のぎく保育園ブログ

のぎく保育園ブログ

お日さまいっぱい ともだちいっぱい
のぎく保育園・守口のぎく保育園とのぎくっこ達の楽しい園生活を綴ります。

のぎく保育園とは

のぎく保育園の前進は、無認可保育所のぎくベビーセンターといい、昭和51年に12名定員で茨田大宮1丁目の小さな民家で始まりました。

それから30年の歴史を経て、2006年のぎく保育園を開設、2019年には第二園、守口のぎく保育園が開園いたしました。

沢山の人達のご支援で今があることに感謝し、設立の理念である誰もが安心して産み、育て、働きたいという願いに答えてホッとできる保育園を掲げ、保護者様が安心してお子様を預け、お仕事に向かえるよう日々取り組んでいます。

「今日も楽しかった、明日も来よう」と子ども達に思ってもらえるような保育園でありたいと思っています。


保育の基本方針

・誰もが安心して生み育て働きたいという願いに応え、ホッとできる保育園。
・1人ひとりの子どもたちを大切にし、子どもの成長を共に喜び育ちあえる保育園。
・「食べることは生きること」手作り給食・おやつをつくります。
・職員1人ひとりを大切にし、明るい職員集団をめざします。

保育目標

明るく元気な子ども
よく食べ、よく遊び、よく眠る健康な子どもたち

自主性のある子ども
自分を表現し伝えられる子どもたち
何ごとにも興味をもち、感動できる子どもたち

仲間を大切にする子ども
友だちと喜びや感動を共有し、感受性豊かな子どもたち
自然を愛し、命を大切にできる子どもたち

のぎく保育園・守口のぎく保育園のホームページ









ねらい 3才児すみれ組さんのプロジェクト



先日のプロジェクトで色水のジュースを作りジュース屋さんで遊んだすみれ組さん、今日はレモンを使って本物のジュースを作りましたよ。

4才児 たんぽぽ組さんは


水に色をつけ、どの色とどの色を混ぜるとどんな色になるのかイメージをしながら取り組んでいました。

5才児 あかね組さんのプロジェクト


保育園や家の中の水はどう流れて来ているかを知る。

ビデオを見ながら家の中に流れてくる水のルーツを確認しました。大阪の水は琵琶湖から来ていることが分かりました。

どのクラスも水を使って沢山の学びがあったようですね。

毎朝、早くから分園、本園の園庭の木々や花にお水を上げ、草抜きをしお掃除をして下さるパートさん、『いつもありがとう』と声をかけると『私はこれをしていることが幸せです』『どういうことですか?』と尋ねると『お水を上げながら色々な緑の木や小さな花の蕾を見つけたり、咲いている花々を見ると幸せな気持ちになるから』と話されました。


のぎく保育園に他にもいろんな雑務をしてくださるパートさんがいてくださいます。過日も業者の方がのぎく保育園のトイレの綺麗さに驚いていました。トイレ独特の匂いがないし、便器の黄ばみが少しもないとおっしゃていました。これものぎく保育園のパートさんが心を込めてお掃除をして下さっているからと頭の下がる思いです。

子ども達が快適に保育園生活が出来る環境を整えて下さって本当にありがとうございます。

夏なのに、暑すぎてなかなかプールにも入れないのですが、今日は水の温度が低く、なんとプールに入れることに










3才児すみれ組さんは水の中を走り、ワニ歩き、を楽しんでいました。














身体を水に慣らした後は、バタ足泳ぎに挑戦していました。

日々が暑すぎ熱中症警戒アラートが発令される中

なので、プールに入れて本当によかったね。