6月22日発売のMAQUA・7月号に掲載されました目

 

 

3ヶ月程前にMAQUAの営業の方が私にサロンに

来られ打ち合わせして、後はパソコンでやり取りを

していました。

 

 

 

 

MAQUAは集英社から出ている全国版の美容雑誌

発行部数は約12万部。

 

 

20〜30代の向けの雑誌ですが、コスメ雑誌なので

年齢を問わず、見ていただける雑誌だと思いますドキドキ

 

 

 

 

今回この雑誌を見た方だけの特別なエステの特典を

付けています。

 

この機会に是非お試し下さいませ♪

先日、東京であったビューティーワールドに

行ってきましたニコニコ

 

1年ぶりの東京でワクワクドキドキ

 

ビューティーワールドは東京では年に1回

その他の場所、大阪や福岡でも

開催されています。

 

市場調査のために参加しました。

 

2年前に東京でのビューティーワールドに

行きましたが今回はブースが

とても広くなっていていました。

 

 

日々進化する科学により化粧品や美容器具が

良くなってきています!!

 

 

化粧品選びが難しいと思う方が多いし、

何が正しい美容法と思う方も多いと思います。

 

 

私はシンプルが一番いいと思っていますニコニコ

五感を大切にして選べば

自然と自分に合うものが見つかりますドキドキ

 

 

食べ物だってそう。

五感で選べば、自然と旬の食べ物や

バランスの取れた食べ物が欲しくなります。

 

でも、身体の調子が悪い時はそうゆう気持ちに

ならないものです。

 

 

これからも自分のアンテナをはって美容の情報を

キャッチしたいと思いますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい時代『令和』が始まりました音符

 

 

サロンでは5/1〜新ボディトリートメントが

スタート致しますニコニコ

 

 

今までは佐伯式ボディだけを行っていました

 

今後は、クラランスspaのボディも融合させ

より良い技術で、ご提供させていただきますキラキラ

 

 

●佐伯式ボディ・・コリをメインにほぐす

●クラランスのボディ・・リンパドレナージュ、

 むくみやボディラインを整えることがメイン

 

 

佐伯式ボディのしっかりしたタッチ

   ➕

クラランスspaの優しいタッチの施術を融合

 

 

メリハリが効いた心地よい、新たなボディトリートメントに

仕上げておりますキラキラ

 

 

お手入れ後は身体が軽くなり、ボディラインも

整い、代謝もアップし美肌へと導きます

 

 

是非ご体験くださいませピンク音符

 

 

 

 

 

 

平成31年4月26日でEclange1周年を迎えることが出来ましたおねがい

 

これもひとえにご来店してくだっさたお客様のお陰でございます

深く感謝いたします

 

これからも喜んでいただけるサロン作りと

”キレイ”のお手伝いが出来れば嬉しいです!!

 

今後とも変わらぬご愛顧をお贈りますよう、宜しくお願い致します

 

 

1年前はサロンを開業することに不安もありましたが

素敵なお客様との出会いにより今は、初めて本当に良かったと

実感しております

 

 

何事も一歩踏み出さなければ何も始まらない

 

そうすると新しい自分に出会え、自分の世界が広がっていく

 

 

これからもチャレンジ精神を忘れずに目標を持って

精進していきますキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインセミナー

テーマ:

相手に雰囲気などを伝えるためのデザイン音符

 

看板や名刺、チラシ、HPなど会社のイメージに

合わせて作成しないと違和感を感じてしまいます

 

 

デザインの様々なジャンル

●ビジュアル

  ・・ポスター、ロゴマーク、チラシ

●ウェブ

  ・・ウェブサイト、アプリ、VR、ゲーム

●建築

  ・・家、ビル・お店、公園、道路整備、緑化計画、歩行者誘導、掃除

●プロダクト

  ・・パッケージ、家具、家電、ファッション、テキスタイル

●経営

  ・・顧客開拓、広報、モチベーション、方針

 

 

 

 

デザインとアートの違いとは。。

 

●デザイン

与えられた制限の中で求められる最大の結果を出すためのプロミス

→なぜ?なぜなら?で説明出来なければ、デザインではない

 

●アート

制限の無い状態で最大限の自己表現をすること

 

 

デザインに必要な思考

1)何を調べ・・情報を適確に捉える

2)どのように整理・体系化し・・真の問題点を見つける

3)どのように規定し評価し・・解決すべき手法を検討

4)現実可能な目に見える形にしていくか・・質の高い結果

 

 

 

色のイメージにあった配色を使う

    ・・例えば:危険は赤色のイメージ、青色だと合わない

色のコントラスト・・見やすい色合い

 

 

 

ロゴを作成する時の注意点ビックリマーク

①拡大縮小しても見やすくする

②色がなくても視認性はある

③色、形に意味はちゃんと意味がある

④余白を意識する

  ・・文章や画像と並んだ時、余白をどれだけ取るべきか考える

 

 

 

プロのデザイナーは様々な事に注意しなが作成しているんですね

 

 

私のサロンで作成したものも一度見直してみようキョロキョロ