ノラ家の日常・非日常
音譜What´s new?ラブラブ


2018年5月限定復活しました!!!



2016年1月に休止した折はご心配くださったり、温かいお言葉をかけてくださった、たくさんのみなさま、
本当にありがとうございました。感謝しています。





自分の中で復活の要件が満たせましたので
「ノラ家」は2年4か月ぶりに復活することにしました。











いつも温かいメッセージをありがとうございます。
1日1回ぽちっと押すと、ランキングのポイントが入ります。



頑張りますので押して待っててくれるとウレシイです。





$ノラ家の日常・非日常


にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ



初めての方は

「ノラ家をはじめから読む」



からどうぞ。






●このブログの記事や画像を無断で
転載したり、プリントアウトして配布したりしないよう
お願いします。






お知らせ
休止と同時にボランティア「A」を辞退し、離れています。”私としーちゃんの会”だったのは初期のころで、設立からある程度会として軌道に乗るまでの間、お手伝いをさせていただきましたが、2016年1月から仕事に専念し、私は友人として遠くから応援しています。
今後のAの活動についてはご自身でよく見て、ご判断していってくださいね。よろしくお願いいたします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-05-24 17:35:26

モモたん、お友達との遭遇?!

テーマ:ネコの話

こんにちは、ノラドラです。

いつもありがとうございます。たくさんのコメントもありがとう。

前回の非日常シリーズを気持ちよく補完できる記事を企画中です。

 

でも今日は

またまたゆる~い日常ですが、

描きかけていたので仕上げました。

どうってことないのに、無駄にコマ数は多い(笑)

 

 

 

 

へえ。

やっぱりひとりじゃつまんないのかなー…

 

そんなある日ふと庭を見ると

 

ご近所さんがお世話しているノラ出身で避妊済の地域ネコの女の子だ。

(我が地区でもついに地域ネコ実施しているんだよ^^。)

 

 

すると

その子は全然モモたんに興味なしだが

モモたんは

 

 

すぐ行っちゃったけど。

 

それから数日

 

お隣との境の別の窓をのぞくと

すぐ下にネコさん発見!

 

モモたん設置。

 

 あの首伸ばしの「珍客」の子!

 

すると…

 

 

 

 

 

 

誰でもいいわけじゃなかったんやな?!

 

モモたんでも、

フシューするんや、ショック~!!

 

私たちが一緒に見ているからモモたんは勢いづき

「珍客」の子はきわめて気弱だったせいか

こんなおとなしいモモたんに逃げていくって

珍客の子、よっぽど気弱な子だな。

(私のテレパシー(笑)でも逃げていったもんな)

 

しかし

日頃、顔が女の子っぽいので、うっかりモモたんを女の子のように

思ってる自分がいて、男の子だという認識がほとんどなかったので

フシューするモモたんにビックリしました。

 

ほんとうにシッポ太くてびっくりしました。

 

ー完ー

 

私は珍客の子、好きなんですがね。。

 

モモたんは

獣医さんには何度も「この子は大人になれない」と言われたけど、もう4歳になったんだよ^^

 

(追記:6か月くらいまでは体が弱すぎて、何度も死にかけたんです。

そっか、過去記事もちょっとずつ復活しないとね)

 

いつもありがとうございます。

  ノラ家の日常・非日常
2018-05-23 06:55:54

ノラ家のお茶の時間

テーマ:みんなのお話

おはようございます、ノラドラです。

いつもたくさんの温かいメッセージと応援をありがとうございます。

感謝です。

 

さて、日常。

 

ノラ家にはお茶の時間があります。

 

ドラのお仕事の時間で前後しますが

15時から15時半の間でお茶タイムをとります。

 

私が通しで仕事があると、お茶の時間はナシで、

ノラ父だけがコーヒーを飲むようです。

 

私がお茶タイムの担当者。

 

声をかけると

 

モモたんは、両手両足をそろえてタッカタッカと

ウサギみたいに上がってくるけど(わかる?)

これ、ふつうなのかな?

ネコって普通に駆け上がってこないっけ?

 

で、

 

 

別のパターンでは

 

 

 

 

 

そして

 

この催促がみたくて、

ひと呼吸、着席したモモたんに気づかないふりを

してみるときもあります(笑)

 

ー完ー

 

モモたんが階段を上がってくるウサギとび動画をいつかアップしなければ。

 

いつも応援をありがとうございます。
   ノラ家の日常・非日常

 

 

2018-05-22 07:05:34

一番辛い時こそともに。

テーマ:祈り
おはようございます、ノラドラです。
いつも本当にありがとうございます。
以前コメントをくださっていた方はもちろん覚えてます。ありがとう。勇気を出して初めて書いて下さった方もありがとう。
 
今日はシリーズの3日目です。(シリーズやったんかい)
初めてご覧になる方はこちらからどうぞ。
1.一番辛い時こそ  2.意識の突破
 
昨日はちょっと違う角度でしたけど、今日は優しい世界に帰ってきます。
 
今回対象としている「試練」は、
「艱難辛苦、汝を玉にす」というたぐいの試練です。
 
人間ですもの、人生ですもの、辛いことはありますよね。
どうにもならず、打ちひしがれることはあります。
 
でも何度も言いますが
「艱難辛苦、汝を玉にす」
これを信じます。
しばしばピンチや試練は、それまで眠っていた力が目覚めるきっかけともなり、
私たちを成長させてくれる触媒になると思います。
 
もちろん、「そのとき」はすごく辛いんですけどね。
 
私にもブログを休んでいる間の後半、試練がやってきました。
それまでのどれもが大したことはなかったと思えるくらいの、
自分にとっては大きなものでした。
 
 
試練はそれを超えたとき、
「私はあの体験のおかげで、乗り越えられました。私は変われました」
と辛い体験に対して感謝するようになることを
先に予測して受けとめることにしています。
 
せっかく辛い体験をしたのなら、またそうでなければ。
自分自身で必ずこのことを感謝すると自分自身に約束して
転んでもただでは起きない、と宣言してしまいます。
 
最後はハッピーエンドだという大きなシナリオだけは絶対手放さないけれども
その最後の大いなるシナリオがわかっていても
そのときは辛いものは辛いし、苦しいものは苦しい。
 
試練は見事なまでにもっとも自分にとって手痛い形で
弱点をついた、そこまでするかというシナリオでやってきますから。
(さすが天から与えられた試練だと感心してしまいます)
 
でも失敗から学び、軌道修正し、きちんと自分を整え、
変わることができ、心から感謝出来たら、
きっとなにかを大きなことで「卒業」できるんだと思います。
 
時間がかかってもいいんです。
最後のハッピーエンドのシナリオさえ信念としてしっかりもっていれば。
 
 
さて、
辛い時期に入ってしまったとき、辛いですから
思いだして少なからず心のよりどころとしている好きな話があります。
ひとつは「砂の上の足跡」という英語の詩。
ご存知ですか?
 
私の中で理解している私の記憶で恐縮ですが
このような内容です。
 
ある男は夢の中で神さまと一緒に砂浜を歩いていた。
男のあらゆる人生が映し出されたとき
いつも砂浜には二人分の足跡があり
常に自分のそばに神さまが寄り添い、一緒に歩いていたことを知る。
 
でも、その男が一番苦しかったとき、一番打ちのめされていたとき
砂浜に残る足跡は一人分だけだった。
 
男は神に問うた。
 
 
 
 
神は答え給う。
 
 
 
 
 
 
 
私はいつもこれを思いだします。
 
スミマセン
 
 
もう一つ、これは比較的最近、
スピリチュアルや精神世界でいつもぶっちぎりの1位の有名ブログの方が
書いておられたこと。(すぐわかります)
私も時々拝読して必ずポチっとしています。
 
やっぱりそうなのだ、ということを書いておられました。
 
あの世に還ったとき、
この世で一番辛く苦しかった時ほど、
もっとも愛を受けて助けられていたことを知り
もっとも懐かしく思うときであったということを知る、と。
 
そして
この世でもっとも幸せで華やいでいた時期こそ、
最も反省するときであったということを知る、と。
 
そういうことを書いておられました。
やっぱりそうなんだと思います。
深いですね^^
 
ー完ー
 
まだまだ描きます。それぞれが補足補完する記事になり
今回あえて描いた意図がいっそう明らかになっていくと思います。
「うーん…」と思った方はとりあえず「保留」にしておいてね^^
 
いつもありがとう。愛と平安を。
   ノラ家の日常・非日常
 
 
2018-05-21 07:53:10

意識の突破

テーマ:祈り
 

おはようございます、ノラドラです。 いつもありがとうございます。

今日は、昨日の話を違う面から見ます。

 

その前に、

悲しみや苦しみには大切な人との別れなど、どうにもならないものもありますので、

今日の苦しみは、「艱難辛苦、汝を玉にす」のほうの苦しみだと思ってください。

 

さて

第一線で活躍する人のお話は共通点があり、表現が違ったり、角度が違ったり、

また、自分のタイミングで、響き方が変わったりするのでとても勉強になります。

 

変わりたいとき、なにかを突破したいときは新しい風を取り入れるため私は動きます。

今年のはじめ、

ある勉強会に参加した折、講演後に

私のところに来られる方も悩んでおられる方が多いから

 

ふつうは、寄り添うようなアドバイスかなと思うのですが

 

こうでした。

 

 

 

厳しい~!!

さらに

 

たしかにご本人の意識以上に優先されるものはないので…

 

ですが、聴いていた私は

この一言を私への言葉と受け止めました。

その日

自分が好んで落ち込んだり

悩んだりしていたんだ。

 

この一言が強烈だったので

うわ、やめよう、と思いました^^;

 

なるほど…

じゃあ、こう考えてみることもできるわけだ…

 

 

 

天井も壁(=限界や苦しみ)自体、

自分が好んで創り出しているのではないかと考えれば

創り出して厚くなったそれを突破することにエネルギーを使うよりも、

 

初めから天井や壁(=苦しみ)をつくらないという

解決方法もある、ということになる。

 

 

「本気で変わりたかったら変わるでしょうね」

なんちゅう厳しい言葉だと思いますが

年頭から私には大ヒット!

 

この厳しい一言が、

気付け薬として大いに私には効いたわけです。

 

つまり

私は寄り添われたわけでも優しくされたわけでもなく

「喝」により、一つの意識変革ができたわけで

以前から考えていた「優しいだけが愛ではない」ということも

証明されてしまいました(笑)

(絶対その人のタイミングがあるんだけれども)

 

でも

人間だから、試練はあるし、苦しい時悲しいときは絶対ある。

それを抜けるのも大変だとわかってるんです。

 

わかったうえで、

あえて今日は振れ幅の大きい極論を描きました。

そういう角度からの考えを受け容れてみると

新しい意識のフィールドが形成され、

受け容れる前と後では確実に何かが変わることがあるので

シェアさせていただきました。

 

私はこのキツイ一言で

 

だから感謝です。

まだまだですけどね。

今日は角度を変えて、考察してみました。

ここだけ取り出すと誤解を招きかねないので

明日も、また視点を戻して描きます。

今日はコメント欄は閉じてます。

最後まで見てからね(^^)

 

ーまだつづくー

面倒なのにいつもありがとう~m(__)m

   ノラ家の日常・非日常

 

2018-05-20 07:39:30

一番辛い時こそ

テーマ:祈り

おはようございます。

今日から、自分自身とみなさんへのエールシリーズです。

 

 

 

 

心の耳を傾けると

心の奥の奥から

魂の声が聞こえ気がする。

 

 

 

って。

 

 

自分には到底あらがえそうもない壁が立ちはだかり

限界が自分を押しつぶしそうなとき

いよいよ打ちひしがれそうなとき

そのときこそ、

意識の変革が起こるときなんですね。

 

「その上を行け!」

 

 

勇気をもって自分を信じていこう。

 

ーつづきますー

 

 

 ノラ家の日常・非日常

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。