リーグ戦への想い 4年 中島満里奈 | 東京農業大学ラクロス部 男子

リーグ戦への想い 4年 中島満里奈




顧問の大石先生、OB.OGの方々、保護者の方々をはじめとする農大ラクロス部を支えてくださっている皆様、いつも多大なるご声援、ご支援をありがとうございます。


4年栄養科学科の中島満里奈です。


リーグ戦に向け、チーム一丸となって戦ってまいりますので今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。





拙い文章になってしまうと思いますが、最後まで読んでいただけると幸いです。


ついに最後のリーグ戦がそこまで迫っています。


4年間振り返ってみるとあっという間だったなと思います。

新人戦で1勝もできず一瞬で終わってしまった1年生

リーグ戦で勝つことの難しさ、一部との大きな壁を感じた2.3年生


4年間通じて常に考え続けたことは
“ MGはどうしたらチームの勝利に貢献できるか、MGとしての自分の存在意義は何か ”
ということ


試合に出てプレーをするわけではないMGという立場は、入部前から分かっていて覚悟を決めて入ったけど、
やっぱり高校まで自分が選手としてスポーツをしてきた私にはなかなか難しい立ち位置でした。



1年生の頃はMGの仕事が勝利に貢献している実感は無く、ただ目の前の仕事を覚えることに必死で



でも上級生になるにつれて、
毎日同じMGの仕事で、毎年同じやり方では一部には行けない、じゃあ一部に行くためにMGができることって何?
という思いを抱くようになりました。



そんな思いを抱えていたにもかかわらず、昨年までは何も行動を変えることができなかった


 


そして迎えた自分たちの代


シーズンが始まる前の1番最初の同期MGとのミーティングで掲げた目標は


“ 進取果敢”



自分の意思で積極的に取り組み、大きな決断力を持って失敗を恐れずに取り組むこと


勝つために必要だと思ったことには積極的にチャレンジして取り組む
 

新しいチャレンジをしていく中で、自分だからこそできることを見つける


このチームにおける自分の存在意義を見つける

という目標です。


自分の仕事や自分がいること自体がチームに貢献できていると実感すること、自分にしかできないことや自分だからこそできることを増やすことがMGのモチベーションに繋がると考えたからです。



リーグ戦を目前に控えた今、今のチームでの自分の存在意義は?と聞かれたら、正直これだ!とはっきり言えることはないかもしれないけど



自分が提案してみたことが実際に日々の練習や試合で取り入れられることになったりとか


自分がテーピングを巻いた選手が試合で活躍することとか


3年の終わりにやっと審判資格を取得できて、練習中のファールについてみんなで考えて発信してみたこととか
 


どんなに小さなことも、“勝つためにはどうしたらいいか”考えながら、それぞれが新しいことにどんどん挑戦して成長してきた今年の代だからこそ、この部活にいてよかったと思えた瞬間がたくさんありました!



MGもプレーヤーと一緒で得意なこと、苦手なことがあるけど、それぞれが苦手なことはフォローし合うことができる。
MGも1つのチームなんだっていうことがこの1年間で実感できました。




後輩のMGたちにも、どうやったらもっとうまくいくか考えてそれをどんどん発信していってほしいという思いを込めて、
今年は後輩へのコミュニケーションをとる機会を積極的に増やすこともできたかなと思います。




今では後輩からももっとこうした方がいいという意見がたくさん出ることが多く、本当に頼もしいし、一緒にリーグ戦で戦えると思うとワクワクします!


 

あと少しだけど一緒に頑張っていこう💪



同期のあゆみとゆうかには頼ってしまうことも多かったし迷惑をかけることも多かったけど、本当にたくさんありがとう。
まだまだ進化し続けよう。



そしてMGでチームの勝因をつくりだそう




無勝の代最後のリーグ戦は全勝で一部へ!










" unfinished "

4年 MG まりな



【試合告知】
○リーグ戦初戦 vs理科大
8/20(火) 11:20FO 
@東京農業大学世田谷キャンパス