暑いですね〜!

長かった梅雨が明けた瞬間に暑さが襲いかかってきた感じですね〜!

 

ワンちゃんにとっても過酷な夏の暑さですが、

万が一、万が一ですよ、ワンちゃんが熱中症になってしまったら、応急処置でできることをご紹介したいと思います。

 

ワンちゃんは熱中症になると、フラフラしたり、ぐったりして動かなくなって、何しろとても荒い呼吸をします。
そんな時は、とにかく体を冷やすことと水分補給が重要になります。

 

様々な状況によりますが、一番手っ取り早いのは、お風呂やプールなどに水を張って、そこに熱中症のワンちゃんを入れて体全体を濡らして冷やすことです。

お風呂やプールがない場合には、濡れたバスタオルを体の下と上からかぶせて、その上から水をかけたり、氷や保冷剤などでタオルの上から冷やしてあげましょう。

意識がしっかりしているなら、氷水などを飲ませてあげます。

 

冷やすポイントとしては、人間と同じように、
太い血管が通っているところで、首周りや頭、腋、腹、ももの内側です。

可能なら、ビニール袋に氷を入れて氷嚢を作ってあげると、それぞれの箇所を冷やしやすくていいと思います。

あとは、体全体に風を送って、とにかく冷やすようにしましょう。

 

この応急処置を行いながら早めに動物病院に連絡してください‼️


熱中症の場合、低血糖の恐れもあります。

また、体表面が冷えても、体温は高いままということもあります。

呼吸が落ち着いても安心せずに、念のため動物病院へご相談くださいね。

 

新型コロナも心配ですが、飼い主の皆様もくれぐれも熱中症もご注意くださいませ。