こんばんは!二ノ宮ゆいです。






久々に、珍しくブログを書いています。笑


今回はひとりごとに近い感じなので、かるく読んでもらえたら嬉しいです笑





今月出演する舞台、劇団おぼんろさんの「瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった」



本番が近付いて、稽古もセットがある状態での集中稽古に入っています!

共演者のみなさんともだいぶ打ち解けることができ、私もすごくやる気で満ちています。




ひたすら役について考えて、それを表現として出してみて、でも全然足りてなかったり、また違う解釈になったり。


壁にぶつかってばっかりで、お仕事を始めたてのときの気持ちが頻繁に蘇ってきます。


ずっと心が揺さぶられて、すごい感情的になってる自分がいて、、


でも感情がずっとゆらゆらしてるのって、結構エネルギーを使うことでもあるので、大変なことだと思うんです。


だから昔の私は「辛い、逃げたい」ってなっていたのですが、今はこの心の動きを大切にしてあげたいって思えるようになっていて、自分でも驚いています。


何もわからずもがいていたときから数年、少しだけど、成長できたんだなって思えました。



沢山感じ取って、役者としてもっともっと成長したい。


そんなことを考えている今日この頃です。




残りの稽古期間、集中力高めて、できる限りのことをしたいと思います。


ぜひ、舞台見に来て貰えたら嬉しいです!





それでは!おやすみなさい🌙









p.s.これ千秋楽後とかで言うやつじゃない?って書き終わって思ったけど、きっと千秋楽のころにはもっと色んな気持ち抱えてると思うので、これはこれでよしとしました