川崎市のギター教室「先生のブログ」

川崎市のギター教室「先生のブログ」

ギタリストとして活動していますが、
同時に生徒さんにギターのレッスンをする仕事もしています。

そんなレッスンで感じた事、ギターを弾く方へ役に立つ情報を綴っていきたいと思います。

HP:http://www.itonorihiko.net/lesson.html

川崎市(溝の口、武蔵小杉、武蔵新城)で開設中のギター教室「伊藤紀彦ギター教室」、


講師伊藤紀彦のブログです。




講師と生徒さんのマンツーマンレッスン、好きな時にレッスンしていただけるフリータイム制にこだわっています。


まずはお気軽に無料の体験レッスンへどうぞ、詳しくはこちら
まで。




$ギターの先生のブログ




初めてボーカルに挑戦したセカンドアルバム「Everything Happend to Me」。好評発売中です!

【タイトル】: 「Everything happend to me」 伊藤紀彦 feat, 池田雅明


【発売元】:HARU RECORDS 【品番】:DQC-999


【発売日】:2013年1月23日(水) 【販売価格】:2,500(税込)


【メンバー】:池田雅明(Tb),泉川貴博(p),末藤健二(d),吉岡満測(b),結城泰範(d)(M4),ゆうみ(Vo)


 


■ 全国のCDショップでお買い求めいただけます。


■ iTunesやAmazonでは試聴もできます。


・ 「Amazon」


・ 「iTunes 」




●ジャズ専門サイト「jazz page」にも、レビューが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。


http://www.jazzpage.net/rireki/cd/ito_norihiko_everything.html


●伊藤紀彦オフィシャルサイト http://www.itonorihiko.net/

先日生徒さんから「さだままさしさんの「関白宣言」を弾きたい」、、

 

というか「弾けるようになるのが目標です!」

 

と言われて、改めて聞いてみたんです。

 

 

この曲がヒットしたのは僕が小学生くらいだったので、1970年代だったと思うのですが(歳がばれますね笑)

 

あまり難しい曲というイメージが無かったのですが、改めて聞き直してみたら。

 

すごいです。

 

 

イントロからして簡単ではありません。

 

変則的なアルペジオやスリーフィンガー。

 

そしてハンマリングやプリングオフを使った装飾音。

 

 

「これ歌いながら弾いてないよなあ。。」と思いyoutubeを見てみると。。。

 

 

 

 

弾いてるじゃないですかっ!しかも歌いながら楽々と。。

 

さだまさしさんスゲエっとなってしまいました。

 

 

 

ギターを弾くアーティストさんのギターってうまいんですよね。

 

秦基博さん、スガシカオさん、山崎まさよしさん等々。

 

皆さん、コピーしてみると、歌の伴奏とはいえ、コードのヴォイシングや弾き方など、

 

ものすごく工夫しているのがわかりますし、みんなうまい。

 

 

私もまだまだ勉強だなと思いました。

 

とりあえずはイントロから初心者の生徒さんでも弾けるような、簡単バージョンをアレンジしてレッスンしていこうと思っています。

 

 

私のレッスンについてのお問い合わせや体験レッスンへのお申し込みは下記から↓

 

 

 

 

http://www.itonorihiko.net/lesson.html

明日はレコーディングなので、譜面を書いています。


キーはA♭だけど、ローコードを使いたいのでカポ1にしてGに譜面を書き直しています。


はぁめんどくさい。


いくつになっても譜面を書くのはめんどくさい。


高校生の頃、吹奏楽部で譜面を書くのがめんどくさくて勝手に省略記号とか使って先生に怒られたなあ。


と、そんな記憶が蘇ってきます。



先日ライブを終えたばかりの生徒さんから、お礼にとワインを頂いちゃいました。

「先生のおかげです」なんて言われてしまいましたが、いやいや生徒さん自身の努力の賜物だと思います。

これからも、よろしくお願いします!