リーグ戦への想い 4年 竹間直希 | 東京農業大学ラクロス部 男子

リーグ戦への想い 4年 竹間直希

僕の現状は2ndゴーリー
試合はワンポイントでの起用

僕はこのチームにいるとき、ふと自分はチームの脇役なんだなって思う時があります。





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




少し過去を振り返らせてもらいますね



ラクロス部入ったことによって、僕は沢山の"転機"に出会えることができました。
これはラクロスを通じて僕自身の考えに変化が生まれた時期なんですけど
大きく分けて3つほどあります。


①ゴーリーになった時 
正直入部当初ショートやってた時はラクロス死ぬほどつまんなかったんです。
パスもシュートもディフェンスも何一つ上手くない。加えてアジリティもない。


ただ、一番の問題は下手くそなことじゃなくて、僕頑張らなかったんです。上手くなるために努力しなかったんです。
高校の時から部活で沢山走っていた人達に勝てるわけないとか、元々筋肉ある人に勝てるわけないとか。
努力で手に入れることができるものに対して必死で言い訳を探していたんです。

練習は毎回後ろの方で待機、サマーまで壁当てした回数なんと0回。なんならサマー終わった後のオフ期間も練習は一度も行きませんでした。

周りに比べてできない自分を蔑んで、なのに上手くなるための努力を全くしないで。
毎日毎日こなしてる日々が続いてました

そんな自分が一年の秋にゴーリーになって。
元々やってみたいと思っていたんですけど、いざなってみたら面白くてかっこよくて、
何よりも自分で上手くなるために考えて行動することが楽しくって


ゴーリーは母数が少ないお陰で周りと比較せずに伸び伸びとプレーすることができた
自分にとってはこれがとても大きかったと思います。


ゴーリーになる以前は高校生の時と変わらず言われたことをやってきた。最早言われたことすらやっていなかったんですけど、、、
ただ、ゴーリーになってからはラクロスに本気で向き合って、ラクロスに熱中している環境を作り上げて、時期的にはめちゃめちゃ遅いんですけどゴーリーになったことが間違いなく今の自分のラクロスに対する姿勢を作ってくれています。


②2年生のリーグ戦
ゴーリーになってから自分なりに努力して、Aチームで活躍している自分を想像して練習に励んでいたんですけど、2年生になった自分に任されたのは1年生のゴーリー。僕は学年が上がったものの練習はほとんど1年生と一緒に過ごすものでした。
そんな時間を過ごしていって迎えたリーグ戦、案の定ベンチ外。僕は同期で唯一ベンチ入りできませんでした。
これは間違いなく僕のラクロス人生で一番の挫折ですね。
リーグ戦の日、試合会場に向かう途中、防具もクロスも持たない自分を見て泣いたことがあります。電車の中だったんですけど、結構がっつり泣いてました。
俺は何をしてるんだと。
試合で同期が活躍してるとより惨めになります。

この時一番感じたことは、人に評価してもらうことが如何に難しいかってことです。
多分これは今の下級生も感じてるんじゃないかな…

自分なりに頑張っていようが、結果として現れない限り起用はされない。チームのニーズに合わなければ試合に出ることすらできない。

この状況を打破するためにどうしたらいいのか。
やっぱり求められていたのは結果だったんですね。

これまでは、どうやったら上手くなれるかっていう自分自身のスキルアップにフォーカスしていたんですけど、これ以降は練習中からより結果にこだわって取り組むようになりました。


③3年生の夏頃
2年のリーグが終わって、新チームになって結果を求めるうえで、僕は技術的な部分だけでなく精神的な部分にも着目するようになりました。
それと同時に、チームが勝つためにはどういった取り組みをしていけばいいのか、とかを考えるようになりました。
そんな日々を過ごしていく上で3年生の夏頃、普段人に発信をしない僕がフェイスブックで動画を載っけたんですよね。

「試合で最高のパフォーマンスを発揮するにはどうしたらいいのか」っていう題の動画を。

これは自分が実際に動画を見て、チームメイトにも共有しようと思ってやったことなんですけど、
そうしたら当時コーチをしてくださっていたミッチー🍆さんが絶賛してくれて、僕に後押ししてくれたんですよ。
この経験が僕にとってすごい大きかったです。
持ちネタのDiegoはこの時期から生まれたもんです。

ここで生まれた変化は、どちらかというとラクロスではなく私生活な面なんですが、
今まで適当に過ごしていた時間をどのようにしたら有効活用できるのかとか、食事や睡眠や友人関係はどのようにするのが理想なのかとか

そういう生活に目を向けることによって、どんなことにも比較的真面目に取り組むようになったと思います。  

本当にミッチー🍆さんが後押ししてくれなかったら今の僕はいなかったなって思いますね。



まぁざっとこんな感じですけど、過去の思い出を書こうと思えばいくらでも書けますよ

ラクロスをやっていたことで、この部活に入っていたことで沢山成長できたし、沢山楽しい時間を過ごさせてもらえたし…

よくみんな早く引退したいとか、普通の大学生活を送りたいっていう言葉を耳にするけど、僕は一生今の時間を過ごしたいと思っています。
引退なんて冗談じゃない。
こんな楽しい時間失ってたまるもんかって。



このチームにはあまりにも思い入れがありすぎる。

今は同期のひろみさんにしても、下手くそな頃からずっとアップから私生活まで付き合ってくれたせいやにしても、酒飲みに行ってくれる人達にしても

思い入れがありすぎる

大好きなこのチームとこのチームメイトで勝ちたい

今はただこの一心です。



そりゃ辛いこと沢山あったけど、その度みんなで乗り越えてきて

これから始まるリーグ戦もみんなで乗り越えるんだろうなーと思うとわくわくしてきますね。

最初に言った通り僕はこのチームの脇役です。

4年間を通してチームを仕切って引っ張る身にはならなかったけど、

後ろにはいつでも俺がいるぞと

4年間頑張ってきた意地があるぞと

最強な脇役が後ろにいるぞと

プレーだけでなく、持ち前のポジティブさで周りを鼓舞して

一つでも多く勝てるように

少しでも長くこのチームで戦えるように自分なりに貢献していきます。










“Unfinished “




【試合告知】
○リーグ戦初戦 vs理科大
8/20(火) 11:20FO 
@東京農業大学世田谷キャンパス