山への車道が激しく被災したこともあるが、矢野から多くの犠牲者が生じ、物理的・精神的に実施が困難になった。インターネット上で、「心の狼煙」と呼ぶ、エールの交換を行った。

 令和元年(2019年)は、復興を願う大会としたが、絵下山への車道が復旧工事中のため、安芸矢野ニュータウン中央公園で開催した。これはこれで、多くの人に来ていただくことができて、有意義であった。

 令和2年(2020年)、車道の復旧工事が完成間近であったため、限られた車両のみ、登頂を許可してもらい、絵下山で発煙筒で焚く予定であったが、直前に大雨が降り、安全確保に課題があるということで、断念。急遽、スタッフのみが集合し、メンバーの耕地と墓地から狼煙を上げ、ライブ配信を行った。

 

 そして、令和3年(2021)年、4年ぶりの絵下山狼煙となる。

 前日となる7月16日(金)、まずは無線隊がスタンバイ。移動無線車両「のろしボカン号」を中心に、いくつものアンテナが立つ。14日、15日と広島各地では雷鳴が轟き、心配された。山頂でのアンテナ、降雨より落雷が怖い。この日、なんとか雷だけはおさまったが、常時強風が吹いており、時折、強い雨が降る。

 雨が上がり、夕闇迫る絵下山頂はマジックアワー。神秘的な空は環濠的である。

 オペレーターが集結し、交代でマイクを握りながら、徹夜の交信を続ける。夜は遠くまで飛ぶ、世界の電波を捉え、絵下山の力をアピールしたい。

 

 そして、7月17日(土)、当日。午前7時ごろからスタッフが集まり始める。

 早朝、安芸消防署のポンプ車が水槽に防火用水を溜めて、安芸消防団に引き継ぐ。

 矢野東分団、矢野西分団、矢野南分団。地元消防団が全部そろった。

 ライブ配信のリハーサル。司会はあきく魅力探見隊のHRさんと、やのみー探検隊のM副隊長。

 私はディレクターと地上カメラ担当。K副隊長は狼煙周辺の支援を担当している。

 コロナ対応として、昨年から取り組んでいる「ライブ配信」。今回は飛躍的に進化した。無線隊長の会社の取引先である「AYT」さんに全面的に技術協力をいただいた。

 携帯電話の電波が薄い山頂では、通信容量を使うライブ配信は難しい。事前に何度もこの場所に来て、通信各社の電波状況を調べ、対応するWi-Fiルーターを使ってこれを可能にし、さらに、カメラ3台をスイッチできるように準備してくださった。

 のろしマシン2号は3段積み。「煙龍」という名前がある。久しぶりなので、少し時間がかかった。

 

 いよいよ開会式。

 先だって、近年の自然災害の犠牲者の追悼と、コロナ禍の鎮静を祈って。黙とう。

 実行委員長あいさつ。

 このあと、広島市長、海田町長、安芸区長のメッセージが録画で配信された。

 コロナ対策としてセレモニーは行わないことにしたため、ご来賓には事前録画によるメッセージをお寄せいただいた。

  

 

 続いて、煙の番人TBさんインタビュー。

 「こののろしマシンは、自宅に保管されているが、3年前の豪雨では砂を被った。初めて、こののろしマシンを絵下山で使える。感無量である」などの話をされた。

 

 さらに、炎の番人YZさんインタビュー。

 「一段目はロケットストーブの構造で、金属管とパーライトが入っている。二段目はドアが付いていて、ここから草を入れる。三段目は煙突になる。全体に鉄筋を通して固定してある」と、マシンの構造を披露した。

 

 このイベントは、東京2020ゴールドスポンサーの東京海上日動火災保険さんに主催者に加わっていただくことにより、東京2020オリンピック・パラリンピックの公認プログラムに認証されている。結果的には2019から3回目となる。

 聖煙ランナー到着。五輪の開会式を6日後に控えている。

 狼煙の匠が消防団員を伴走者として、トーチを運ぶ。

 トーチキス。炎の番人の最終トーチに転火。

 そして、点火。マシンの焚口に火を入れて、薪を燃やす。

 10時に向けて、カウントダウン。

 ゼロで、草を投入して発煙。

 無線隊長が操縦するドローンもライブ配信に動画を送る。

 色煙も上がる。

 黄金山の狼煙が見えた。その動画も、ライブ配信することができた。

 

 コロナ対策として、ステージアトラクションも行わないことにしたが、毎回参加してきていただいたセクシーダイナマイト先生にもパフォーマンスの事前録画を寄せていただいた。少年タップダンサーズは、7年前の初回から参加しており、当時低学年だったが、すでに中学生に。

 今回はオルガニート(手回しオルゴール)と、タンプダンスのコラボで、狼煙音頭をノスタルジックに演奏している。

 さらには、恒例の書道パフォーマンス。

 これも、安芸南高校書道部に事前録画をお願いした。学校でパフォーマンスを録画し、現場にはその際の作品を届けてくれた。

 コロナで部活動が制限される中、発表の機会ができたと喜んでくれたそうだ。

 そして、無線隊からアマチュア無線の成果報告があった。無線隊長のKSさんと高校生オペレーターがインタビューに答える。

 もう一つ、若い人たちの話題。新しい狼煙ソングを、大学を卒業したばかりのバンドに作ってもらった。PR動画で紹介し、総集編でも使う予定である。

 就職してそれぞれの道に進み、コロナもあって、集まることもなくなり、このままフェイドアウトしかねない状況のところ、リモートでの演奏録音を試みた。これなら続けられるかも、と感じる機会になったとか。

 

 会場は記念写真。スタッフだけとはいえ、50人ほどの人がいる。

 フィナーレ煙を上げて、消防団による鎮火式。

 のろしマシン1号機では、ドラム缶に放水していたが、2号機には水が掛けられないため、炭を外に掻き出し、それに放水してもらった。

 最後に、余った水を天に放つ「放水のろし」を見ながら、ライブ配信を終了した。

 

 ライブ配信のダイジェスト版を、YouTubeにアップした。

 

 その間にもFacebookには、狼煙仲間から多くの投稿が入ってきた。

 動画投稿の割合が増えている。

 各地の趣向をこらした煙を見ると、励みになる。とともに、感謝と絆を感じる。

 ありがとう、がんばろう、つながろう。のろしリレーのテーマである。

今回の総集編動画。 

「もう一人の狼煙の匠」こと、やのみー探検隊の高亀副隊長が製作するRシリーズ第3弾。

「R1」は出張狼煙のためにペール缶で製作。令和元年早々に作ったことから、その名が付けられました。

「R2」は、昨年のコロナ禍にステイホーム用に作ったミニセット。金属パイプを加工して、ドラム缶そっくりに。

そして、「R3」は100円ショップで見つけたグッズ。「30万円貯金箱」に「キッチンツールスタンド」が「シンデレラ・フィット」したそうです。

 

 

のろしリレー2021

 コロナを乗り越え

 夢と希望をモックモク

  令和辛丑元旦

    (書 津能備山)

 

離れていても、心は繋がる!

今年ものろしくお願いします!

元は他県ケーブルテレビ局の中継車。

発電機、可動ポール、アンテナ台などの設備を搭載したままの車体を導入。

11月15日(日)、地元子ども行事で、HAMデビュー。

コールサイン「8J4S」で運用予定。若年隊員がマイクを持つので、よろしくお願いします。

 令和2年9月1日(火)午前9時、待望久しい絵下山車道の復旧開通だ。平成30年7月豪雨で甚大な被害を受け、約2年2か月である。

 業者さんが来て、すでに簡易化されていたバリケードをはずした。

 私らも工事が始まるまでは、何度か調査に行ったが、それは凄惨な光景であった。

 下は、平成30年8月26日の写真である。何か所も土石流が発生し、路面の半分が崩れ、下の道路を覆う。被害箇所は10箇所以上ある。

 

 

 ビフォーアフターが分かりやすいのがここ。

 

 崩れた斜面に、擁壁というか、巨大な柱を立てて、その上に道路を乗せる感じである。

 上部はこのようになっている。垂直の絶壁なので、ガードレールを越えて、この上に上がろうとしない方がいい。

 比較的小規模。これとても、簡単なものではない。 

 頂上広場に到着。霞んでいたが、この景色は最高である。感慨一入。

 広場はこれから綺麗にするのかもしれない。

 実はのろしリレー無線隊隊長のKSさんと、隊員のMGさんも一緒した。

 三角点の石で、復活の狼煙を上げた。

 何度、中止を覚悟したことか…。

 

 もともと、2年前の豪雨で被災した絵下山の車道の工事が終わっていない。工事中のところ、区役所農林建設部の理解を得て、最小限人数の登頂を許してもらった。

 そして、新型コロナウイルス感染防止対策として、密集を避ける目的で、日本中の大小さまざまな行事が中止・延期に追い込まれた。あのオリンピック・パラリンピック東京2020さえも1年の延期となった。

 絵下山頂の発煙に合わせて、それが見える公園などでの集会イベントも検討していた。しかし、密集を避けるため、集会イベントは諦め、山頂からSNSにライブ配信をする計画に切り替えた。

 

 5月28日には、区役所スタッフとともに電波状況をチェックに上がった。途中、いくつもの工事現場を通過したが、大規模なもので時間がかかるのも致しかたないと感じた。それほど、ダメージの大きい災害だったのだ。

 

 人間同士の接触を減らすため、オンラインによるイベントや会議が工夫された。

 私たちののろしリレーは、そもそも、インターネットで繋がるものである。ステイホーム生活を続ける人々がSNSで流行させた「チャレンジ」や「バトン」と呼ばれる、特定のテーマで写真や話題をリレーする行為は、フェイスブック上ののろしリレーによく似ている。

 今回は個人が自宅でできる「ミニ狼煙」に注力することにして、狼煙線香と狼煙コットンの無料プレゼントを行うことにした。

 6月23日には中国新聞に掲載され、多くの人が参加を申し入れた。「何もできない」という閉塞感、個人からも団体からも、「何かしたい」という思いが伝わってきた。

 

 

 絵下山頂から発煙筒を焚いてライブ配信、という案で準備を進めていた。雨天のことも考えないではなかったが、それほど詰めてはいない。

 それが、1週間前の7月4日。熊本を中心に九州を豪雨が襲い、大きな災害が起き始めた。梅雨前線が南北に動きながら、全国に豪雨の長雨を降らせる。

 矢野が豪雨災害に見舞われてから2年となる、7月6日には矢野小学校区にも避難準備情報が発令された。幸い災害が起きるほどではなかったが、絵下山の工事中車道は安全確認が間に合わないことになり、山頂発煙を諦めざるを得ないことになり、急遽広報を行った。前日から予定していた無線隊の記念局運用も登頂は中止となった。

 昨年、代替会場とした矢野ニュータウン中央を調べたところ、先約があった。

 苦肉の策は、煙の番人ことTBさんの畑であった。直前にも、広報用の発煙実験を行った。「雨合羽を着てできるくらいならここでやろう」と決め、「もし、それも無理なら」と矢野みなみ会館の部屋を予約した。

 前々日に大雨警報が発表され、また、矢野にも避難準備情報が発令された。区役所のスタッフは防災業務が最優先となる。「会館でミニ煙」が濃厚になってきた。最悪、災害が起きた場合、事情を説明して、ライブ配信でスタートの号令は出したい。

 「できない」とあきらめず、「できる方法」を考え続けた。

 

 神様が最後で味方をしてくれたか、矢野の降雨は災害を起こすほどではなく、当日朝は、集合時間直前に避難準備が解除された。

 令和2年7月11日(土)、午前7時。TBさんの畑で、実施することを決定した。現地に集合して、会場を整備した。

 8時10分、ライブ配信実験。K副隊長製作のドラム缶レプリカを映しながら、雑談を放映。

 9時10分。HRさんとM副隊長をMCに起用。撮影は私。

 全員が台本「読み読み出演」。ゆるゆる感がよかったが、画面グラグラが落ち着かない。

 9時20分。無線隊の紹介。

 絵下山頂からの運用を断念し、前日から矢野東ベースにオペレーターを集め、巨大なアンテナを上げた。

 

 

 ライブ配信は私のスマホを使っている。容量とヒートアップ対策で、数分やっては数分休む。その間には事前にセットした写真や動画をアップする。

 9時25分からはなんと、広島東洋カープ、松山竜平選手が登場。

 

 9時30分、開会式。

 西日本豪雨災害をはじめとする災害の犠牲者に、新型コロナウイルスに感染して亡くなられた方に、哀悼の意を表して、黙祷を捧げる。

 私が実行委員長として、「煙は空を見上げるアイテム。この空の下の会ったことない人に思いを寄せることは、他人への思いやりや敬意につながる」などとあいさつ。

 ここで、オープニング動画、市長メッセージ、区長メッセージが配信される。

  

 

 9時55分、発煙に向かう中継。TBさんのインタビュー、読んでいるのはバレバレなのだが、それでも味のある広島弁。

 10時、カウントダウンからの発煙。

 カメラは振り返って、中継隊の赤煙。

 少し離れた小高い場所は、無線隊のKS隊長の家の墓所である。

 西を見ると、黄金山がオレンジの煙を上げている。絵下山よりも前年の矢野ニュータウン中央公園よりも近い。肉眼でもはっきり見えた。

 黄金山チームの新兵器だったらしい。

 

 

 東の月ケ丘団地も見えるという。ちょっと角度が悪いかと思ったが、白い煙が見えた。

 会場周辺が白煙に包まれる。なぜか感動的に感じる。

 

10時15分、セクシーダイナマイト先生と生徒の子どもたちの「タップ&狼煙音頭」を録画配信。子どもたちもこれまで、ほぼ毎回参加してくれている。今回、人数制限をするために、録画参加となった。

 小6、中1、中3の3人だが、タップ歴は8年らしい。

 恒例の書道パフォーマンスも録画配信。幟の字を書いてくださったTN先生の転任で、今回から皆実高校書道部。なんと前日放課後の収録。

 新型コロナウイルスで休校も続き、部活にも大きな影響を及ぼした。3年生は、これが今年唯一で最後の活動になったとか。発表の機会ができたと喜んでくださった。

 多くの人の思いが集まって、このイベントができている。

 10時25分、エンディングに向けて、本隊も中継隊がいる墓所に移動。 

 最後の赤煙を噴射。

 がんばろう日本! がんばろう世界!

 見ぬ友と心結ぶのろしリレーと、言いながら配信を終了した。

 幅8メートルもある書道部の大書の前で、記念写真。

 よく、こんなおあつらえ向きののり面があったものだ。

 

 

 全国の狼煙仲間のことについては、また別記事で。

  

 

 

煙の番人TBさんが、ご自分の畑で狼煙を上げるというので、可能なメンバーが集まりました。今回の本番は発煙筒になのですが、やはり本物の煙はいいですね。

合わせて、本番で予定しているフェイスブックのライブ配信も実験しました。iPhoneで撮影していたのですが、これが熱くなると、強制的に休止させられることが分かりました。

6月23日付け中国新聞の紙面「輪になれ広島」のコーナーに、「ミニ狼煙」のことを紹介していただきました。

木原記者さん、ありがとうございます。

ミニ狼煙セット、まだありますので、たくさんご応募ください。

「輪になれ広島」は、新型コロナウイルスとの戦いが続く中、みんなで支え合う気持ちや取り組みを紹介する、広島全マスコミ共同キャンペーンです。 

 

6月20日にマツダスタジアムで、恒例ののろしリレーPRを行う予定でした。
ご存知のように、6月19日にプロ野球は開幕しましたが、しばらくは無観客試合です。

マツダスタジアムでののろしリレーPRは、「わが町魅力発信隊」という企画を使っています。地域を大事にするカープさんならではの商品。そして、このお手紙にその気遣いを感じます。

来年は、マツダスタジアムPRができますように。

第二回とは言いながら、実質的に初会合。評定衆が集まり、今回の大筋を評議しました。

絵下山復旧工事と感染対策を勘案しながら、いかにこのイベントを遂行するか。リアルとバーチャルの混合、果たしてうまくいくのか。など、真剣に話し合いました。

おのおのがた、7月11日決行でござる。