お金をかけた集客や売り込みをせずあたり前に売れる仕組みのつくり方

お金をかけた集客や売り込みをせずあたり前に売れる仕組みのつくり方

商業も農業もやり方の基本は同じです。お金と時間をムダに使わず、あたり前に売れる野菜や商品・サービスをつくる具体的な進め方について書いています。

ミラサポ専門家派遣 専門家登録講師として三重県松阪市に出かけていました。

 

おはようございます、売上向上支援実践派講師の谷田貝 孝一です。

全国の行政機関や金融機関、中小企業団体中央会や商工会・商工会議所、商店街連合会や各種団体で開催されるセミナーやミラサポ専門家派遣などで全国に出かけています。

きのうは、ミラサポ専門家派遣 専門家登録講師として三重県松阪市で講師を務めてきました。



指導内容は、お茶会に集まる人を体験会や教室に参加してもらう方法と、参加者をリピーター化させる方策についてアドバイスさせていただきました。

 

さて、きょうは、甲府信用金庫様が開催するセミナーに登壇するため、山梨県に出かけます。

 

 

専門家を無料で使い倒せる個別相談のお知らせ中小企業庁が、中小企業や小規模事業者の未来をサポートする『ミラサポ専門家派遣制度』という支援があります。
この制度の利用は無料です。

「お店も見てもらいながらアドバイスしてほしい」という方は、中小企業庁が提供する「ミラサポ支援」をご利用ください。

ミラサポ専門家派遣: https://www.mirasapo.jp/

「ミラサポの登録方法がわからない」、という方は、専門家登録している谷田貝にメッセージでご連絡してください。

車場荒らし】に狙われないための対策について

おはようございます、売上向上支援実践派講師の谷田貝 孝一です。

全国の行政機関や金融機関、中小企業団体中央会や商工会・商工会議所、商店街連合会や各種団体で開催されるセミナーやミラサポ専門家派遣などで全国に出かけています。


きのう、車上荒らしにやられました(>_<")



燃やせるゴミを積み込もうとしたら...



軽トラの助手席側のドアガラスが割れていました。


「あれっ、風で何か当たったかな?」と思って、よく見たら...



ドアが半開きに...


「やられた!」


すぐに110番すると...


「すぐ行きます!」と警察官。


警察官は、到着と同時に捜査を始めました。


車の中から運転免許証、健康保険証、SECOMカード、Suicaなどが入っているバックがなくなっていました。が、

バックはすぐ近くで見つかりました。


警察官とバックの中身を確認してみると...


盗まれていたのは(チャージ残金500円くらいの)Suicaだけでした。

盗まれたのはSuicaだけ、なのに...


朝の忙しい時間に事情聴取で2時間30分。

被害を受けた側なのに事情聴取?


捜査へのご協力のお願い


事情聴衆の後、

「最近、このあたりでは、月に1回くらいのペースで車上荒らしや物取りが起きています。お気をつけください」、とのこと。


車上荒らしの窃盗犯が語る「狙いたくなる車」

 


年末年始は車場荒らしや物取りが増えるそうです。

みなさん、どうぞお気をつけてください。


 さて、きょうは、松阪市で開催される経営勉強会でミラサポ専門家派遣の登録専門家として講師を務めるため、気を取り直して三重県に出かけます。


 

専門家を無料で使い倒せる個別相談のお知らせ中小企業庁が、中小企業や小規模事業者の未来をサポートする『ミラサポ専門家派遣制度』という支援があります。
この制度の利用は無料です。

「お店も見てもらいながらアドバイスしてほしい」という方は、中小企業庁が提供する「ミラサポ支援」をご利用ください。

ミラサポ専門家派遣: https://www.mirasapo.jp/
;
「ミラサポの登録方法がわからない」、という方は、専門家登録している谷田貝にメッセージでご連絡してください。

 

 

農薬や化学肥料を使わず秋冬野菜を栽培するため、草木灰を使用しています。

 

おはようございます、売上向上支援実践派講師の谷田貝 孝一です。

全国の行政機関や金融機関、中小企業団体中央会や商工会・商工会議所、商店街連合会や各種団体で開催されるセミナーやミラサポ専門家派遣などで全国に出かけています。

 

きのうは、草木灰をつくりました。



草木灰は、畑の野菜残さやもみ・ワラなどを燃やしてつくります。が、市町村の条例で野菜残さやもみ・ワラなどを燃やすことは禁じられています。

ただ、特例として、農業者が農業を営むために必要である場合に限り認められています。
※家庭菜園は農業に該当しないため認められません。

 

草木灰は、酸性に傾いている畑の土をアルカリ性よりに改良するため必要な材料ですが、多くの農家さんは、科学的につくられた土壌改良材を使っています。


また、草木灰を使うことで、病害虫防除にもなります。

草木灰をつくる作業は、正直、面倒くさいです。が、


除草剤や防虫剤などの農薬、化学肥料を使わず、無農薬・有機栽培で野菜を育てるためには必要な肥料であり、病害虫防除資材でもあるのです。


草木灰を活用することで、農薬を使わなくても安心して安全に食べられる野菜をつくることができます。

 

ジャムや有機物発酵肥料はこちらのサイトで購入できます。

 

 

 

無料!メッセージ相談実際の現場で実践したことを基にお悩みにアドバイスできます
☑ 定期的に野菜を買ってくれる人の探し方
☑ 農作物直売所で売れるPOPの書き方
☑ 農薬を使わず、虫の食害から野菜を守る方法
☑ 有機肥料を自分で製造する方法
☑ イベントで行列や賑わいをつくる方法
☑ 初めての体験教室を満席にする方法
☑ 保健所の許可のいらない加工品のつくり方
☑ 飲食店営業や製造業許可の取り方
こんなこと訊いていいのかな?」と思わず、中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家の谷田貝 孝一に、お気軽にメッセージしてください。無料でお答えします。