京都の任意売却365日 株式会社アリオンのブログ

京都の任意売却365日 株式会社アリオンのブログ

京都をはじめ滋賀、奈良、大阪の任意売却は、株式会社アリオンの再出発サポーターまで!住宅ローンの滞納・競売・差押え、任意売却について、無料相談で解決します。お客様の自己負担はゼロ!任意売却により、競売を取り下げ、希望の再出発に向けて力強く伴走します。

株式会社アリオンは、滞納・自己破産・競売でお困りの方の問題を「任意売却」で解決します。
まずはお客様のお悩みをお聴きし、法律の専門家と協力し、少しでも有利に解決します。
早めのご相談ほど、選択肢があるのは確かですが、なかには「他社に任せていたが競売になってしまった」という事例も多数解決しております。

京都・大阪・滋賀・奈良を中心に、任意売却をお手伝いしています。
解決事例の一部を、HPにもお載せしています> お客様のお声
任意売却をしたいとお考えの方、どうぞお気軽に、お声がけください。競売取り下げに向けて、誠心誠意、伴走します。
また、任意売却後のアフターフォローも万全。法律など各分野の専門家パートナー諸氏と連携し、諸手続や引越についてもていねいにお手伝い。
あなたの未来が開ける、見晴らしのいい場所までご案内し、人生の再出発を応援します。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

任意売却 (京都・大阪・滋賀・奈良)でのご相談事例
→ 競売の場合
→ 自己破産の場合
→ 滞納 その他の場合

株式会社アリオン 代表取締役 児嶋雅幸のブログ
→ 京都のモーゲージプランナー 児嶋雅幸の住宅ローン相談室
$再出発サポーター MASAYUKIIが行く「任意売却365」-読者ボタン








Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
任意売却の専門家・株式会社アリオンです。

先日、吹田市にて任意売却の取引を行いました。

今回のお客様は、競売手続きが始まる前にご依頼を頂いていたのですが、ご依頼頂くのが少し遅くご依頼を頂いた時には債権者の社内では、競売手続きの準備中で競売と同時に進めることになっいました。

競売手続きが、始まると不動産業者などから多くの手紙や訪問があったそうです。
中には、高額の現金を渡すと提案してくる会社もあったそうで、その時には
「色々とお世話になってるのに、アリオンさんを途中で断ってもいい?」
と言われた時もありましたが
高額の引越費用等は、渡せる保証がない事などを説明し安易に信用しない方が良い事をご理解頂き、最後まで当社でお世話をする事が出来ました。

住宅ローンが払えなくなって、自己破産や競売になること等は、人生で何度も経験することではありません。ですから、お客様が高額の引越費用などの誘いに惑わされたり、手続きの中で不安を感じられる事もよくあります。

そんな中で、お客様とお金の繋がり(引越費用)ではなく、ひとりの人と人の繋がりとして、信頼関係を築くことを一番に業務を行うように常に心がけています。
ですから、引越費用の事などで出来ない約束は絶対にしません。


今回のお客様も、私の誠意が伝わり、信頼関係を築くことが出来たから、取引の日を迎える事が出来たのではないかと誇りに思います。


● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
任意売却解決事例
お問い合わせ
アリオンホームページ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

お電話でのご相談はこちらまで↓
任意売却365日 | 再出発サポーター が行く-フリーダイヤル




テーマ:
「任意売却の相談は、どんな会社にしたらいいのですか?不動産業者ならどこでもできますか?」

答えはNO、です。
やはり、任意売却の専門家になさるのが得策です。

任意売却は、一般の不動産取引とは全く違うノウハウがあります。

私たちのもとにも、「他社でお願いしていたら、とうとう競売になってしまった」と
ご相談に見えるお客様がおられます。

なるべく、「早めに、専門の業者に」がおすすめです。

<任意売却の得意な業者の見分け方のコツ!>

●専門の業者に依頼しましょう。

一般の不動産取引とは全く違うノウハウがあります。

●プロのスタッフがいるかどうかも目安です。

株式会社アリオンは、以下のような資格を取得しています。

モーゲージプランナー (住宅ローンの専門家)
ファイナンシャル・プランナー (家計、財務の専門家)
宅地建物取引主任者
貸金業務取扱主任者  

単に、任意売却の手順を知っているだけでなく、あらゆる方面からお客様をサポートします。

特に、弊社代表取締役児嶋雅幸は、「モーゲージプランナー」という資格を取得しています。
その理由は「住宅ローンの問題を、なるべく早期に解決したい。できれば大切な家を手放さずに済むように、早めにお手伝いしたい」ということからです。
あきらめないこと!自暴自棄にならないことが大切ですね。

各種専門家との連携も大切です

住宅のことだけでなく、債務整理や離婚、調停などさまざまな場面で頼りになる外部の専門家がいるかどうか。これも大切なポイントです。
アリオンでは、司法書士、行政書士、弁護士の先生方とパートナーシップを持ち、総合的に債務者であるお客様をサポートすることができます。




● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
任意売却解決事例
お問い合わせ
アリオンホームページ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

お電話でのご相談はこちらまで↓
任意売却365日 | 再出発サポーターが行く-フリーダイヤル




テーマ:
京都・大阪・滋賀・奈良で任意売却のご相談事例


このブログでは、京都で任意売却を行う株式会社アリオンにいただいた任意売却の事例をご紹介しています。
また、京都以外にも大阪、滋賀、奈良での任意売却もご相談をお受けしており、掲載しています。

ご相談いただく前の不安なお気持ち。
少しずつ解決に向かう時の、希望や明るい話題。

そういうお話も折りにふれて載せることで、
不安な方々のお気持ちに少しでも希望の灯が灯せたらと願っています。

→ 競売の場合
→ 自己破産の場合
→ 滞納 その他の場合


ここ2年ほどはなかなか blogの更新ができずにいますが、HP(ホームページ)のほうでは随時ご紹介していますので、そちらをご覧いただくと、さらに任意売却について詳しい流れなどがご理解いただけます。

 HPの事例もご覧ください ▼

京都で任意売却~株式会社アリオン お客様のお声




● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
任意売却解決事例
お問い合わせ
アリオンホームページ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

お電話でのご相談はこちらまで↓
任意売却365日 | 再出発サポーターが行く-フリーダイヤル



テーマ:
任意売却の専門家・株式会社アリオンです。

先日、京都府宇治市のお客様より任意売却のご依頼をいただきました。

「税金も滞納してしまい、現在は競売手続きに入っている。
このままでは引越しもできなくどうしようもない。何も手段がなかったのでどうしようか考えていたところなんです」と大変お困りのご様子でした。

60歳を過ぎているので、本来なら引退して悠々自適の生活をしたい。
しかし、長年職人を遣ってきたので、日々働かなければ、生活が安定しない。
なんとか、気持ちを奮い立たせて働こうとしても、肝心の仕事がない。
貯金がどんどん目減りして、ついに住宅ローンも税金も支払いできなくなった──という状況のようです。

とにかく、憔悴しきっておられて、競売になっていることで心身への負担が大きいと判断しました。
どうすればいいか、何から手をつけていいかと考えて
・まずは、なるべく早く自宅を手放すこと。
・それにより、少しでも引越し費用を捻出して、すっきりした気持ちで新たな住まいへ移ること。


この2つを詳しくご説明してご提案したところ、ホッとしたお顔をされました、

そして無事、売却することができました。

お体に無理のないように暮らしていただきたい。
そして、どうしても仕事がなく難しい場合は、しかるべき公的支援も頼っていただきたい。

切にそう願います。

そして、そういう情報も提供していければと思います。




● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
任意売却解決事例
お問い合わせ
アリオンホームページ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

お電話でのご相談はこちらまで↓
任意売却365日 | 再出発サポーターが行く-フリーダイヤル




テーマ:
任意売却の専門家・株式会社アリオンです。

先日、滋賀県栗東市のお客様より任意売却のご依頼をいただきました。

お客様は、住宅ローンをボーナス併用払いで契約されていましたが、勤務先の業績悪化でボーナスが減額になり、ボーナス月の払いが苦しくなり、銀行に条件変更の相談をされましたが、条件変更を断られ、住宅ローンを滞納されたそうです。
その後、住宅ローンの滞納が続き数ヶ月後、対応が債権回収会社(サービサー)に移されました。
お客様は、このまま放置し競売になるのだけは避けたいと、当社へ任意売却のご依頼をして下さしました。

お客様は、
「子供が事情を知らないのでできればこのまま住み続けたいのですが難しいんでしょうね・・。転校もさせたくないし…。とにかく子供には不安や負担を与えたくないんです…」
とお子様のことを何よりも心配されていました。

今回のお客様の様に任意売却のご依頼を頂くお客様の動機の中で、お子様の事を考えて任意売却を決断されるケースが多いように思います。
競売になれば、新聞やインターネットで自宅が競売になっている事が公告されてしまいます。
当然、ご近所にも競売の事が知られてしまう可能性も大きく、お子様を今までと同じ学校に通わせる事が出来なくなる事もあるようです。
ですが、任意売却をすると、通常の不動産売却の時と同じ販売活動(チラシ、新聞折込、インターネット)をする事にはなりますが、住宅ローンが支払えなくなっている事などの売却理由までは、知られる事はありません。


今回も、お客様がご心配されているお子様の事を一番に考えながら、業務を進めて行けるようにしたいと思います。



● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
任意売却解決事例
お問い合わせ
アリオンホームページ

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

お電話でのご相談はこちらまで↓
任意売却365日 | 再出発サポーターが行く-フリーダイヤル


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス