のらくら農園 の のらくら日記

  のらくら農園 の のらくら日記

     野良仕事で暮らす! 農家のハッピーな毎日をつづります。

2017年秋の収穫・販売がスタートしました!
4つの味が楽しめる「いちごジャム・ギフトセット」。在庫は残りわずかです。
新商品「いちごアイス饅頭」も引き続き販売しております。

テーマ:

 「のらくら文化センター(仮)」を始動します。まずは「由木日和フラワーアレンジメント教室」から。

 

 「日々に彩りと潤いを」をコンセプトに,月に一度,季節の花を取り入れた多彩なアレンジメントを学んでいただけます。 

 

 講師は「のらくら祭」にもたびたび出店してくださっている「由木日和」さん。毎年ワークショップも開催してくださっているので,お馴染みの方もいらっしゃるかと思います。(作品の雰囲気などはこちらをご覧ください。)

 

 「自分と静かに向き合う時間を月に一度作ってみませんか」とおっしゃってみえます。ゆったり穏やかな雰囲気の中で,楽しみながら学んでいただけると思います。

 

2018年4月,つまり今月のスタートです。第1回は4月21日(土)。再来週ですね。

受講を希望される方は4月14日(土)までにお申し込みください。

 

年10回(8月,1月はお休み)の予定です。

基本的にレッスンは毎月第3土曜日。

1レッスン90分程度です。

13:00~17:30の都合のよい時間にお越しください(16:00までにお越しください)。

レッスン料は 大人3,700円,キッズ2,700円(どちらも花材費等込み)です。

 

今年度の予定は以下の通りです。

 4月 春の花と色を楽しみ気軽に束ねる。

 5月 新緑のイメージ,葉を入れたナチュラルアレンジ

 6月 雨に合う花,アジサイのアレンジ

 7月 初夏を涼しげに,小さなガラスビンに投げ入れ

 9月 和の雰囲気,マムで丸く可愛いアレンジ

10月 秋とハロウィン,カゴに実を入れたアレンジ

11月 クリスマスリース作り

12月 冬のキャンドルアレンジ,赤と白

 2月 テーブルフラワー,テーブルの真ん中に配置する横長アレンジ

 3月 送別の季節,ブーケとラッピング

 

お申し込み,お問い合わせは,のらくら農園まで。 

 

 


テーマ:

 おかげさまで,今回ののらくら祭も無事開催することができました。ありがとうございました。

 

 今年はいろいろな形で地域のことなどに関わらせていただくことが多く,あっという間にこの時期を迎え,目新しい企画を用意したり,大した告知もできないまま当日を迎えることになってしまいました。

 

 にもかかわらず,老若男女たくさんの方々にお越しいただき,終日賑やかに過ごすことができました。きれい事でもなんでもなく,本当にみなさんの温かいお気持ちのおかげだと心から思います。

 

 そのことを改めて強く感じたできごとが,3日ほど前にありました。

 

 直売所へいちごを買いに来てくださったご近所さんがこう言ってくださったのです。

 

「雨もズレていったし,土曜は晴れそうで良かったね」と。

 

 実は一週間ほど前に,お天気の「週間予報」が発表された頃,のらくら祭当日の3月17日は「雨」が予想されていました。16日から下り坂となり18日には回復する。狙ったかのように17日だけ雨。そういう予報でした。当然僕らはブルーな気持ちで,その予報を見ておりました。

 

 会場には屋根のある部分もありますが,やはりこの種のイベントは晴天の下で開催したいものです。雨が降っていては心地よさも半減しますし,何よりお越しいただくみなさんの足もとが良くありません。当然お越しくださるお客さんの数も減りますし,出店してくださるみなさんにもご迷惑をおかけします。なんとか晴れてほしい…そんな気持ちでおりました。「週間予報」は日が経つにつれ少しずつ変化していくものですから,どうにか雨雲の到来が早まるか遅れるかして,17日を避けてほしい。そう願っていました。

 

 「17日」の欄に表示されていた雨マークが消えたのは3日ほど前でした。

 

 「よかった…」そう安堵していたところへ,お客さんがかけてくださった言葉が先ほどの言葉でした。「雨もズレていったし,土曜は晴れそうで良かった」という思いは,まさに僕らが感じていたことそのものでした。

 

 いちごを買いに来てくださるお客さんが,のらくら祭を楽しみに待っていてくださる。それどころか,家族や親戚でもないのに僕らと同じように,イベントが晴天に恵まれて心地良いものとなることを願ってくださる。だからこそ,週間天気予報にまで気を配って,予報が外れることを願い,実際に当日の雨マークが消えたことを我が事のように思って喜んでくださる。…その,あまりのありがたさに,涙が出そうになりました。

 

 当日は早くから来てくれた近所の小学生K君が,頼みもしないのに「手伝うことはないですか」と力仕事を手伝ってくれたり,ワークショップのPRをして回ってくれたり。「みんなで食べて」とケーキを焼いてきてくださる方がいたり。

 

 イベントを開催するには準備や片付けに時間と労力を使います。今の時期は,収穫やパック詰めだけでも毎日ハードに過ごしていますので,イベントの開催はいろんな意味で負担になります。でもやはり,「やってよかった」といつも思うのです。

 

 大したイベントではないかもしれません。でも,大切なお客さんや地域のみなさん,友人知人その他応援してくださるみなさんに,少しでも楽しい時間を過ごしていただき,わずかなりとも恩返しできたら嬉しいな,と。そう思っています。でも結果として,実は,僕ら自身が,自分たちに対するみなさんの温かい気持ちを改めて実感する機会,ありがたさを再認識し,感謝の気持ちを強くする,そういう機会になっています。

 

 本当にありがとうございます。

 

 次回は4月28日(土)に開催させていただきます。詳細については確定次第,改めて告知させていただきます。


テーマ:

 毎年春の恒例となっております「のらくら祭」。今年も開催します。

 

 日時 : 2018年3月17日(土)10時~14時

 

 場所 : のらくら農園直売所とその周辺

 

 いちごや地元産の野菜,産地直送のクリスマスローズを特価で販売する他,新商品「いちごアイス饅頭」「なばなまん」も販売します。他に子ども服や布雑貨「ミナト町洋品店」さん,アクセサリーや布小物「Sat.」さん。コサージュなどを扱う「由木日和」さんはドライ草木を使ったワークショップを用意してくれています。他に,なばな摘み取り体験,輪投げ,カフェも営業。

 

 会場には天気も良さそうですし,会場は椿や菜の花,クリスマスローズが花ざかりです。小さなイベントですが,早春の一日をのんびり過ごしにお越しください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス