美食忍者

美食忍者

美食忍者のくらしの中から、食の情報や心にのこった出来事をシンプルにお伝えします。

この日は木曜日。


午後からは、職場を離れて小松島市の南部で仕事をします。


ならば、マイレビさんが行かれて気になっていた、あのお店に行ってみよう!


実は友人のTくんからも、「魚屋さんがやってるお店があるから、忍者行ってみたら」と、貴重な情報を得ていたのです。持つべきものは友達ですねm(_ _)mアザース


R55を南下、右折すると阿南市那賀川町の人気精肉店「のべ」、同じく人気のケーキ屋さん「高市」があります。そして、しばらく道なりに車を走らせると、何となくそれらしきお店が正面に見えてきます。



店名は、「おさかなひぐち」。


どうも、建物の向かって左側が鮮魚店、右側が食堂になっているようです。


店内に入ると、既に7〜8人のお客さんが食事をされていますね。


私は、案内されたカウンター席に座り、ランチメニューを確認します。



・本日の海鮮丼 1000円

・本日のおさしみ定食 1000円

・サービスランチ 1000円

・日替りフライ定食 600円

・あぶり鯛漬け丼 1000円

・まぐろ漬け丼 1000円

・サーモン漬け丼1000円

・お子さまうどん300円


配膳カウンター上の単品メニューには、




・地物焼きあじ 400円

・焼き塩さば 300円

・ハモの湯引き梅肉 600円

・サバのみそ煮500円

・鰆のたたき 600円

・ハモの天ぷら600円

・カツオのたたき600円


などがあります。


これらは、+200円で定食になるようです。


※料金は全て税込です。


海鮮丼、おさしみ定食、サービスランチの3つで迷いましたが、平日限定という四文字熟語に惹かれて、サービスランチをオーダーです。


しばらくして、お盆に載ったサービスランチが到着しました。



まずは、おみそ汁の味を確かめましょう。



さすが魚屋さんのおみそ汁。魚のいい出汁が出て、とても美味しいですね。


刺身は、鯛とマグロとタコの3種盛り。刺身定食の場合は、ハマチ、イサギ、ハモが入った6種盛りになるようです。



鯛はいい感じの歯応え、マグロは脂を感じさせない若い魚のようです。タコは生ではなく、さっと湯を通しています。こちらの歯応えも(o^^o)g”


フライは3種類、たっぷりのタルタルソースとレモンが添えられていて、結構ボリュームがあります。



ご飯はまずまずの盛りですね。刺身はご飯とよく合うし、胡瓜の酢の物や、大根の浅漬けもあるので、ご飯好きの人は+50円で大盛りにするのがいいかもしれません。


他のメニューも食べてみたいし、鮮魚売り場には、どんな魚が並んでいるのかも気になります。


でも今日は、午後の仕事の時間が迫ってきたので、次回訪問した時に調査することにしましょう。


ご馳走様でした(o^^o)/ にんにん