SHION

テーマ:

君とバイバイしてから春の風が

吹き込むのはもう何度目か

君がいつも座ってた窓際には

新しい家具はまだ置けない


1×11なのに

1+(足した)1=別々に

哀しいだとか苦しいなんて

言わないよそんな綺麗事


「歩く歩幅が違うだけ」

「でも歩く歩幅が違うなら 

二人は離れていくんだよ」

少しずつ遠くなって


別れるために出逢った二人は

傷つける為に優しくしたの

愛して欲しい尖った想いは

今でもずっと痛いまま

カサブタみたく時が経てばほら

外からは分からないでしょう

だけど痛みだけは残るのでしょう


君と見てた路線図は同じはずなのに

降りたホームでは

2人はなぜ向き合ってたんだろう


描いた未来は違った

そこで見えてた今が違うから

淋しいだとか愛しいなんて

今更言えなくて


分かり合うたび繋いだ手と手は

気づかないふりを続けていたの

大丈夫と突き出した答えも

今ならきっとわかるから

イタズラ過ぎる時流れればほら

いつまでも追いつけないでしょ

だけど想いだけは追い越すでしょう


「歩く歩幅が違うなら

離れないように固く結んで」

「でもだめだよそんなのズルいから

まだ素直になれなくて


別れるために出逢った2人は

傷つけるための約束したよ

愛して欲しい尖った想いも

全部きっと必要だと知った

手のひらからヒトヒラ落ちた

花びらはもう見えないでしょ

だから背中向け歩けるのでしょう

AD