結婚式二次会ならオマカセ!ニジプロの2次会なう。

結婚式二次会ならオマカセ!ニジプロの2次会なう。

滋賀と京都ブライダルサロン運営、結婚式2次会をプロデュースしているニジプロのブログです。
ニジプロの最新情報、キャンペーン、オススメのパーティー会場や二次会のオススメ演出などの情報を配信していきます☆
スタッフのプライベート情報もたまに更新します♪




2018年4月1日OPEN!

1.5次会&2次会専門ドレスショップ
"DressCloset pièce"(ドレスクローゼット ピエス)
を開業いたしました。

Wドレス&タキシードのセットレンタルが
県内最安の68000円!

インスタ&ブログで情報更新してますので
ぜひCHECKしてください!


pièce(ピエス)のブログはコチラ

pièce(ピエス)のインスタグラムはコチラ

 

久しぶりすぎる更新です。

 

土曜の草津駅前の夜。

 

人通りもなく、休業閉店する飲食店が連なり、街はかなり暗い空気に。

 

外の通行人の具合がどうなのかを見ている個人飲食店オーナーさんの方が多かったんじゃないかな。

 

テイクアウトを始める飲食店、店頭販売する飲食店、何だか夜はゴーストタウン化してきている気がします。

 

 

 

 

 

かく言う、弊社飲食事業の草津店はまだ休業していないのですが(これが悪と捉えられる日も来るのか)昨日のご来店は4組様と土曜の過去最低を更新。

 

 

 

どうにも歯止めは効かないですね。

 

 

 

ブライダル事業も、ほぼ延期もしくはキャンセルの決定をやむなくされたお客様ばかりとなってきました。

 

 

 

落ちること書いてしまったら、何だか気持ちが余計に落ちます。笑

 

 

 

 

 

 

ブライダルも飲食も大ダメージを受けた会社ですが、これを機に色々と考えられる時間ができました。

 

 

 

 

今もっぱら会社の代表としてしておかないといけないのは、会社の存続とスタッフを守ることで、銀行だったり、ハローワークだったりを訪問して国の発表がどうなのかを、ひっきりなしに聞き回ってます。情報を先取りして自身にインプットすると言うことを、改めて痛感される毎日なんです。

 

 

 

 

 

色々悩む毎日ですが、昨日信頼するパートナーさんとの食事で気付かされた「まだやれる」と言うこと。

 

 

 

 

思い切ってブライダル事業の業態変更を考えました。

ブライダルに属するのは間違いないんですが。

 

 

 

3密と言われる風潮を避けられない現業態をどのように変えるか。

 

 

 

今の現状だからこそ「まだやれる」業態を発案できそうな気がしています。

今日はまたそんな形にもなっていない案をスタッフとパートナーさんに伝えようと思ってます。

 

 

 

 

飲食店を営む高校の先輩が「生き残りの戦いが始まったな」と言われていましたが、その火蓋を自身の手でこじ開けようと思ってます。(まずは何よりそのビジョンを具現化するための手元キャッシュを銀行に相談しないと)

 

 

 

結婚式を延期キャンセルされた新郎新婦のお気持ちは計り知ることができませんし、開催を決断されたお客様には寄り添うことしか我々にはできません。

 

 

 

今考える結婚式は、いろいろな常識にとらわれないものを目指そうと思ってます。果たしてそれが業界のトレンドとなるのか、業界から奇異の目で見られるのか、分かったものではないけれど、少なくとも結婚式に希望を持たれる新郎新婦には寄り添えることができるのは間違いないと思ってます。

 

 

 

 

 

まずはこれを形にするための経営者としての準備。

 

 

 

 

経営者としては準備だけして、あとはスタッフがこのプロジェクトを形にできる手助けだけをしようと思ってます。

 

 

 

働くスタッフと携わるパートナーさんがメインに活躍できれば、それで良い。

 

 

 

自分はその準備と土台を作るだけ。

 

 

 

 

 

まずはアクションを起こす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの誕生日にカレーを作ってあげたいと言って、一緒に作りました。

 

 

 

大変な日が続く中の癒しです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもというか、最近ほとんどできていない更新をご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

自粛ムードが高まる中、自社ブログまで自粛してどうするのか、と言う事で不定期ながらの更新をして行こうと思いますので、お付き合いくださいませ。

 

 

 

 

"変わる”

 

 

 

うちの坊ちゃん、YouTubeばかり見たがるし、どうなるのかと思ってたところ、最近国旗について興味を持ちだし、現在は国と首都50カ国以上を答えられる坊ちゃんになってます。笑

 

 

 

 

 

一時期は仮面ライダーにハマっていたものの、今はTOY STORYを見ておもちゃを大事にとか考えるようになっている模様です。

 

 

 

 

親が教えるよりも自分自身で興味を持った事に成長する。

 

 

 

そんな姿を日々見ているところ。

 

 

 

 

 

こんな状況だからこそ、自分たちも変わらないと。

 

 

 

 

 

5年ほど前に作ってもらった宣伝コピー。

 

 

これを変えるつもりはなく、今だからこそ改めてここにスポットを当てて、"二次会の幹事をプロに頼む"と言うものをブラッシュアップして行こうと思ってます。

 

 

 

"変わります"と書きましたが、現在プランをコスト面から大きく変える予定。

 

 

 

これにより、実質自社によるクオリティアップは必ずしないと、痛い目を見ることが分かっているのでハイリスク&ハイリターンの打ち出しにもなることが分かってます。

 

 

 

タッグを組むパートナーMCさんの進行方法だったり、盛り上げ方なんかも変わるかも。

 

 

 

何せ、今の自社を見る限り「変化」がないと成長しないと思うので。

 

 

 

まずは「変わる」。

 

 

 

そう子供に教わる事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

─*●・‥…─*●・‥…─*●

 

みんなが幸せになれる、

そんなパーティーにしよう。

 

結婚式二次会&1.5次会プロデュース ニジプロ

 

「最高に楽しかった」と言ってもらえるウェディング

ニジプロのパーティーは新郎新婦だけでなく

ゲストも幸せになれる

"ALL HAPPY"をテーマに作り上げます

 

ニジプロのインスタグラムはコチラ

↓ ↓

 

 

提携会場は京都滋賀で最多!

さらに詳しくホームページもCHECK‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

 

久しぶりの更新になります。

 

 

まずはこの状況下の中で、止むを得ず披露宴から結婚式二次会の開催を見送られた、全ての新郎新婦さまに心からお見舞い申し上げます。

 

 

本当に一刻も早く終息することを願うばかりです。

 

 

 

弊社としましては、パーティー開催をされるお客様には最大限の注意を払う形をとり、スタッフにマスク着用や消毒の義務化をしております。お見苦しい、お聞き苦しい点もあるかと思いますが、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはただの独り言みたいなものです。

 

 

 

今回このような事態になったことは、ある意味誰もが予想すらできなかった事。

 

 

 

実際、このような形でパーティーがキャンセルになったり延期になったりというのは、うちの会社としても大打撃なわけで。

 

 

 

実際自分たちの会社よりもブライダル業界は、予定していた発注が全て無くなったりと、携わる全ての業者さんにとっては死活問題にもなり、業界自体は水面下では大混乱している状況としか言えません。

 

 

 

そして内定予定だった新卒の方にも内定取り消し、もしくは就労延期など様々な影響が出ています。

 

 

 

毎日の日が変わるたびに心配事が増えます。

 

 

 

僕たち事業主にとっては、利益を出すということよりも、今はどのようにして会社を存続させていくのか、どのように従業員に仕事をしてもらうのか、本当に考えるべきことが多く、日々その事ばかりに悩む日を過ごしている感じです。

 

 

 

 

世界中で日々増える感染、そして国の要人の感染も伝えられると、この先どのように世界が進んでいくのか見通しが立ちません。

 

 

 

 

 

実際言うと

 

 

 

 

自粛規制発表があった時には政府を随分恨みました。

 

 

 

 

本音として。

 

 

 

 

そこからのキャンセル連絡の数は尋常じゃなかったですし。

 

 

 

ビュッフェパーティーに行くのを自粛するって…。

 

 

 

弊社は飲食店もしているのですが、飲食事業部は昨年度対比25%ダウンと完全に影響を食らってます。

 

 

 

京都の店舗なんかは外国人客の需要がほとんど無くなりましたし。

 

 

 

宴会自体のキャンセル連絡もあれば、例年していただく宴会も無くなったり。

 

 

 

 

 

 

「安倍さん…」って感じにもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、もうそう言う事を言う事態でもないのかな、と思ってます。

 

 

 

 

この安倍さんが判断された事が、後世に残る英断になるのかは分かりませんが、そうである事を願いたい、そう思ってます。

 

 

 

 

コロナによる特措法改正も国会を通り、安倍さんが緊急事態を発令できるようにもなりそうです。

 

 

 

 

そうなれば、ヨーロッパの国のように外出禁止に近い事も、安倍さんの一言でそうなるのか。

 

 

 

世界のリーダー格と言われるトランプ大統領も国家非常事態宣言を出したくらいですから、もう何が起こっても不思議ではないんです。

 

 

 

 

結局のところ、国民の一人としては、今の生活を安全安心に暮らしていける環境整備をしてもらい、我々自身も政府の発令に対して真摯に受け止め、自分と身の回りを守る努力をすることが大事になるんだろうと思ってます。

 

 

 

 

 

今希望が持てるのは、終息する事に加えたアフターコロナの時代。

 

 

 

 

今起こっていることは、きっと歴史の中の1コマとして後世に残ることなんだろうと思います。

 

 

 

 

東京五輪の開催というのは現状で難しくなってきているんじゃないかと思うのですが、個人的にはこの事態の終息の象徴として、活気がみなぎる東京五輪が行われることを願ったりしてます。

 

 

 

 

そこに携わる方々には本当に悪いことを言っているな、とも思うんですが。

 

 

 

 

終息した時には、物事や処理に対するオンライン化が進む事で便利になったり、政治への関心が深まったり、子供たちを守っていける体制が整ったり、何よりも世界中が協力しあえる良い世の中になっていくんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

ラグビーW杯で流行した言葉、"ワンチーム"というフレーズがありましたが、それが大きなものとなり世界中に広がる"ワンワールド"みたいな言葉ができると良いですね。

 

 

 

 

暗い話題が多くなってきている日々ですが、この事態の後が本当に良い社会になることを望めば、きっと明るい材料も見えてくるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

まずは色んな事に耐えられる準備をしよう。

 

 

 

 

明けない夜はないんだと信じよう。

 

 

 

 

 

とりあえず今日の仕事の準備からですけど。笑