種から育てたカンナが元気に咲き始めました~!

 

 

カンナが種から育つことは・・・何年か前まで知らなかったわたしです。

 

初めて種をまいたのは2014年の5月でした。

 

種から育てるので一年草だと思ったのが、球根から育てるカンナと同じように冬を越して春になると新しい芽が出て花を咲かせてくれるんです。

 

これが種から育てた5年目にのカンナ‘サウスパシフィック スカーレット’は今年も花を咲かせています。

 

そして通販カタログで見つけたこのカンナの種にチャレンジしてみることに。涼し気なアイボリーです。

 

黒い丸い種をまいたのが無事に発芽した画像がこちら。

 

 

カンナはこの後の生長が早いです。6月にはこのようにすっかりとカンナらしく!

 

 

矮性品種なので、花壇でも場所を取り過ぎなくてコンパクトなのがいいですね。

 

 

カンナF1‘サウスパシフィック アイボリー’

 

 

カンナ‘トロピカルローズ’は優し気なローズ色。

 

まだ咲き始めたばかりですが、10月頃まで咲くようなので楽しみが続きます。

 

苗を買うと結構な値段なのですが、種だと一粒が40円くらい。お財布にも優しいですね。

 

でも何よりも嬉しいのが、小さな種がこんなにすくすくと育って花も咲いたことです。

 

《そろそろトマトの収穫もおわりに・・・》

 

種から育てたトマトの収穫もそろそろ終わりに・・・ ほぼ自給自足でここまできました。

 

 

今シーズンよく作ったのがツナと玉ねぎのっけのトマトサラダなんですよ~

 

ツナ缶(小)にみじん切りにした玉ねぎとマヨネーズと黒コショウを混ぜ、輪切りのトマトに乗っけただけの簡単トマトサラダです。

ツナ缶は汁ごと使うとボサボサしなくてしっとりと美味しく食べられますね。

 

今日もご覧くださってありがとうございます♪