ほめ達!西村貴好オフィシャルブログ

ほめ達!西村貴好オフィシャルブログ

世の中を明るくし、真に豊かな社会を実現する日本ほめる達人協会 理事長 西村貴好のブログです。



■西村貴好への講演依頼・お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。
■ほめ達メルマガ配信中!登録はこちらから
NEW !
テーマ:

毎日が楽しくて仕方がない。

お仕事、お仕事、お仕事の毎日なのですが、

日々、新しい気づきや発見がいっぱい。

 

少しずつ、少しずつ、変化・進化・成長できている実感がある。

毎日、走っているような状況なのに、充実。

走りながら充電できている、不思議な感じです。

毎日、1日の終わりには、燃え尽きた感覚で眠るのですが、

朝は、爽やかに、気力充実で起き上がる。

毎朝、「ここは何処?」「今日の最初の予定は、何時から?」と自分の居場所・行動確認から始まる朝なのですが。(笑)

 

今も、明日の取材からの企業研修、そして音声収録という予定が楽しみで仕方がない。

早く明日になってほしい!その次の日の予定も、待ち遠しい。

こんな毎日を過ごせている、これが幸せということなのだと、

実感しています。

自分の命を生かし切る、

自分の能力を活かし切る、

ただ、いま目の前のことに全力で。

損得を考えず、自分と誰かの笑顔のために。

 

あせらず、たゆまず、ちょっと無理して

 

1日を過ごすと、これまで見えなかった世界が見えてくるようになる。

自分がびっくりするような環境で仕事ができるようになっている。

謙遜せずに言うと、

まるで、イチローさんのような生き方。

さらに、

時間を味方につける生き方、これが「ほめ達!」。

 

きっと、人生の最期の言葉は、

「後悔など、あろうはずがない!」


テーマ:

自分の居場所が、ある。

 

歓迎される場所がある。

自分が誰かの役に立っているという実感を得られる場所がある。

何もしなくてもいい、

ただ居るだけでも認められている感じがする。

 

じつは、これこそが皆が求め、

そして、

なかなか求められないもの、なのではないのでしょうか。

 

一つでもいいから、そんな場所があるだけで、

人は生きていける。

 

一つある人は、また次の場所も見つけることが出来ます。

最初の一つさえ見つけられれば、そこから先は、一気に楽に。

 

逆もまた真なり。

いま、自分の居場所が見つからなくても、

すべての人から否定されたわけではない。

ただ、違うところに居場所を見つければいいだけ。

そう考えられると、これまた一気に考え方が楽になります。

生きていくことが楽になります。

 

自分の居場所は、いつでも見つけられる。

どこかに必ずある。

 

一つ見つけられたら、あとは幾つでも見つけられる。

最初の一つ、これだけを気長に探す。

 

もし、見つけられていないという人がいれば、

ぜひ、「ほめ達!」がいる場所に来てみてください。

間違いなく、そこがあなたの最初の居場所となります。

 

あとは、増やすだけ。

 

「ほめ達!」があなたの最初の居場所、あるいは、

次の居場所になること、約束させていただきます。

 

人生の居場所、さらに増やしていきませんか。


テーマ:

昨年から、もっというと、

数年前から種蒔きをしてたプロジェクトがいよいよ、

この春、そして5月から走り出します。

正式発表できるのは、

二つは4月末、もう一つは6月の初めになる予定です。

 

「ほめ達!」を知らない人のために、もっとシンプルに「ほめ達!」をお伝えするコンテンツ。

 

「ほめ達!」の資格を持っている人が、日常の中で「ほめ達!」をスマホに入れて持ち歩ける仕組みづくり。

 

地域活性化の起爆剤として、「ほめ達!」を活用する取り組みのスタート。

 

それぞれ、ワクワクするものばかり。

そして、どれも多くの方のお力をお借りしないと実現しないものばかり。

これから、どんどんお力をお借りするお声がけをさせていただくつもりです。

ぜひ、「ほめ達!」の普及にお力をお貸しくださいね。

発表できるものから、どんどんお知らせしていきます。

楽しみにお待ちください。

 

この3つ以外にも、

芽吹きそうなものがいくつかあります。

カレンダーがどんどん埋まっていきます。

ジグゾーパズル理論で、たくさん助けてもらいます。

そう!
「ほめ達!」くんのように。

 

「ほめ達!」くんの絵本を世に出すことも、

もう一つのプロジェクトです。


テーマ:

今日、ABCラジオの収録でした。

桂吉弥さんと八塚彩美さんの「とびだせ!夕刊探検隊」という番組。

八塚彩美さんとは過去、「おはよう朝日土曜日です」番組でご一緒させていただいたことがあったのですが、桂吉弥さんとは初対面でした。

何を隠そう、私は大の落語好き!吉弥さんの師匠である桂吉朝さんのお噺も大好きでした。

※桂吉朝師匠は、残念ながら若くしてお亡くなりになりました。

吉朝師匠は、芝居噺を十八番とされて、大ネタ「地獄八景亡者戯」(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)などが有名ですが、

私は、吉朝師匠のちょっと肩の力の抜けたお話ぶりが大好きで、

「崇徳院」や、マイナーですが「化け物使い」がお気に入りでした。

特に、「化け物使い」の中の口入屋のシーンで、最初に二人に言い忘れる場面、何回聞いても吹き出してしまいます。

 

今日は、前からお会いしたかった吉弥さんにお会いできて、

最高に素敵な時間を過ごすことができました。

「ほめ達!」やっていて本当に良かったと思える時間のひとつです。

今日の収録のラジオ、放送予定は、

3月25日の午後5時25分からの予定です。

 

在り難い。

感謝!

在り難い!・・・本当の意味は、It's a miracle!

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

どれぐらいの密度で人生を生きるのか。

あまり考えることってないですよね。

 

朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、

いつものルーティン。

予定をこなし、やるべきことをやり、

その後に少しの自分の楽しみの時間を持つ。

ただ、その繰り返し。

無事是名馬と、何事もない日常を過ごす。

 

これも素晴らしいことなのですが、

一度きりの人生、限りある命なら、

濃い、濃ゆい人生を生きたいですよね。

 

なかなか自分だけの意識では、

人生の密度を濃くすることは難しいのかもしれません。

人生の密度とは、すなわち1日の時間の使い方でもあるのですが、ついつい易きに流れてしまう。

まさに私自身がそんな性格です。

私ほど怠け癖のある人はいないのではないかと思うほど。

だからこそ、怠けられない環境を作っています。

毎日のように講演会や研修・セミナーに出かけ、

事務所にいる時には、それこそシャワーのように対応すべき案件が降り注いできます。

その対応は、できる限り、即対応、瞬時対応を心がけています。

 

さらに、人生を濃くするため、

仕事の種蒔きも念入りに行っています。

私は、こんなことが出来ますよ。

こんなことでお困りではないですか。

実際にお役に立たせていただいた例がこちらです。

 

最初は、蒔いた種、なかなか芽吹かないのですが、

あせらず、たゆまず、ちょっと無理して、

種蒔きをしていくと、

気がつくと、周りがお花畑に。

さらに、その花が実となり、果実に。

その収穫が次の仕事となる。

 

今日も、果実の収穫のお仕事の依頼を頂戴しました。

 

「ほめ達!」という生き方は、

人生の密度を高める生き方であることに間違いないようです。

 

怠け癖の権化の私が、

日々これほど、自分の時間と能力を活かしきって生きているのですから。

Ameba人気のブログ