京家呉服店(4代目 青木宣親)のブログ

京家呉服店(4代目 青木宣親)のブログ

ブログの説明を入力します。

皆様、こんばんは星空

2月は短く、あっという間に最終日あせる

コロナも、収束に向かってほしい毎日ですお願い

 

さて、私事ですが、題名の通り、2021年は前厄の年となりますパー

節分までにお参りすることが、通例であるので、1月下旬の良い日を選び、厄除けをしてまいりましたお願い

1年間、元気に過ごしていければと思いますニコニコ

 

厄除けと言えば、着物の柄には、厄除けに良い文様がいくつもありますクローバー

 

例えば、鬼滅の刃でも有名な文様、

「麻の葉」・・・麻が丈夫で成長が早いので子供の成長を願い、子供の産着や魔除けの意味で、女性の長襦袢の柄としても多く使用されますパー

「鱗文(うろこ)」・・・その名の通り、魚の鱗は身を守ることから、厄除けとして、女性の長襦袢や伊達締めの柄として多く使用されますパー

他に有名なものは

「流水文様」・・・水に流す→厄を流す=厄除けを意味し、長襦袢や着物の柄として使用されますパー

「鮫」・・・硬い鮫肌を鎧に見立て、魔除けを意味し、鮫小紋などが有名ですパー

「南天文」・・・漢方では薬草として用いる南天。「難を転ずる」ことから、縁起の良い木、幸いを招く木として厄除けの意味を表しますパー

以上、代表的な文様をご紹介致しましたニコニコ

諸説ありますが、着物の文様には色々な意味や由来があります!!

調べてみると楽しいですよチョキ

それではクローバー