ノラ家の日常・非日常
音譜What´s new?ラブラブ


2018年5月限定復活しました!!!

2016年1月休止まで「ノラ家の日常・非日常」はアメブロ公式トップブログでした。

休止の際はご心配くださり、温かいお言葉をかけてくださった、たくさんのみなさま、本当にありがとうございました。感謝しています。



自分の中で復活の要件が満たせましたので
「ノラ家」は2年4か月ぶりに復活することにしました。復活後は好きなことを書いています^^



いつも温かいメッセージをありがとうございます。
1日1回ぽちっと押すと、ランキングのポイントが入ります。ご縁のあるかたがこのブログを見つけてくださいますように。





$ノラ家の日常・非日常


にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ



初めての方は

「ノラ家をはじめから読む」



からどうぞ。








●このブログの記事や画像の無断転載はお断りします。
プリントアウトしての配布もご遠慮ください。



<お知らせ>

定期的に東京・名古屋・神戸出張しています。
定期的にはしていませんがのんびり、仙台・広島・博多、募集します。


2020年はオリンピックがあるのでおそらく4月から8月の間は東京によりつけないと思います。
その間は九州と中国地方、名古屋、仙台あたりで出張してみようかなーと思っています。
先のことになりますが、希望される方は以下を読んでエントリーしてくださいねー。
   

私自身の以前からの課題が解決してきたので、コンタクトの窓口をすこしだけあけています。
準備のできている方が申し込んでくださると思っています。
みんなで変化していく地球に対応してこの時代を乗り切りましょう!

(以下をよく読んでください)

親しい常連さんなどもともと親和性と信頼関係のある方々の場合は、希望される場合は病気の有無に関係なく施術をお受けしていきます。
(でも、あっちこっちのセミナーや霊能者さんのところに行っている人はご遠慮くださいね。)
親しい常連さんの場合は施術はまだ必要ないけど、交流したいと思う方もお話はできるんですよ^^。


まだ交流が浅い方や長期間であっても非公開で一方的にコメントされているなど、これまで私との双方向のやりとりがなかった方は、不調(問題)を抱える方の施術のみ受け付けます。「一度受けてみたい」という書き方をする人は本気で変わりたいとは思っておられないと思います、本当にご自身が「変わりたい」と願う人が来てね。あなたはどうなりたいのですかと伺います。

施術依頼は、原則ご本人のみです。(本人が望んでいるということが一番大切ですので)(パソコンメールを受け取れる設定にしてください。ブロックされてしまうことがとても多いのでご注意くださいね。)



※コンタクトの取り方

コンタクトの取り方を変更しました。全員共通です。

最終的には個人情報をいただきますので、いっそ初めから、本当に私とコンタクトを取りたいと思って下さる方は
全員、コメント欄で、
住所(一部ではなく完全に)、氏名、メールアドレス、電話番号を明記して先に身元を明かしてコメントに書いて下さい。(コメントは認証制ですので非公開にします)

そこまでできる方は私への信頼の証ですので、必ずお返事をさせていただきます。

(住所なしはお返事できませんので、どうぞ中途半端な情報は送らないようになさってくださいね。)

※交流が浅い方は、変わりたいと思う理由(つまり困っていること、症状など)、個人情報以外に、コメント欄にきちんと私への信頼や、その方の人となりの伝わる誠実な(ハートフルな)メッセージを書いてくださると早いです。
人となりが伝わってこなかったり、この方いったいどういう方だろうか?と思う場合はやはりどうしたものかと思います。

同じ地方で人数がそろったら、その土地にも行くかもしれませんので、遠方の人ものんびり待ってくださるなら申し込んでくださいね。もちろん、ご自身が動いて来てくださる場合はどうぞお越しください^^


ご本人がまだ本当には変わりたくないと思っておられる場合、私ではまだ無理だという場合もあります。そのときはコメント欄でお返事させていただくこともあります。
本当に自分がなにを望んでいるのかよく吟味してからコンタクトをとってください。お願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

在り方で創造する。

 

みなさま、こんばんは、ノラ家、ノラドラです。

いつも温かい気持ちで読んでくださり応援やメッセージもありがとうございます。

メッセージ本当にたくさんありがとうございます。

 

今日も続きです。

 

このブログは以前から同じことを何度も書いています。

 

でも、その時々で感じ方は変わるし

物事にはタイミングというものもあるので、

今回はこのタイミングで若干再編集のような記事になっています。

新しいことは1つか2つしか出てきません。

 

ではまず、ダメージを受けない在り方について

少し具体的にまとめます。

 

①宣言する。決める。バリア(結界)を張る。

 

 

もうね、意識一つ。

宣言する、決めてしまう、ということに限ります。

これはすごく大事なことなんです。

 

今年の7月の記事に出てきましたが

 

 

そこから誰も入って来れないという、

そういうことができる世界もあるのです。

 

これは意識力ですね。

 

問題を問題と認識してフォーカスしていることや

対立構造として認識しているところは、

在り方としてはいまいちなのですが、

でも、心で強く宣言することは効きます。

 

 

ではここからは

問題を問題として認識しないようになる方法、

つまり「気にしない」から「気にならない」になっていく在り方について。

 

 

 

②フォーカスを、自我レベルから真我レベルへ。人間観を変える。

 

難しそうでも単純でして、

 

これはお世話になった信頼できる方に教えていただいたことですが

 

人間って、こんなに考えて考えて悩んで悩んで…

それでも、自分が自分だと思っているこの自分(自我)(顕在意識)は

全体の意識で言うと、10%以下。

 

 

90%が自分が直接は手を出せない潜在意識で

さらにその奥には「真我」、「魂」のレベルがある。

 

要はね、

 

自分が自分だと思っているこの思いが、

自分の全てだと思っているこの意識が、

たった10%以下かい!

 

この苦しみは「脳」が「自我」がつくっているのかい、

 

いかん、また10%以下が出てきた!と

 

突っ込みを入れればいいんです。

 

まずそれで自分に対しても客観性が出ます。

 

相手に対しても同じです。

 

 

 

本当はあの人、あんな人じゃないんだよなあ、と。

本質のあの人は神様みたいな人なんだよなーと。

あの人も奥の奥には内在神があるのかーと。

そこで

 

その人の最高の笑顔をイメージして

「○○さんの『本質』は素晴らしい」

と祈る、あるいは宣言する。

 

すると

自我対自我から真我対真我(魂対魂)にスライドするので

時空を超えて即座に相手の魂に届き、

本当に関係も改善するのです。

本当なんです。

 

私はみんなにこの話をしています。

実践した人はやってみたら本当に関係が改善したと

たくさん報告してくださいます。

 

 

これは

祈りでもあり「創造」にもなるのです。

だって、私たちミクロ神様ですから!

 

 

自我対自我の世界で苦しんでいるなら

自分は自我のレベルから抜けて神や宇宙とつながる真我のほうにいくぞーということで。

 

おそらくは世界もスライドしていって並行宇宙に飛べると思いますよ。

 

いかがでしょう?

 

参考過去記事はたくさんあるけど去年はたくさん書いてる。

自分の世界から広がる

 

 

「愛の水中花」って歌知ってます?

私でぎりぎり知ってるくらいの歌ですが。

 

「これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛♪」

この替え歌で

「これも自我(10%) あれも自我 たぶん自我 きっと自我♪」

って歌っちゃいましょうか(笑)。

 

 

それで、もっと簡単な実践。

 

③フォーカス自体をやめる。脳の働き(思考)を止める。

 

 

つくづく、人間の悩みは脳が作り出した悩みなんですよね。

思考自体は感情じゃなく

ぐるぐる思考を始めたことによって感情が動き出すということか?)

 

とにかく

 

私も

いまではいかに脳を鎮めるか(思考を止めるか)が

カギだと思っております。

 

 

 

堂々巡りでぐるぐる考え出したら

感情の濁流に流されているので

そうならないようにとおっしゃっているのでしょう。

 

創造力のある状態になっていないとなにもできませんからね。

 

 

おそらくは

人はなんでもフォーカスします。

音が鳴ったらそっちへフォーカス、

誰かが話したらフォーカス。

 

人間はふだんはフォーカス型で

カメラの目になっているんです。

 

フォーカスしたら、絶対、気になる。

 

気になったら感情(自我)が動き出す。

 

 

 

 

フォーカスすると、問題が大きくなるというのは描きましたが

フォーカスして憂えたら自我・感情の濁流に流されていきます。

 

じゃあ、どうしたら脳、自我を働かさないようにできるのか。

 

簡単な方法があります。

 

 

 

今度は

 

 

 

 

泰然自若となりませんか?

 

「中今」ですよね。

 

私たちはこれを道場で練習してます。

以前の記事のどこかで

襲ってくるナイフを見たら(フォーカスしたら)

負けるけれど、空間全体を見たら

対処できるというのを描いたのですが、

達人の在り方がそうらしいです。

 

空間を掌握すれば(できれば愛で)

相手は打ってこれないそうですよ。

 

 

思えば

私が一番最初に自我を消せた状態になったのは気功でしたが、

いまは施術のときそのような状態になります。

 

施術を受けた際、光や宇宙やいろいろな情景を見る人は増えていますが

そのときその方の自我は消えています。

 

自我を消したらいろいろなことがわかってきます。

繋がるから一人じゃないことも支援も指令も感じるんです。

だから全然孤独じゃないんです。

 

脳が考え始めると10%以下の自我の檻の中に閉じ込められて

ぐるぐると周り、ろくなことがない、ということだけは覚えておいてね。

 

 

ちなみに空間全体を均一に見るビデオカメラの目、

その在り方が愛をともなってくると

「創造力」がどんどん強力になっていくと思います。

 

自分が空間を掌握するので、

その人の愛が増えるほど

自分の空間では、不調和なことが起こせなくなって、

みんなが穏やかに調和がもたらされるようになってくるはず。

 

ここまでいくとお釈迦さまやイエスキリストの世界ですが

そこまでいかなくても、独特の雰囲気をもっていて

なんとなくその人がいるとなごむ、というのはそういうことなんですね。

 

エネルギーが強く自我が強いのを悪い方に使っている人というのが

みんなを引きずりますが、

このとき味方にするのは「空間=神」(量子物理学では空間が神)

ですから負けなくなりますよ。

少なくとも確実にダメージは受けにくくなり、

あー、そこに問題があるな、とうくらいになります。

 

ぜひ普段からやってみてください。

かなりラクです。

 

 

あとは

④自分の世界をとにかく広げる

 

結局ね、フォーカスというのは一番小さい世界なのですね。

 

だからシンプルに視野を広げるということ、

世界を広げるということが大事なんですね。

(何回も書いているけど)

 

ぶっとんだ話を聞いていると、自分の世界が小さく思えてだんだん

どうでもよくなってきます。

 

ですので、推しはY先生(笑)

わたし、Y先生にお会いして本を読み道場に行ってからラクです。

 

そのあたりのことは去年の記事を読み返していただければ^^

 

 

そして

これまたいつも書いている

 

⑤どん底こそチャンス、極まったら次は翔ぶ、よきにはからわれていると信じる

 

自分自身への大きな信頼、

全ては善きにはからわれているという大きな信頼

 

これこそ「創造」だと思います。

 

 

ラスト、

⑥「すでに得られている」と思うこと。

 

もう一人の自分をつくって

「なになにしたいなー」、「どうすればこうなれるんだー」と思った瞬間

「もうなってるやん!!!」と突っ込むんです。

 

「すでにそうなっている、得られている」と

ことさらに気づいてオーバーアクションしてハッとして、超喜んでみせる。

 

これね、私、いつもやってます。

もう一人の自分が突っ込みを入れてくれます。

「そうなってるんだった!!なあんだー^^」って。
これも創造^^

 

余談ですが

祈りというのは長い時間をかけて

一生懸命、真摯に、心を込めてするやり方と

 

本当に「そうなっている!」と

パッとイメージしてバン!と光を放って完了!というのも

あると思います。

 

私はだんだん後者のカラっとした祈りが多くなってます。

 

 

それではー。

 

絵が追い付かない(足りない)けど今日はこれでアップするー(笑)

 

ーひとまずこのシリーズ終わりー

 

たくさんの温かいメッセージ、学びになるメッセージありがとうございます。

 

 

いつも応援ありがとうございます。ご縁のある方につながりますように。

   ノラ家の日常・非日常

在り方で伝える。

こんばんは、ノラ家、ノラドラです。

いつも読んでくださりありがとうございます。

たくさんのメッセージや応援をありがとうございます。

 

 

「ひとりじゃないよ。」の続きです。

 

ちょっと予定を変更して、さきにこの話を。

大したお話ではないんです。

少しだけ踏み込んで認識を深めるだけの「確認」です。

 

子どもがいないのに僭越ですみません、

だけれども、「繋がっている」ので「わかる」というところもあるんです。

 

 

 

 

子育て中のお母さんにとって、

お母さん同士のおつきあいが難しいと感じたときは

実は絶好の機会かもしれません。

 

 

 

 

 

それが恐怖で、悪い有りようのほうに加担してしまったり

声を挙げられなかったり。

 

 

 

 

どうしていじめがなくならないかというと、

たぶん、そこと関係がある。

大人の世界の反映。

 

と考えるのはどうだろう?

 

でもそれは裏を返せば

 

 

 

 

他人軸ではない、自分の内からわき起こるもの、

心の声に従うありかたををみせてあげられれば

 

周りに左右されるんじゃなく、(できれば真善美で)自分軸をしっかりさせて

生きる在り方を見せてあげられれば

 

もうそれでいい。

 

一番は「悩まない」ことなんだと思う。

 

まずは難しいことはしなくていい。

 

にこやかに接することができるけれど一定の距離を保つ。

 

これだけでいい。

その有りようを決めたら、

 

(ここ大事よ↓今日のポイントはこれだけ。)

私が孤立していると子どもに悪い影響が…などと

一切考えず心配せず(それが怖れ、一番余計な「創造」)、

自分にOKサインを出す!!!!

 

 

これができれば上々の出来。

独り上等、少数派万歳\(^o^)/!

で、いいんです。

 

それがちゃんと子どもの世界に反映されます。

 

 

 

 

なにも新しいことはありませぬ。

ただ、

それでよかったんだよ!というだけの話でした^^

 

コメントのメッセージにもあるように、

地球規模、宇宙規模?では仲間がいっぱいいるんだから

ほんとうは一人じゃないし、少数派でもない。

 

 

自分がそれをできていたら、

 

こどもが苦手な友達がいて困っていたら、

「距離を保てばいいんだよ」と言えるし、

 

お母さんの姿勢をみた子どもは

みんなが誰かの悪口を言っていても加わりませんし、

いじめにも加わらず、距離を置けるようになる。

 

調和しつつもみんなと同意見、同じ行動でなくても大丈夫で、

よいことはよい、違うことは違うと内なる声に従って行動できるでしょう。

自分の本心とは異なる気の進まないことはしない子になるでしょう。

 

こどもの世界が大人の世界の反映ならば、

自分の姿勢、在り方がそのまま創造になります。

距離を置くというだけでも、かなりのよい影響を反映できます。

 

(距離をおく姿勢が広がれば

クラス中のいじめは成立しないのだから)

 

悪口が出たとき、「でもあの人、こういういいところあるよね」と

言えたら「そうねそうね」と話の流れを変えることができれば

さらに「創造」が進みます。

 

 

101匹目のサルのお話ご存知ですか?

餌のお芋とかを洗って食べるサルが現れたら

少しずつ園内にまねをして洗って食べるサルが増えて

100匹になったとします。

101匹目が洗い始めると不思議なことに

全国でバッと同じ現象が一斉に広がるという法則?があるそうです。

 

だとすれば

 

一人一人の持ち場は大きい!!!

みんなで持ち場を守っていこうね!!!

 

 

 

今日は時間がないのでここまで。

今度こそ次はダメージを受けない在り方、

さらに創造する在り方を具体的に描きます。

 

 

 

ーつづくー

 

 

そういえば、私の公立中学、ものすごく荒れてて
(スクールウォーズの時代)

力の強い怖い人が弱い人にしつこくイチャモンつけてたら

思わず「そんなことしてないやろ!!」とかばって

こっちがターゲットになったことがありました。

(理不尽への怒りの方が上回ってしまって^^:)

 

でも孤立させられずに当時は周りの人が協力してくれたんです。

かばん取ってきてくれて待ち伏せされてるからと逃がしてくれたり。

ターゲットはわりとすぐおさまりました。

昔はまだ単純だったからね…今は大変です…

 

そういえば

当時女子による女子へのスカートめくりも流行っていて、

(男子による男子へのズボンおろしもはやってた)

 

わたし、3人がかりでスカートめくりされたときの怒りようはすさまじく、

青い炎がバっと沸き立ちました。

怒りそうにない人がここまで怒る迫力にみな圧倒され怯んでました。

以来二度とされなかった。

 

ふだんおとなしいけれど、そういうことは

絶対にただではすまない、

死んでもかまわない、絶対に相撃ちにはする!

という、気概はあるんですよ。(今もある)

(激しいほうの曾祖父の血かノラ父の血か。)

 

こどもには

これだけはというものには怒っていい、と言ってあげることと、

(相反するけれど)

逃げていい、ということも、教えてあげたらいいと思う。

 

「そこ」しかないわけじゃない。

子どもたちはそこしか世界がないように思ってしまうけど、

他にも世界はいくらでもあるということを実は一番に伝えたい。

 

 

明日からしばらく留守をしますが、絵は仕込んだしPCを持っていくのでもしかしたら

更新できるかもしれません。いつも応援ありがとう。

必要としている人に届きますように。

   ノラ家の日常・非日常

ひとりじゃないよ。

 

みなさま、こんばんは、ノラ家、ノラドラです。

いつも温かい気持ちで読んでくださり応援やメッセージもありがとうございます。

メッセージ本当にたくさんありがとうございます。

 

大嘗祭が終わってエネルギーがまた変わったのを感じます。

 

即位礼正殿の儀の前後にどうだったか

私の所にお越しになる全員に伺ってみたところ

やはり、ほとんどの人がなにかあって、

すごく調子が悪かったとか、イライラしたとか

中には熱を出した人も。

 

読者の方はもうデトックスとわかっていて

「きっと全国に私みたいな人いっぱいいるんだわーと思ってました」

とおっしゃっています。^^

 

 

大嘗祭の前後も、きっとあった(ある)と思います。

 

 

エネルギーが変わるということは、振動数が変わるから

絶対心身に影響あるんですよ。

イメージとしては細胞が高振動して沸騰したかのように「奥」からふつふつと

灰汁(あく)のようにいろいろなものが浮き上がってくる感じ。

デトックス、脱皮、ですね。いいことです。

 

 

いまのエネルギーと合わないひとは、

奥からふつふつと湧き上がってくるので

イライラしていて、一時的にその人の悪いところが浮き上がってくるということもある。

とにかく極まるんだろうなあと。

 

でも、浮き上がらないと消えないというのもある。

浮き上がってはじめて消えることができる。

 

 

少し前

学校の先生のいじめ問題が繰り返し繰り返し報道されていて、

全国のこどもたちがどのように感じているのか案じられましたね。

 

今は、いろいろなことが明るみに出て、

灰汁が出て膿が出て、これから変わっていくんでしょうね。

 

憂いや嘆きの段階で止まらず

もう一歩、

「ああ、これからいいように変わっていくんだなー」

「これで改善されていくんだなー」

と思っていきましょう^^(創造力を使う)

 

 

人生の中でも困難が来たら、

「ああ、これは上がる前のあれだ。

トンネルを抜ける前のあれね。

屈伸してから飛び上がるんだな。

これから上がるんだわ。」

と思っておいてくださいね。本当にそうだから。

 

 

さて

最近子育て中のお母さんからこんなお話を伺いました。


ふむふむ。

 

 

 

 

ふんふん。

 

わかりますよ。

 

よーくわかります。

 

 

ねー、大変ですよねー

お察しします。でも、

この方、一つ答えが出ているね。すばらしい。

 

この方も、吐き出して、今では

少し定まったんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

少し状況がちがっても、みんな経験したことはありますよね?

うんうんとうなずいている人もたくさんおられますよ。

 

一人じゃないですからね!

 

ここからは人間関係の悩みについてのお話です。

 

悩みまくったワタクシが、確実にラクになった改善策を

まとめてみてシェアしていきましょう。

 

 

まずはこの方の場合、ココ!

 

 

ここまでわかっていたらすごいよ^^

 

 

お察しの通り、人の「悪いありよう」が気になっていたら

そこのフォーカスしているから

 

 

だから

噂話陰口、マウンティングの「有りよう」、

そこに「フォーカス」しないことですよね^^

 

見なければ「ない」も同然ですからね。

避けられるものは避ければエネルギー消耗がなくていいかな。

 

 

 

まず、現実的な対処から。

 

「もちろん良い方もいらっしゃるのですが」

ここです!良い方と思える方と交流しましょ^^

 

 

もちろん自分が素敵だと思えない人たちの中に加わらなくていいし、

そもそも全員と仲良くなんて無理。仲良くしなくていいんです。

ここはすっぱり線引きしましょ。

優しいことだけが愛じゃないのだ。

NoはNoでよいのです。

 

罪というものがあるのなら、

自分にとっても相手にとってもよくないことを罪といい、

自分にとっても相手にとってもよいことを愛という。

(どこかで学んだ(笑))

 

後者ができる状態に身を置くのが一番ラクで

 

善きことを見て善きことを聴き、

善きことをし、善き人を友とするのが一番です。

(これは本質ではなく表現のレベルの問題よ)

 

だから<可能であれば>避ける、逃げる、OKです!!

 

 

そういえば、私、20代のときマーくんを3年間幼稚園に送り迎えしたんです。

行事も園の開催するお掃除も、独身の私が出ました。

ママじゃないから当然ママ友はできないし、完全にカヤの外(笑)

自分は立場が違うから一人で平気だったんだけど、

当時、みんなの有りようについては、同じことを感じました。

私も長い間世の中の悲しい面、悪い面を嘆く人だったんです。

だからよくわかります。

 

でもね、

見ているとママさんたちの中で颯爽と一人でおられる方が二人くらいおられました。

挨拶だけにこやかにして、それ以外は一切お付き合いされていませんでした。

孤高のお母さん、カッコよかったですよ。

 

いま、私の周りに(お客さんに)一切そういうのに平気な

独自路線をいくお母さんが増えてきましたよ。

 

みんな初めからそうだったわけじゃないのです。

そうなってきたんです。

だんだん気にならなくなってくるんです。

 

通る道なんです。

 

全国に仲間がいますからね^^

応援して下さる方もたくさんいらっしゃいますよー。

 

 

在り方については次回たくさん描きますが、

 

自分の在り方がかわると、

主導的立場ではないけど拡散するような人だと

思っていた人が実はめちゃくちゃいい人だった、ということが起こります。

みんなおんなじに見えていたら実は違ったのね、という「気づき」かもしれませんし、

自分が変わったから相手も変わったのかもしれません。

はたまた並行宇宙に飛んだかも。

 

とにかく、そういうことが起こってきます。

 

 

まずは、第一段階、ダメージを受けないようになることよね。

 

続きます。

 

ーつづくー

 

うわーー忙しうなってきたー

描けるかな。

 

業務連絡 さあやさん、その後いかがですか?

ジンジャーさん、エラーで戻ってきてしまいます。

いつも応援ありがとうございます。ご縁のある方につながりますように。

ノラ家の日常・非日常      ノラ家の日常・非日常

レミング再び。

 

 

こんばんは、ノラドラです。

いつも読んでくださり、温かい応援をありがとうございます。

 

今日は大嘗祭。

ご即位されて初めての新嘗祭が大嘗祭。

天皇陛下は夕の儀と暁の儀の2回

日本の安寧のために祈られます。

大変過酷な儀式だそうです。

18時過ぎから21時過ぎまで夕の儀をとり行われた

天皇陛下がおでましになるとき、大変お疲れのご様子でしたね。

暁の儀は0時ごろから3時半ごろまで、夜中なんですね。

本当に有難いことです。

(今年の4月に描いた「このタイミングで…」)

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

ブログは本日は日常。

ちょっと休憩をさしはさみます^^。

 

 

 

 

 

ノラ父は何年も彦根に行きたいと行っていたが実現せず、

お天気と気温を見て、今がタイミングだと思ったらしく

ついに行くことに。

 

 

そんな、急だと、あんまりよく見れないんじゃ?

 

 

 

昨日

「行くことに意味がある!レミング上等!」

とか言いながら出かけて行った。

 

(こちらがノラ父の特徴を表す「レミング」の記事。)

 

 

 

 

 

 

そして

晩ごはん、先食べようか、と言っていたら

 

 

 

 

いま、玄関の音しなかった?

 

 

 

そんなの滞在時間2時間じゃない!!!

(勿体ない!!)

 

 

「いやー…」
 
 

老人だから疲れたのね。。。

帰りたくなったのね。。。。

 

 

でも望みを果たしたのはご満悦そうで

 

 

 

それだけ?

 

そう、それだけ。

 

 

ノラ父もみんなも元気ってことで。

 

ー完ー

 

でも、今日も元気で、筋肉痛にもならなかったそうな。

本当に元気で助かるー。

振り返ると6年前に日本縦断の旅できていて本当によかった。

あれがノラ父の自信になってるみたい。

 

 

5年前の今日描いた記事があります。

愛が怖れを上回るとき。

今から見れば、このときはまだそう思っていて

ちょっと違うなというところもあり、

やっぱり以前から描いていたんだなということもある^^

今は善きにはからわれている感が増しているところが違うところで

それでもだいたい合ってると思う。

 

ノラ家の日常・非日常    ノラ家の日常・非日常

 

気づいたら変わる。

 

こんばんは、ノラ家です。

いつも読んでくださり温かい応援をありがとうございます。

 

 

昨日の

「案外、このケース、ある」の続きです。

珍しく具体的に描いてます。

よろしければお付き合いください。

 

 

 

 

 

初めて来られた方には

 

まずはねぎらいます。

 

いきなり「それはおかしいですねー」なんて言いません。

 

 

 

 

それで、

徐々に話して下さるし

 

 

ということになってくるんですね。

 

 

今回はその直前にバスの中での会話

自分が世界を創っている?」の話を

すれば、とても伝わりやすく、

うまくシンクロしているなあと思います。

その話をして

 

 

体調が悪くて疲弊しているということは、

やっぱりどこか無理があって

それではだめだよというサインなんですね。

 

 

 

このあたりはワタクシも

通った道です。

 

 

私もよーくわかります。

 

 

愛の反対が怖れ。

(怖れの時は相手とも綱引きしてるけど、

「自我」だから神様とも綱引きしてます。そりゃあ疲れます。

→「流れに乗るには。」)

 

さらには相手の支配下に入って

(他人軸で生きて)「自分」をなくしていると

 

愛で自我をなくしているのと

怖れの結果自分を失くしているのは全然違うんですね。

 

 

ところで

 

「息子さんと娘さんが家にいるんなら

お母さんがこんなに疲れているのに

手伝ってくれないの?手伝ってって言わないの?」

 

「言うときもあります。なにもないときいえば手伝ってくれるときもありますが、

なにかしていることがあるときは『これしてるから!』と言って

手伝ってはくれません」

 

(これも自分が創ったのではあるけれど)

 

ふうむ。

 

 

うん、やはりそうね。

じゃあね。

 

旦那さんはすぐには難しいかもしれないけど(ラスボス)、

子どもたちはあなたが変わるとわりとすぐに変わりますよ。

まずはそこからかな。

 

 

(自分がその状況を創造してますからね)

 

 

それが当然であるという世界を創造するから。

 

まずは「ねばならない」という枠を出て、

望ましい状態を当たり前のようにイメージして

(望ましい状態なんだから)堂々と、創造しましょう。

 

 

 

これはそのほうがみんなにいいことだから

(つまり愛だから)自信をもって創造しやすい。

 

 

 

怖れから愛に変わって

自分が広がったような状態になると

パワーアップしますよ。

 

(パワーアップの方法はまた描いていきます)

 

もしかしたらご主人もあなたが変わると

変わるかもしれないよ。

 

 

私の周りではこんなことが

最近ちょいちょい現れてきたよという話もした。

 

 

そんな証言が

ちょいちょい増えてきましたよ。

 

 

 

気づかれたんだなあ

響いたんだなあということが

わかりました。

 

しゃべっていたのは前半で

後半はしゃべらずに光に溶けて

施術を終えました。

 

最後に

 

「社員旅行は、体調が悪いのもあるけど

家を空けるのが悪いと思って

欠席にしたんでしょう?」

 

「はい。」

 

 

来られた時は「色のついていない人」のような

影のうすい方に見えたんだけど、

めちゃめちゃ魅力的な人になってました。

 

 

 

ーおわりだけどつづくー

 

 

人は気づいたら強くなる。

もう変わってるんですね^^。

 

 

追記:物事はダイヤモンドのカット面の一面なので、

今回はバスの会話もあったので、一つの面を強化して描いています。

さらにいうと、一部だけ描いていて、この方との会話の中で

ブログには描いていないこともあります。

 

結局は「無理をしないこと」「あれもこれも完璧にするのは違う」

「自分を取り戻す」「自分が本当にやりたいことをする」という話もしています。

この方の目が自信と決意に満ちてきた結果、

全部やろうとするのではなく、どれかを選択するだろうなと

思っています。どれを選択するかはその方次第、ということですね^^

 

 

(さあ、大嘗祭だよー!!)

 

 

いつもありがとうございます。

いつも応援ありがとうございます。ご縁のある方につながりますように。

 

ノラ家の日常・非日常      ノラ家の日常・非日常
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>