加賀中の数学の特長は何といっても大問数の多さです。

つまり、『正確性』×『スピード力』が求められます。

 

今、ご自宅での勉強具合はいかがでしょうか?

 

 

数学のワークに手が付けられていない。

 

 

これは正直マズいです。

 

加賀中の数学の特長として、問題数が多いことを先ほど

書きました。この時点で手を付けられないと以下の現象が起こります。

 

 

人間、難しい問題になぜか、気をとられてしまうので、

 

基礎を軽視→できない応用ばっかり練習する

 

 

当然できないので、やる気もあがらない。

 

そして、ギリギリに勉強始める。

 

→点数がめちゃめちゃ(´◉◞౪◟◉)

 

この負のスパイラルに突入します。

 

その為にも、あえて計算練習をいっぱいしましょう。

 

応用問題は捨ててください。

 

 

計算練習がいっぱいできて初めて応用問題です。

 

 

始めは応用問題捨てるぐらいのつもりで、基礎!

 

 

特に2年生は計算分野なので「マイナス」の付け忘れを

しない!

 

これにつきます。

 

 

私のデータだと、丁寧に解く生徒と、適当に計算(字が汚いも含む)

では20点ほど差が出るテストです。

 

 

何回も言いますが、「マイナス」が一番気を付けるところです!

 

http://www.nlabstudy.com/