広島旅行日記~帰宅~

テーマ:

ども。


 ちゃぱ です m(*_ _)m



書きたいことが多すぎです。。。

明日は忙しいので明後日一気に書こうかな。。。


今日は会社の健康診断&ちょっと特別な先輩達との飲み会。


社会人になることにワクワクしてたけど、

一気に危機感で一杯になりました。


研究所での飲み以来です。

あんだけ飲んでて素面になったの。


とりあえず、僕は良い戦場を選べた気がします。


4月1日からは頑張るのみです。


******************************************


4日目。


広島から帰宅の日。


僕は9時前くらいに起床。


起きると洗濯物が全部たたんである。


んで、ちゃんと朝食を取って、

二人と話しながら荷物を詰め込む。


駅までは徒歩でも10分かからないくらいだから、

余裕を持ってお話も出来た。


前日のサンフレッチェ戦の話で盛り上がってる間に、

家を出る時間に。


僕は一人で駅に向かうつもりだったけど、

おじーちゃんが広島市内に用事があって一緒に行くことに。


おばーちゃんは玄関でお別れ。



玄関の階段を下りて。


僕は


「 今回はいろいろありがとう。とっても楽しかったよ。 」


って言うと、おばーちゃんも


「 おばーちゃんも楽しかったよ(^^) 」


って。


んで、僕はその後の間をどーしたら良いか分からず、

「またね。」と言いながらおばーちゃんにハグをしました。


そしたら。


そんなことに慣れてないおばーちゃんは、

一瞬どうしたら良いのかわからず身体をこわばらせたけど、

すぐに僕をぎゅっとしてこう言いました。


「 おばーちゃん、一度で良いから、亮ちゃんにこうしてほしかったんだ。 」


って。


そう言ったおばーちゃんの目と顔は赤くなってて、

今にも泣き出しそうでした。


それを見た僕は奥歯をかみ締めて堪えるので精一杯。


ハグしたときのおばーちゃんはとっても小さかったです。





おばーちゃんは古風な言葉遣いな人なので


「 バイバイ。 」 じゃなくて 「 さようなら。 」


って。




何度も振り返って手を振りました。




JRで広島まで行って、おじーちゃんとお別れして、

僕は一路、横浜へ。






大学院を卒業する友達はみんな、

海外ですごい景色を見たり、いろんな経験をしたって言ってた。



でも、僕の経験も何物にも変えがたい、

とても貴重なものになりました。







社会人になるのに、とりあえずのところ、

ガソリン満タンです◎




それでは。






今日の僕の一言


【 またかえります。 】

AD

コメント(4)