のぎく保育園ブログ

のぎく保育園ブログ

お日さまいっぱい ともだちいっぱい
のぎく保育園・守口のぎく保育園とのぎくっこ達の楽しい園生活を綴ります。

のぎく保育園とは

のぎく保育園の前進は、無認可保育所のぎくベビーセンターといい、昭和51年に12名定員で茨田大宮1丁目の小さな民家で始まりました。

それから30年の歴史を経て、2006年のぎく保育園を開設、2019年には第二園、守口のぎく保育園が開園いたしました。

沢山の人達のご支援で今があることに感謝し、設立の理念である誰もが安心して産み、育て、働きたいという願いに答えてホッとできる保育園を掲げ、保護者様が安心してお子様を預け、お仕事に向かえるよう日々取り組んでいます。

「今日も楽しかった、明日も来よう」と子ども達に思ってもらえるような保育園でありたいと思っています。


保育の基本方針

・誰もが安心して生み育て働きたいという願いに応え、ホッとできる保育園。
・1人ひとりの子どもたちを大切にし、子どもの成長を共に喜び育ちあえる保育園。
・「食べることは生きること」手作り給食・おやつをつくります。
・職員1人ひとりを大切にし、明るい職員集団をめざします。

保育目標

明るく元気な子ども
よく食べ、よく遊び、よく眠る健康な子どもたち

自主性のある子ども
自分を表現し伝えられる子どもたち
何ごとにも興味をもち、感動できる子どもたち

仲間を大切にする子ども
友だちと喜びや感動を共有し、感受性豊かな子どもたち
自然を愛し、命を大切にできる子どもたち

のぎく保育園・守口のぎく保育園のホームページ









6月8日  園庭に出た2才児スズラン組さんは、
砂場の杭にだんご虫のお家を見つけ大騒ぎ
みんな手に手に入れ物を持ちだんご虫を収穫しています。
{A3DA0473-FBBD-4ABC-9249-2BAC3D76CE81}

{1E5CD1F9-9538-4634-A9FE-1A64E0E908F8}

{AF156D6B-9CF2-4F18-A645-1F4AC7860EC8}

{B37BD612-0AFA-4A26-9D6A-D5C0D1B470C4}

保育士は気持ちが悪く触れません。
でもこども達は平気、大好きですよね。園長
保育の現場も新型コロナウイル感染症の流行を受け、様変わりしています。
こども達は、横に並び、おしゃべりもせずに、ただもくもくと食べています。
本当であれば、楽しく言葉を交わし、美味しさを共有して食べるのですが、時間差で交代に食べるようになりました
{A50144E4-2377-41DC-8C81-60D69C6C4A14}

{C00CBDBD-3BFD-4FA4-8749-BC8E7500371F}

{565B0E93-4871-43E2-8557-851038828CBB}

乳児さんは、職員がマスクしていたから口元が見えないので、フエ−スシィ−ルドをしています。なんだか変なことになりつつあります。
{E4F16455-2A5A-4838-A7E8-E8D126D0F772}

{A29BCC3A-7104-4CA5-BE18-54AB63BC6F1E}いつまでこんなことをしなければならないのでしようか。
尚、保育園の見学も今は、おことわりしています。早く日常に戻る日が待たれます。園長

5月29日 金曜日
のぎく保育園には、沢山のこども達が帰ってきました。少しずつ賑やかになる園舎、心が弾みます。
{036756C2-B262-40F4-998A-073EBD77BF93}

{7F78B9EA-4E2D-456C-9439-E04EF870D648}

{4861FF44-7145-42F4-85DB-60A680653A4E}

{A5FB79CD-B575-45E0-8714-0EC91BEB8363}

{AB53ACC3-B145-49B2-AD1E-43F9E40049A3}

{C276A543-1251-4282-B277-F61E51369F01}

{7482262D-8ECC-49D1-A031-3DE25E9C9E4C}

{F2247D63-3EDF-4B4E-B411-ABE2C3E29214}

でも第ニ波、第三波と言われています。気を引き締めて保育に当たっていきます。
園便り、保健便り、給食便り、献立をあげておきます。ご確認をお願い致します。
{0B00B999-1A5B-404F-8A85-F98F6EF39F52}

{A154F660-E305-4932-9B69-E55CF53A218B}

{162BE400-5A5A-46F6-9295-A64A2BDB50EE}

{ECCA6AA2-7189-40EA-990C-DFFBF3287809}

みんなで、新型コロナウイルに負けないように頑張っていきましょうね。園長