子どもの身長を最大限に伸ばしたいママのブログ

子どもの身長を最大限に伸ばしたいママのブログ

小学生、中高学生の子どもの身長を伸ばす為に必要な生活習慣、食事、運動、栄養を調べています。ボーンペップという卵黄に含まれる栄養素を知って、毎日の食事に気を付けて高身長に育てたいママのブログです。


テーマ:

     

子どもが大人になって最終的にどれぐらいの身長になるか、親はとても気になるものです。

特に高身長が有利なスポーツを頑張っている子どもは、身長のせいであきらめて欲しくない!どんどん大きくしたい!って思います。

身長が伸びるという事は骨が伸びるという事ですよね。

子どもの骨はレントゲンで見ると透明部分が多く、この透明に見えるのは軟骨成分です。

成長期の子供はホルモンの分泌によってこの軟骨部分の骨芽細胞が活発になり、新しい骨を作り出します。

この軟骨部分が白く硬い骨になると、これ以上骨は伸びません。

女子では15歳男子では17歳頃が平均です。

要は、ここまでが身長を伸ばすチャンスです。

毎日目に見えて伸びが分かる物ではないですが、10歳の小学生なら後6年~7年で大人の身長になるという事です。そんなのアッと言う間ですよね。

毎日どんな食事でどんな栄養素を摂るかが将来の身長を決めると言って過言ではありませんよ。

必須アミノ酸と成長ホルモンの関係とは

アミノ酸は自然界で500種類ほど発見されていますが、人間の体を作っているタンパク質は20種類です。
人間が肉や魚などのタンパク質を食べると20種類のアミノ酸に分解されて腸で吸収されます。
この20種類のアミノ酸のうち、11種類は何も食べなくても体の中で作り出されます(非必須アミノ酸)。
残りの9種類のアミノ酸は食べ物から摂らないと作り出されません。この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
しかし、これは大人の場合です。
未完成な体の子どもには摂らないといけない非必須アミノ酸もあります。
特に成長ホルモンをサポートするアルギニンは、子どもは摂取しないと作り出せないと言われています。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する働きがあると知られています。
一番背が伸びる中学生、高校生には必要な栄養素だと言えます。
アルギニンを多く含む食べ物は、豚肉、大豆、鶏卵です。
 
また、卵の黄身に含まれるボーンペップはカルシウムと一緒に摂ると、骨を伸ばす効果と骨を強くする作用があります。
 
しかし、身長を伸ばす為にアルギニンやボーンペップを食事から摂ろうとすると、物凄い量になってしまうのでサプリメントを利用するのも身長アップに効果的だと思います。
身長を伸ばそうとプロテインを飲んでいる子どももいますが、飲むだけでは筋肉は付きません。
バランスの良い食事とサプリメントを利用する事が重要かもしれません。
 

テーマ:

 

     

 

前回、成長障害を伴う軟骨無形性症、成長障害がなくても低身長で悩んでいる人に受けられる脚延長術について紹介しましたが、今回はホルモン療法について紹介します。

 

低身長の原因は、病気の場合もあるし、そうでない場合もあります。

体質や栄養不足、食生活、家庭環境の悪さなど心理的な原因の低身長は、その原因を見直すと急にぐんぐん背が伸びたという話をよく聞きます。

思春期が遅いだけで後から伸びるタイプの場合もあります。高校生頃に伸びる時期が来ます。

病気が原因ではない場合、最終的な身長が極端に低くはなりません。

 

病気の場合は早く発見してあげて治療を始めると最終身長が平均に近づく可能性もあります。

低身長はママ友に相談するのではありません。「大丈夫、大丈夫」と言ってる間に骨が成人年齢に達してしまい、手遅れになります。

早めに小児科で受診しましょう。

ホルモン注射で背が伸びる人、効果がない人

小児科に相談する目安は、分かりやすく言うと2学年下の背の低い子より低い場合です。
検査を受けて治療が認められれば、治療を進められます。
ホルモン注射が受けられる病気は、成長ホルモン分泌不全性低身長症、女子に多く見られる骨が固まるのが遅いターナー症候群、早産で小さく生まれ、3歳までに同じ月齢の子どもの身長に達せず、明らかに低身長(SGA性低身長症)の場合です。
また、軟骨異栄養症という骨の病気、慢性腎不全という腎臓の病気による低身長の場合有効とされています。
 
ホルモン治療は注射です。
口から飲んでも効果がないと考えられています。
効果がないと言っても、成長ホルモンを活性化させるための食事や運動、睡眠はとても大切です。
 
ホルモンの分泌が正常な場合、ホルモン治療は受けられません。
身長が正常の範囲内であっても、背が低いという個人の悩みは深いものがあります。
いつ、どれくらい伸びるか分かりませんが、骨端線が閉じてしまえばどうにもなりません。
将来的に治療の幅を広げ、低身長に悩んでいる人にも適用される事を願います。
 
 

テーマ:

前回手術で身長を伸ばす方法を書きましたが、イリザロフ法とは具体的にどんな手術なのか調べてみました。

 

イリザロフ法は、骨折した時に骨折した箇所に柔らかい仮骨が形成され、折れた骨にくっ付き、つなぎ合わせる、自然治癒力を利用した、国に認可されている手術です。

先ず骨の一部を切断します。体外から固定する器具「創外固定器」を取り付け、1日1mm程度、ゆっくりと引っ張って伸ばしていきます。

   

 

骨を延長していく箇所は、太ももの大腿骨とひざ下の下腿骨。

個人差はありますが、各5cm、合わせると10cm伸ばせる可能性があります。

 

骨を切断したり器具を固定するのも簡単ではないようです。

骨の周りには骨膜という骨に栄養を送っている膜があり、その膜が少しでも残っている限り、新しい骨を形成する事ができます。

その骨膜に傷をつけないように、注意して手術を行います。

復活までの期間は?身長を伸ばす手術はいくら?

手術した日から約1週間後から1日0.5mm~1mm延長していきます。
1ヵ月半~2ヵ月入院し、10ヵ月~2年創外固定器を付けたまま、骨が固まるのを待ちます。
髄内釘を併用している病院がありますが、髄内釘を併用すると3ヵ月~4ヵ月で創外固定器を取り外せるそうです。
それでも、創外固定器を外してから長い人では2年、骨が完全に出来上がったら髄内釘を除去する手術を受けます。
創外固定器を付けた状態だとこんな感じ。
   
これを付けたまま10ヵ月~2年生活しなければなりません。
1人で生活するのは非常に困難です。
創外固定器、髄内釘を除去した後も骨折に注意しなければいけません。
両松葉づえで1ヵ月。
また、関節の動きも鈍くなっているのでリハビリも必要です。
 

イリザロフ法を取り入れている医療法人スカイ整形外科クリニックによると、手術の費用は平均で700万円。

片足で600万円~両足で900万円。

1年~2年車いすでの生活なので介助が必要になるし、リハビリなどこれ以上にかかる費用は倍と言って過言ではないです。

 

今からでも後悔のないように、今できる事をしてあげたい。

 

 


テーマ:

子どもは骨と骨の間に軟骨(骨端線)があり、骨端線で骨が作られ伸びて身長が伸びていきます。

骨端線が閉鎖してしまった大人はそれ以上身長が伸びる事はありません。

     

 

どうしても身長を伸ばしたいなら手術、という方法があります。

日本では限られた整形外科医がいる限られた病院で行っています。

 

この手術は、骨折した時に自分で治そうとする自然治癒力によって出来る「仮骨(かこつ)」を利用した骨延長術です。

この手術法は発明したロシア人医師の名前をとり「イリザロフ法」と名づけられています。

 

通常、骨折した場合、骨と骨の間に柔らかい仮骨が形成され、骨と骨を繋ぎ合わせます。

仮骨は日数を経て硬い骨に変わり、骨折が治っていきます。

 

イリザロフ法では人工的に骨折させ、仮骨を1日1mmずつ、ゆっくり引っ張って伸ばしていきます。

身長を伸ばす手術はどんな人が受けられるのか?

では、この手術はどんな人が受けられるのでしょうか?
成長障害による低身長や先天性の骨系統疾患、変形した骨を真っすぐに伸ばす矯正に適用されるそうです。
軟骨無形性症の子供は大人になっても120cm程にしかなりません。
イリザロフ法による治療を受けると140cm~150cmになる可能性があり、四肢のバランスもよくなり、健常者と変わりない体型が可能になります。
 
また、事故などで骨を失った人や悪性腫瘍などの骨転移で骨の壊死、切断しないといけなくなった人にもイリザロフ法で骨を形成し切断を回避できる可能性があります。
 
病気や事故などでツラい思いをしている人を救う手術なんですね。
もっとこの手術が広まって多くの方が救われる事を願います。
 
このイリザロフ法による骨の延長手術は、保険適用にはなりませんが、低身長症などの病気がなくても、身長を伸ばしたい人も受けられます。
個人の悩みの深さは他人には図り知れません。
身長が低い事がコンプレックスで自殺する人もいるでしょう。
もしイリザロフ法により、身長が5cm、10cm高くなることにより、自信を持って生きていけるなら、手術を受けるべきです。
身長が低い事で死を考えたり、精神を病むなら、イリザロフ法で心身共に治療になるはずです。
 
 

テーマ:

    

 

小学校の頃に身長を伸ばしたいと悩む子供はまだまだ少ないですね。

伸びしろが一気に伸びるのがこれからだと予想、期待しているからでしょうね。

実際私の兄は中学1年生で入学した時は背の低い順で1番前でしたが、中学3年生で卒業する時には後ろの方になっていたんです。

制服は異例の3回購入。嬉しいようなツラいような話だったそうです。

 

周りでも中学男子の伸びる勢いはすごいですよね。成長期の絶頂。

しかし、17歳頃を境に成長期が終わります。高校生ですよね。

骨を作り伸ばし、身長を伸ばしているのは、骨と骨にある軟骨部分。骨端線と呼ばれています。

レントゲンで子どもの骨を見ると透明の部分が多く、線を引いたように見えるのでそう呼ばれています。

20歳過ぎ、大人になると軟骨部分は完全に硬い骨になり骨端線はなくなります。

なので、大人になってから身長を伸ばす方法はもうありません。

元々猫背の人はストレッチを根気よく毎日すれば背筋が伸びて少しは伸びたように見えるかもしれません。

また、宇宙飛行士は無重力の宇宙で何カ月も生活していると軟骨が伸びて身長が高くなって帰ってきますが、地球に帰ってしばらくすると元に戻ります。

身長を伸ばす方法は3つ。睡眠、栄養、運動。

身長を伸ばしたいと悩んでいるのは高校男子・.女子、大学生だと思います。

伸びしろを少しでも伸ばしたいなら、普段の生活が重要ですよ。

 

親からの遺伝は20%といわれています。

親が高身長だから大丈夫と油断はできません。

親が低身長でも、毎日の努力次第では親より高くなれる可能性もあります。

 

努力しなくても、私がリサーチした結果、毎日暗くなるまで外で走り回って遊び、栄養をたっぷり摂って、夜8:00・9:00までには寝ていたって人はかなりの確率で身長が高くなっています。

 

勉強は朝、早起きしてやるのがこの生活を続けるコツです。

早寝、早起き、朝ごはんですよ~。

 

栄養も必要ですが、身長が気になるならカルシウム、ボーンペップ、アルギニンなど骨の細胞を刺激する栄養素が大事です。

サプリメントを利用するのがいいですね。

 

身長を伸ばすには適度な運動も必要です。

ストレッチに加え、ジャンプする・体を曲げる、ボールを投げるなどの運動が効果的です。

 

身長を伸ばす方法~アミノ酸とボーンペップをしっかり摂るコツ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス