しのブログ=Today's ouzou

えがきびと ninko ouzou. blog
日々の絵、活動お知らせ、日記

日々 散文。
日々 散心。
日々 それらを見繕う。
日々 それらを紡ぎ落とす。

双葉2017年の展示、Show予定(随時更新予定)双葉



■アートコンプレックスセンター10周年記念展 出展
The Artcomplex Center of Tokyo 10th Anniversary Exhibition
2017年8月5日(土)~8月13日(日)
11:00~20:00 最終日は17:00まで
Reception Party 8月5日(土) 17:00~
V.I.P. Preview 8月4日 ※招待券をお持ちの方のみ入場可能
http://www.gallerycomplex.com/schedule/Hall17/10th.html


■「KIOKU」
I.M.O. presents special Show/For Solo Exhibition of "ninko ouzou"
2017年9月8日(金)OPEN 18:30 START 19:30
3,500yen w/1drink
The Artcomplex Center of Tokyo地下ホールにて
★予約受付は 件名「9/8 KIOKU 予約」
本文にお名前、人数、ご連絡先を明記して
i-m-o@outlook.comまでご予約ください。
尚、会場は自由席になります。開場後、順次ご案内させていただきます。


■第16回『ハート・トゥ・アート』生命の壁画にて参加予定
開催日時 :2017年9月16日~18日
9月16日(土)※こどもフェア2017と共催(10~15時)
9月17日(日)~18日(月・祝) 10~19時(予定)
メイン会場:セシオン杉並・展示室&中庭(杉並区梅里1-22-32)
http://www.heart-to-art.net/heart16.html


■「SakuとAmu」
一夜目「Saku」 9月29日(金)
二夜目「Amu」 9月30日(土)
出演:I.M.O.
会場:浅草リトルシアター
OPEN 19:30 START 20:00
学生:2000円
一般:3000円
※ 2日通しは5000円(一般のみ)
※ ご予約、お問い合わせはasakusalittle2017@gmail.comまで
※ 名前、日時、人数、連絡先を明記の上、ご予約ください。


■2017' ninko ouzou solo exhibition
2017年10月17日(火)~10月22日(日)
The Artcomplex Center of Tokyo ACT1にて

テーマ:

青山学院大学総合文化政策学部 ALTラボ 2017 プロデュース 
「SakuとAmu」浅草リトルシアター

無事終了しました。

 

ご来場いただきました皆様、

ALTラボ竹内先生、西川さん、坂内さん、しんさん、お手伝いに来てくださった皆様、

共演してくださったLuneSonneの近藤さん、坂野さん、ヴァイオリン脇田さん、

そして浅草リトルシアター、IMOの岩切さん、牧瀬さん、本当にありがとうございました。

 

今回ALTラボの学生の2人から「Saku」「Amu」というテーマをいただき、それらをI.M.O.とゲストミュージシャンで表現させていただくというなんとも貴重な体験をさせていただきました。

それぞれのテーマの解き明かしがALTラボのFacebookにアップされておりますのでご興味ある方は是非ご覧になってみてくださいね。

https://www.facebook.com/sccsALT/

 

 

一夜目「Saku」

ゲストミュージシャン:LuneSonne

 

副題は 〜柵ノナカデ・ジカンヲ割イテ・ワタシハ咲ク〜

 

心の奥に響く音、揺らぐ音、時に激しく、その中での軽快なリズム、優しさに満ちた世界。

今回のショーの為に作られたLuneSonneの二人が奏でる素敵な音の構成の世界にまみれながら「Saku」のイメージを我々I.M.O.が受け取り感じ取りながらそこに表れていく世界。

なんとも心地よく、時に沸き上がる激しい感情と共に、背中に浮かび上がる十字は、いつしか新しい色形へと変化していきました。

柵を作るのも、割いていくのも、咲かせるのも自分次第。自分の生きる一つの形。

柵ノナカデ・ジカンヲ割イテ・ワタシハ咲ク。

 

 

二夜目「Amu」

ゲストミュージシャン:脇田輝

 

副題は 〜ことばの網〜

 

脇田さんが今回の為に作られたテーマ曲と共に、空間に同化しほぼ即興で奏でられる音の数々の中、網目のように色んな思いが交錯していきました。

映像に浮かんでは流れ行く文字、文字、文字の形。

私はこのショーでは過去のトラウマの化身のような存在となりました。

捉えて捉えて、かき消され、それでも最後に過去の存在から希望のようなものを描き、またかき消される。でもそこに描いた形がたとえ消えようとも、そこに希望のようなものは、たしかに存在していて、いつかまた別の形で表れるかもしれない。ことばの網。

 

 

このショーは今までI.M.O.が演じてきたショーとはまったく違った新しい挑戦でした。

見ていただいたお客様がこれらをどのように受け止めて感じられたのか....

またテーマを掲げてくれたALTの学生の子達がどんな風に受け止めて感じられたのか....

公演後にお客様からいただいた感想を聞き、それぞれの受け止め方があって改めて私達も考えさせられました。

この後、皆さんに書いていただいたアンケートを読むのも楽しみです。

 

こんな風に表現の世界へ関わらせていただいている事に改めて幸せを感じ、

このような貴重な機会をいただき、本当に感謝しております。

そしてI.M.O.公演では珍しく(?)2日間とも秋晴れに恵まれ、たくさんの意味で良き浅草の日を過ごせました。

 

 

 

 

一夜目「Saku」公演終了後

 

 

 

 

二夜目「Amu」公演終了後

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

この度、青山学院の学生3名による企画制作にてアートパフォーマンスユニットI.M.O.にてShowに出演させていただく事となりました。

 

場所はI.M.O.も何度か公演させていただいている世界一小さな劇場「浅草リトルシアター」

お客様と演者の距離が近く、なんとも親しみのある味わい深い劇場です。

https://www.asakusa-alt.jp

 

 

青山学院大学総合文化政策学部 ALTラボ 2017 プロデュース 
「SakuとAmu」浅草リトルシアター
9/29(金) と 9/30(土)
Open 19:30 Start 20:00
出演 : I.M.O. 、 LuneSonne(9/29) 脇田輝(9/30)
料金 : 学生 ¥2,000 一般 ¥3,000 
(2日間通し ¥5,000)


ご予約、お問い合わせは下記まで。
asakusalittle2017@gmail.com
※お名前、日時、人数、一般or学生、連絡先を明記の上、ご予約ください。

(私に直接ご予約の場合は info@ouzou.net 、もしくはメッセンジャーなどでメッセージください)

 


また、ゲストには今回9/29にはLuneSonne、9/30には脇田輝さんをお招きいたします。

先日リハーサルをおこないましたが、はじめて目の当たりにしたハンマーダルシマーの演奏、
ウッドベースやジャンベ、アコースティックギター、そしてエレキバイオリンの音色....
今回のShowは素晴らしい音楽と共にそれぞれの物語へ皆様を誘います。
時に幻想的で、時に激しく、軽快で、陰鬱で、自由自在...。

両日ともテーマも違い、ゲストも違うため、まったく違うShowとなります。

どんな世界の中で今回物語が繰り広げられるのか....演じる私も今からとても楽しみです。
 

 

<LuneSonne> リュンヌゾンネ
ハンマーダルシマー奏者 近藤彩音とギタリスト 坂野いぶきによるデュオ。
世界中の美しく楽しい音楽を独自のアレンジで奏でる。伝統音楽や、クラシック、オリジナル曲などを演奏 。

ユニット名は Lune = フランス語で月、Sonne = ドイツ語で太陽 に由来。

"ハンマーダルシマー" Hammered Dulcimer
台形の木板に無数の弦が張られた打弦楽器。
倍音豊かで魅力的な音色が特徴。ピアノの起源とも言われている。

 

・近藤 彩音 マルチパーカッショニスト、ハンマーダルシマー奏者、作曲・編曲
東京音楽大学付属高等学校打楽器科卒業、国立音楽大学打楽器科中退。4才からピアノを始め、10才から打楽器を始める。チェコフィルハーモニー管弦楽団主席ティンパニスト ミハエルクロウティル氏にティンパニを師事。父であり指揮者の近藤久敦氏に音楽全般を師事。作曲・編曲は独学。
2013年3月、中国音楽理事会主催の国際音楽コンクールにて打楽器部門一位及び中国駐大阪総領事賞を
獲得。東京国際芸術協会の第57回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにて奨励賞を獲得。
現在、フリーの音楽家としてジャンルを問わず演奏活動を行なうかたわら、中学高校の吹奏楽部や一般吹奏楽団体での打楽器・音楽指導、個人レッスンも全国的にで精力的に行なっている。
2016年夏にハンマーダルシマーと出逢い演奏を始めると同時に、LuneSonneを結成。
絵描きHanane♪としても活動する。 

Official Page → http://www.music-scene.jp/hananek21/

 

・坂野 いぶき ギタリスト
幼少期から様々な音楽に興味をもち、7歳でギターを弾き始める。16歳から本格的な演奏活動を始め、
幅広いスタイルの音楽を取り入れた独自の演奏で、全国に活動の場を広げている。
ギターやウクレレの講師として、レッスンも精力的に実施。
1992年12月14日生、東京都国分寺市出身。 

ブログ「いぶろぐ」→ http://ibuki-bui.hateblo.jp
参加ユニット:
◯ 近藤彩音とのデュオ「LuneSonne」(World music.Classical music,Original song)
◯ ジャズマヌーシュギタリストとして「Oriental Shuffle」「gigu」「有田純弘カルテット」など
◯ 母・坂野 知恵(わらべうたうたい)との「0歳から100歳まで楽しめる”わらべうたライブ"」活動で全国の幼稚園・保育園などを巡業 (Japanese Traditional Children's Song) etc. . .
http://www.music-scene.jp/lunesonneduo23/

 

 

<脇田輝>
10代よりヴァイオリンの演奏を始め、 ジャズヴァイオリン奏者の大矢貞男氏に師事。
ケルト、北欧、ロマ、地中海、アラブ、昭和歌謡などの様々な音楽に触れた後、 
北インド古典音楽の即興性、旋律の曲線美に魅了される。
インドを代表するヴァイオリン奏者であるN.Rajam女史に2013年より師事し、
渡印を繰り返す。
声楽を曲線的に模し「こぶし」を表現するインドスタイルのヴァイオリン奏法を始めとして、多様なスタイルの特殊な奏法を取り入れ、
インド式変則調弦の5弦エレクトリックヴァイオリンも使用するなど、
ヴァイオリンをひとつの弓奏楽器として再認識し、
西洋クラシックとは異なるその魅力を追求している。 
http://hikaru-wakita.blogspot.jp

 

 

 

 

ガーベラ青山学院大学総合文化政策学部 ALTラボ のFacebookPageにこちらの公演に関する様々な情報がアップされておりますので是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/sccsALT/

 

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第16回ハート・トゥ・アート「生命の壁画」制作終了いたしました。

 

ご来場者の皆様、出展者の皆様、影で支えていてくださったボランティアスタッフの皆様、

壁画制作にお手伝いをしに来てくださった皆様、素材を提供してくださった各施設の皆様、素材をカットしてくださった皆様、

生命の壁画を共に制作した池平徹平さん、MINAKO ASAKURAさん、

そしてハート・トゥ・アート主催渡辺宏さんに心から感謝致します。

「生命の壁画」は本当に多くの方の力添えがあり成り立っているプロジェクトです。

 

 

●「生命の壁画」プロジェクトとは?
昨年秋におこなわれたハート・トゥ・アートにて画家の池平徹平氏により発足されたプロジェクト。

様々な人の想いが込められた「絵画作品」を集め、それを素材として用いてアーティストが「生命の壁画」にまとめあげ、さらに巡回展示をおこなう事で「心の交流」を目指します。

 

 

今年は保育園や小学校などの児童施設、杉並区内の高齢者施設や障害者施設などから集められた絵画作品、全部でなんと約2700パーツ以上。
これらの作品をカラーコピーし、それを切り抜いたものを使って、今回「池平徹兵」「ninko ouzou」「MINAKO ASAKURA」の3人のアーティストがそれぞれ10mの壁画を制作しました。

 

池平徹平作

 

MINAKO ASAKURA作

 

ninko ouzou作

 

 

 

 

 

制作期間3日間 + イベント初日に来場した子供達と共に生命の壁画は完成しました。

そして、絵を提供してくださったお客様が来場されてご自身の絵を発見されて「こんな風に作品になるなんて」と喜んでいるのを見て私も非常に嬉しくなりました。

 

 

テレビ取材を受けるハート・トゥ・アート主催の渡辺さん

 

 

 

 

 

一つ一つの絵のパーツはそれぞれに「生命」を感じさせる元々大変魅力的なものであったので、

私はそれらを使って、空から海、海から宇宙、それらが大地、そこに実る植物、果実、生き物達の様々な命の存在によって、個々の存在、そして自身がここに今在る、全て必要な事で繋がり巡っているという思いを描く事に全力で挑みました。

 

 

中心にいる自身のキャラクターの「ムスメ」はこの中では全てを内包する温かな媒体としての存在です。「ムスメ」の目は大陽と草になりました。このパーツも誰かが一生懸命描いてくれたものです。絶対に顔の一部にパーツを使いたかったのです。

ただ顔を描く事だけは避けたかった。それをしないと私がこの壁画で描きたい事に届かないし、意味がなくなると思っていたからです。誰もが見て、わかりやすい部分を作りたかった。

 

 

 

 

 

 

たまに愉快な物語を感じる部分も意識して。

 

 

そう、みんなにこの生命の壁画の魅力を知ってほしいという気持ちから、今回、見てわかりやすい、伝わりやすいものという事も制作の中で意識しました。

これは普段の自身の制作ではあまり考えられない事で、「生命の壁画」に携わったからこそ、描こうと思った事でした。

おかげで私の作家人生の中でも要となる作品の一つとなりました。

 

 

「生命の壁画」プロジェクトは非常に大きな可能性があるものであると、今回身を持って知る事ができた事に心から感謝です。

このプロジェクトは今後様々な作家に引き継がれ、どんどん発展していくものだと思います。

そして自分自身もこのプロジェクトに携わった作家として様々な展開を思い描き発展させていこうと思います。

 

 

本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日9/8(金)“KIOKU” I.M.O. presents special show with 唐ひづる、無事終了致しました。

 

来てくださった皆様、ACTスタッフの皆様、ギター・PA協力もりもりだよさん、照明・その他お手伝いのごっち後藤さん、片付けお手伝いあきやさん、衣装協力の大阪阿部服J.K.さん、星野ことりさん、そして一緒に共演してくださった唐ひづるさん、I.M.O.の岩切さん、牧瀬さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

今回私の個展のプレイベント(個展「Re: 記臆」-オクスルコトナクシルス-)にて4度目のACT地下ホールでのShowでした。

はじめて私からshowの基軸となる構成を考えさせていただいて、非常に慣れない事で苦しい部分もあり、また反省点ももちろん多くありますが、このShowをやる事ができて本当に心から思っております。


個展のステートメントから派生した物語が、こうしてまた新しい物語を仲間と紡ぐ事ができる事に喜びを感じ、私にとってもとても大切な節目のshowの一つになりました。

 

 

 

 

 

 

I.M.O.は今までミュージシャンとのコラボが多かったのですが、

今回唐ひづるさんの朗読と表現が入った事で、今まで視覚的、感覚的に強かったShowに深い物語性が出たと思ってます。

今回朗読していただいた言葉は私が記憶(KIOKU)の過程は

「記銘」「保持」「想起」「忘却」の階層から成り立っている事を知り、

これらを「起」「承」「転」「結」になぞり書いた詩と、それらを牧瀬さんが受け止め繋げるように答えるようにと言葉を紡いでくださったものが交ざり合ったものでした。

 

 

 

 

 

 

また、今回のShowにてninko ouzouが着ていた衣装は、
先月、人間展という展示に参加していた大阪阿部服J.K.さん、星野ことりさんの「あなたのいろ、わたしのいろ」プロジェクトのファッションインスタレーションのモデルになった時に作っていただきました。

服飾作家 大阪阿部服J.K.さんが今までおこなってきたプロジェクト「白い人」で使用している白いワンピースと、モデルが用意する様々な素材、材料を使用して、大阪阿部服J.K.さんが服を制作し、パフォーマンスの星野ことりさんがその服にモデルの心模様を描くという事でしたので、
せっかくだったら今回の「KIOKU」Showに繋がればよいなと考え、過去のライブペイントで布に描いた絵や、今までのShowで共に舞台上に在った衣装の切れ端、リボンの数々を使ってもらい、さらには今回の「KIOKU」Showで朗読する予定の言葉を二人に伝え、作っていただいたものです。

おかげさまでコンセプトそのものを身に纏い、Showに挑む事ができました。
素敵な衣装を本当にありがとうございました

 

 

 

終了後、出演者・関係者の皆で記念撮影。

 

 

 

もっともっともっと深い表現を目指して、これからのI.M.O.はさらに前進して参ります。

これからも何卒よろしくお願い致します。

(次回は9月29日、30日に青山学院大学総合文化政策学部 ALTラボ主催によるShowを浅草リトルシアターにて開催します。またすぐにお知らせ致します。

https://www.facebook.com/sccsALT/

 

※お写真はお客様からいただいたものを使用させていただきました。

たくさんお送りいただき本当にありがとうございます!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

2017’”ninko ouzou” solo exhibition 「Re: 記臆」

2017.10.17.tue-10.22.sun 11:00-20:00(Last day 11:00-18:00)
The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT1 にて
入場無料



記憶を忘れられない人がいる。
記憶を忘れて生きる人がいる。
記憶を忘れようと生きる人がいる。

複雑に絡み合う人々の意思と歴史と記憶の中で私達は生きている。

幾多にも層になったそれらが刃となるか生きる術となるか
過去の産物を今に活かす為に ふさいだ記憶をたまに開く行為をする。

きっと それらを語る事はやさしい事ではない。
私の中で それらの記憶はすでに風化しているのか、
それとも そもそも 経験としてもなかったものなのか。
本当にわからない事がある。


生まれる前から刻み込まれた原始の記憶。
ずっと身体に残ってる幼かった私の無邪気な残酷さ。
向き合い続ける己の性。
風化していく記憶の愛おしさの欠片。
通り過ぎた過去が時に愛おしくなるのはどうしてなの。

私は 臆することなく これらを記す。


==============================
新作ペインティング、過去の産物を今に活かすいくつかのシリーズ、ドローイングなどを中心に個展を致します。

なつかしい小僧シリーズも展示販売予定です。


【作家紹介】
大塚 忍
Artist Name:ninko ouzou
えがきびと/-Egakibito-
愛知県生まれ 東京都在住

主に女性、少女、キャラクターをモチーフとしている。時に抽象的。
現代に映し出される情景等を表現している。
流してしまいがちな人間の感情を生きる為の表現として産み落とし、
それらを紡いでいき、活きる事へと繋げていく。
愛すべき大切な闘いの軌跡としての表現。

近年では様々な表現者とのコラボレーション、ライブペイント、パフォーマンスなども積極的におこない、表現の世界を広げている。
アートパフォーマンスユニット「I.M.O」のメンバーとしても活動中。

>>>I.M.O. 
写真家・岩切等(I)、踊り子・牧瀬茜(M)、えがきびと・ninko ouzou(O)によるアートパフォーマンスユニット。 
2011年から断片的に動きだし、2012年の夏に長野県白馬の大自然の中で本格的に活動を始める。 
2013年はライブを中心に活動。様々な場所で、また様々なテーマを掲げて、そして様々なミュージシャンや表現者とのセッションの中でショーを創っている。 
リーダー岩切等が紡ぎ出す映像の世界の中で、牧瀬茜とninko ouzouが心と身体を絡ませる。
踊り子の肌に描き出されていくえがきびとの世界は、やがて踊り子の身体に染み込んでゆき、新しい生命体となって踊りだす。 
http://www.facebook.com/iwakiri.makise.ouzou
http://imo.doorblog.jp/


作家在廊日はブログ等でお知らせ致します。
◎Blog: http://ameblo.jp/ninkoouzou/
◎Twitter:  @ninkoouzou
◎FaceBook: http://www.facebook.com/ninkoouzou.kemozou

個展に関してのSNSのハッシュタグ「#re記臆」


【近年の展示・イベント略歴】
2017
ACT小品展(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
LIVE・LIFE・LOVE -Iの遺言 Mの寝言 Oの戯言-(荒木町アートスナック番狂せ/東京)
POTTER CAFE 5th Anniversary Exhibition(高円寺ぽたかふぇ。/東京)
C/STORE2017@渋谷ヒカリエCUBE 2Weekends Special(渋谷ヒカリエCUBE/東京)
アートコンプレックスセンター10周年記念展(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2016
ACT小品展(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
第13回ハート・トゥ・アート参加(主催:ハート・トゥ・アート)
YS invitation(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
100人のおやさいクレヨン画展(青森県立美術館コミュニティギャラリーA/青森)
ninko ouzou個展 Re: born(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)
X’mas ACT ARTIST EXHIBITION(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2015
ninko ouzou個展 xx ing xx(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

2014'
ninko ouzou個展 わすれめ むすびめ たねばらし(The Artcomplex Center of Tokyo/東京)

他 国内外問わず、アートフェア、展示多数。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。