未知なる心へ

未知なる心へ

統一教会入信から脱会までの日々と、脱会後の魂の彷徨。

自分にクリスマスプレゼント、買う?買わない?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
今日はクリスマスイブ。たまたま休日だった。
 
でも、クリスマス気分で盛り上がっている人には申し訳ないが、わたしにとっては、昨日から続くただの一日にすぎない。
 
といっても、ローストチキンくらいは食べようと、いま妻が調理している。
 
だが、今年はケーキはなし。シフォンケーキを買って、イチゴとホイップクリームで手製のケーキをつくる予定だったが、イチゴが想定外に高かったため、中止にしたのだ。
 
子供がいた頃は、毎年ケーキも作っていたが、夫婦二人になってからは、ごく簡単に済ませるようになった。
 
もともと、妻はイベントに興味がない人間。結婚して25年近くなるが、誕生日プレゼントをもらったことすら一度もない。
 
結婚記念日にも何もしない。というか、そもそも妻は結婚記念日を覚えていない(笑)
 
それでも、そのことを寂しいと思ったこともない。自分たち夫婦にとっては、普段過ごしている日々の暮らしが大切なのであって、何か特別にイベントをしつらえる必要もないのだ。
 
 
 
 
まあ、子供の頃は、クリスマスってすごく楽しみだったけれども。
 
普段食べれないケーキを食べられて、プレゼントも買ってもらえて。
 
ちなみに我が家では「クリスマスプレゼントをサンタクロースが持ってきてくれる」という演出は一切やらなかった。普通に、トイザらスとかで子供たちに買ってあげていた。
 
あれって、サンタさんの存在を信じさせるってことに、何か意味あるのかな?
 
「夢があっていい」っていう人がいるけど、それって何の夢?って思う。
 
サンタを信じたまま大人になったら滑稽だし、途中のある時点で気づいても「なーんだ、嘘だったんだ」って思うだろうし。
 
だっから、親が一生懸命働いてプレゼントを買ってくれたんだ!って思ってくれた方が良いと思う。
 
夢のない話ですみません。
 
 
 
 
まあ、せっかくのイベントですから、よけいな事考えないで楽しみましょう!
 
そういう楽しみも人生には必要ですよね。