JWA・行動分析学に基づいたグローバルで新ノーマルな家庭教育法・子育て講座
information 日本語継承ワールドアカデミー:JWA
行動分析学と6000以上のエビデンス ベースドから開発された方法で、
あなたのご家庭だけの家庭教育セオリーを構築

だから結果が出る!

情緒安定自主学習やる気スイッチオン
人間力が育ちます


🌎🌎🌎ご両親のための完全オンライン講座🌎🌎🌎

⭐️大人気:バイリンガル家庭教育0歳から6歳編&小学1年生~3年生編
⭐️目から鱗の子育て講座:ドクタースペイツ直伝 
   行動分析学からのアプローチ
⭐️地球子育てコミュニティ:オンラインサロン~
    オンライン上で世界のママと繋がります

JWAホームページはこちらから


🌹 JWAプログラム受講終了されたリーダーによる
大人気:オンライン・プレイグループ  
はっぴーきっず では、世界中の親子がオンライン上で
プレイデート❤️ お子さんに真のグローバルを身につけます

🌎リーダーたちと一緒にグローバルに地球子育てコミュニティに参 加しませんか?

ホームページ、プレイグループよりご覧ください

















 
  • 17Sep
    • グローバル子育て新メンバーの画像

      グローバル子育て新メンバー

      お待たせいたしました。バイリンガル家庭教育方法講座 第4期生いよいよ今日9月17日より開講します。2021年4月開講の先行予約が始まりました。2021年4月開講先行予約はこちらから賑やかな8月のお祭りがおわり、9月になりました。オンライン盆踊りで賑わったプレイグループ10月からのメンバー募集は9月23日からになります。しばらくお待ちください。いよいよ今日からバイリンガル家庭教育方法0歳から6歳編と1年生から3年生編の講座が始まります。今回のクラスはオーストラリア・アメリカ・フランス・韓国チェコスロバキア・イギリス・シンガポールドイツ・ベルギーを繋いたグルーバル子育てチームになります。Q:バイリンガル家庭教育方法講座ではどんなことを学ぶのですか?0歳から6歳編クラスでは 日本語習得を成功させるための原理原則とは? 日本語教育するための親のマインドセット 日本語を楽しく身につける家庭環境作り 子どもの成長発達にあわせた効果的な親の関わり方 子どものタイプ別にあった日本語の取り入れる方法 親も子も楽になる生活習慣法 絵本が大好きになる絵本活用法 子どもの関係を築く勇気づけの言葉かけ方法 脳を活性化させる0歳からの発達に沿った遊び方 遊びから知的好奇心をぐんぐん育む方法 遊びから学習習慣につなげる効果的なステップ1年生から3年生編クラスでは 日本語習得を成功させるための原理原則とは? 日本語教育をする親へのマインドセット 超大事な小学生低学年での土台作りの理由と方法 話し言葉から学習言語へシフトチェンジする学年別取り組み法 成長発達に合わせた効果的な親の関わり方 子どもが自分から動く、生活スケジューリングの極意 読書好きになる絵本講座 子どものやる気を引き出す勇気づけの言葉がけ 目からウロコの漢字学習法 書くことが楽しくなる作文指導方法 家庭学習の二つの効果的な指導方法これらのコンテンツを10回の講座で学んでいきます。そして、言語教育を家庭でどのようにお子さんに促していくと効果的にしかも自然に身につくか?ということをお伝えしています。それぞれのご家庭で家族構成も環境も違いますし、親御さんの特徴やお子さんの特徴も違いますので、JWA(日本語継承ワールドアカデミー)では、10回の講義とワークを通して、皆さんが、『我が家だけのバイリンガル教育セオリー』を構築します。ご自分のご家庭にぴったりなやり方を親御さんたちが構築されていくので、無理がないのです。しかも、お子さんの特徴を見ながら、学習方法を探していきますので、お子さんにぴったり合うんです。あなたのご家庭の教育方針に沿って行う家庭教育。それがJWAが世界中のご家庭にお伝えしています。バイリンガル家庭教育方法です。例えば、こんな風に日本語の練習をしたりね。↑ こちらは、昨年の受講生韓国のママからお借りしたお写真です。2021年4月開講の先行予約が始まりました。ご興味のある方は、ホームページからどうぞまずはお気軽に30分無料コンサルからどうぞ

  • 14Sep
    • これからの子育てを見通す親の力と必要なことの画像

      これからの子育てを見通す親の力と必要なこと

      17日からいよいよバイリンガル家庭教育方法第4期が開講します。グローバル子育て 新チーム!!ワクワクしますね。2021年4月開講の先行予約受け付け始まりました。ホームページより先行予約お申し込みください私たちが世界各国の日本人系統のご家族とご縁をいただいて常々感じますのは、こうしてお子さんたちにグローバルな世界の経験をされる親御さんたちは、常にお子さんたちの成長の少し先を見つめていると言うことです。子どもたちの少し先を見通して親は何ができるか?そう言うことが考えられる皆さんは素晴らしいなぁと思います。私たちがご縁をいただいておりますご家庭の多くは国際結婚などのハイブリッドファミリーで、バイリンガルやトリリンガル教育を目指すご家庭なんです。なぜ多様性が必要か?それは異国に住みながらも、日本の親戚ともコミュニケーションが取れて、現地の親戚や、友人ともコミュニケーションが取れるように育ってほしい。そうすると、子どもたちは言語や経験の中からいくつかの文化を学びます。すると、ごく自然に『自分とは違う人たちがいるんだ』と言うことを肌で感じ学んでいくのです。『違う』ことを尊重できる大人が増えたら、世界はもっと平和になるはずです。世界のあちこちで様々な紛争、闘争がおこる一つの大きな原因は、『違い』から起きた差別や偏見から生じたものです。アカデミーの合言葉『みんなちがってみんないい』子どもたち一人一人が持っている個性と可能性を最大限に引き出して、自分で学ぶ力を育む教育。考える力、生きる力があれば、どのようにしたらうまくいくんだろうか?と、自ら考え、行動する大人になります。幸せはお金では買えないけれど、自分の幸せってなんだろう?自分のやりたいことってなんだろう?そう言うことを考え、行動できる人は必ず幸せへの道を歩んでいきます。アカデミーでご縁をいただく親御さんたちの多くは、そこへ子どもたちを導きたい。子どもたちが小さい時は、大抵のことはなんとかしたらかなえてあげられるけれど、子どもたちが大人になったら、大抵のことは親には何もできない。だから、自分が幸せになる力。幸せに生きる力を、今 育んであげたいんですね。アカデミーの受講生さんたちは、秘密のFacebookグループで、グループの仲間と3ヶ月お互いにアウトプット、インプットの学び合いをします。地球のあっちとこっちで24時間誰かと繋がる。世界4カ国にいる講師たちも、このグループを常にチェック。3ヶ月、チームメンバーと講師の学び合いが濃いんです。実際にあったことがなくてもみんなすぐに友達になります。同じ目的を持って学ぶ仲間たちです。幸せな人生を歩める大人になってほしい。そういう願いを持つ親御さんたちと講師陣。一人よりも二人、二人よりも三人。グループだから、エネルギーが大きいんです。3ヶ月学ぶうちに、仲間のお子さんたちがみんな自分の姪っ子甥っ子みたいに見えてくる。これをアカデミーでは地球家族って呼んでます。世界中に仲間が、家族ができて楽しい、嬉しい。グローバル子育て・地球家族に興味がある方はまずはホームページをご覧ください。ただいま2021年1月開講子育て講座先行予約受け付けていますご夫婦で学びたい方にもおすすめです。ドクタースペイツの子育て講座

  • 10Sep
    • 親が子どもに勉強を教えるのは難しいと思うんですけれどの画像

      親が子どもに勉強を教えるのは難しいと思うんですけれど

      お待たせいたしました。バイリンガル家庭教育方法講座 第4期生いよいよ9月17日より開講します。2021年4月開講の先行予約が始まりました。2021年4月開講先行予約はこちらからオンライン盆踊りで賑わったプレイグループ10月からのメンバー募集は9月半ばになります。しばらくお待ちください。8月は、バイリンガル家庭教育体験セミナーやスケジューリングセミナーまた、30分無料コンサルなどで、大賑わいのJWAでしたが、そこでいただいたご質問について、ブログで皆さんにもシェアしていこうと思います。Q:『JWAのバイリンガル教育方法では親がやり方を学ぶんですか?それとも子どもが学ぶんですか?親が子どもに何かを教えるのは難しいと思うんですけど、、、』⭐️はい、JWAのバイリンガル家庭教育方法の講座では、ご両親に講座を受けていただきます。海外にお住まいの日本人のご家庭、または日本人の親と、別の国籍の親とのハイブリッドファミリーでバイリンガルまたはトリリンガル教育を目指しているご家庭または、日本にお住まいのバイリンガル教育をめぜすご家庭このようなご家庭の親御さんたちが世界中から集まって、オンラインで講座を受講されています。受講する講座は『バイリンガル家庭教育方法』世界各国に住む、それぞれのご家庭で、皆さん親の言語も環境も家族構成も違います。一般的には、海外に住んでいても日本人補習校がある国では、現地校と補習校に行けばバイリンガルになれるだろう。と、考えがちです。しかし、JWA講師は、長年にわたり、補習校を脱落するお子さん、日本語嫌いになるお子さん。補習校の宿題にがんじがらめになってカオスなご家庭を何百も見てきました。JWAが考える日本語教育の軸は家庭にあります。補習校は、日本語教育のためのツールとして活用していきます。中には補習校がない国の親御さんたちも受講されています。補習校があってもなくても、大丈夫です。そのための家庭教育方法ですから。親御さんが学んだことを、実際にご家庭でお子さんと実践していきます。親御さんが教えるのではなくて、お子さんを促して実践していくのです。家庭生活の中で、どのように日本語(または別の第二言語)を取り入れることが効果的か?こういうことを学んでいきます。そして、学んだことを実践しながら習慣化させていきます。難しいやり方ではありませんが、効果は絶大、93%以上の受講生さんたちが3ヶ月後には、大満足!!2021年4月開講の先行予約が始まりました。ご興味のある方は、ホームページからどうぞまずはお気軽に30分無料コンサルからどうぞ

  • 07Sep
    • 他の講座では得られない!エビデンスベースド+α から生まれた子育て講座の画像

      他の講座では得られない!エビデンスベースド+α から生まれた子育て講座

      2021年1月開催の子育て講座イヤイヤ期編思春期編先行予約始まりましたホームページ子育て講座をご覧ください*Dr.Spatesからのメッセージ「『子育ては夫婦が共同で行う人生の大きなプロジェクトの一つ』であります。しかし、残念ながら多くの人たちはその重要性に気づかずに、家庭教育に赴きをおかずに早期教育や保育施設に委ねてしまう傾向にあります。同じ子どもの親でありながら子育ての方法に大きなばらつきがある家庭がいかに多いか、またその両親の子育ての方法の違いが時には子ども達を混乱させ、将来的には最悪なケースでは深刻な精神病を引き起こすことが懸念されます。私は長年の研究テーマであったPTSDやトラウマ、またうつ病、パニック障害などの研究とケーススタディから、これらの深刻な症状に至るまで幼少期からの親の関わりと経過がいかに大切かということを、一般の親達に警告と問題解決方法を提唱するために、2019年11月にJWA主催の『4つの親のタイプ子育てセミナー』に登壇しました。」なぜ、JWAのDr.Spatesの子育て講座が、多くのご家庭を劇的に変えるか?それは、この講座事態が、ドクタースペイツのライフワークである臨床心理学の見地からみた、エビデンスベースドと行動分析学を取り入れた理論から作られているからなのです。エビデンスベースドというのは、実際に研究されて、実験データ・症例などで研究結果が出たものです。ドクターはそれらの気の遠くなるような大量の文献を読んで、そこから実証された例を使って、理論を組み立てていきます。((エビデンスベイスド(Evidence-based)とは、近代科学における理念の一つで、実験データや症例など具体的な証例(Evidence)に基づく理論や議論の構築をいう。エビデンスに基づく医療を、根拠に基づく医療(evidence-based medicine, EBM)と言う。(Wikipediaより抜粋させていただきました)))英語で行われるJWA主催のドクタースペイツのセミナーは少し難しいんです。そこで、参加者の皆さんにわかりやすいように全ての講義を日本語に訳してさらに、JWA講師陣の教育現場からの経験と実例を盛り込んで、時間をかけてすり合わせさらに、皆さんのご家庭で起こりうる一般的なケースに置き換えてドクタースペイツの監修のもとで講義が作られています。ですから、参加者の93%以上が大満足!! 『人生が変わりました。』『家族関係が変わりました。』という感想をおっしゃられるのです。参加者の感想はこちらから感動的な参加者の感想もしも、今、お子さんのことで悩まれているのでしたら、その問題の根本を解決しない限り、このあと何度も同じ根本の問題の変形型とぶつかります。そして、問題はお子さんの年齢が大きくなればなるほど複雑に、困難になっていきます。ドクタースペイツは言います。『できれば、ポジティヴなペアレンティングの方法は、お子さんが生まれる前か、またはお子さんが小さいうちに十分に両親が学び、そして”両親というフレーム”を作って子育てに挑んで欲しい。』両親のフレームがしっかりと作られているご家庭で育った子どもたちは、人生を成功に導く術を身につけているそうです。2021年1月開講予定の先行予約始まっています。すでにご予約が入っています。詳しい情報はこちらからhttps://1x4jwa.com/classes/childcare*********LINEにもうご登録はお済みですか? 行動分析とエビデンスベースド・ケーススタディから開発された日本語継承ワールドアカデミーのバイリンガル家庭教育方法子育て講座世界4カ国のリーダーが集結世界中の日本人ママ・パパの家庭教育を応援しています!LINEでお伝えしきれないメルマガ全文を、こちらのブログにて掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。    ブログを先に見られた方は、ブログにない情報もLINE@ではお伝えしているのでこちらにもご登録くださいね! *質問も受け付けています↓ http://nav.cx/6L3JuQ3 お友達登録でどちらかプレゼント中!📌「親が家庭でできるバイリンガル教育0~6歳編」📌「簡単にかけてしまう作文の方法テクニック」

  • 03Sep
    • JWAのバイリンガル教育とモンテッソーリ教育どう違うの?の画像

      JWAのバイリンガル教育とモンテッソーリ教育どう違うの?

      お待たせいたしました。バイリンガル家庭教育方法講座 第4期生いよいよ9月17日より開講します。2021年4月開講の先行予約が始まりました。2021年4月開講先行予約はこちらから賑やかな8月のお祭りがおわり、9月になりました。オンライン盆踊りで賑わったプレイグループ10月からのメンバー募集は9月半ばになります。しばらくお待ちください。8月は、バイリンガル家庭教育体験セミナーやスケジューリングセミナーまた、30分無料コンサルなどで、大賑わいのJWAでしたが、そこでいただいたご質問について、ブログで皆さんにもシェアしていこうと思います。Q:『JWAのバイリンガル教育とモンテッソーリ教育シュタイナー教育はどう違うんですか?』⭐️モンテッソーリ教育というのは、イタリアのマリアモンテッソーリという医学博士が20世紀の始めに提唱した教育法のことです。医師であった彼女が、知的障害児の行動を観察していて、発見した『感覚を刺激することによって知的障害児の知能が向上する。』ということを研究発表したことから始まりました。ですから、モンテッソーリ教育では感覚教育とか五感を使う、指先を使うような遊びを教材に使うことが多いですね。そして、⭐️シュタイナー教育というのは、これまた20世紀の始めに、オーストリアのルドルフ シュタイナーという哲学者が提唱した教育思想です。一番最初にシュターナー学校ができたのがドイツで、シュタイナーの教育思想に沿った教育法をシュタイナー教育と言います。これはなかなか奥が深い哲学なんです。シュタイナーの教育思想では、人間の本性、すなわち内面の特質を、身体(肉体、Leib)、心、(魂、Seele)、精神(霊性、Geist)の3つに分けて理解しています。シュタイナー教育の著書には、人智学的認識ですとか、精神(霊性)の教育観などという一見、教育とはかけ離れているように聞こえる言葉もたくさん出てきます。著書もたくさん出ていますから、ご興味のある方は調べて見てくださいね。これらは、彼らが提唱した教育方法です。よくママたちが巷で耳にするのは、『うちはモンテッソーリの幼稚園に行ってるの。』『シュタイナー教育の学校にいかせたいの。』などそれらの教育理念に沿った教育方法をしている教育機関についてのことだと思います。ご質問のJWAの講座バイリンガル家庭教育方法は、バイリンガルやトリリンガルのような多言語教育を家庭でどのようにお子さんに促していくと効果的にしかも自然に身につくか?ということをお伝えしています。それぞれのご家庭で家族構成も環境も違いますし、親御さんの特徴やお子さんの特徴も違いますので、JWA(日本語継承ワールドアカデミー)では、10回の講座とワークを通して、皆さんが、『我が家だけのバイリンガル教育セオリー』を構築します。ご自分のご家庭にぴったりなやり方を親御さんたちが構築されていくので、無理がないのです。しかも、お子さんの特徴を見ながら、学習方法を探していきますので、お子さんにぴったり合うんです。それは、モンテッソーリでもシュタイナーでもなくあなたのご家庭の教育方針に沿って行う家庭教育。それがJWAが世界中のご家庭にお伝えしています。バイリンガル家庭教育方法です。例えば、こんな風に日本語の練習をしたりね。↑ こちらは、昨年の受講生韓国のママからお借りしたお写真です。2021年4月開講の先行予約が始まりました。ご興味のある方は、ホームページからどうぞまずはお気軽に30分無料コンサルからどうぞ

  • 31Aug
    • 私が’綺麗になったわけの画像

      私が’綺麗になったわけ

      先日、バイリンガル家庭教育0歳から6歳編の最終回で、参加者のママから印象深い言葉がありました。この方が初めて体験会に来てくださったのが、ちょうど日本でコロナ外出自粛が始まって、保育園がお休みになって一週間目の時でした。若くてチャーミングな可愛い男の子のママなのですが、当初はコロナで保育園がお休みになって、お子さんたちはパワー炸裂!3、4歳の男の子が1日家の中で過ごすって、、、結構大変ですよね。このママも、なんだか、ちょっと疲れている様子でした。その彼女が、ビフォーアフターでは、すっかりリフレッシュして、美しく蘇りました〜👏👏👏10回の講座ビデオで学ばれて、5回のコンサルティング。3ヶ月で、自分メソッドを構築されました。そのSさんからの感想です。『実は最近 私、表情が変わったとか明るくなったとか言われることが増え(今までどれだけ酷かったのかとも取れますが、、、)それも講座のお陰と思っています。』いきなり休園になって、お子さんたちの日中の扱いが、ままならなかった頃は、一日中、子供たちに振り回されていたんですね。ところが、JWAの講座で、家庭教育のやり方を学び、即実践!!3ヶ月の自宅待機期間に、すっかり育児が上手になったSさんは、育児が楽しくなったことで、本来持っていた、美しさと若々しさを蘇らせたのです。オンライン・プレイグループの大好評です。どんなに若くて綺麗な人でも、『過酷なストレス』にさらされていると、どんどん輝きが曇っていきます。それはそうですよね。いつも疲れていたら、顔色も悪くなりますよ。講座最終回の頃に、保育園が再開したそうです。3ヶ月ぶりに保育園に行くと、主任の先生から声をかけられ、『〇〇くん、とても穏やかになりましたね。ママとパパ、3ヶ月とても頑張ったのが分かりますよ。』と、褒められたそうです。その主任先生の言葉がとても嬉しかった!ことを、最終回でお話ししてくださいました。これこそ、ビフォーアフターですね。まずは30分無料相談からどうぞJWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA夏・秋の最新情報が送られます。

    • 親が子どもに お金では買ってあげられないものの画像

      親が子どもに お金では買ってあげられないもの

      8月まるまる夏祭りオンライン:プレイグループの夏祭りのフィナーレ盆踊り大会第一弾・第二弾ともに終了しました。世界各国からたくさんのご参加。ママも浴衣でご参加くださり誠にありがとうございました。私たちが世界各国の日本人系統のご家族とご縁をいただいて常々感じますのは、こうしてお子さんたちにグローバルな世界の経験をされる親御さんたちは、常にお子さんたちの成長の少し先を見つめていると言うことです。JWAでは、2020年8月末日をもちまして、モニター価格のご提供を終了させていただきます。と今までセミナーや講座を受講してくださった方や、フェイスブック、ホームページなどでアナウンスさせていただきました。すると、お問い合わせの中には、『バイリンガル家庭教育0歳から6歳を受講したものですが、子どもが就学する前に1年生から3年生編も受講したいと思います。来年の先行予約をお願いできないでしょうか?』と言うお問い合わせが数件ありました。子どもの発達や特徴を学んだ皆さんが、今は子どもが小さいけれど、次には就学後の学習への取り組み方などを学びたいと言うお申し出です。子どもたちの少し先を見通して親は何ができるか?そう言うことが考えられる皆さんは素晴らしいなぁと思います。私たちがご縁をいただいておりますご家庭の多くは国際結婚などのハイブリッドファミリーで、バイリンガルやトリリンガル教育を目指すご家庭なんです。なぜ多様性が必要か?それは異国に住みながらも、日本の親戚ともコミュニケーションが取れて、現地の親戚や、友人ともコミュニケーションが取れるように育ってほしい。そうすると、子どもたちは言語や経験の中からいくつかの文化を学びます。すると、ごく自然に『自分とは違う人たちがいるんだ』と言うことを肌で感じ学んでいくのです。『違う』ことを尊重できる大人が増えたら、世界はもっと平和になるはずです。世界のあちこちで様々な紛争、闘争がおこる一つの大きな原因は、『違い』から起きた差別や偏見から生じたものです。アカデミーの合言葉『みんなちがってみんないい』子どもたち一人一人が持っている個性と可能性を最大限に引き出して、自分で学ぶ力を育む教育。考える力、生きる力があれば、どのようにしたらうまくいくんだろうか?と、自ら考え、行動する大人になります。幸せはお金では買えないけれど、自分の幸せってなんだろう?自分のやりたいことってなんだろう?そう言うことを考え、行動できる人は必ず幸せへの道を歩んでいきます。アカデミーでご縁をいただく親御さんたちの多くは、そこへ子どもたちを導きたい。子どもたちが小さい時は、大抵のことはなんとかしたらかなえてあげられるけれど、子どもたちが大人になったら、大抵のことは親には何もできない。だから、自分が幸せになる力。幸せに生きる力を、今 育んであげたいんですね。8月最後の今日、ちょっと呟いてみました。

  • 30Aug
    • 世界各国の子どもたち みんなでオンライン夏祭り盆踊り大会やってみましたの画像

      世界各国の子どもたち みんなでオンライン夏祭り盆踊り大会やってみました

      8月最後の週末、皆さんはいかがお過ごしですか?JWAオンラインプレイグループ はっぴーきっずでは、8月まるまる夏祭りと称し、JWAのバイリンガル家庭教育方法クラスを終了した世界各国から9人のリーダーたちが、それぞれの個性的なアイデアでイベントクラスを開催。イベント月間で、8月ひと月 世界中の子供たちに無料体験を提供してきました。2020年は予想外の新型コロナによるパンデミックで、世界各国の日本人ハイブリットファミリーは例年のような一時帰国を断念。一年に一度、日本への帰国を楽しみにしていた子どもたちもママもパパも今年は少しがっかりでしたね。帰国はできなかったけれど、国によっては外出規制もあるけれど、でも、子どもたちに夏休みの雰囲気を味合わせてあげたい。そんなリーダーさんたちの気持ちが形になったイベントでした。そして、8月30日日曜日 日本時間 午前2:00に盆踊り大会第一弾が開催されました。浴衣姿の子どもたち甚平姿の子供たちママも浴衣や甚平で雰囲気を盛り上げてくれました。この1ヶ月同じ盆踊りの練習をしてきたから、本番はみんな揃って上手!!音楽がかかると、子どもたちは踊り始めていました。浴衣・甚平姿の嬉しそうな笑顔。世界各国の子どもたちが一緒に盆踊り。第二弾はこれからですよ〜参加希望の方はこちらから↓ホームページからお申し込みください

  • 29Aug
    • 6000人以上のエビデンス+α から生まれた子育て講座の画像

      6000人以上のエビデンス+α から生まれた子育て講座

      バイリンガル家庭教育方法講座(次回2020年9月開講)*0歳から6歳編*1年生から3年生編4つの親のタイプ子育て講座(2021年1月開講予定)*イヤイヤ期編*思春期編上記の4つのクラス組み合わせ自由でセット価格(モニター価格)がお得です。2020年8月末日を持ちまして、モニター価格が終了しますので、ご興味のある方は、お得なこの時期に先行予約承ります。詳しい内容はこちらからどうぞ*Dr.Spatesからのメッセージ「『子育ては夫婦が共同で行う人生の大きなプロジェクトの一つ』であります。しかし、残念ながら多くの人たちはその重要性に気づかずに、家庭教育に赴きをおかずに早期教育や保育施設に委ねてしまう傾向にあります。同じ子どもの親でありながら子育ての方法に大きなばらつきがある家庭がいかに多いか、またその両親の子育ての方法の違いが時には子ども達を混乱させ、将来的には最悪なケースでは深刻な精神病を引き起こすことが懸念されます。私は長年の研究テーマであったPTSDやトラウマ、またうつ病、パニック障害などの研究とケーススタディから、これらの深刻な症状に至るまで幼少期からの親の関わりと経過がいかに大切かということを、一般の親達に警告と問題解決方法を提唱するために、2019年11月にJWA主催の『4つの親のタイプ子育てセミナー』に登壇しました。」なぜ、JWAのDr.Spatesの子育て講座が、多くのご家庭を劇的に変えるか?それは、この講座事態が、ドクタースペイツのライフワークである臨床心理学の見地からみた、エビデンスベースドと行動分析学を取り入れた理論から作られているからなのです。エビデンスベースドというのは、実際に研究されて、実験データ・症例などで研究結果が出たものです。ドクターはそれらの気の遠くなるような大量の文献を読んで、そこから実証された例を使って、理論を組み立てていきます。((エビデンスベイスド(Evidence-based)とは、近代科学における理念の一つで、実験データや症例など具体的な証例(Evidence)に基づく理論や議論の構築をいう。エビデンスに基づく医療を、根拠に基づく医療(evidence-based medicine, EBM)と言う。(Wikipediaより抜粋させていただきました)))英語で行われるJWA主催のドクタースペイツのセミナーは少し難しいんです。そこで、参加者の皆さんにわかりやすいように全ての講義を日本語に訳してさらに、JWA講師陣の教育現場からの経験と実例を盛り込んで、時間をかけてすり合わせさらに、皆さんのご家庭で起こりうる一般的なケースに置き換えてドクタースペイツの監修のもとで講義が作られています。ですから、参加者の93%以上が大満足!! 『人生が変わりました。』『家族関係が変わりました。』という感想をおっしゃられるのです。参加者の感想はこちらから感動的な参加者の感想もしも、今、お子さんのことで悩まれているのでしたら、その問題の根本を解決しない限り、このあと何度も同じ根本の問題の変形型とぶつかります。そして、問題はお子さんの年齢が大きくなればなるほど複雑に、困難になっていきます。ドクタースペイツは言います。『できれば、ポジティヴなペアレンティングの方法は、お子さんが生まれる前か、またはお子さんが小さいうちに十分に両親が学び、そして”両親というフレーム”を作って子育てに挑んで欲しい。』両親のフレームがしっかりと作られているご家庭で育った子どもたちは、人生を成功に導く術を身につけているそうです。2021年1月開講予定の先行予約始まっています。すでにご予約が入っています。詳しい情報はこちらからhttps://1x4jwa.com/classes/childcare*********LINEにもうご登録はお済みですか? 行動分析とエビデンスベースド・ケーススタディから開発された日本語継承ワールドアカデミーのバイリンガル家庭教育方法子育て講座世界4カ国のリーダーが集結世界中の日本人ママ・パパの家庭教育を応援しています!LINEでお伝えしきれないメルマガ全文を、こちらのブログにて掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。    ブログを先に見られた方は、ブログにない情報もLINE@ではお伝えしているのでこちらにもご登録くださいね! *質問も受け付けています↓ http://nav.cx/6L3JuQ3 お友達登録でどちらかプレゼント中!📌「親が家庭でできるバイリンガル教育0~6歳編」📌「簡単にかけてしまう作文の方法テクニック」

  • 27Aug
    • いよいよ明日!!参加費無料))夏祭りオンライン盆踊り大会の画像

      いよいよ明日!!参加費無料))夏祭りオンライン盆踊り大会

      JWAプレイグループ・はっぴーきっずいよいよ夏祭りの大詰め!8月30日(日)(日本時間)には、みんな集まれ〜オンライン盆踊り大会を開催。浴衣や甚平、ドレスや何かのコスチュームで踊っちゃおう〜〜お申し込みはホームページからどうぞ!今年の夏は、いつもの夏と少し違う。。。2020年はコロナの影響でいつもと少し違う夏休み。しかし、JWAのオンラインプレイグループはっぴーきっずでは、世界各国からのリーダー総出で、今日から(8月1日より)オンライン夏祭りを開催してきました。プレイグループのリーダーたちは全員JWAのバイリンガル家庭教育のプログラムを終了しています。そのリーダーたちがJWA監修の元で、子どもたちが、楽しく日本語を習得できるように作られたプログラムオンラインプレイグループ はっぴーきっず8月はイベント月間で、8月まるまる夏祭り!参加費無料で開催してきました。🌈🌈 🌈〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜その、はっぴーきっず🌻10月よりさらにパワーアップ新しい魅力的なプログラムとともに生まれ変わります。9月中旬に募集開始します。(今回は限定人数の募集になりますのでお見逃しなく〜)🌈🌈🌈〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜オンライン盆踊り大会申し込みはこちらから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜🍉🍉🍉⭐️お知らせ⭐️8月末を持ちまして、JWAバイリンガル家庭教育方法講座子育て講座のモニター価格を終了させていただきます。8月末日までは、お得なモニター価格で受講していただけますので、ご興味のある方は、ぜひこの時期をお見逃しなく!ご希望の方はホームページからお問い合わせください〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜🍉🍉🍉JWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA秋の最新情報が送られます。

  • 26Aug
    • 9月から学校再開?休校?これさえ知っていればどちらでも大丈夫ですよの画像

      9月から学校再開?休校?これさえ知っていればどちらでも大丈夫ですよ

      【90分でバイリンガルになる方法がわかる! バイリンガル家庭教育体験セミナー】締め切り間近:8月26日で締め切ります・現地語は話すけど日本語は話してくれないんです。。。・どんどん現地語が増えてきて日本語がなくなりそうで。。。不安なんです。・ネットで検索しても情報だけで頭いっぱい。何から手をつけていいかわからないし、本当にこれでいいのかも不安でたまりません。・私のやり方はこれでいいんだろうか?・宿題でいつもバトル!!!そんな四方八方塞がりな気持ちになっていませんか?子どもに日本語を伝えていきたいけれど、何をどうやっていっていいのかわからない。とりあえず日本語教室や補習校に通ってはいるし自分なりの方法で教えてはいるけど・・・というお悩みを多くの方から聞きます。アカデミーでは0〜6歳編、小学1〜3年生編を10回のワークショップ形式にて、親御さんがどうしたら家庭でバイリンガルにできるのか?また、どのように生活習慣や学習習慣を身につけていくのか?の方法を具体的にお教えしています。親御さんがお子さんの学習習慣のつけ方を知っていたり日本語の教え方をお子さんが小さいうちから知っていると、お子さんは苦痛なく日本語を習得していくことができるようになります。初めの頃悩んでいた受講生さんも3ヶ月が終わる頃には、表情もガラッと変わって、自分軸を持ち、楽しそうに日本語教育をしています。その10回のワークショップのエッセンスを今回の体験版ではお伝えしていきます。こんな方にオススメです。・子どもの現地語が強く日本語を話さない。・子どもに日本語を教える道標を知りたい。・無理なく楽しく日本語教育をしたい・いつも現地校の宿題でバトルに疲れる・周りに日本語環境がない・日本語を話しはするけど、読み書きのステップに行かない体験講座に参加した方の声・何をポイントに教えたらいいのかわかるようになりました!・海外で日本語を学ぶことについての原理原則がわかって目からウロコでした!・何より今までよりも日本語を肩肘張らずにできるようになって、私も楽しいです。・先を見越したうえでワクワクし、子育てを楽しむ余裕ができました。・セミナー前はあまり日本語を喋らなかった娘が、自発的に日本語を正しい文脈で正しく使えることもできるようになりました。と多数の感想とともに変化をいただいています!詳細(0〜6歳編、1〜3年生編共通)⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月27日木曜日 日本時間:23時から90分参加費:3500円 お申し込み締め切り:8月26日⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月28日金曜日 日本時間:12時半から90分参加費:3500円お申し込み締め切り:8月26日場所:zoom(詳細はお申し込み後、ご連絡します) お申し込みはこちらから↓  ↓  ↓今すぐクリック♪*********LINEにもうご登録はお済みですか? 行動分析とエビデンスベース・ケーススタディから開発された日本語継承ワールドアカデミーのバイリンガル家庭教育方法子育て講座世界4カ国のリーダーが集結世界中の日本人ママ・パパの家庭教育を応援しています!LINEでお伝えしきれないメルマガ全文を、こちらのブログにて掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。    ブログを先に見られた方は、ブログにない情報もLINE@ではお伝えしているのでこちらにもご登録くださいね! *質問も受け付けています↓ http://nav.cx/6L3JuQ3 お友達登録でどちらかプレゼント中!📌「親が家庭でできるバイリンガル教育0~6歳編」📌「簡単にかけてしまう作文の方法テクニック」

  • 25Aug
    • 追加開催)WS参加型 目から鱗のスケジューリングセミナーを終えての画像

      追加開催)WS参加型 目から鱗のスケジューリングセミナーを終えて

      JWA夏休みイベント第三弾スケジューリングセミナーが8月20日に開催されました。2020年新型コロナのロックダウン と外出自粛が始まった3月からJWAでは、『コロナ対策として』こちらのセミナーを企画・開催、100名以上の皆さんにご参加いただきました。今回は、追加開催夏休みイベント第三弾として、子どもが自ら動くスケジューリングの極意と題してWS参加型のセミナーとして開催。オーストラリア・日本・アメリカ・フランス・ベルギーを繋いだ90分セミナーになりました。今年は世界中でコロナの影響でロックダウン や外出自粛になり、今まで多くの人たちが経験したことのないような生活が余儀なくされました。今まで普通に幼稚園や学校に子どもを送り出して、自分は仕事に、もちろん旦那さんも仕事に。。。そんな当たり前の生活が当たり前でなくなってしまったのです。しかし昨年からJWAの家庭教育講座や子育て講座を受講された世界各国のご家庭からは『今こそ。家庭教育方法を実践するチャンス!』『外出禁止でも、大丈夫です。それどころか日本一時帰国しなくても、スケジューリングを使ってプランを立てたら日本へ帰国する以上に充実した夏になりました〜』『以前の私なら、動揺していました。家族全員が家にいるなんて考えたこともありませんでしたから。でも、今は余裕で〜す!』などなど、嬉しいメッセージをいただいています。それは、JWAの受講生さんたちは全員このスケジューリングの極意を学び実践されているからなのです。普通のスケジューリングのやり方と私たちがお伝えしている『エビデンスベース』と『行動分析学』からのアプローチによるスケジューリングは少し違います。それは、ただこうしてスケジュールを作りますよということではなくて、それぞれのご家庭の問題点をお聞きしながらどこからルーチンを作っていくとより効果的に家庭生活が送れるか?その辺りに注目しています。それぞれのご家庭で、それぞれの環境がありますから、スケジューリングのやり方も千差万別。アカデミーの合言葉『みんなちがってみんないい』こんないのセミナーでは、『今のやり方で大丈夫なんだ!』と自信を持った方。また、『この部分だけ変えたらいいんだ!』と修正・調整をされた方。『すでに、家庭教育講座で学びましたが、今一度、自分にかつをいれる意味で再受講しました!』と、復習の意味で参加してくださった方。皆さんがそれぞれの気づきを得て、次へのステップに役立たれた様子でした。アカデミー講師も、今回は今年5回目の開催のセミナーでしたが、毎回、講師の方にも大きな気づきがあり、参加してくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいでした。さて8月もいよいよ終わりに近づいてきましたが、JWA主催のオンラインプレイグループはっぴーきっず🌻 では、8月30日(日)(日本時間)に、みんな集まれ〜オンライン盆踊り大会を開催いたします。もちろん無料のこのイベント。お申し込みはこちらからどうぞまた、8月27日・28日は、90分で本講座並みのボリューム『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』を開催します。アカデミーに興味のある方は、まずはこちらの体験講座で体験されてみてはいかがでしょうか?8月末日で各講座のモニター価格が終了されるので、興味があるけれど、まだ早いかな?と、迷われている方には、来年開講分の先行予約なども承っています。すでに来年度講座のご予約入っています。体験セミナー申し込みはこちらホームページよりどうぞ https://1x4jwa.com詳しくはホームページよりご覧ください

  • 24Aug
    • なぜ、現地校に行ったら現地語が強くなるのでしょうかの画像

      なぜ、現地校に行ったら現地語が強くなるのでしょうか

      最近いただいたご相談です。『普通に接していれば日本語をはなすとおもっていたのに、気づいたら子どもは現地語しか話さない 』 日本語はサッパリ?!新学期から現地校に入学予定!!  そうなったら、ますます日本語は遠ざかる。。。  と焦っているかもしれないあなた。  ご安心ください  まだまだ、いけます!大丈夫です!アカデミーのバイリンガル家庭教育法で日本語を子どもに伝えていけば、どんどん伸びていきます。  アカデミーは他の塾やお教室とは違います。お子さんが塾やお教室に通ったとしても、それは週何時間でしょうか?では、お子さんが家で過ごす時間は何時間でしょうか?一目瞭然ですよね週1〜2時間の塾やお習い事は、日本語を学ぶきっかけにしかなりません。それを継続させて続けていくのは、塾やお教室ではなく『家庭』なのです。家庭での日本語の土台を整えることが子どもをバイリンガルにする秘訣です。でも、どうやって?それを知りたい方はこちらのセミナーにご参加くださいね!詳細はこちらから7月に開催されました↑ご両親でご参加・エビデンスベースのパパのための子育てセミナーなぜアカデミーの講座を受けると成功率が高いのか?の理由いろいろなクラスや子育て講座がある中で、なぜアカデミーの講座を受けると皆さん3ヶ月後には変化するのでしょうか??そこには秘密があるのです。その秘密とは???...アカデミーは「数千のエビデンス」と「再現性のある方法」を取り入れて、さらに!!「心理学的アプローチ」と「コーチング要素」を取り入れた方法で、自分のお子さんにあう日本語教育を講座期間中に講師陣のサポートされながら築いて行くからです!・だから、教育方法にぶれない!・子どもも興味を持って日本語に取り組む!・長続きする!そんなアカデミーのバイリンガル家庭教育法の体験会。もうすぐ開催です!お申し込みはこちらからJWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA夏・秋の最新情報が送られます。

  • 22Aug
    • 締め切り間近⭐️【募集】90分でバイリンガルになる方法がわかる!バイリンガル家庭教育体験セミナーの画像

      締め切り間近⭐️【募集】90分でバイリンガルになる方法がわかる!バイリンガル家庭教育体験セミナー

      【90分でバイリンガルになる方法がわかる! バイリンガル家庭教育体験セミナー】締め切り間近:8月26日で締め切ります・現地語は話すけど日本語は話してくれないんです。。。・どんどん現地語が増えてきて日本語がなくなりそうで。。。不安なんです。・ネットで検索しても情報だけで頭いっぱい。何から手をつけていいかわからないし、本当にこれでいいのかも不安でたまりません。・私のやり方はこれでいいんだろうか?・宿題でいつもバトル!!!そんな四方八方塞がりな気持ちになっていませんか?子どもに日本語を伝えていきたいけれど、何をどうやっていっていいのかわからない。とりあえず日本語教室や補習校に通ってはいるし自分なりの方法で教えてはいるけど・・・というお悩みを多くの方から聞きます。アカデミーでは0〜6歳編、小学1〜3年生編を10回のワークショップ形式にて、親御さんがどうしたら家庭でバイリンガルにできるのか?また、どのように生活習慣や学習習慣を身につけていくのか?の方法を具体的にお教えしています。親御さんがお子さんの学習習慣のつけ方を知っていたり日本語の教え方をお子さんが小さいうちから知っていると、お子さんは苦痛なく日本語を習得していくことができるようになります。初めの頃悩んでいた受講生さんも3ヶ月が終わる頃には、表情もガラッと変わって、自分軸を持ち、楽しそうに日本語教育をしています。その10回のワークショップのエッセンスを今回の体験版ではお伝えしていきます。こんな方にオススメです。・子どもの現地語が強く日本語を話さない。・子どもに日本語を教える道標を知りたい。・無理なく楽しく日本語教育をしたい・いつも現地校の宿題でバトルに疲れる・周りに日本語環境がない・日本語を話しはするけど、読み書きのステップに行かない体験講座に参加した方の声・何をポイントに教えたらいいのかわかるようになりました!・海外で日本語を学ぶことについての原理原則がわかって目からウロコでした!・何より今までよりも日本語を肩肘張らずにできるようになって、私も楽しいです。・先を見越したうえでワクワクし、子育てを楽しむ余裕ができました。・セミナー前はあまり日本語を喋らなかった娘が、自発的に日本語を正しい文脈で正しく使えることもできるようになりました。と多数の感想とともに変化をいただいています!詳細(0〜6歳編、1〜3年生編共通)⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月27日木曜日 日本時間:23時から90分参加費:3500円 募集定員20名お申し込み締め切り:8月26日⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月28日金曜日 日本時間:12時半から90分参加費:3500円:募集定員20名お申し込み締め切り:8月26日場所:zoom(詳細はお申し込み後、ご連絡します) お申し込みはこちらから↓  ↓  ↓今すぐクリック♪*********LINEにもうご登録はお済みですか? 全員が世界の別の国に住みながら今回、 「現役ママ×教育の専門家」によるプロジェクトチームを結成。6月より、日本語ワールドアカデミー『バイリンガル家庭教育0歳から6歳編』のセミナーが始まりました!世界中の日本人ママ・パパの家庭教育を応援しています!LINEでお伝えしきれないメルマガ全文を、こちらのブログにて掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。    ブログを先に見られた方は、ブログにない情報もLINE@ではお伝えしているのでこちらにもご登録くださいね! *質問も受け付けています↓ http://nav.cx/6L3JuQ3 お友達登録でどちらかプレゼント中!📌「親が家庭でできるバイリンガル教育0~6歳編」📌「簡単にかけてしまう作文の方法テクニック」

  • 21Aug
    • 日本にいたってバイリンガルになりますよ〜の画像

      日本にいたってバイリンガルになりますよ〜

      🌍バイリンガル家庭教育0歳から6歳編1年生から3年生編9月開講 もうすぐ募集が始まります🌍JWAではバイリンガル家庭教育やドクタースペイツの子育て講座などを開催しています。バイリンガル家庭教育という講座名ですが、実は、バイリンガル・トリリンガルになるための秘訣・環境作りの伝授もさることながら、子どもの困った行動や、どうしたらいいのかわからない育児のあれこれも講座の中でお伝えしていきます。口コミで広がって、最近は日本からの受講してくださる方も増えてきました。日本にいながらバイリンガル教育今までは難しいと思い込んでいた人たちも多いと思いますが、発想の転換!新しいノーマルでは、世界のどこにいても学ぶことができます。お子さんをバイリンガルにしたいと思うならば。まずは、パパとママがグローバル地球子育てコミュニティに参加してみませんか?『世界にはいろんな国があるんだ。』『フランスとベトナムにお友達ができた〜』『ハワイのお友達とフラダンス踊るんだよ。』こんな会話が子どもの口から飛び出します。オンライン・プレイグループの大好評です。地球子育てコミュニティは、世界中にお友達ができる。子どもの頃から、グローバルな体験ができる。コロナ 二波・三波も怖くない。オンラインで世界繋がるから、お家にいても、グローバルな学びができるのです。まずは体験セミナーからどうぞ詳しくはホームページからどうぞ!JWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、EQとHQに注目子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA秋の最新情報が送られます。

  • 20Aug
    • 私、実は子どもが苦手だったんです、、、の画像

      私、実は子どもが苦手だったんです、、、

      🌍バイリンガル家庭教育0歳から6歳編1年生から3年生編9月開講 もうすぐ募集が始まります🌍2020年は、予想外のパンデミック。新型コロナの猛威は、私たちの生活を一変してしまいました。学校が休みになった。リモートワークになった。家族が同じ空間で過ごす時間が長くなった。子どもがうるさい。居場所がない。。。コロナ離婚・コロナ別居。。。世界各地でロックダウンが始まった2月末〜3月にかけては多くのご家庭でパニック状態になりました。ところが、不思議な現象が、、、昨年からJWAの家庭教育講座を受講されたママたちから、🌍『今こそ、JWAで習った家庭教育を実践!』『全く動揺していないんです。むしろワクワクしてます』『私は、子どもが苦手だと思っていたんです。でも、JWAで家庭教育を学んだら、なんだか結構好きかも、、、』『先生!コロナロックダウンでも余裕です〜』こんな嬉しいメッセージが続々と届きました🌍コロナロックダウンや外出自粛が続く国でも、JWA受講生のママたちは、至って元気なのです。それは、どうやってスケジューリングをして、どうやって、子どもたちと楽しく家の中で過ごせるか?ルーチンの作り方や、遊び方、遊ばせかた、声がけの仕方などを講座で学び習得したからなんです。オンライン・プレイグループの大好評です。『私、実は子どもが苦手だったんです。どうやって遊んだらいいかわからなかったんです。』こんな風に言われていたママが、講座の後から大変身。『なんだか楽しくなってきました〜』だって、このママ、歌が上手で美声絵も上手で、工作も上手なんです。幼稚園の先生並みになんでもできるのに、自分は子どもと遊ぶのが苦手と思い込んでいたそうです。今ではすっかり家庭教育のプロです。やり方さえマスターしてしまえば、塾に生かせる必要もなく。お家で楽しくバイリンガル教育ができるんです。JWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA夏・秋の最新情報が送られます。

  • 19Aug
    • 【募集】90分でバイリンガルになる方法がわかる!バイリンガル家庭教育体験セミナーの画像

      【募集】90分でバイリンガルになる方法がわかる!バイリンガル家庭教育体験セミナー

      【90分でバイリンガルになる方法がわかる! バイリンガル家庭教育体験セミナー】・現地語は話すけど日本語は話してくれないんです。。。・どんどん現地語が増えてきて日本語がなくなりそうで。。。不安なんです。・ネットで検索しても情報だけで頭いっぱい。何から手をつけていいかわからないし、本当にこれでいいのかも不安でたまりません。・私のやり方はこれでいいんだろうか?・宿題でいつもバトル!!!そんな四方八方塞がりな気持ちになっていませんか?子どもに日本語を伝えていきたいけれど、何をどうやっていっていいのかわからない。とりあえず日本語教室や補習校に通ってはいるし自分なりの方法で教えてはいるけど・・・というお悩みを多くの方から聞きます。アカデミーでは0〜6歳編、小学1〜3年生編を10回のワークショップ形式にて、親御さんがどうしたら家庭でバイリンガルにできるのか?また、どのように生活習慣や学習習慣を身につけていくのか?の方法を具体的にお教えしています。親御さんがお子さんの学習習慣のつけ方を知っていたり日本語の教え方をお子さんが小さいうちから知っていると、お子さんは苦痛なく日本語を習得していくことができるようになります。初めの頃悩んでいた受講生さんも3ヶ月が終わる頃には、表情もガラッと変わって、自分軸を持ち、楽しそうに日本語教育をしています。その10回のワークショップのエッセンスを今回の体験版ではお伝えしていきます。こんな方にオススメです。・子どもの現地語が強く日本語を話さない。・子どもに日本語を教える道標を知りたい。・無理なく楽しく日本語教育をしたい・いつも現地校の宿題でバトルに疲れる・周りに日本語環境がない・日本語を話しはするけど、読み書きのステップに行かない体験講座に参加した方の声・何をポイントに教えたらいいのかわかるようになりました!・海外で日本語を学ぶことについての原理原則がわかって目からウロコでした!・何より今までよりも日本語を肩肘張らずにできるようになって、私も楽しいです。・先を見越したうえでワクワクし、子育てを楽しむ余裕ができました。・セミナー前はあまり日本語を喋らなかった娘が、自発的に日本語を正しい文脈で正しく使えることもできるようになりました。と多数の感想とともに変化をいただいています!詳細(0〜6歳編、1〜3年生編共通)⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月27日木曜日 日本時間:23時から90分参加費:3500円 募集定員20名お申し込み締め切り:8月26日⭐️『バイリンガル家庭教育方法体験セミナー』8月28日金曜日 日本時間:12時半から90分参加費:3500円:募集定員20名お申し込み締め切り:8月26日場所:zoom(詳細はお申し込み後にお伝えします) お申し込みはこちらから↓  ↓  ↓今すぐクリック♪*********LINEにもうご登録はお済みですか? 全員が世界の別の国に住みながら今回、 「現役ママ×教育の専門家」によるプロジェクトチームを結成。6月より、日本語ワールドアカデミー『バイリンガル家庭教育0歳から6歳編』のセミナーが始まりました!世界中の日本人ママ・パパの家庭教育を応援しています!LINEでお伝えしきれないメルマガ全文を、こちらのブログにて掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。    ブログを先に見られた方は、ブログにない情報もLINE@ではお伝えしているのでこちらにもご登録くださいね! *質問も受け付けています↓ http://nav.cx/6L3JuQ3 お友達登録でどちらかプレゼント中!📌「親が家庭でできるバイリンガル教育0~6歳編」📌「簡単にかけてしまう作文の方法テクニック」

  • 18Aug
    • 地球子育てコミュニティの画像

      地球子育てコミュニティ

      🌍バイリンガル家庭教育0歳から6歳編1年生から3年生編9月開講 もうすぐ募集が始まります🌍JWAではバイリンガル家庭教育やドクタースペイツの子育て講座などを開催しています。講座へか世界各国でバイリンガル子育てをしているママたちが参加します。受講生さんたちは、地球子育てコミュニティを作って、オンラインやFacebookの秘密のグループでやりとりします。最近は日本からの受講してくださる方も増えてきました。日本にいながらバイリンガル教育今までは難しいと思い込んでいた人たちも多いと思いますが、発想の転換!新しいノーマルでは、世界のどこにいても学ぶことができます。ちなみにJWAの講座を受講された皆さんコロナロックダウンや外出自粛が続く国でも、JWA受講生のママたちは、至って元気なのです。それは、どうやってスケジューリングをして、どうやって、子どもたちと楽しく家の中で過ごせるか?ルーチンの作り方や、遊び方、遊ばせかた、声がけの仕方などを講座で学び習得したからなんです。オンライン・プレイグループの大好評です。地球子育てコミュニティは、世界中にお友達ができる。子どもの頃から、グローバルな体験ができる。コロナ 二波・三波も怖くない。オンラインで世界繋がるから、お家にいても、グローバルな学びができるのです。まずは体験セミナーからどうぞ詳しくはホームページからどうぞ!JWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、EQとHQに注目子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA秋の最新情報が送られます。

  • 13Aug
    • 実は娘はおべんきょうが好き!私:びっくり!の画像

      実は娘はおべんきょうが好き!私:びっくり!

      〜2020年 バイリンガル家庭教育0歳から3歳編1年生から3年生編リニューアル・パワーアップして開講〜まずは体験会からどうぞクリック↓HPからお申し込みくださいロックダウンで現地校がお休みになって、毎日私と日本語で話すようになった娘。日本語が急速に伸びました。また、JWAの『スケジューリング』のセミナーを受講した直後から、スケジューリングを始めました。うちはホワイトボードを使って、毎日の予定を決めているのですが、驚いたことに、娘は、スケジュールを立てるのが好きなんです。朝、私がコーヒーを飲みながらのんびりしていると娘の方から『ママ、今日のスケジュール作ろう!』と、声をかけてくれるのです。私は平静を装いながら内心は(こういうの意外に好きだったのね〜)と、驚いています。しかも!今日の予定の中に自分で『おべんきょう』とか『ひらがなれんしゅう』なんて、ひらがなで書き込んでいます。すっ、すごい!!!これがJWAで講師の皆さんが言われていた『自動的に自分からやるようになる』っていうあれ??でしょうか??そうなんです。結構大人は知らないのですが、実は子どもたちって学ぶことが大好きなんです。それなのに、大人の方のマインドが勉強=大変=やりたくない=嫌いという設定になっているので、勉強するよりももっと楽しいことを!と、勘違いしてしまうんですね。子どものスイッチを探して、スイッチオンしてあげれば、あとは自分で自動的に遊ぶようにおべんきょうしますよ。まずは体験会で体験してみませんか?そんなのありえない!最初はほとんどの人たちが口を揃えてそう言われます。ところが、こんな風に工夫して、もう楽しくて毎日が充実しちゃうんです。まずは30分無料相談からどうぞJWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA夏・秋の最新情報が送られます。

  • 10Aug
    • あなたもプレイグループのリーダーになりませんか?の画像

      あなたもプレイグループのリーダーになりませんか?

      2020年4月よりJWAが開催していますオンライン・プレイグループはっぴーきっずただいま、参加無料の夏祭り開催中です。詳しくはホームページよりこのプレイグループは、JWAのバイリンガル家庭教育講座で、家庭教育の実践の方法を学んだリーダーさんたちが中心となって開催しているコミュニティなんです。リーダーさんとリーダーさんのお子さん・ちびっこリーダーが世界各地から発信!世界の10カ国以上のお友達とそのお母さんと繋がります。参加者も世界各国から、オンラインで参加しています。こんなに小さいうちから肌でグローバルを経験。”それぞれの国のパン事情”の話になった時には、イタリア:『今朝はクロワッサンを食べたよ。』アメリカ:『日本のパン屋さんがあるから      日本みたいなおいしいパンが食べれるよ。』子どもたちがこんな会話をしていました。『私の住んでいるところは、今 お昼だけどお友達の住んでいるところは、夕方なんだね〜。』4歳の子どもの口からこんな言葉が出ました。お母さんは、自分が4歳の時世界の他の国についてなんて考えてただろうか?と、思ったそうです。世界にはいろんな国があるんだ。地球って広いんだなぁ。なんて、肌で感じることができるんです。このプレイグループの活動とリーダーさんたちはJWAの誇りです。素晴らしいリーダーさんたちが集まっています。もしもプレイグループの活動に興味がある方は、JWAバイリンガル家庭教育講座で、家庭教育の極意を勉強してみませんか?お家にいながら世界中とオンラインで繋がる。新型コロナも何のその親子でグローバルコミュニティに参加してみませんか?まずは2020年秋開講バイリンガル家庭教育体験セミナーからどうぞ!詳しくはホームページからどうぞJWAのプレイグループ『はっぴーきっず』は、”8月ひと月まるまる 毎日が夏祭り!企画”を開催します。*クラスの内容によって定員数が違いますので、ホームページのカレンダーをお確かめの上、お申し込みください。(一般の方はお一人様2クラスまで受講可能です。プレイグループ会員様は無制限でご参加できます。)アメリカ・オーストラリア・イタリア・スペインカンボジア・スイス・韓国 世界のあちこち在住の九人のリーダーたちが、世界中から発信します。ぜひ、この機会に、グローバル子育て:はっぴーきっずを体験してみませんか?お申し込みはホームページよりどうぞJWAの講座やセミナーでは、子ども達の無限大の可能性のスイッチを探すお手伝いをします。ご興味のある方は、まずはLINE登録で情報をゲット!🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹日本語継承ワールドアカデミーの講座とはホームページはこちらから日本語継承ワールドアカデミーの講師は、4人がバイリンガル子育ての経験者うち2人の講師の子どもは、既に成人し世界を股にかけ活躍中。2人の講師は他言語環境で子どもたちはトライリンガルに成長中。30年以上の教師の経験と、絵本、アドラー心理学の勇気づけの専門講師です。また、アカデミーを後援してくれているのは、アメリカウエストミシガン大学・臨床心理学名誉教授スペイツ博士。子育てで陥りやすいツボや子どもの行動を変えていく方法を伝授しています。言語は生き物。コミュニケーションのツールです。無理に言葉を教えるのではなく、自然に使えるようになる日本語は学校や塾では教えてもらえません。また、補習校や学習塾にだけ行っていても子どもはバイリンガルにはなりません。子どもと常に一緒にいる家庭から言語環境を整えていくことが大切です。だからといって、無理に日本語を教えようとして成長発達に合わないやり方をすると、子どもは日本語を嫌いになりかねません。無理やりな学習ではなく、子どもがやりたいという学習へ。それがアカデミーが伝える『家庭教育』です。オンラインZOOMで世界中のママたちと繋がります。詳しくはホームページからどうぞJWAの家庭教育では、子どもたちの『生きる力』と、『想像・創造する力』『コミュニケーション力』『工夫する力』を育てます。[受講生さんからの感想]🇮🇹🇮🇹🇮🇹日本人のいないイタリアで、幼稚園が始まった4歳の娘と親子の日本語の会話が上手くいかなくなり不安になった時に「自分の軸 バイリンガル教育」というアカデミーの言葉を聞いて講座を受けようと思いました。受講して自分が一番変化しました。不安が自信になり、色々なお母さまから勇気をもらい、大きな器ができました。また、娘が自ら食事の態度を変え、野菜嫌いを克服できました。受講後、親子の関りが変化し、心理学、脳科学、日本語習得、文化継承の仕方を学ぶことにより、これからは娘が広い社会との関係を持つ時に勇気づけながら背中を押してあげられます。バイリンガル教育や子育てで悩んでいる方へ、4人の経験ある先生方のフォローが充実し、仲間と一緒に子育てできるアカデミーの講座をお勧めします。まずはLINEをご登録ください。JWA夏・秋の最新情報が送られます。