メグ吉の治療体験記

メグ吉の治療体験記

いろんな治療体験を書いてみたいと思います。

久しぶりに投稿してみました。

今回は、「人を治す」という事について自分なりの見解を述べてみる。

これまで25年間、治療業務をしてきた人間として得られた事は、たった1つの結論です。

「人は何故、体調が悪くなるのか?」

答えは、

とても単純な事だった。

人間という生き物は、必ずエゴを通そうとする。

そのエゴを通すために、理由が必要となる。

その理由が、体調不良の原因を作ることを理解しなければならない。

治療家は身体を触ると何が身体に異変を生じさせているのか、リサーチする。

医師も同じだ。

リサーチ結果を分析して、

治療行為を選択し、

治療結果を評価する。

しかし、「治る」為のシステム構築は、

未だに発見されていない。

何故だろうか?

答えは、患者自身の中にあるからだ。

患者自身が、治そうとしない事が全てだ。

治療家は、治る為の道筋を示してあげても、患者本人が壊れた原因を改善しようとしない。

「する気がない。」

だから、治る筈がない。

(次回へ続く)