こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、2月3日に行った清澄庭園の続きです。

 

採荼庵跡へ行きました。↓

 

 

この採荼庵は松尾芭蕉の門人であり魚問屋を経営していた

 

杉山杉風の別荘で1689年に奥の細道へと出発した芭蕉が

 

直前までいたところです。

 

ちなみに、この杉山杉風は芭蕉のパトロンだそうです。

 

 

そして、↑が芭蕉稲荷神社です。1917年の大津波が来た後

 

この場所から芭蕉が愛したと言われる石で作ったカエルがでて

 

きたことから芭蕉庵の跡であるとされ、地元の人たちが神社に

 

したようです。要するに芭蕉庵の正確な位置はわからないという

 

のが本当のところです。ただおおよそこの神社の辺りだったの

 

だろうと思います。

 

 

↑は、この神社のすぐ近くの芭蕉庵史跡展望庭園です。

 

芭蕉庵に関する説明がしてあり下の方を眺めると釣りをして

 

いる人も何人かいました。眺めも良かったです。↓

 

 

隅田川を走っている水上バスです。

 

さて次が、江東区芭蕉記念館です。↓

 

 

ここで学んだことは「古池や蛙飛びこむ水の音」という芭蕉の

 

有名な句は1686年の春に芭蕉庵で門人たち約40人の前で

 

詠んだということです。

 

 

あとは、芭蕉が愛したと言われる先ほどの蛙の石です。↑

 

 

↑は、芭蕉記念館での記念撮影。アップしておいて言うのも気が

 

引けますが、恥ずかしいです。小田原城の時もこんなのがあって

 

アップしましたが子供用なのでしょうか?

 

ここの記念館は子供が来るとは思えません。

 

さて、江東区深川は松尾芭蕉だけではないようです。

 

のらくろにも力を入れています。↓

 

 

↑は、田川水泡・のらくろ館の前の商店街です。

 

田川水泡・のらくろ館は撮影禁止でしたので、のらくろのイメージを

 

持ってもらおうと商店街の写真を出しました。

 

田川水泡は青年期までを江東区で過ごしました。

 

野良犬である「のらくろ」が犬の軍隊に入り出世していく漫画です。

 

はじめは、二等兵で最後には大尉まで出世します。

 

以上、江東区芭蕉記念館、田川水泡・のらくろ館へ行ったことに

 

ついて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

https://yokosuka-gyoseishoshi.com/