今日は初めてSinzに家族を連れていきました。









子供はつり輪で絶対に遊ぶ説は間違いない。








次男も何気に参加。





クラス後はアンパンチとアンキックの指導。








顔だけは一丁前に選手レベル。







良い感じです。

 






やる気だけはみなぎっています!!








最後はみんなでパシャり。




新しいSinzキッズも加わり一丸となって「強く厳しく、時折楽しく」やっていきます。



とりあえず、壊れない体作りの為、8月の初合宿(二部練)や!!








多方面から色々と話を聞きます。


指導者のエゴで、子供達が壊されないスポーツ界になってほしい。


大事なのは「大人になってから」


子供の期間は一瞬で、競技人口も少ないし、そもそも子供自体が減っている。
圧倒的に大人でいる期間は長い。
選手人口も年齢幅でドカンと増えていきます。
必然的にレベルも上がります。
そりゃ生活を賭けてる選手もゴロゴロいます。
子供のうちから怪我した人間が勝ち残っていける甘い世界ではないと思う。




スポーツに細かい怪我は付き物、大きな怪我は防げる。



そうゆう事を大切にしていきたいと思います。