桑田さんがアメリカンエキスプレスカードのCMに出られています。


http://www.amex-mtjc.jp/

3/13~60秒CMが公開されました。
うん、30秒もいいけど、60秒も素敵だ(^ε^)♪

・・・はい、マーケティング分析ね。


私はこのCMをインターネットで見ました。
思ったのが、CM見て桑田さんが素敵だからといってクレジットカードを変更する人がいるだろうかという疑問。

もしそれを狙ったのでないとしたら、このCMはどのような意味を伝えようとしたのでしょう。
それは、アメリカンエキスプレスカードを持つことで、「特別」な存在になれますよ。というメッセージに思えました。


これって、ブランド戦略というヤツではないでしょうか。
7つのマーケティング戦略を確認してみました。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%86%E5%AE%A2%E3%82%92%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%99%E3%82%8B7%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%88%A6%E7%95%A5-%E6%9D%91%E5%B1%B1-%E6%B6%BC%E4%B8%80/dp/4883351181/ref=sr_1_1/250-8031465-7266646?ie=UTF8&s=books&qid=1173794782&sr=8-1


ブランド戦略は、ターゲットに対して強く一貫したメッセージを発して、顧客に認知してもらうものらしいです。


このCMのターゲット年齢は、30歳~50歳くらいでしょうか。
ターゲット特性は、この年齢層ならもういい大人なわけで、桑田さんのファンなら、飾らないかっこよさを心地よいと思い、行動するかどうかは別としても、アクティブなものにあこがれるのではないでしょうか。


なお、私がこのCMの存在を知ったのはサザンファンの人のメルマガからです。
桑田さんがアメックスのCMに出るって話は新聞で知ってたんですけど、URLはメルマガからでした。
確かに、ファンの口コミで広まりそうです。


アメックスの打ち出したいイメージはどのようなものでしょう。
今までのCMを思い出してみると、すぐ思い出せるのがジャックニクラウスだったと思うのですが
「出かけるときは忘れずに。」
というやつと、
女の子とがお土産のお人形を壊してしまい、でもアメックスなら保障してくれる(壊したお人形が弁償されるという)というやつです。

今までのCMで打ち出したいのは、安心感という感じがします。

でも今回のCMは
「見知らぬ国でもこのカードが僕を特別な存在にしてくれる」
というメッセージ。
「カードが(桑田さんのような)特別な存在にしてくれますよ。」ということではないでしょうか。


信用という意味では、DCカードのCMを思い出します。
何とかキイチという人が、タヌキと一緒にCMに出ていて、
「誰だって信用されちゃう国際カードはDCカード」
という歌が最後に流れるものです。

DCカードのメッセージは特別ではないですね。信用のほうです。

ジャックニクラウス、弁償してもらえるというCMに近くて、アメックスよりもっとキャッチーな感じがします。
タヌキですし。


今回のアメックスのCMは、アメックスを持つことで、見知らぬ場所で特別な存在となる、アメックスがそれだけ特別なカードなのだというメッセージを出しているといえると思います。


「インスピレーションの入り口へ導いてくれた」
うん、そんな優雅な気分に浸りたい。

AD

コメント(1)