昭和四十五年(一九七〇)十一月二十五日、作家・三島由紀夫(四五)が東京都新宿区市ケ谷本村町の陸上自衛隊東部方面総監部の総監室において割腹自刃した。
これは、その直前に総監室の外のバルコニーで三島氏が行った演説の全文である。




   (注:………は、聞き取り不能)
三島「私は、自衛隊に、このような状況で話すのは空しい。しかしながら私は、自衛隊というものを、この自衛隊を頼もしく思ったからだ。こういうことを考えたんだ。しかし日本は、経済的繁栄にうつつを抜かして、ついには精神的にカラッポに陥って、政治はただ謀略・欺傲心だけ………。これは日本でだ。ただ一つ、日本の魂を持っているのは、自衛隊であるべきだ。われわれは、自衛隊に対して、日本人の………。しかるにだ、我々は自衛隊というものに心から………。
 静聴せよ、静聴。静聴せい。
 自衛隊が日本の………の裏に、日本の大本を正していいことはないぞ。
 以上をわれわれが感じたからだ。それは日本の根本が歪んでいるんだ。それを誰も気がつかないんだ。日本の根源の歪みを気がつかない、それでだ、その日本の歪みを正すのが自衞隊、それが………。
 静聴せい。静聴せい。
 それだけに、我々は自衛隊を支援したんだ。
 静聴せいと言ったら分からんのか。静聴せい。
 それでだ、去年の十月の二十一日だ。何が起こったか。去年の十月二十一日に何が起こったか。去年の十月二十一日にはだ、新宿で、反戦デーのデモが行われて、これが完全に警察力で制圧されたんだ。俺はあれを見た日に、これはいかんぞ、これは憲法が改正されないと感じたんだ。
 なぜか。その日をなぜか。それはだ、自民党というものはだ、自民党というものはだ、警察権力をもっていかなるデモも鎮圧できるという自信をもったからだ。
 治安出動はいらなくなったんだ。治安出動はいらなくなったんだ。治安出動がいらなくなったのが、すでに憲法改正が不可能になったのだ。分かるか、この理屈が………。
 諸君は、去年の一〇・二一からあとだ、もはや憲法を守る軍隊になってしまったんだよ。自衛隊が二十年間、血と涙で待った憲法改正ってものの機会はないんだ。もうそれは政治的プログラムからはずされたんだ。ついにはずされたんだ、それは。どうしてそれに気がついてくれなかったんだ。
 去年の一〇・二一から一年間、俺は自衛隊が怒るのを待ってた。もうこれで憲法改正のチャンスはない!自衛隊が国軍になる日はない!建軍の本義はない!それを私は最もなげいていたんだ。自衛隊にとって建軍の本義とはなんだ。日本を守ること。日本を守るとはなんだ。日本を守るとは、天皇を中心とする歴史と文化の伝統を守ることである。

おまえら聞けぇ、聞けぇ!静かにせい、静かにせい!話を聞けっ!男一匹が、命をかけて諸君に訴えてるんだぞ。いいか。いいか。
 それがだ、いま日本人がだ、ここでもってたちあがらなければ、自衛隊がたちあがらなきゃ、憲法改正ってものはないんだよ。諸君は永久にだねえ、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ。諸君と日本の………アメリカからしかこないんだ。
シビリアン・コントロール………シビリアン・コントロールに毒されてんだ。シビリアン・コントロールというのはだな、新憲法下でこらえるのが、シビリアン・コントロールじゃないぞ。
 ………そこでだ、俺は四年待ったんだよ。俺は四年待ったんだ。自衛隊が立ちあがる日を。………そうした自衛隊の………最後の三十分に、最後の三十分に………待ってるんだよ。
 諸君は武士だろう。諸君は武士だろう。武士ならば、自分を否定する憲法を、どうして守るんだ。どうして自分の否定する憲法のため、自分らを否定する憲法というものにペコペコするんだ。これがある限り、諸君てものは永久に救われんのだぞ。
 諸君は永久にだね、今の憲法は政治的謀略に、諸君が合憲だかのごとく装っているが、自衛隊は違憲なんだよ。自衛隊は違憲なんだ。きさまたちも違憲だ。憲法というものは、ついに自衛隊というものは、憲法を守る軍隊になったのだということに、どうして気がつかんのだ!俺は諸君がそれを断つ日を、待ちに待ってたんだ。諸君はその中でも、ただ小さい根性ばっかりにまどわされて、本当に日本のためにたちあがるときはないんだ。」
*野次の声「そのために、われわれの総監を傷つけたのはどういうわけだ」

三島「抵抗したからだ。憲法のために、日本を骨なしにした憲法に従ってきた、という、ことを知らないのか。諸君の中に、一人でも俺といっしょに立つ奴はいないのか。
 一人もいないんだな。よし!武というものはだ、刀というものはなんだ。自分の使命………。」

*野次の声「それでも武士かぁ!それでも武士かぁ!」
三島「まだ諸君は憲法改正のために立ちあがらないと、見極めがついた。これで、俺の自衛隊に対する夢はなくなったんだ。それではここで、俺は、天皇陛下万歳を叫ぶ。
 天皇陛下万歳! 天皇陛下万歳! 天皇陛下万歳!」
http://www.geocities.jp/kyoketu/61051.htmlより。




三島氏はマイクを使わずに演説をしたため、演説の大半は頭上を飛び交うヘリコプターの騒音にかき消されてしまって聞き取れる事は出来なかったらしい。
しかも、なんとか聞き取れた三島氏の言葉に対して自衛隊員達は野次を飛ばしてからかい反発した。戦力放棄を謳った憲法を否定し、自衛隊に対して「共に起ち、義のために死のう」と呼びかけた「檄」がバルコニーから撒かれたが、隊員の誰一人として、三島のもとに駆け寄ろうとはしなかった
自衛隊員は三島氏の日本という国家を憂いた訴えに嘲笑で答えただけだった。
その為、当初30分予定されていた三島氏の演説は7分間で終了となった。

自衛隊員は三島氏の自衛隊を本来在るべき国を守る組織に戻し、そして日本人本来の姿に立ち返れという言葉を拒否したのだ。


それから三十八年以上の月日が流れて今の自衛隊員はどう変わっているのだろうか?
私はmixiで複数の自衛隊のコミュニティにも入っているが、その何れのコミュニティでも政治に関する議論は禁止になっており、話されている内容は自衛隊員との恋愛についてとかたわいもないものばかりである。
正直、うんざりしている。

現首相である福田康夫は自衛隊の最高指揮官であるのにも関わらず自衛官からの栄誉礼を拒否している。
普通の国家の軍隊ならこの様な最高指揮官に対して何らかの反発ぐらい表明するのではないだろうか?
しかし、日本の自衛隊からはその様な声は全く聞こえて来ない。

本来、日本の国益の為に存在し国防を授かっている自衛隊なのにその責務が今の憲法で完遂する事が不可能なのに それに異を唱える現役自衛隊員の声は未だに聞こえてこない。
三十八年以上経っても自衛隊員の気質は何も変わって無いのだ。

普通の国家なら、ここまで政治が腐敗し国家存亡の危機に陥った状態になれば国民や軍が何がしらの行動を起こすものだが、今の日本に於いては国民も自衛隊員もその多くが戦後レジームにどっぷり浸かった 反日サヨクのマスコミに洗脳され現実を直視出来て無い為に何れもその様な動きをする気配も無い。