市川市鬼越 本八幡・下総中山徒歩圏 ピアノとコントラバスの ノア音楽教室

市川市鬼越 本八幡・下総中山徒歩圏 ピアノとコントラバスの ノア音楽教室

市川市のピアノ教室です。京成線鬼越2分、下総中山10分、本八幡15分。お子さまはもちろん、大人のピアノも応援!ピアノ初心者、男性も歓迎!
コントラバス初心者コース有。吹奏楽部の中高生や低音に惹かれた大人がいます。
大人の交流の機会もたくさん!楽しいですよ。

ご訪問ありがとうございます。


市川市 ノア音楽教室は、大人のピアノ、子どものピアノ、コントラバス初心者のための音楽教室です。


このブログは、主に大人のピアノコースコントラバスコース、教室からのお知らせ等についてお伝えしています。
子どものピアノコースについては、こちらのブログ をご覧ください。


無料ミーティングのお申し込みはこちらです。
TEL090-2650-5470
メール
fumi_music_succ@yahoo.co.jp
お気軽にお問い合わせください。


音符 土・日もレッスン可能です。

音符 無料ミーティングでは、ご希望するレッスン等をじっくりうかがいます。


テーマ:
こんにちは。

市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。

下総中山から9分、本八幡からも15分です。

このブログでは、子どものピアノ・コースについてご紹介しています。

大人のピアノ・コース、コントラバス・コースなどについては、アメーバブログでお伝えしています

(こちらです)。



子どものピアノの生徒さんには、ある程度の段階に達したら、スケール(音階)のテキストをやってもらっています


(最近は、大人の生徒さんでも、スケールに取り組んでいる方が増えてきました!)。




スケールは、ピアノが上手になる要の一つ!!!


モーツァルトのコロコロと真珠が転がるような軽やかな曲も、


ショパンの作品の中のカッコいい聴かせどころでも、


音階が出てくることが、とっても多いんです。



そうした物理的なことだけではなくて、


全部の調の音階を知り、調性を知ること!



これが何より、音楽を理解し楽しむためには大切だと考えています。




というわけで、みんなにスケールをやってもらっているわけですが、


スケール大好き!!という人は、まずいません(笑)。



大人も子どもも…難しい~と思いながら、やっているみたいです。



小学生のYちゃんは、スケールの練習が大嫌い(笑)。


12月に開催した「子どものピアノコースのクリスマス会」で弾いた曲では、


最後の長~い音階に苦労していました。



それで、年賀状には「心を入れ替えてスケールがんばります!」と書かれていたけれど…


それは本心ではなく(笑)、


やっぱりスケールは嫌~い!



先日のレッスンでは、レッスンノートにお母さまからのお悩みが書き込まれていました。



「スケールのやる気スイッチがどこにあるのかおしえてほしいです」



わたしは、ちょっとふざけて


「(今度の)発表会、スケールたくさんの曲にしましょうか?」


とお返事を書きました。



うん、ほんとにそうしようかな。




でも、もしかしたら、この日のレッスンで、少しいい薬をあげられたかもしれません。



Yちゃんがちょうど今、メインテキストで弾いているのが、音階の連続でできている曲でした。



レッスンの最後に、わたしが弾いたのを聴いてもらったら、


表情がパアっと輝いたんです。



ねっ! 音階をなめらかに弾くと、この曲こんなにステキになるからね。




表情を付けることが得意なYちゃんなので、来週までにこの曲が生まれ変わっているかな??



こどものピアノコースご紹介ムービーです。

URL: youtu.be


ライン@始めました。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。

↓こちらです!

友だち追加


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からもどうぞ。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp

市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com


スマホからご覧の場合ココをクリックしていただけると電話がつながります。 090-2650-5470


テーマ:

こんにちは。

市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。

下総中山から9分、本八幡からも15分です。


昨日のレッスンは、珍しくピアノの生徒さんがいらっしゃらない日曜日となりました。


コントラバスコースの大人の生徒さん、ヴァイオリン伴奏合わせの生徒さん、


そして夕方から、高校生のコントラバスくんが2枠。



高校生は、今本番がひと段落したらしいので、基礎をみっちりレッスンしました。



吹奏楽部の中高生は、常に何らかの本番に追われていて、


基礎をじっくりしたいのに、とにかく本番をこなす…という感じで

きちんと積み重ねをしていくことが難しいので、


こういう時間はとても貴重です。



ところで。


『ムジカノーヴァ』という月刊誌があります。


「ピアノを教える人、学ぶ人の雑誌」と副題がついているので、


ピアノの先生にはおなじみの雑誌です


(以前、わたしも2回記事を書かせていただき、そのほかに2回ほど載ったことがありました)。



さて、1月号の中の連載「作曲家の食卓」は、ラフマニノフについてのものでした。


ヨーロッパやアメリカで活躍したラフマニノフのお気に入りは、イタリアで覚えた「アマトリチャーナ」だったのだとか。



それは、どんなものだったのでしょう…。


世界中のおいしい料理を本格的なレベルで食べられる今の日本で、わたしたちが食べるパスタとは、


きっと、だいぶ違うんではないかなぁ…。




昔、わたしはロシアに短期留学していたことがあります。



資本主義が入ってきて、良くも悪くも自由になり始めた頃。


わたしが一番長く滞在していた3か月間の最後の頃に、サンクトペテルブルクにマクドナルドができました。


一旦帰国して、数か月後に行ったときには、「ちゃんとした」ケーキのお店に長蛇の列ができていました。



当時、わたしはものすご~く節約貧乏生活をしていましたが、

日本から知人が来たときに、街一番の高級ホテルでごちそうしていただいたことがあります。


大喜びでわたしが注文したのが、ミートソースパスタ!!


出てきたのは、ソフト麺(給食で出てくる、あれです!)にレトルトの、赤くて少し酸味がきいていて、薄い(笑)、トマトソースがのっていたもの

…としか、わたしには思えないような一皿でした。

それでも、喜んで食べていましたけどね(笑)。



世界中の美味しいものを食べられるし、

美しい包装であふれかえっているし、

日本は、本当に贅沢な国です。



…と、今日のブログはつれづれになりました。


今日 月曜日はレッスンお休みですが、

明日からの一週間は、レッスンに勉強に…と予定がぎっしり。

覚悟の一週間となります!



こどものピアノコースご紹介ムービーです。

URL: youtu.be


ライン@始めました。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。

↓こちらです!

友だち追加


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からもどうぞ。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp


市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com



スマホからご覧の場合ココをクリックしていただけると電話がつながります。 090-2650-5470

テーマ:
こんにちは。

市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。

下総中山から9分、本八幡からも15分です。

子どものピアノコースについては、別のブログでご紹介しています。


作曲家の春畑セロリ先生のご著書『春畑セロリの妄想ピアノ部日記 超キュートな大人たち』


を冬休み中に読了しました。




いろんな大人が、それぞれの愉しみ方で「大人のピアノ」を謳歌しているさまが描かれています。



これってうちのピアノ教室のことかも?!


うちの「大人のオフ会」のことかも?!


と何度も思いながら、



また、せっかくオフ会するならうちもこういうの取り入れてみようかなとヒントをいただいたり、


とにかく私には面白く、共感することいっぱいで、ためになった本でした。



たぶん、大人の生徒さんをお持ちのピアノの先生や、


大人の生徒さんご自身には、


どこかしら共感できたりするのではないかなと思います。




折しも、昨年あたりから漠然と、「大人の音楽部」を作りたいなと思っていたところ。


セロリ先生の「妄想ピアノ部」ほど本格的な事前学習をわたしがご提供できるかはわからないけれど


(「妄想ピアノ部」の大人の遠足では、事前学習としてその道のプロからレクチャーをがっつり聞く時間があったりします)、



そして一方、

「妄想ピアノ部」ほどゆるくなく「部活」をやってみたいわたし。



どんな人だって、自分なりに音楽を愉しめたらいいじゃない


というセロリ先生のお考えに大きく大きく頷く一方、



何でもいいからやる!という部活チックなことも、昭和を生きてきた大人たちには意外と「くるしたのしい」んじゃないかなと思ったり。



そんな「苦しくて楽しい」ことをしながら、

大人のピアノの生徒さんたちに、和声感とか調性感覚とか、ぼんやりとでも身に着いたら、

もっと譜読みがラクになるし、もっと音楽を大きくとらえられるんじゃないかと思ったり。


音楽史に少しでも思いを馳せられたら、また違った音楽の愉しみ方ができるんじゃないかと思ったり。



というわけで、来年度、大人の生徒さんを対象としたミニイベントを計画しています!



一昨年度行った「大人の遠足」については、候補地は3つも4つもあるし

(来年度実際に行くのは1回が限度でしょう…)、


昨年度は開催しなかった「レクチャーコンサート」も、やります!


(たぶん、4月某日。ほぼわたしの中では決まっているのだけど、あとは「エイッ!」と告知してひたすら準備するのみ…)


既に5月には楽譜セミナーを開催することも決めているし、


発表会に向けて弾き合い会も行うことになるでしょう。



なんだか盛りだくさんになりそうです。



↓ 写真は、一昨年度に行った「池田奈生子ピアノ作品 レクチャーコンサート」のときのものです。


↓ 大人のオフ会は、年に数回開催しています。

ほかの生徒さんと交流できます。

URL: youtu.be


ライン@始めました。
ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。
また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。
(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)
ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、
あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。
↓ ご登録はこちら!

友だち追加


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記まで。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp

市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com


スマホからご覧の場合ココをクリックしていただけると電話がつながります。 090-2650-5470

テーマ:

こんにちは。


市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。


下総中山から9分、本八幡からも15分です。

このブログでは、子どものピアノ・コースについてご紹介しています。


大人のピアノ・コース、コントラバス・コースなどについては、アメーバブログでお伝えしています


(こちらです)。



インフルエンザが大流行していますね。



少し前からテレビでもさかんにそう言っていましたが、


近隣の小中学校でも、流行ってきたもようです。



昨年1月、「さあ!今日から新年のレッスンだ!!」という日からインフルエンザに罹ったわたしは、びくびくしながら過ごしております。



去年のレッスンの振り替えは、かなりつらかったので。




わたしがレッスンをできなかったときは、後日振替えレッスンをいたします。



生徒さんのご都合でお休みの場合は、既定の期日までにお申し出のあった場合のみ、振替えレッスンをさせていただきます。



したがって、生徒さんがインフルエンザに罹ったときには、申し訳ありませんが、振替えレッスンはいたしません。



お互いに生身の人間です。


わたし自身もいつ罹るのかわからない状況で、複数名の振替えレッスンをお受けするのは無理があると判断しました。




インフルエンザや結膜炎等、人にうつる病気の場合は、病院の指示に従ってお休みいただきます。



解熱して元気だからといってレッスンに来る、ということのないようにお願いいたします


(今までそういうことはなかったですが、他のピアノ教室の先生から聞いたことがあります)。



どこで線引きするのか、ピアノ教室ごとにさまざま悩んでいらっしゃるようですが、


今のところ当音楽教室では、ご家族が罹患した場合や、学級閉鎖などの場合、レッスンはお受けしています。


一応、マスクをするなどして周囲への配慮をお願いいたします。




ほんとうは、怖いですけれどもね…


でも、小さい生徒さんの場合、レッスンが始まって少ししてから


「あのね、おかあさんインフルエンザなんだ」


と聞くこともあるし。




学級閉鎖については、「保菌者の可能性があるので外に出ないようにしましょう」という意味でお休みになるのが本来の意味ですから、


買い物や習い事など、外に出るのはいけないので、


ここについてレッスンを受けないというピアノ教室も多いかと思います。


でも、そういう意味では、家族にインフルエンザ患者が出たときもお休みいただきたい、となり、

でもそこに関しては学校対応がされていませんし…。


きりがないですから…今のところは、こうしています。



昨日、学年閉鎖でレッスンに来た子も、もちろんOKです。



心配してくださって教室規約を読み直してから来てくれたのだと、話してくれました。


こうしてちゃんと、学年閉鎖という事実を伝えてくれたことも、ありがたいです。



当音楽教室のような個人のピアノ教室は、お互いの信頼関係のもと、運営ができています。


皆さま、いつも本当にありがとうございます!!!




当音楽教室には、いろいろな小中学校の生徒さんが通ってきています。


先週は、若宮小学校の生徒さんがインフルエンザでお休みでした。


昨日レッスンに来た下貝塚中の子は、学年閉鎖になったとか!


一方、小栗原小学校では、先月の終業式前後に流行ったので、今は落ち着いていると聞いています。


昨日レッスンに来た大和田小学校の子は、クラスに一人インフルエンザの子がいる、と言っていました。


生徒さんの中で多い方の、鬼高小学校と中山小学校ではどうでしょうか、


レッスン時に聞きそびれましたが。



明日は子どもの生徒さんが一番多い土曜日。



みんな元気に来てくれるといいな。



…と締めくくろうとした矢先、

今日レッスンの富貴島小学校に通う生徒さんのお母さまから

「発熱したのでレッスンお休みします」と連絡が入りました。



インフルエンザでないと良いのですが。



みんな、綱渡りのこの時期。


がんばりましょう!!



こどものピアノコースご紹介ムービーです。

URL: youtu.be


ライン@始めました。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。

↓こちらです!

友だち追加


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からもどうぞ。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp

市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com


スマホからご覧の場合ココをクリックしていただけると電話がつながります。 090-2650-5470


テーマ:
こんにちは。

市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。

下総中山から9分、本八幡からも15分です。


「ピアノの先生」というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?



わたしは、かたくなに「ピアノの先生にはなりたくない」と思っていたのに

(ピアノの先生にかぎらず「先生」というものに自分がなるなんて生意気だろと思っていました)


実際になってみたらとっても楽しく、やりがいがあり、どっぷりピアノの先生をしております。



すっかり生意気に、日々レッスンさせていただいております。


そんなわたしは、「ピアノの先生っぽい」と形容されることがときどきあります。



「ピアノの先生っぽい」って、どういう感じなんだろう? と素朴な疑問として思うわけです。



そこで、娘に聞いてみました



「優雅で、お上品というか、学校とかとは違う時間が流れているというか…」。



さて…我が身を振り返る…。


優雅でお上品かどうか…については、


上記のように言った直後に娘が私を見て笑っていたので、推して知るべしですけれど…、



たしかに、日常とは違う時間をご提供しているのが、レッスン室での時間かもしれませんね。




わたしは子どもの頃、外で大人と話せない子でしたが、


ピアノの先生との二人きりの時間の真ん中にピアノがあるという関係が、とっても気に入っていたように思います


(しゃべらないわたしに、先生はお困りだったことと思いますが)。



学校で時間割に追われて過ごす時間とは、もちろん全く違うし、

友だちとゴム跳びをしている時間、家でゴロゴロしながら読書をしたりテレビを観たりする時間とも、全く違う、


ゆっくりと静かに流れる時間でした。



ところで、最近、お友だちでピアノとエレクトーンの先生が、金髪に染めましてね。



ビックリしたけれど、自営業なんだもの、自分で決めて好きなようにすればいいんですよね。



わたし自身、「ピアノの先生らしく」見えるらしいところに甘えているかもなぁ、なんてぼんやりと思うこの頃。




もしかして、次に生徒さんがレッスンにいらしたら、金髪になっていたり…はないと思いますけどね。



今のところ、わたしはこんな感じ…

(写真は、12月のクリスマス会の講師演奏のときのものなので、「よそゆき」の顔です、笑)。





こどものピアノコースご紹介ムービーです。

URL: youtu.be


ライン@始めました。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。

↓こちらです!

友だち追加


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からもどうぞ。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp


市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com


スマホからご覧の場合ココをクリックしていただけると電話がつながります。 090-2650-5470